[FIX] COM + アプリケーションに、メッセージ キュー 2. 0 ランタイム (Mqrt.dll) が読み込まれるときアクセス違反が発生します。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 891874 - 対象製品
Notice
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
すべて展開する | すべて折りたたむ
重要です この資料では、レジストリの変更についてをについて説明します。 万一に備えて、編集の前には必ずレジストリをバックアップし、レジストリの復元方法を理解しておいてください。 バックアップ、復元、および編集方法の詳細については、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください:
256986Description of the Microsoft Windows Registry JP256986 Microsoft Windows レジストリの説明

現象

アクセス違反は、Microsoft メッセージ キュー 2. 0、ランタイムが、Microsoft Windows 2000 Server ベースのコンピューター上の COM + アプリケーションに読み込まれたときに時間 (Mqrt.dll) を実行中発生する可能性があります。 次のようなメッセージがアプリケーション イベント ログに記録されます。

イベントの種類: エラー
COM + イベント ソース:
イベントの分類 : SVC
イベント ID: 4194
日付: <Date>
時刻: <Time>
ユーザー : N/A
コンピューター: <ComputerName>
説明: ソース (COM +) でのイベント ID (4194) に関する説明が見つかりません。 ローカル コンピューターが、必要なレジストリ情報またはリモート コンピューターからメッセージを表示するメッセージ DLL ファイルにありません。 /AUXSOURCE を使用することができますこの説明を取得するフラグを =、ヘルプとサポートの詳細を参照してください。 次の情報は、イベントの一部です。
コンポーネントのプログラム ID:
サーバー アプリケーション ID: {63A4AF4F-F47E-4660-9884-369387CBB71D}
サーバー アプリケーション名: ServerApplicationName
このエラーの重大な性質は、プロセスの終了されました。
例外: C0000005
アドレス: 0x77F88216
呼び出し履歴:
ntdll! RtlpWaitForCriticalSection + 0x60
ntdll! NtCreateThread + 0xBE
MQRT! MQPathNameToFormatName + 0x39
MQOA + 0xd849 の MQOA + 0xd7f7
ServerApplicationName+ 0xD39C
OLEAUT32! DispCallFunc + 0x15D MSVBVM60! BASIC_CLASS_Invoke + 0x259 MSVBVM60! BASIC_CLASS_Invoke + 0x52 OLEAUT32! UserEXCEPINFO_free_local + 0x57D
+ 0x83D98780

原因

この問題は COM + アプリケーションで複数のアクティビティに割り当て可能なスレッドのために発生します。 この動作は、比較的短い時間で過剰なメッセージ キューの API 呼び出しをにより。 以前のアクティビティがブロックされているときに、スレッドが再入力、する場合、Mqrt.dll 実行時間が応答を停止。

解決方法

サポートされている修正プログラムしますです、はのみことを目的としていますこの資料に記載されている問題を解決します。 修正プログラムは、問題が発生したシステムにのみ適用してください。 この修正プログラム テストを受ける可能性があります。 そのため場合この問題で深刻な影響を受けていないお勧めしますこの修正プログラムを含む次の Service Pack まで待つことです。

この問題を解決するには、Microsoft Product Support Services にお問い合わせのうえ、修正プログラムを入手してください。 Microsoft Product Support Services の電話番号一覧およびサポート料金については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください:
http://support.microsoft.com/default.aspx?scid=fh;[LN];CNTACTMS
メモ 特殊な場合は、Microsoft Support 担当者により、特定の更新は問題が解決される場合料金がサポート通常発生する可能性があります取り消されます。 通常のサポート料金が追加の質問および問題の特定のアップデートの対象とならない問題について適用されます。

前提条件

2. 0 のキュー メッセージ。

再起動の要件

ファイルが更新されているがこのソフトウェア更新プログラムを適用すると実行されている場合は、コンピューターを再起動する必要があります。

修正プログラム置き換えに関する情報

この修正プログラムを適用しても、他のソフトウェア更新プログラムが置き換えられることはありません。

この修正プログラムの英語版にファイルの属性 (またはそれ以降のファイル属性) 次の表は、されている可能性もします。 日付およびこれらのファイルの時間で世界協定時刻 (UTC) と記載します。 各ファイルの日付および時刻は、世界協定時刻 (UTC) で示されています。 UTC および現地時間の時差を確認するには、コントロール パネル]、日付と時刻ツールの [ タイム ゾーン ] タブを使用してください。
Date         Time   Version            Size    File name
--------------------------------------------------------------
03-Feb-2005  13:18  5.0.0.792         291,088  Mq1repl.dll      
22-Dec-2003  22:26  5.0.0.791          14,096  Mq1sync.exe      
25-Oct-2004  03:40  5.0.0.798          77,680  Mqac.sys
03-Feb-2005  13:18  5.0.0.791         217,360  Mqads.dll        
20-Sep-2003  19:23  5.0.0.761          25,360  Mqbkup.exe       
03-Feb-2005  13:18  5.0.0.779          50,448  Mqclus.dll       
03-Feb-2005  13:18  5.0.0.785          76,560  Mqdscli.dll      
03-Feb-2005  13:18  5.0.0.773          42,256  Mqdssrv.dll      
22-Dec-2003  22:26  5.0.0.791          98,064  Mqmig.exe        
03-Feb-2005  13:18  5.0.0.791         266,512  Mqmigrat.dll     
03-Feb-2005  13:18  5.0.0.793         222,480  Mqoa.dll         
03-Feb-2005  13:18  5.0.0.784          10,000  Mqperf.dll       
03-Feb-2005  13:18  5.0.0.798         438,544  Mqqm.dll         
03-Feb-2005  13:18  5.0.0.799         102,672  Mqrt.dll         
03-Feb-2005  13:18  5.0.0.776          70,928  Mqsec.dll        
03-Feb-2005  13:18  5.0.0.783         400,656  Mqsnap.dll       
03-Feb-2005  13:18  5.0.0.762          23,824  Mqupgrd.dll      
03-Feb-2005  13:18  5.0.0.798         110,864  Mqutil.dll       
03-Feb-2005  13:18  5.0.0.748          64,784  Msmq.cpl

状況

マイクロソフトとして認識していますこの問題を記載されているいるマイクロソフト製品の問題。

回避策

この問題を回避するには、以下のいずれかまたは両方の方法を使用します。

警告 レジストリ エディターを誤って使用する深刻な問題が生じるとして、オペレーティング システムの再インストールする必要があります。 マイクロソフトではあることができます解決を保証レジストリ エディターを誤って使用起因する問題。 レジストリ エディターは、自己の責任においてご使用してください。
  • EmulateMTSBehaviour
    レジストリ サブキーを使用して、MTS モデルに切り替える COM + オブジェクト動作を変更します。 MTS 動作はシングル スレッド アパートメント (STA) スレッドごとの 1 つのアクティビティです。 この動作を変更するには、次の手順に従います。

    メモ このメソッドは、コンピューターで実行されているすべての COM + アプリケーションに影響します。
    1. 開始 ] をクリックして 実行 ] をクリックして、 regedit と入力して [OK] をクリックします。
    2. レジストリの次のキーに移動し、クリックします:
      HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\COM3\STAThreadPool
    3. [ 編集 ] メニューの [ 新規作成 ] をポイントし、[ DWORD ] をクリックします。
    4. EmulateMTSBehavior を入力して Enter を押します。
    5. [ 編集 ] の [ 変更 を] をクリックします。
    6. 1 と入力して [OK] をクリックします。

      メモ EmulateMTSBehavior 値の 0 以外値を入力する場合は、スレッド プール スレッドごとの 1 つのアクティビティの MTS の動作と各パッケージ用の 100 の最大スレッドをエミュレートします。
    7. レジストリ エディターを終了します。
  • 決算の代わりにアイドル中に実行する COM + アプリケーションを設定します。 既定では、COM + アプリケーションは、アプリケーションが 3 分以上アイドルされた後を閉じます。 アプリケーション終了後、起動時に応答を停止でした。 アプリケーションのアイドル中に実行する有効にするに、以下の手順を実行します。
    1. 開始 の設定 、[ コントロール パネル ] をクリックして [ 管理ツール ] をクリックします。
    2. [ コンポーネント サービス ] をダブルクリックします。
    3. [ コンソール ルート ] の下の [左側のウィンドウで [ コンポーネント サービス ] を展開 コンピューター 、[ マイ コンピューター ] を展開、 COM + アプリケーション を展開で作業している COM + アプリケーションを右クリックを展開し プロパティ ] をクリックします。
    4. [ 詳細設定 ] タブで、 プロパティ のダイアログ]
    5. サーバー プロセス シャットダウン ] の下をオン、 アイドル状態のときに実行しない ] チェック ボックス [ OK] をクリック します。

詳細

関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください:
824684マイクロソフトのソフトウェアの更新で使用される一般的な用語の説明

プロパティ

文書番号: 891874 - 最終更新日: 2014年2月13日 - リビジョン: 3.1
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Message Queuing 2.0?を以下の環境でお使いの場合
    • Microsoft Windows 2000 Server
キーワード:?
kbnosurvey kbarchive kbbug kbfix kbqfe kbhotfixserver kbmt KB891874 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:891874
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com