ユーザー コントロールとカスタム コントロールの概要

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 893667
ASP。NET サポート音声列

ユーザー コントロールとカスタム コントロールの概要

この列には、お客様のニーズをカスタマイズするには、表示し問題関心のあるトピックに関するアイデアをナレッジ ベースの記事や音声のサポート列将来の対処を提出するに招待します。アイデアおよびフィードバックを使用して送信することができます、 それを要求します。 フォームです。また、この列の下部にあるフォームへのリンクです。
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

はじめに

やあ!これ Parag であり、Microsoft asp、サポート エンジニアと思います。NET のサポート グループが 1 年以上今の。マイクロソフトに入社する前とはマイクロソフトのテクノロジを使用して、デスクトップ アプリケーションと Web ベースのプロジェクト作業します。品質のサポートを顧客に提供するときに、あったいくつか混乱回避のカスタム コントロールをし、私だけでカスタム コントロールの周囲のいくつかの概念を説明するのに時間がかかるしたい場合を見てきました。不良として見た目信じる私のそれを取得すると、ASP を使用するが最適な位置にあります。NET。

概要

今月のコラムでは、次のトピックが説明します。
  • ユーザー コントロールの概要を教えてください。
  • カスタム コントロールの概要を教えてください。
  • ユーザー コントロールおよびカスタム コントロールの基本的な違いを教えてください。
私も、いくつかの関係の状態を管理し、カスタム コントロールのレンダリングなどのカスタム コントロールは、高度なトピックを紹介します。

ユーザー コントロールの概要を教えてください。

ユーザー コントロールは、カスタムの再利用可能なコントロールでし、HTML および Web サーバー コントロールによって使用されますと同じ方法を使用します。それらを分割し、複数の asp 一般的なユーザー インターフェイスを簡単な方法を提供します。NET Web アプリケーションです。Web フォーム ページの機能と同じ Web フォーム プログラミング モデルを使用します。Web フォーム プログラミング モデルについての詳細については、次のマイクロソフト開発ネットワーク (MSDN) Web サイトを参照してください。
Web フォーム ページの概要
.aspx の http://msdn2.microsoft.com/en-us/library/65tcbxz3 (vs.71)

Web フォームのコード モデル
.aspx の http://msdn2.microsoft.com/en-us/library/015103yb (vs.71)

ユーザー コントロールを作成する方法

ユーザー コントロールの作成に使用する構文は、Web フォーム ページ (.aspx) を作成することは、構文と同様です。唯一の違いは、ユーザー コントロール含まれていないことですが<html>,<body>、、<form>ユーザー コントロールを Web フォーム ページをホストするための要素です。ユーザー コントロールを作成するには、次の手順を実行します。</form></body></html>
  1. テキスト エディターまたは HTML エディターを開くし、すべてのプロパティ、メソッド、およびイベントを公開する、サーバー側コード ブロックを作成します。
    <script language="C#" runat="server">
       public void button1_Click(object sender, EventArgs e)
       {
          label1.Text = "Hello World!!!";
       }
    </script>
    
  2. ユーザー コントロールのユーザー インターフェイスを作成します。
    <asp:Label id="label1" runat="server"/>
     <br><br>
    <asp:button id="button1" text="Hit" OnClick="button1_Click" runat="server" />
    

ユーザー コントロールを Web フォーム ページで使用する方法

  1. マイクロソフトの Visual Studio では、新しい Web フォーム ページ (.aspx) を作成します。NET 2002、Microsoft Visual Studio を使用します。Net、Microsoft Visual Studio 2005、または任意のテキスト エディターを使用します。
  2. 宣言、 @ Register 命令です。たとえば、次のコードを使用します。
    <%@ Register TagPrefix="UC" TagName="TestControl" Src="test.ascx" %>
    メモ ユーザー コントロールと Web フォーム ページが同じ場所にあると仮定します。
  3. Web フォーム ページにユーザー コントロールを使用するには後、に、次のコードを使用して、 @ Register 命令です。
    <html>
        <body>
              <form runat="server">
                   <UC:TestControl id="Test1" runat="server"/>
              </form>
        </body>  
    </html>
    

ファイルを Web フォーム ページの分離コードでユーザー コントロールのインスタンスをプログラムによって作成する方法

前の例では、宣言では、Web フォーム ページを使用して、ユーザー コントロールのインスタンス化、 @ Register 命令です。ただし、ユーザー コントロールのインスタンスを動的に作成し、それをページに追加できます。この操作の手順は次のとおりです。
  1. Visual Studio では、新しい Web フォーム ページを作成します。
  2. この Web フォーム ページに対して生成されたファイルの分離コードに移動します。
  3. で、 Page_Load イベント、 ページ クラスは、次のコードを記述します。
    // Load the control by calling LoadControl on the page class.
    Control c1 = LoadControl("test.ascx");
                
    // Add the loaded control in the page controls collection.	
    Page.Controls.Add(c1);
    
    メモ ユーザー コントロールはページのライフ サイクルの特定のイベントに動的に追加できます。

    詳細については、次の Web サイトを参照してください。
    Web フォーム ページにプログラムでコントロールの追加
    .aspx の http://msdn2.microsoft.com/en-us/library/kyt0fzt1 (vs.71)

    コントロール実行の有効期間
    .aspx の http://msdn2.microsoft.com/en-us/library/aa719775 (vs.71)

    Web コントロールの動的なポストバック、および Scott Mitchell がビューステート
    http://aspnet.4guysfromrolla.com/articles/092904-1.aspx

ユーザー コントロールの処理方法

ユーザー コントロールを含むページが要求されると、次のことが発生します。
  • ページ パーサーで指定された .ascx ファイルを解析し、 Src 属性は、 @ Register ディレクティブから派生したクラスを生成し、 System.Web.UI.UserControl クラスです。
  • パーサー、動的クラスをアセンブリにコンパイルします。
  • Visual Studio を使用している場合は、Visual Studio、分離コード ファイルは、ユーザー コントロールをデザイン時にだけを作成し、デザイナーでファイルがプリコンパイル済みです。
  • 最後に、クラスには動的なコード生成とコンパイルのプロセスで生成される、ユーザー コントロール、コード分離コード ファイルにはが含まれています (します。 ascx.cs) と同様、.ascx ファイル内に記述されたコード。

カスタム コントロールの概要を教えてください。

同様に、通常の Web フォームまたはユーザー コントロールのカスタム コントロールは、オブジェクト モデルを公開する、サーバー上で実行、HTML や XML などのマークアップ テキストをレンダリングするコンパイル済みコード コンポーネントです。

カスタム コントロールの基本クラスを選択する方法

カスタム コントロールを記述するのには、直接的または間接的に、新しいクラスから派生する必要があります、 System.Web.UI.Control クラスまたはから、 System.Web.UI.WebControls.WebControl クラス:
  • 派生する必要があります。 System.Web.UI.Control 非可視要素をレンダリングするコントロールを配置する場合。たとえば、<meta>と<head>ビジュアルのレンダリングの例です。</head>
  • 派生する必要があります。 System.Web.UI.WebControls.WebControl ビジュアル インターフェイスは、クライアント コンピューター上で生成した HTML をレンダリングするコントロールを配置する場合。
既存のコントロール、ボタン、ラベルなどの機能を変更する場合は、直接これら既存のクラスを新しいクラスを派生でき、その既定の動作を変更することができます。

まとめると、 コントロール クラスは、配置、コントロール ツリーの基本的な機能を提供します。 ページ クラスです。は、 WebControl クラスをベースに機能を追加します。 コントロール クライアント コンピューターでビジュアル コンテンツを表示するためのクラスです。たとえば、使用できます、 WebControl クラスはコントロールの外観とスタイル プロパティを使用すると、フォント、色、および高さ。

作成および System.Web.UI.Control からの Visual Studio を使用して拡張する単純なカスタム コントロールを使用する方法

  1. Visual Studio を起動します。
  2. クラス ライブラリ プロジェクトを作成して、CustomServerControlsLib などの名前を付けます。
  3. たとえば、SimpleServerControl.cs をプロジェクトにソース ファイルを追加します。
  4. 参照が含まれます、 System.Web [参照] セクションの名前空間。
  5. 次の名前空間が SimpleServerControl.cs ファイルに含まれているかどうかを確認してください。
    System
    System.Collections
    System.ComponentModel
    System.Data
    System.Web
    System.Web.SessionState
    System.Web.UI
    System.Web.UI.WebControls
    
  6. 継承は、 SimpleServerControls クラスのでは コントロール 基本クラスです。
    public class SimpleServerControl : Control
  7. オーバーライドは、 レンダリング 出力を出力ストリームに書き込む方法します。
    protected override void Render(HtmlTextWriter writer) 
    {
    	 writer.Write("Hello World from custom control");
    }
    
    メモ は、 HtmlTextWriter クラスは、HTML をテキスト ストリームに書き込みの機能があります。は、 書き込み メソッドは、 HtmlTextWriter クラスは、指定した文字列を HTTP 応答ストリームに出力し、は同じですが Response.Write メソッドです。
  8. クラス ライブラリ プロジェクトをコンパイルします。これは、DLL の出力が生成されます。
  9. 既存を開くか、新しい asp。NET Web アプリケーションのプロジェクトです。
  10. カスタム コントロールが使用することができますは、Web フォーム ページを追加します。
  11. ASP の「参照」セクションで、クラス ライブラリへ参照を追加します。NET のプロジェクトです。
  12. Web フォーム ページでカスタム コントロールを登録します。
    <%@ Register TagPrefix="CC " Namespace=" CustomServerControlsLib " Assembly="CustomServerControlsLib " %>
  13. インスタンス化したり、カスタム コントロールを Web フォーム ページを使用するには、コード内の次の行を追加、<form>タグ。<b00></b00></form>
    <form id="Form1" method="post" runat="server">
        <CC:SimpleServerControl id="ctlSimpleControl" runat="server">
        </CC:SimpleServerControl >
    </form>
    
    メモ このコードでは、 SimpleServerControl クラス ライブラリ内のコントロール クラスの名前です。
  14. Web フォーム ページを実行し、カスタム コントロールからの出力が表示されます。
Visual Studio を使用していない場合は、次の手順を実行する必要があります。
  1. 任意のテキスト エディターを開きます。
  2. SimpleServerControl.cs、というファイルを作成し、手順 1 〜 14 で指定されているコードを記述します。
  3. PATH 変数には、次のパスを追加します。
    c:\windows (winnt)\Microsoft.Net\Framework\v1.1.4322
  4. コマンド プロンプトを起動し、SimpleServerControl.cs のある場所に移動します。
  5. 次のコマンドを実行します。
    csc/t:library/out: CustomServerControlsLib。SimpleServerControl.dll/r:System.dll/r:System.Web.dll SimpleServerControl.cs
    C# コンパイラ (csc.exe) の詳細については、次の MSDN Web サイトを参照してください。
    .aspx の http://msdn2.microsoft.com/en-us/library/1700bbwd (vs.71)
  6. Web フォーム ページでカスタム コントロールを実行するには、次の操作を行います。
    1. Wwwroot フォルダーの下にディレクトリを作成します。
    2. (IIS) マネージャーを起動し、新しいディレクトリの仮想ルート ディレクトリとして指定します。
    3. 新規ディレクトリの下に Bin フォルダーを作成します。
    4. カスタム コントロールの DLL を Bin フォルダーにコピーします。
    5. 新しいディレクトリ内の前の手順で作成したサンプルの Web フォーム ページに配置します。
    6. IIS マネージャーからサンプル ページを実行します。
単純なカスタム コントロールを作成した後は、プロパティを公開し、そのカスタム コントロールのデザイン時属性を適用する方法を見てみましょう。

カスタム コントロールのプロパティを公開する方法

前の例をビルドして Web フォーム ページでカスタム コントロールを使用して設定可能な 1 つまたは複数のプロパティについて説明します。

次の例では、コントロールからのメッセージを表示するプロパティを定義する方法、コントロールのプロパティで指定した時間数を示しています。
  1. SimpleServerControl.cs をテキストエディターで開きます。
  2. プロパティの追加、 SimpleServerControl クラスです。
    public class SimpleServerControl : Control
    {
       private int noOfTimes;
       public int NoOfTimes
       {
           get { return this.noOfTimes; }
           set { this.noOfTimes = value; }
       } 
       protected override void Render (HtmlTextWriter writer)
       {
         for (int i=0; i< NoOfTimes; i++)
         {
           write.Write("Hello World.."+"<BR>");
         } 
       }
    }
    
  3. カスタム コントロールをコンパイルします。
  4. Web フォーム ページでカスタム コントロールを使用するには、コントロール宣言には、新しいプロパティを追加します。
    <CC:SimpleServerControl id="ctlSimpleControl" NoOfTimes="5" runat="server"></CC:SimpleServerControl>
  5. ページを実行している"は、コントロールのプロパティに指定された、メッセージ Hello world"何度でもカスタム コントロールからとしては表示されます。

カスタム コントロールのデザイン時属性を適用する方法

デザイン時属性の必要な理由
前の例では、構築されたカスタム コントロールは期待どおりに動作します。ただし、Visual Studio でそのコントロールを使用する場合は、必要があります、 NoOfTimes デザイン時にカスタム コントロールが選択されたときに、[プロパティ] ウィンドウでが自動的に強調表示するのには、[プロパティ] をクリックします。

これを実行するのには、Visual Studio では属性と呼ばれる機能を使用して行うことができます Visual Studio するメタデータ情報を提供する必要があります。属性は、クラス、メソッド、プロパティ、またはフィールドを定義できます。Visual Studio カスタム コントロールのクラスが読み込まれると、クラス、メソッド、プロパティ、またはフィールド レベルで定義されている属性をチェックし、カスタム コントロールの動作をデザイン時に適宜変更します。

属性の詳細について参照するには、次の MSDN Web サイトを参照してください。
.aspx の http://msdn2.microsoft.com/en-us/library/Aa288059 (VS.71)
みましょう一般的に使用するサンプルのビルド属性を使用しました。
  1. SimpleServerControl.cs をテキストエディターで開きます。
  2. クラス レベルでは、基本的な属性などの紹介、 DefaultProperty, ToolboxData、、 TagPrefixAttrbute.これら 3 つの属性をサンプルをビルドします。
            [
    	// Specify the default property for the control.		
    	DefaultProperty("DefaultProperty"),
    	
    	// Specify the tag that is written to the aspx page when the
            // control is dragged from the Toolbox to the Design view. 
    	// However this tag is optional since the designer automatically 
    	// generates the default tag if it is not specified.		
    	ToolboxData("<{0}:ControlWithAttributes runat=\"server\">" +
    		"</{0}:ControlWithAttributes>")
    	]
    	public class ControlWithAttributes : Control
    	{
    		private string _defaultProperty;
    		public string DefaultProperty
    		{
    			get { return "This is a default property value"; }
    			set { this._defaultProperty = value; }
    		}
    
    		protected override void Render(HtmlTextWriter writer)
    		{
    			writer.Write("Default Property --> <B>" + 
    			DefaultProperty + "</B>");
    		}
             }
    
  3. 呼ばれる 1 つの多くのタグがありません。 TagPrefixAttrbute.これは、コントロールをツールボックスからデザイナーにドラッグすると、タグ プレフィックスを提供するアセンブリ レベルの属性です。それ以外の場合は、デザイナー、プリフィックス"cc1"などを既定で生成します。 TagPrefixAttrbute 直接コントロール クラスには適用されません。適用するのには TagPrefixAttrbute、AssemblyInfo.cs を開きます、コードの次の行を含めるし、プロジェクトをリビルドします。
    [assembly:TagPrefix("ServerControlsLib ", "MyControl")]
    メモ コマンドラインを使用して、ソースをビルドする場合は、AssemblyInfo.cs ファイルを作成するには、すべてのソース ファイルを含むディレクトリにファイルを配置および、次に実行する必要があります。コントロールを作成するコマンドを指定します。
    > csc/t:library/out: ServerControlsLib.dll/r:System.dll/r: System.Web.dll *.cs

ユーザー コントロールおよびカスタム コントロールの基本的な違いを教えてください。

何のユーザー コントロールおよびカスタム コントロールとその作成方法の基本的な考え方があるが、2 間の相違点を簡単に説明していきましょう。
元に戻す全体を表示する
要因ユーザー コントロールカスタム コントロール
展開単一アプリケーション シナリオ用に設計

アプリケーションのソース コードと共にソース フォーム (.ascx) を配置

同じコントロールを 2 つ以上のアプリケーションで使用する必要がある場合は、その冗長性と保守の問題を紹介します。
2 つ以上のアプリケーションで使えるように設計されて

アプリケーションの Bin ディレクトリまたはグローバル アセンブリ キャッシュに展開します。

冗長性と保守に関連する問題なく簡単に配布
作成作成は、Web フォーム ページを作成する方法に似ています。迅速なアプリケーション開発 (RAD) 用に最適デザイナー サポートがないため多くコードのには記述が含まれます。
コンテンツ静的コンテンツに対して固定されたレイアウト内で必要がある場合、多方などと、ヘッダーとフッターをに複数のアプリケーションが動的コンテンツを表示する必要がある場合に適しています。再は、動的な行とテーブル コントロールが、データ バインド、アプリケーション全体では、たとえば、利用できます。
デザイン執筆、デザイン時に作成されたほとんど静的データが含まれるためアプリケーションよりデザインを必要としません。コントロールのライフ サイクルのイベント実行する順序は、通常のユーザー コントロールにダメだが理解を最初から作成する必要があります。

高度なトピック

次に、カスタム コントロールを開発する際に使用できる、高度な機能のいくつかを見てみましょう。

状態の管理

Web アプリケーションはステートレスな HTTP に組み込まれています。ページとその子コントロール要求ごとに作成され、要求終了後破棄されます。従来の ASP プログラミングで状態を保持するには、セッション オブジェクトを使用します。しかし、そのためには、コーディングの多くを行う必要があります。この問題を回避するのには、asp です。NET は、いくつかの要求にわたって状態を維持するのには、ビュー ステートと呼ばれるメカニズムを提供します。状態管理と状態の確認に関する詳細については、次の MSDN Web サイトを参照してください。
Web フォームの状態管理の概要
.aspx の http://msdn2.microsoft.com/en-us/library/75x4ha6s (vs.71)

ASP。NET view の状態
http://msdn.microsoft.com/msdnmag/issues/03/02/cuttingedge/default.aspx

ビュー ステートを使用して値の保存 Web フォームをページします。
.aspx の http://msdn2.microsoft.com/en-us/library/4yfdwycw (vs.71)
カスタム コントロールのビュー ステートを使用しての例
ViewStateExample.cs
using System;
using System.Collections;
using System.ComponentModel;
using System.Data;
using System.Web;
using System.Web.SessionState;
using System.Web.UI;
using System.Web.UI.WebControls;
using System.Web.UI.HtmlControls;
using System.Text;

namespace ServerControlLib
{
	/// <summary>
	/// When a page framework reloads this control after postback, it   
        /// will restore the values which are in view state.
	/// This control can easily perform state management without 
        /// implementing our own logic for maintaining the state.
	/// </summary>
	public class ViewStateExample : WebControl
	{
		// Text to be displayed in Text box control.
		private string _text;
		
		/*
		 * This property needs to be populated before every 
                 * postback in order to 
		 * retain its value.
		*/ 
		public string Text
		{
			get { return (_text == null) ? "_text property is empty"  : _text; }
			set { _text = value; }
		}

		/*
		 * This property needs to be filled once and should be 
                 * available on the successive postbacks.
		*/ 
		public string TextInViewState
		{
			get
			{
				object o = ViewState["TextInViewState"];
				return (o == null) ? "View state is empty" : (string)o;
			}
			set { ViewState["TextInViewState"] = value; } 
		}

		/*
		 * Over-ridden method on WebControl base class which                   
                 * displays both of the property values 
		 * i.e. one stored in view state and other which is not 
                 * saved in view state.
		*/
		protected override void RenderContents(HtmlTextWriter writer)
		{
			writer.Write("Text Without View State = ");
			writer.Write(Text);
			writer.Write("<hr><br>");
			writer.Write("Text In View State = ");
			writer.Write(TextInViewState);
		}
	}
}
前のコントロールを Web フォーム ページを使用しての例
ViewStateExampleDemo.aspx
<%@ Page Language="C#" %>
<%@ Register TagPrefix="CC" Namespace="ServerControlLib" Assembly = "ServerControlLib" %>

<html>
  <head>
    <script runat="server">
      void button1_Click(object sender, EventArgs e)
      {
          Control1.Text = textbox1.Text;
          Control1.TextInViewState = textbox2.Text;
      }
    </script>
  </head>
  <body>
    <form runat="server" ID="Form1">
      <br>
      Property Value Without View State: <asp:TextBox id="textbox1" 
        runat="server" />
      <br>
      Property Value with View State: <asp:TextBox id="textbox2" 
        runat="server" />

      <asp:Button text="Cause Postback" onClick="button1_Click" 
        id="button1" Runat="server" />

      Output from the ViewStateExample Control :
      <CC:ViewStateExample id="Control1" runat="server"/>
    </form>
  </body>
</html>

レンダリング

このセクションでは、私のいずれかからカスタム コントロールを派生する場合をオーバーライドする必要がありますどのような方法を簡単に説明します、 コントロール クラスまたは WebControl クラスです。
System.Web.UI.Control クラスのメソッドを表示します。
レンダリング メソッドの詳細については、 System.Web.UI.Control クラスには、次の MSDN Web サイトを参照してください。
Control.Render メソッド
.aspx の http://msdn2.microsoft.com/en-us/library/system.web.ui.control.render (vs.71)

Control.RenderControl メソッド
.aspx の http://msdn2.microsoft.com/en-us/library/system.web.ui.control.rendercontrol (vs.71)

Control.RenderChildren メソッド
.aspx の http://msdn2.microsoft.com/en-us/library/system.web.ui.control.renderchildren (vs.71)
コントロールがページに表示する方法
各ページはそのページのすべての子コントロールのコレクションを表す、コントロール ツリーがあります。コントロール ツリーは、オブジェクトのレンダリングには、 HtmlTextWriter クライアント コンピューターで表示する HTML を含むクラスが作成されます。そのオブジェクトに渡されます、 RenderControl メソッドです。次に、 RenderControl メソッドが呼び出されますが レンダリング メソッドです。そして、 レンダリング メソッドの呼び出しは、 RenderChildren それぞれの子コントロールを再帰的ループは、コレクションの末尾に達するまでを行うメソッド。このプロセスは、次のコード例で最も説明しています。
public void RenderControl(HtmlTextWriter writer) 
{
    // Render method on that control will only be called if its visible property is true.
    if (Visible)
    {
        Render(writer);
    }
}

protected virtual void Render(HtmlTextWriter writer) 
{
    RenderChildren(writer);
}
protected virtual void RenderChildren(HtmlTextWriter writer) 
{
    foreach (Control c in Controls) 
    {
        c.RenderControl(writer);
    }
} 
System.Web.UI.WebControl クラスのメソッドを表示します。
レンダリング メソッドの詳細については、 System.Web.UI.WebControl クラスには、次の MSDN Web サイトを参照してください。
WebControl.RenderBeginTag メソッド
.aspx の http://msdn2.microsoft.com/en-us/library/system.web.ui.webcontrols.webcontrol.renderbegintag (vs.71)

WebControl.RenderContents メソッド
.aspx の http://msdn2.microsoft.com/en-us/library/system.web.ui.webcontrols.webcontrol.rendercontents (vs.71)

WebControl.RenderEndTag メソッド
.aspx の http://msdn2.microsoft.com/en-us/library/system.web.ui.webcontrols.webcontrol.renderendtag (vs.71)
どのように、WebControl クラスのレンダリングが行わをれる
次のコード例に示す、 レンダリング カスタム コントロールの方法です。
protected override void Render(HtmlTextWriter writer)
{
    RenderBeginTag(writer);
    RenderContents(writer);
    RenderEndTag(writer);
}
オーバーライドする必要はありませんが レンダリング メソッドは、 WebControl クラスです。内のコンテンツをレンダリングする場合は、 WebControl クラスは、オーバーライドする必要があります、 RenderContents メソッドです。それでもする場合ただし、無効にする、 レンダリング メソッドを使用する必要がありますオーバーライド、 RenderBeginTag メソッドと同様に RenderEndTag メソッドで特定の順序は、前のコード例に示します。

結論

すべてはここではユーザー コントロールとカスタム コントロールには ASP で。NET 1.0 および ASP。NET 1.1。この列と、それらを開発するためのさまざまな方法の基本的な違いを理解するのに役立つことを願っています。

ありがとうありがとうございました。私たちは、近い将来の詳細については、高度なトピックは、状態管理、コントロール スタイル、複合コントロール、およびカスタム コントロールのデザイン時サポートなどのカスタム コントロールを記述することを期待します。

コントロールの詳細については、次の MSDN Web サイトを参照してください。
ASP。NET のサーバー コントロール開発の基本
.aspx の http://msdn2.microsoft.com/en-us/library/aa310918 (vs.71)

ユーザー コントロールの広範な調査
http://msdn2.microsoft.com/en-us/library/ms972975.aspx

独自の ASP テンプレートを構築します。Net
http://msdn2.microsoft.com/en-us/library/Aa478964.aspx

ASP でのイベントです。Net
.aspx の http://msdn2.microsoft.com/en-us/library/aa720049 (vs.71)

複合コントロールとユーザー コントロール
.aspx の http://msdn2.microsoft.com/en-us/library/aa719735 (vs.71)

ASP を開発します。Net
.aspx の http://msdn2.microsoft.com/en-us/library/aa719973 (vs.71)

カスタム コントロールの開発: 重要な概念
.aspx の http://msdn2.microsoft.com/en-us/library/aa720226 (vs.71)

デザイン時サポートを追加します。Net
http://msdn2.microsoft.com/en-us/library/Aa478960.aspx
常に、トピックの案を提出する無料のフィール列は今後対応などの技術を使用して、 それを要求します。 フォームです。

プロパティ

文書番号: 893667 - 最終更新日: 2011年8月3日 - リビジョン: 3.0
キーワード:?
kbhowto kbasp kbmt KB893667 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:893667
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com