ASP.NET 2.0 の web イベント

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 893664 - 対象製品
ベータ版情報
この資料では、マイクロソフトのベータ版について説明します。製品。この資料の情報は現状の対象になります予告なしに変更します。

利用可能な製品の正式なサポートはありません。このベータ版製品のマイクロソフト。サポートを受ける方法についてベータ リリースでは、ベータ版に含まれているマニュアルを参照してください。製品ファイル、またはチェックをダウンロードする Web の場所をリリース。
ASP.NET サポート音声列
この列をニーズに合わせてカスタマイズするには、関心のあるトピックに関するアイデアを送信するために協力し、将来の技術や音声のサポート列表示する問題に対応します。使用してアイデアやフィードバックを送信することができます、 要求します。 フォーム。また、この列の下部にあるフォームへのリンクです。
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

はじめに

ASP.NET サポート音声列にようこそ!私の名前はJerry 健。マイクロソフトでは 5 年以上、されているし、ほとんどの時間が私Web 関連技術など、FrontPage と新しい時間に焦点SharePoint テクノロジ。として ASP.NET を使用しての最後の年を費やした、エンジニアをサポートします。

音声のサポート列で今月私します。今後のリリースで提供される新しい Web イベント機能を説明するにはASP.NET 2.0。

ASP.NET 2.0 では、Web イベント機能

ASP.NET 2.0 で提供される主要な新しいサービスのいずれかの Web でください。状態監視システムによって提供されるイベントの機能です。変更するのにはWeb.config ファイルは、状態監視システムを使用することができますに未処理のログ必要な例外や期限の切れたフォーム、認証チケット、その他のデータアプリケーションでログに記録します。Web を使用して、この列が表示されます。イベント機能は、さまざまな使用方法の例も提供しますASP.NET 2.0 のプロバイダー。

ルールを定義することでログ記録が行われますプロバイダーとそのイベントに関連付けます。イベントの種類のルールを定義します。プロバイダーに送信されます。次の基本イベントをことができます。ログに記録します。
元に戻す全体を表示する
WebBaseEventすべてのイベントのイベントの基本クラスです。含まれています、必須プロパティのすべてのイベントのイベント ・ コード、イベントの詳細のコードなどの日付と時刻、イベント発生、シーケンス番号、イベント メッセージとイベントの詳細。
WebManagementEvent基本イベント クラス管理イベントでは、アプリケーションの有効期間、要求、エラー、および監査イベント。
WebHeartbeatEvent通常のアプリケーションで生成されたイベント便利なランタイム状態情報を取得する間隔を指定します。
WebAuditEvent使用されるセキュリティの監査イベントの基本クラス承認エラーのため、復号化エラーなどの条件を設定するには
WebRequestEvent情報の要求のすべてのイベントの基本クラスです。
WebBaseErrorEventエラーを示すすべてのイベントの基本クラス条件。
利用できるプロバイダーの種類では、イベントの出力を送信することイベント ビューアーでは、SQL Server は、Windows 管理インストルメンテーション (WMI) をして電子メール。事前に構成されたプロバイダーとイベントのマッピングの量を減らすログに記録イベントの出力を取得するのに必要な作業。

イベントは、ASP.NET 2.0 を使用します。ログ プロバイダー - の - 開始のアプリケーション ドメインでイベントがログに記録する標準また、停止、すべてのログおよび未処理の例外。これをカバーすることができます。基本的なシナリオの一部。では、たとえば、アプリケーション例外をスローが、ユーザー エラーを保存しないし、ことはできません。これを再現します。デフォルトのイベント ログ ルールは、収集するためにできるようになります、エラーの種類を把握するのには、例外とスタック情報発生しました。または、アプリケーションがセッション状態を失うことだ場合は、参照できるはイベント ログでアプリケーション ドメインがリサイクルされるかどうか、およびその理由を確認するにはアプリケーション ドメインは、最初に停止します。

また、稼働状態監視システムは拡張可能です。たとえば、カスタム Web イベントを定義できます、アプリケーション内で発生し、イベントを送信するルールを定義します。電子メールなどのプロバイダー情報。簡単に関連付けることができます。状態監視プロバイダーを実装します。別の例としては、注文が処理され、ルールを設定するたびに、イベントを発生させることがで各イベントは、SQL Server データベースに送信します。また、イベントを発生させることがするとユーザー イベントを使用するに設定して、行では、複数回のログオンが失敗した、プロバイダーは、メールをベースします。

既定のプロバイダーの構成イベントは、グローバルの Web.config ファイルに格納します。グローバル Web.config ファイルMachine.config ファイルに格納されたすべての Web ベース設定を格納します。ASP.NET 1 の x。グローバル Web.config ファイルに次のようにあります。ディレクトリ:
%windir%\Microsoft.Net\Framework\v2.0.*\config\Web.config
グローバル Web.config ファイルの<healthMonitoring>セクション既定の構成設定を提供します。これらの設定をオーバーライドすることができますか<healthMonitoring>を実装することにより、独自の設定を構成します。アプリケーションの Web.config ファイルのセクション。

をグローバル Web.config ファイルの<healthMonitoring>セクションが含まれています、次の項目: </healthMonitoring></healthMonitoring></healthMonitoring>
  • プロバイダープロバイダーには、イベント ビューアー、WMI、および SQL の設定が含まれています。サーバーです。
  • eventMappingsWebBase のさまざまなクラスのマッピングが含まれています。拡張することができます。イベント クラスを生成する場合は、このリストです。イベント クラスを生成します。情報を送信するプロバイダーでは、細かい粒度を提供します。をたとえば、SQL Server に送信する未処理の例外を構成できませんでした、電子メールを送信する独自のカスタム イベントを送信中にします。
  • ルールEventMappings プロバイダーにリンクします。
  • バッファリングSQL Server と電子メール プロバイダーと頻度を決定するために使用プロバイダーにイベントをフラッシュするには。
以下に、グローバルの Web.config ファイルからのコードの例です。
<healthMonitoring>

	<!--  Event Log Provider being added. -->
	<providers>
      		<add name="EventLogProvider" type="System.Web.Management.EventLogWebEventProvider,System.Web,Version=2.0.0.0,Culture=neutral,PublicKeyToken=b03f5f7f11d50a3a" />
	</providers>


	<!--  Event mapping provides a friendly name to the events based on the WebBaseErrorEvent class.  -->

	<eventMappings>
			<add name="All Errors" type="System.Web.Management.WebBaseErrorEvent,System.Web,Version=2.0.0.0,Culture=neutral,PublicKeyToken=b03f5f7f11d50a3a"
						startEventCode="0" endEventCode="2147483647" />
	</eventMappings>


	<!-- Rule tying the "All Errors" event mapping to the EventLog Provider.  -->
	<rules>
      		<add name="All Errors Default" eventName="All Errors" provider="EventLogProvider"
						profile="Default" minInstances="1" maxLimit="Infinite" minInterval="00:01:00"
						custom="" />
	</rules>

</healthMonitoring>

プロバイダーのサンプル

このプロバイダーのサンプルには、次のファイルが含まれます。
  • MyEventカスタムの web イベントにはイベントがPage_Load イベント] をクリックして、ViewEvents.aspx ファイルが実行されます。データベース接続に使用する GridView が、Web.config ファイルを使用して SQL Server にログに記録するイベントを一覧表示します。

    確認するにはASPNETDBデータベースにポイントすると、Web.config ファイルの接続文字列を構成します。
  • の Web.config ファイルを持つさまざまなプロバイダーとルールが構成されているとコメント アウトします。テストをし、参照するには、ルールのコメントを外します、Default.aspx と ViewEvent.aspx のページの出力がどのようなものかを参照してください。同様に。
  • 、MyEvent.cs ファイルは App_Data フォルダー内にあります。これは、使用されて、ViewEvents.aspx ページを使用して、カスタム イベントを発生させます。
  • [Default.aspx ファイル: スローは、ハンドルされていないを参照してくださいに、System.NullReferenceException例外ログします。
  • 、EmailTemplateTest.aspx ファイルの TemplateemailProvider サンプルを使用しました。分離コード ファイルコメント EmailTemplateTest.aspx ファイルのコード行が、ことができますから、例外をスローすると、ページが発生します。

イベント ビューアーにイベントを保存する方法

ログ内のイベントの前に説明したように、イベント ビューアーのグローバルの Web.config ファイルで構成されています。既定では、WebBaseErrorEventWebFailureAuditEventに基づき、すべてのイベントが記録されます。追加のログに追加の規則を追加できます。イベント ログに情報を。たとえば、すべてのイベント (つまりWebBaseEventでベースのすべてのイベント) がログに記録する場合を Web.config ファイルに次の規則を追加できます。
<healthMonitoring>
	<rules>
		<add name="All Events" eventName="All Events" provider="EventLogProvider" profile="Critical"  />
	</rules>
</healthMonitoring>
このルールは、すべてのイベントのイベント マップ イベント ログ プロバイダーにリンクさせます。両方の eventMapping とはグローバル Web.config ファイルにプロバイダーが含まれます。使用してできます、ViewEvents.aspx ページ、ページを参照することによって生成されたイベントをトリガーします。をページはPage_Load やボタンのクリックしてイベントMyEventカスタム イベントも発生します。

生成されるデータの種類を表示するを参照、Default.aspx ページ。これは、 System.NullReferenceExceptionの例外がスローされ。、イベントに次のイベントが記録されます。ビューアー:

イベントの種類: 警告
イベント ソース: ASP.NET2.0.50601.0
Web イベントの分類:
イベント ID: 1311年
作成日:2005 年 8 月 16 日
時間: 9時 37分: 44
ユーザー: 該当なし
コンピューター: コンピューター名
説明:
イベント コード:3005
イベント メッセージ: ハンドルされていない例外が発生しました。
イベント時間:2005 年 8 月 16 日 9時 37分: 44
イベントの時刻 (UTC): 2005 年 8 月 17 日 2時 37分: 44
イベント ID:88838b4e73cf4a0d9a36ac737ff9d1a0
イベント シーケンス: 39
イベント発生:1
イベント詳細コード: 0
アプリケーション情報: アプリケーション ドメイン。127687190240098660-d047d537-2
信頼レベル: フル
仮想アプリケーション/WebSite3 のパス:
アプリケーションのパス: 物理パス
コンピューター名: コンピューター名前
プロセス情報: プロセス ID: 3776
プロセス名:WebDev.WebServer.EXE
アカウント名: ドメイン ユーザー
例外情報:例外の種類: ため、Da2
例外メッセージ: オブジェクト参照オブジェクトのインスタンスに設定されていません。
情報を要求します要求の URL:。http://localhost:1698/WebSite3/Default.aspx
要求のパス:/WebSite3/Default.aspx
ユーザー ホスト アドレス: 127.0.0.1
ユーザー:ドメイン ユーザー
認証: True
認証の種類: NTLM
スレッドアカウント名: ドメイン ユーザー
スレッド情報:
スレッド ID: 8
スレッドアカウント名: ドメイン ユーザー
偽装: False

スタック トレース: にC:\Documents で _Default.Page_Load (object sender, EventArgs e) とSettings\user\Desktop\WebEvents\WebSite3\WebSite3\Default.aspx.cs:line15
System.Web.Util.CalliHelper.EventArgFunctionCaller (IntPtr fp をオブジェクトにo、オブジェクト t、EventArgs e)
でSystem.Web.Util.CalliEventHandlerDelegateProxy.Callback (送信者オブジェクトEventArgs e)
System.Web.UI.Control.OnLoad (EventArgs e)System.Web.UI.Control.LoadRecursive()
でSystem.Web.UI.Page.ProcessRequestMain (ブール型の includeStagesBeforeAsyncPoint、IncludeStagesAfterAsyncPoint のブール値)

カスタム イベントの詳細: 詳細詳細は、ヘルプとサポート センター] を参照してください。http://support.microsoft.com。

すべてのイベントがイベント ログにログの記録同様の情報イベントを生成します。URL に次のイベントが表示されます。以降のページ要求の承認。

イベント種類: 情報
イベント ソース: ASP.NET 2.0.50601.0
イベント カテゴリ: Webイベント
イベント ID: 1314年
日付: 2005/8/16
時刻: 11時 04分: 44 午後
ユーザー:該当なし
コンピューター: コンピューター名前
説明:
イベント コード: 4003
イベント メッセージ: URL承認の要求が成功しました。
イベント時間: 2005 年 8 月 16 日 11時 04分: 44午後
イベントの時刻 (UTC): 2005 年 8 月 17 日 4時 04分: 44
イベント ID:fec3d73fba0247eaba425e5ccfada18e
イベント シーケンス: 2
イベント発生:1
イベント詳細コード: 0
アプリケーション情報:
アプリケーション ドメイン:127687250829701433-d047d537-1
信頼レベル: フル
仮想アプリケーション/WebSite3 のパス:
アプリケーション パス: C:\Documents とSettings\user\Desktop\WebEvents\WebSite3\WebSite3\
コンピューター名: コンピューター名
処理情報:
プロセスID: 2292年
プロセス名: WebDev.WebServer.EXE
アカウント名:ドメイン ユーザー
情報を要求します。
要求 URL:http://localhost:2087/WebSite3/Default.aspx
要求のパス:/WebSite3/Default.aspx
ユーザー ホスト アドレス: 127.0.0.1
ユーザー:ドメイン ユーザー
認証: True
認証の種類: NTLM
スレッドアカウント名: ドメイン ユーザー

カスタム イベントの詳細。
詳細については詳細は、ヘルプとサポート センター] を参照してください。http://support.microsoft.com。

SQL Server のイベントを格納する方法

このメソッドは、Aspnet_regsql.exe ツールによって生成される、 ASPNETDBデータベースに使用します。を既定のプロバイダーは LocalSqlServer いずれかを使用して接続文字列を使用して、ファイル ベースのデータベースで、App_data フォルダーまたはローカルの SQLExpress インスタンスSQL Server。LocalSqlServer 接続文字列と、SqlProviderグローバル Web.config ファイルを構成します。

LocalSqlServerグローバル Web.config ファイルの接続文字列は次のとおりです。
<connectionStrings>
	<add name="LocalSqlServer" connectionString="data source=.\SQLEXPRESS;Integrated Security=SSPI;AttachDBFilename=|DataDirectory|aspnetdb.mdf;User Instance=true" providerName="System.Data.SqlClient" />
</connectionStrings>
SQL Server の別のサーバーを使用する場合は、使用する必要があります、Aspnet_regsql.exe ツールは、あります、%windir%\Microsoft.Net\Framework\v2.0.*\Aspnet_regsql.exe のフォルダーです。使用して、カスタムASPNETDBデータベース、SQL Server のサーバー上に生成し、接続文字列を追加するには、Aspnet_regsql.exe ツールアプリケーションの .config ファイルし、new を使用して、プロバイダーの追加接続文字列。ASPNETDBデータベースを作成すると、リンクするには、ルールを設定する必要があります、eventMapping に、sqlProvider。

カスタム データベースを構成するには次の手順を実行します。
  1. ASPNETDBデータベースを生成します。
    1. ? W の aspnet_regsql.exe を実行し、順番に処理がダイアログ ボックスで
    2. コマンドを実行するプロセスを自動化する: Aspnet_regsql? A w ? S SQL Server -E.
  2. したがって、データベースを指す接続文字列を追加します。次のとおりです。
    <connectionStrings>
    	<add name="MYASPNETDB" connectionString="Server=<SQL Instance>;Integrated Security=SSPI;Database=aspnetdb"/>
    </connectionStrings>
  3. MYASPNETDB 接続文字列は、このために使用するプロバイダーを追加します。次のとおりです。
    <healthMonitoring>
    	<providers>
    		<add name="MySqlWebEventProvider" type="System.Web.Management.SqlWebEventProvider" connectionStringName="MYASPNETDB" maxEventDetailsLength="1073741823" buffer="false"/>
    	</providers>
    </healthMonitoring>
既定の SqlProvider を使用するか、独自の構成プロバイダーは、プロバイダーがイベント マップをリンクする規則を追加する必要があります。を次のルール上で作成した新しいプロバイダーをすべてのイベントのイベント マップにリンクします。このルールはWebBaseEventでベースのすべてのイベントをログに記録、それらを使用する、MySqlWebEventProvider に送信、MYASPNETDB 接続文字列です。次のコードをリンクする規則を追加、プロバイダーがイベント マップ:
<healthMonitoring>
	<rules>
		<add name="All Events" eventName="All Events" provider="MySqlWebEventProvider" profile="Critical"/>
	</rules>
</healthMonitoring>
だけエラーを SQL Server に送信するかどうかは、追加できませんでした、次のルール:
<add name="All Errors" eventName="All Errors" provider="MySqlWebEventProvider" profile="Critical"/>

イベントが WMI に転送する方法

WMI には、イベントを転送することもできます。WMI プロバイダーします。グローバル Web.config ファイルに既定で構成。

を次のコード例はイベントが WMI に転送するルールを追加します。
<providers>
	<add name="WmiWebEventProvider" type="System.Web.Management.WmiWebEventProvider,System.Web,Version=2.0.0.0,Culture=neutral,PublicKeyToken=b03f5f7f11d50a3a" />
</providers>
EventMapping に関連付けるルールを追加する必要があります、プロバイダーは、しても、イベントをリッスンするように、WMI リスナー アプリケーションを次のコード例は、WMI プロバイダーへのすべてのイベントのイベント マップをリンクする規則を追加します。
<rules>
	<add name="All Events" eventName="All Events" provider="WmiWebEventProvider" profile="Critical"  />
</rules>
ManagementEventWatcherオブジェクト SampleASPNET のサンプル コンソール アプリケーションを使用してイベントを監視し、コンソールに表示するにはウィンドウです。
SampleASPNET を使用するには、次の手順を実行します。
  1. SampleASPNET.exe を起動します。
  2. ViewEvents.aspx のページを参照します。この場合は、表示されます。コンソール アプリケーションでは、表示するイベントです。
  3. クリックしてください。 ログ イベントの Button_Click.ページポストバックして、イベントもログに記録が表示されます。
元に戻す画像を拡大する
893664
メモイベントをリッスンして、リモート コンピューターを監視している場合アプリケーションは、そのコンピューターの管理者アカウントとして実行されている必要があります。アクセスします。

イベントを使用して電子メールを転送する方法

電子メールを送信するイベントを転送することもできます。これを取得することアプリケーションを (多分オーバーフロー) で直接の情報受信トレイ。イベントとしてに、電子メール プロバイダーにマップする規則に関する注意意図せず自分で多くのことをお勧めする情報送信できます。イベント ログまたは SQL Server に最適。

2 つの電子メールがあります。プロバイダーは、SimpleMailWebEventProvider と TemplatedMailWebEventProvider。各[テンプレート] を除く、同じ構成属性を持つと「detailedTemplateErrors」属性は、でのみ利用、TemplatedMailWebEventProvider。

メモこれらの電子メール プロバイダーのどちらも自動的に構成されます。学習します。それらが Web.config ファイルに追加する必要があります。

主な違いこれらの 2 つの電子メール プロバイダーが SimpleMailWebEventProvider 電子メールで送信します。汎用テンプレートは変更できません。サンプルの Web.config ファイルを追加します。この電子メール プロバイダー、次を使用して構成されているプロバイダーの一覧規則:
<add name="mySimple-mailWebEventProvider" type="System.Web.Management.Simple-mailWebEventProvider"
to="e-mail@foo.com" from="e-mail@foo.com" maxMessagesPerNotification="1" maxEventsPerMessage="10"
buffer="true" bufferMode="Critical Notification"
subjectPrefix="Web Events"/>
電子メール プロバイダーのすべてのイベントのイベント マップにリンク付けするのには、次のルールが追加されます。
<add name="All Events" eventName="All Events" provider="mySimple-mailWebEventProvider" profile="Critical"/>
電子メール警告メッセージは、次のようにです。
件名: イベント通知 12、パート 1: WebEventsMicrosoft.Samples.WebEvents.MyEvent イベントの受信/WebSite3

** のアプリケーション情報**
---------------
アプリケーション ドメイン: 127687218865923053-d047d537-9信頼レベル: 完全なアプリケーションの仮想パス: WebSite3 アプリケーション パス。C:\Documents と Settings\user\Desktop\WebEvents\WebSite3\WebSite3\ マシン名前:<computer name="">

** イベント **
---------------
イベントコード: 100010
イベント メッセージ: Button1_Click
イベント時間: 2005 年 8 月 16 日10時 12分: 52 PM
イベントの時刻 (UTC): 2005 年 8 月 17 日 3時 12分: 52 AM
イベント ID:6e5cd252d6114a9e98687598dc6b5d50 のイベント シーケンス: 12 イベント発生: 5 イベント詳細コード: 0

カスタム イベント詳細:

---------------</computer>
電子メール通知を次に示します未処理の例外が表示されますメッセージ。
件名:イベント通知、7 パート 1: WebEventsSystem.Web.Management.WebRequestErrorEvent イベントの受信/WebSite3

** のアプリケーション情報**
---------------
アプリケーション ドメイン: 127687293149504903-d047d537-5信頼レベル: 完全なアプリケーションの仮想パス: WebSite3 アプリケーション パス。C:\Documents と Settings\user\Desktop\WebEvents\WebSite3\WebSite3\ マシン名前:<computer name="">

** イベント **
---------------
イベントコード: 3005
イベント メッセージ: ハンドルされていない例外が発生しました。
イベント時間: 2005 年 8 月 17 日午前 12時 17分: 37
イベントの時刻 (UTC): 2005 年 8 月 17 日 5時 17分: 37午前
イベント ID: 14b7f24102e140bbbae302d80e5a5f36 イベント シーケンス: 7 イベント出現: 1 イベント詳細コード: 0

処理情報:
プロセスID: 2292年
プロセス名: WebDev.WebServer.EXE
アカウント名:ドメイン ユーザー

例外情報:
例外の種類:System.NullReferenceException
例外メッセージ: オブジェクトへの参照設定オブジェクトのインスタンスにします。

情報を要求します。
要求 URL:http://localhost:2087/WebSite3/Default.aspx
要求のパス:/WebSite3/Default.aspx
ユーザー ホスト アドレス: 127.0.0.1
ユーザー:ドメイン ユーザー
認証: True
認証の種類: NTLM
スレッドアカウント名: ドメイン ユーザー

スレッド情報:
スレッド ID:7
スレッド アカウント名: ドメイン ユーザー
偽装: False
スタックトレース: c:\Documents で _Default.Page_Load (Object sender, EventArgs e) に、Settings\user\Desktop\WebEvents\WebSite3\WebSite3\Default.aspx.cs:line15
System.Web.Util.CalliHelper.EventArgFunctionCaller (IntPtr fp をオブジェクトにo、オブジェクト t、EventArgs e)
でSystem.Web.Util.CalliEventHandlerDelegateProxy.Callback (送信者オブジェクトEventArgs e)
System.Web.UI.Control.OnLoad (EventArgs e)System.Web.UI.Control.LoadRecursive()
でSystem.WebUI.Page.ProcessRequestMain (ブール型の includeStagesBeforeAsyncPoint、IncludeStagesAfterAsyncPoint のブール値)</computer>
TemplatedMailWebEventProviderASPX ページを-、それを推測 - テンプレートとして指定することができます。をASPX ページの出力を使用して、することができます電子メールの本文受信するデータの外観をカスタマイズします。

サンプル アプリケーションTemplatedMailWebEventProvider を Web.config に追加するのには、次のコードを使用してください。ファイルし、EmailTemplateTest.aspx のページをテンプレートとして指定します。(、EmailTemplateTest.aspx ページをバッファー内の利用可能なイベント ループ、それらのテーブルに表示されます。
<add name="myTemplatedMailWebEventProvider" type="System.Web.Management.TemplatedMailWebEventProvider"
to="e-mail@foo.com" from="e-mail@foo.com " buffer="true"
bufferMode="Critical Notification" maxMessagesPerNotification="10" maxEventsPerMessage="10"
template="e-mailTemplateTest.aspx" detailedTemplateErrors="false" />
電子メール警告メッセージは、次のようにです。
件名: イベント通知 3、パート 1: 10 のイベントを受信しました。/WebSite3

見つかったソース時間コード詳細コード メッセージ
4System.Web.Security.UrlAuthorizationModule 2005 年 8 月 17 日午前 12時 40分: 45 4003 0 の URL承認の要求が成功しました。
4 8/17/2005年 12時 40分: 45 AM 4004 0要求のファイル承認に成功しました。
7 の ASP。ViewEvents_aspx2005 年 8 月 17 日 12時 40分: 45 AM 100010 0 のイベントのサンプル ページの読み込み
8ASP。ViewEvents_aspx 2005 年 8 月 17 日午前 12時 40分: 45 100010 0 Button1_Click
5SystemWeb.Security.UrlAuthorizationModule 2005 年 8 月 17 日午前 12時 40分: 45 4003 0 の URL承認の要求が成功しました。
5 8/17/2005年 12時 40分: 45 AM 4004 0要求のファイル承認に成功しました。
9 ASP。ViewEvents_aspx2005 年 8 月 17 日 12時 40分: 45 AM 100010 0 のイベントのサンプル ページの読み込み
10ASP。ViewEvents_aspx 2005 年 8 月 17 日午前 12時 40分: 45 100010 0 Button1_Click
6System.Web.Security.UrlAuthorizationModule 2005 年 8 月 17 日 12時 40分: 46 4003 0 の URL承認の要求が成功しました。
6 8/17/2005年 12時 40分: 46 AM 4004 0要求のファイル承認に成功しました。
どちらの場合も場合は、buffer 属性を false になります、電子メールは 1 つだけのイベントが記録されます。をtrue に設定してバッファリングを示す bufferMode を指定する必要も多くの場合、バッファーをフラッシュする方法。グローバルでいくつかのデフォルトの bufferModes があります。Web.config ファイルです。

場合は detailedTemplateErrors"true"、エラー =発生するを実行すると、テンプレートの本文で送信される、電子メール。場合は detailedTemplateErrors ="false"汎用エラーが送信されます。

AEmailTemplateTest.aspx がスローされます、詳細なエラーは次のとおりです。
サーバー エラーが ' と WebSite3' アプリケーション。

処理されません。作成するために使用するテンプレートのページの実行時の例外が発生しましたこのイベントの通知。このメッセージの一部をだった 1 イベントでした。破棄します。

説明: 中にハンドルされていない例外が発生しました、現在の web 要求を実行します。スタック トレースの詳細を確認してください。エラーとの起源についてはコードです。

例外の詳細: System.Web.HttpException: セッション状態をすることができますenableSessionState が true の場合、いずれかの構成で設定されている場合にのみ使用します。ファイルまたはページ ディレクティブ。また、ことを確認してください。System.Web.SessionStateModule またはカスタムのセッション状態モジュールに含まれています。<configuration>は、\<system.web>\<httpModules>セクションで、アプリケーションの構成します。

ソース ファイルの場合: c:\Documents とSettings\user\Desktop\WebEvents\WebSite3\WebSite3\e-mailTemplateTest.aspx.csライン: 17

スタック トレース: [HttpException (0x80004005) セッション状態ことができます。enableSessionState が true の場合、いずれかの構成で設定されている場合にのみ使用します。ファイルまたはページ ディレクティブ。また、ことを確認してください。System.Web.SessionStateModule またはカスタムのセッション状態モジュールに含まれています。<configuration>は、\<system.web>\<httpModules>セクションで、アプリケーションの構成します。]
System.Web.UI.Page.get_Session()+146
e ・ mailTemplateTest.Page_Load(Object sender, EventArgs e)c:\Documents とSettings\user\Desktop\WebEvents\WebSite3\WebSite3\e-mailTemplateTest.aspx.cs:17
System.Web.Util.CalliHelper.EventArgFunctionCaller (IntPtrfp、オブジェクト o オブジェクト t、EventArgs e)+13
System.Web.Util.CalliEventHandlerDelegateProxy.Callback (送信者オブジェクトEventArgs e) +45
System.Web.UI.Control.OnLoad (EventArgs e)+80
SystemWeb.UI.Control.LoadRecursive()+49
System.Web.UI.Page.ProcessRequestMain (ブール型includeStagesBeforeAsyncPoint、includeStagesAfterAsyncPoint のブール値)+3749

[HttpUnhandledException (0x80004005) 型の例外。'しているとき' でした。スローします。]
System.Web.UI.Page.HandleError (例外の電子)+929
System.Web.UI.Page.ProcessRequestMain (ブール型includeStagesBeforeAsyncPoint、includeStagesAfterAsyncPoint のブール値)+7864
System.Web.UI.Page.ProcessRequest (ブール型includeStagesBeforeAsyncPoint、includeStagesAfterAsyncPoint のブール値)+229
System.Web.UI.Page.ProcessRequest()+12
System.Web.UI.Page.ProcessRequest (HttpContext コンテキスト)+80
System.Web.HttpServerUtility.ExecuteInternal (IHttpHandler ハンドラーTextWriter ライター、ブール preserveForm、VirtualPath パスを VirtualPathファイルのパス、physPath の文字列、例外エラー、文字列 queryStringOverride)+1012

[HttpException (0x80004005) 子要求を実行中エラー。/[WebSite3/e-mailTemplateTest.aspx。 で変更]
System.Web.HttpServerUtility.ExecuteInternal (IHttpHandlerハンドラー、TextWriter のライター、ブール preserveForm、VirtualPath パスを VirtualPathファイルのパス、physPath の文字列、例外エラー、文字列 queryStringOverride)+1525
System.Web.HttpServerUtility.Execute (文字列パス、TextWriter のライター、ブール preserveForm)+754
System.Web.HttpServerUtility.ExecuteLocalRequestAndCaptureResponse (文字列パス、TextWriter のライター、ErrorFormatterGenerator errorFormatterGenerator)+249</httpModules></system.web></configuration></httpModules></system.web></configuration>
属性が false であるし、エラーが発生する場合は、のみが汎用のエラー メッセージは、次のようなが表示されます。
サーバーエラーが ' と WebSite3' アプリケーション。

未処理の例外が発生しました。このイベントの作成に使用されたテンプレート ページの実行中通知します。このメッセージの一部をだった 8 イベントでした。破棄します。

説明: 現在の構成ができなくなります、例外の詳細をこのメッセージに含まれています。追加、"detailedTemplateErrors = true"属性を有効にするのには、プロバイダーの構成に例外詳細を報告します。
メモバッファー関連の属性をすべてフラッシュ結果を通知します。フラッシュmaxEventsPerMessageよりより多くのイベントが含まれている場合は、通知に複数の電子メール問題は発生、しかし、すべてがまだ同じ通知あると見なされます。例えば、フラッシュは 13 のイベントが生成されますが、 maxEventsPerMessage 5 つしか。3 つのメールが表示されます最初の 2 つ。メールがそれぞれ 5 つのイベントが含まれます、3 番目の電子メールには 3 が含まれていますイベント。

MaxMessagesPerNotificationより多くの電子メールがある場合は、いくつかのイベントが削除されます。設定した場合の例については、maxMessagesPerNotification 2 を使用同じmaxEventsPerMessage上記とは、のみ 2 つの電子メールを受信します。イベントは、です、3 番目の電子メール廃棄されます。任意のドロップまたは切り捨て通知メールのいずれかで、簡易メール プロバイダーに表示されます。電子メールの上部は、次が表示されます。
**警告 **
---------------
これが残りの 10 のイベント通知期間が破棄されます、メッセージの最大数許可される通知を超えました。(警告 ID: 101)
以来、コントロールの template 宣言されたプロバイダーは、電子メールの形式が、ドロップまたは切り捨てを自分で確認して内に含めるかどうかを確認するには電子メール。

メモ構成する必要があるため、System.Net.Mail、メール プロバイダーを使用します。Web.config ファイルで System.Net.Mail。

詳細についてはASP.NET 設定スキーマの情報は、次のマイクロソフト Web をご覧ください。サイト:
healthMonitoring 要素 (ASP.NET 設定スキーマ)
http://msdn2.microsoft.com/library/2fwh2ss9(en-us,vs.80).aspx
ASP.NET 2.0 でヘルスの監視の詳細についてを参照してください。次のマイクロソフト Web サイト:
ASP.NET 2.0 での稼働状態の監視を使用する方法
http://msdn2.microsoft.com/en-us/library/ms998306.aspx
常にアイデアを提出して列今後の対処や技術を使用して、 要求します。 フォーム。

プロパティ

文書番号: 893664 - 最終更新日: 2012年11月30日 - リビジョン: 7.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft ASP.NET 2.0
キーワード:?
kbhowto kbasp kbmt KB893664 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:893664
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。
サポート期間が終了した「サポート技術情報」資料に関する免責事項
この資料は、マイクロソフトでサポートされていない製品について記述したものです。そのため、この資料は現状ベースで提供されており、今後更新されることはありません。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com