SQL Server を実行しているコンピューターに SharePoint Portal Server 2003 で使用されているデータベースを移動する方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 894164 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

このステップ バイ ステップの資料で Microsoft SQL Server を実行するコンピューターに Microsoft Office SharePoint Portal Server 2003 で使用されているデータベースを移動するのに方法について説明します。 当初インストールする場合 SharePoint Portal Server 2003 と SQL Server、同じコンピューターに SQL Server を実行してデータベースの記憶域がリモート コンピューターを使用するようになりましたこの資料に記載されている手順を使用します。 また、最初にインストールした SharePoint Server 2003 と SQL Server と別のコンピューター、し、今すぐ SQL Server データベースの記憶域として実行している別のリモート コンピューターを使用する場合にこの資料に記載されている手順を使用します。

SQL Server を実行しているリモート コンピューターに、データベースを移動することができます、前に、SharePoint Portal Server 2003 のデータのバックアップ サーバー ファーム上で、ポータル サイトの削除、コンポーネントの割り当てを削除し、必要がありますし、サーバーの構成データベースから切断します。 これを行った後、する必要があります新しい構成データベースを作成、サーバー ファーム アカウント設定の指定、コンポーネント割り当て] を指定しバックアップ復元 SharePoint Portal Server 2003 のデータのするサーバー
SharePoint Portal Server 2003 SP2 は SPS バックアップに参加解除およびフルテキスト インデックスを有効になっていると、バックアップを SQL Server 2005 サーバーに復元しようとしたときの復元ユーティリティは、コードがありました。 この懸案事項、SharePoint Portal Server 2003 SP3 で解決したし、については、この資料で詳しく説明: http://support.microsoft.com/kb/919175 に SP3 のある、SharePoint 環境または少なくともこの修正モジュールが SharePoint のデータベースを移動する前に適用されるお勧めします。

概要

このステップ バイ ステップ方法について説明に SQL Server を実行しているコンピューターに SharePoint Portal Server 2003 で使用されているデータベースを移動します。 いずれか、次の条件に該当する場合は、この資料に記載されている手順を使用してください。
  • した当初 SharePoint Portal Server 2003 と SQL Server コンピューターにインストール同じと SQL Server データベースの記憶域として実行しているリモート コンピューターを使用するします。
  • インストールした SharePoint Portal Server 2003 と SQL Server を別のコンピューターであり、SQL Server データベースの記憶域として実行している別のリモート コンピューターを使用する必要のようになりました。

SharePoint Portal Server 2003 のデータをバックアップします。

SharePoint Portal サーバーのデータのバックアップと復元ツールを使用して SharePoint Portal Server 2003 のデータのバックアップします。 これを行うには、次の手順を実行します。
  1. SharePoint Portal サーバーのデータのバックアップと復元ツールを起動します。
  2. [ バックアップ ] タブをクリックします。
  3. [ バックアップの場所と名前 ボックスの [で、バックアップ ファイルを保管する場所を指定します。 また、バックアップ ファイルのプレフィックスとして使用するファイル名前を指定します。
  4. 利用可能なコンポーネント を展開し、 すべてのサーバー ファームのコンポーネント を実行します。 バックアップを作成する項目の横に [ 準備完了 ] チェック ボックスが表示されているいる確認します。 また、バックアップする各項目の [ 準備完了 のチェック ボックスがオンすることを確認します。
  5. [ バックアップ ] をクリックします。
  6. [OK] されたらクリックを通知するメッセージ バックアップ操作は正常に完了します。
  7. [ ファイル ] メニューの [ 終了 SharePoint Portal サーバーのデータのバックアップと復元ツールを終了する] をクリックします。
  8. 管理パスの定義ページのスクリーン ショットを実行します。 管理パスの定義ページを見つける、次の手順に従います。
    1. Windows SharePoint サーバーの全体管理] で 仮想サーバーの構成 をクリックします。
    2. 最初の拡張のリスト内の仮想サーバーをクリックし、 管理パスの定義 を実行します。
    管理パスの定義ページのスクリーン ショットを実行します。 [仮想サーバーの構成] ページで記載されているすべての拡張仮想のサーバーに対してこの手順を繰り返します。 すべての仮想サーバーの拡張の管理パスの定義ページのスクリーン ショットを実行することを確認します。 これらのスクリーン ショットは SharePoint Portal Server 2003 のデータを復元した後に、管理パスを再作成するときに参照用使用されます。
  9. 続行する前に安全なコントロールの既存のエントリとカスタム Web パーツのリストがあるようには、web.config ファイルのバックアップを作成します。

SQL Server 2000 でデータベースをバックアップします。

SQL Server 2000 では以下のデータベースをバックアップします。
  • PortalSiteName_prof
  • PortalSiteName_serv
  • PortalSiteName_site
  • SharePoint Portal Server 2003 の構成データベースです。 既定では、このデータベース SPS_Config_db と呼びます。
これを行うには、次の手順を実行します。
  1. データベースのバックアップを作成するを格納するハード ディスク ドライブに新しいフォルダーを作成します。
  2. SQL Server Enterprise Manager を開始します。
  3. Microsoft SQL Server を展開、サーバー グループを展開、適切なサーバー] を展開して [ データベース ] を展開します。
  4. データベース バックアップを すべてのタスク ] をポイントし、 データベースのバックアップ をクリックを右クリックします。
  5. パスが [接続先 ] ボックスに表示されたら、パス] をクリックし、[ 削除 ] をクリックします。
  6. [ 追加 ] をクリックします。 ファイル名 をクリックして [手順 1 で作成したフォルダーの場所とバックアップ ファイルのファイル名を指定します。 ファイル名は、データベースの名前と同じを使用します。 たとえば、PortalSiteName _PROF データベースをバックアップする際は PortalSiteName _PROF としてファイル名を指定します。
  7. [OK を] を 3 回クリックします。
  8. バックアップ操作が正常に終了したこと、メッセージが表示されたら [OK] をクリックします。
  9. 手順 4 手順 7 に各データベースを繰り返します。

コンテンツ データベース内にある PortalProperties テーブルの PortalRecoveryBackup、列の値が Null に設定されていないこと確認してください。

コンテンツ データベース内にある PortalProperties テーブルの PortalRecoveryBackup 列の値が Null に設定いないを確認します。 PortalRecoveryBackup 列の値が Null に設定されて、いる場合は SharePoint Portal Server 2003 のデータ バックアップから復元することはできません。 この資料で残りの手順を実行する値が Null 値を設定しないことを確認します。

確認するコンテンツ データベースにある PortalProperties テーブルの PortalRecoveryBackup 列で値が Null に設定しないことには、次の手順に従います。
  1. SQL Server Enterprise Manager を開始します。
  2. Microsoft SQL Server を展開、サーバー グループを展開、適切なサーバー] を展開して [ データベース ] を展開します。
  3. コンテンツ データベース] を展開し、 テーブル を実行します。

    メモ コンテンツ データベースの名前は、通常は _SITE で終了します。
  4. PortalProperties を右クリックして] テーブルを開く ] をポイントして [ 全行を返す ] をクリックします。
  5. PortalRecoveryBackup 列の値が Null に設定いないを確認します。

    PortalRecoveryBackup 列の値が Null に設定されて場合は、SharePoint Portal Server データ バックアップと復元ツールを使用して SharePoint Portal Server 2003 のデータのバックアップを作成します。 次に手順 1 〜 PortalRecoveryBackup 列の値が Null 値になった設定されているを確認する 5 を繰り返します。 SharePoint Portal Server データ バックアップと復元ツールを使用して、バックアップを作成すると、 PortalRecoveryBackup 列の値が入力されます。

サーバー ファーム上で、ポータル サイトを削除します。

削除するサーバー ファーム上で、ポータル サイトには、次の手順に従います。
  1. SharePoint サーバーの管理を開始します。
  2. ポータル サイトと仮想サーバーの構成 、SharePoint サーバーの管理ページの ServerName、[クリックして リストおよびポータル サイトの管理
  3. ポータル サイトの横の矢印をクリックして、[ ポータル サイトの削除 ] をクリックします。
  4. [ すべてのデータベースを削除する ] チェック ボックスがオフになっていることを確認します。 すべてのデータベースを削除 する </a0>] チェック ボックスがオンの場合 [、 すべてのデータベースを削除 する </a0>] チェック ボックスをオフします。
  5. [ OK] をクリックします。
  6. 手順 2 〜 5、サーバー ファーム上の各ポータル サイトを繰り返します。
  7. [ SharePoint Portal Server の中央管理 ページの [ポータル サイトを削除します。

電子メール サーバー設定を削除します。

SharePoint Portal Server 2003 に対して、電子メール サーバーを構成した場合は、電子メール サーバーの設定を削除します。 これを行うには、次の手順を実行します。
  1. [ サーバーの構成 の [SharePoint ポータル サーバーのサーバーの全体管理ページの ServerName] で [ 電子メール サーバー設定の構成 をクリックします。

    メモ 設定を後で復元できるように、電子メール サーバー設定の構成ページの設定を覚えておくためするには、設定を削除する前にこのページのスクリーン ショットを実行します。 この場合 Alt キーを押しながら PrintScreen キーを押して、ワードパッドまたは Microsoft Word を起動して [ 編集 ] メニューの [ 貼り付け ] をクリックします。 [ ファイル ] メニューの [ 保存 ] をクリックして、ファイル名とファイルを保存する場所を指定します。
  2. SMTP (簡易メール転送プロトコル) サーバーと電子メールの設定、取り出し、[ OK ] をクリックします。

コンポーネントの割り当てを削除します。

コンポーネントの割り当てを削除するには、次の手順に従います。
  1. [ サーバーの構成 の [SharePoint ポータル サーバーのサーバーの全体管理ページの ServerName] で [ サーバー トポロジの構成 ] をクリックします。
  2. サーバー トポロジの構成] ページの下部、[ コンポーネントの変更 をクリックします。
  3. [ コンポーネント割り当て ] の [サーバーに現在割り当てられている各コンポーネントのチェック ボックスをオフにします。 たとえば、 Web チェック ボックス、[ 検索 ] チェック ボックスおよび [ インデックス ] チェック ボックスをオフをクリックします。
  4. ジョブ サーバー コンポーネント ] で] をクリックして [なし] [ ジョブ サーバー ] および [ OK] をクリックします。
  5. 閉じる をクリックします。

サーバーの構成データベースから切断します

構成データベースからサーバーを切断する、次の手順に従います。
  1. [ サーバーの構成 の [SharePoint ポータル サーバーのサーバーの全体管理ページの ServerName] で [ 構成データベース サーバーの構成 ] をクリックします。
  2. データベース接続 ] で ServerName] ページの指定、構成データベース設定の 構成データベースから切断 ] をクリックしておよび、[ OK] をクリックします。

    メモ 構成データベースから切断するときに、エラー メッセージが表示される、する場合は [You receive an error message when you try to disconnect from the configuration database] セクションで手順を実行します。

構成データベースから切断するときに、エラー メッセージが表示されます。

シナリオによっては、構成データベースから切断しようとすると、次のエラー メッセージが表示されます。
このサーバーは一部のコンポーネントがまだアクティブなため、削除することはできません。 サーバー トポロジの構成上のこれらのコンポーネントを非アクティブとコンポーネントの割り当てページし、再度実行してください。
この問題を解決するには、次の手順に従います。
  1. [ サーバーの設定 [SharePoint ポータル サーバーのサーバーの全体管理 ServerName] ページの下の [ サーバー トポロジの構成 を [左側のウィンドウで SharePoint Portal Server をクリックします。
  2. [ データベース サーバーの設定 ] の [ グローバル電子メール サーバー のエントリと シングル サインオンの資格情報 エントリが構成されていないことを確認します。
  3. [コンポーネント割り当て の [割り当ていることを確認コンポーネントがないサーバーにします。 閉じる をクリックします。
  4. サーバーの構成データベースから切断します、Disconnect the server from the configuration database セクション手順を繰り返します。 その後、次の方法のうち 1 つを実行します:
  5. コンポーネント設定データベース サーバーと、コンテンツ データベース サーバーを指定します。 これを行うには、次の手順を実行します。
    1. [ サーバーの設定 [SharePoint ポータル サーバーのサーバーの全体管理 ServerName] ページの下の [ サーバー トポロジの構成 を [左側のウィンドウで SharePoint Portal Server をクリックします。
    2. [ データベース サーバー設定 の [ コンポーネント設定データベース サーバー のエントリ、横に、サーバー名をクリックします。
    3. SharePoint Portal Server の中央管理 処理は成功しましたページをクリックします。
    4. [[コンポーネント設定データベース ページの設定を指定の [ 構成データベースと同じサーバーを使用 する </a0>] チェック ボックスをオフに サーバー名 ] ボックスに、新しいサーバーの名前を入力して [OK] をクリックします。
    5. [ サーバーの構成 の [SharePoint ポータル サーバーのサーバーの全体管理ページの ServerName] で [ サーバー トポロジの構成 ] をクリックします。
    6. [ データベース サーバー設定 の [ コンテンツ データベース サーバー 項目] の横に、サーバー名をクリックします。
    7. [、データベースのコンテンツを指定してください] ページの [の 構成データベースと同じサーバーを使用する ] チェック ボックスをオフに サーバー名 ] ボックスに、新しいサーバーの名前を入力して [OK] をクリックします。
    8. SharePoint Portal Server の中央管理 処理は成功しましたページをクリックします。
    9. サーバーの構成データベースから切断します、Disconnect the server from the configuration database セクション手順を繰り返します。 その後、次の方法のうち 1 つを実行します:
  6. SQL Server の Enterprise Manager 構成データベースをデタッチする使用します。 これを行うには、次の手順を実行します。
    1. SQL Server Enterprise Manager を開始します。
    2. Microsoft SQL Server を展開、サーバー グループを展開、適切なサーバー] を展開して [ データベース ] を展開します。
    3. 構成データベースを右クリックしての すべてのタスク ] をポイントして [ データベースのデタッチ ] をクリックします。
    4. [ デタッチ データベース-DatabaseName] ダイアログ ボックスで [OK] をクリックします。

      データベースはデタッチと Drive にコピーされます: \Program Files\Microsoft SQL Server\MSSQL\Data フォルダー。
    5. [OK] ことを示すメッセージが表示されたら処理クリックして正常に完了します。
    6. サーバーの構成データベースから切断します、Disconnect the server from the configuration database セクション手順を繰り返します。

コンテンツ アクセス アカウントと、ポータル サイトのアプリケーション プール ID を指定します。

コンテンツ アクセス アカウントとをポータル サイトのアプリケーション プール ID を指定する、次の手順に従います。
  1. 既定コンテンツ アクセス アカウントを指定します。 これを行うには、次の手順を実行します。
    1. [サーバー ファーム アカウント設定の構成ページの 既定のコンテンツ アクセス アカウント ] の [ アカウントの指定 ] チェック ボックスをオンにします。
    2. ユーザー名 (DOMAIN\user 名) ] ボックスに、[既定のコンテンツ アクセス アカウントとして使用するユーザー アカウントを入力します。 DomainName にユーザー アカウントを入力 \ UserName の形式。 [ パスワード ] ボックスと [ パスワードの確認入力 ] パスワードを指定します。
  2. ポータル サイトのアプリケーション プール ID を指定します。 これを行うには、[ ポータル サイトのアプリケーション プール ID ] の [ ユーザー名 (DOMAIN\user 名) ] ボックスには、ポータル サイト アプリケーション プール ID として使用するユーザー名を入力します。 DomainName でユーザー名を入力 \ UserName の形式。 [ パスワード ] ボックスと [ パスワードの確認入力 ] パスワードを指定します。
  3. [ OK] をクリックします。

構成データベースを作成します。

新しいデータベース サーバー上には、構成データベースを作成するには、次の手順に従います。
  1. [ServerName] ページの指定の構成データベース設定の データベース接続 ] の [ 構成データベースの作成
  2. 構成データベース サーバー の領域に SQL Server を実行して [ データベース サーバー ] ボックスにはリモート コンピューターの名前を入力します。
  3. 構成データベース名 ] で、構成データベースを使用する名前を指定および [ OK] をクリックします。

サーバー ファーム アカウント設定を構成します。

サーバー ファーム アカウント設定を構成するには、次の手順に従います。
  1. [サーバー ファーム アカウント設定の構成ページの 連絡先の電子メール アドレス ] 電子メール アドレスを入力します。
  2. プロキシ サーバー設定 領域で 、プロキシ サーバーを使用して接続しない が選択されているいる確認します。 次に、 [OK] をクリックします。

コンポーネントの割り当てを指定します。

コンポーネントの割り当てを指定するには、次の手順に従います。
  1. サーバー トポロジの構成] ページの下部、[ コンポーネントの変更 をクリックします。
  2. [コンポーネント割り当ての変更] ページで、次の手順を実行します。
    1. [ コンポーネント割り当て ] の [コンポーネントをサーバーに割り当てるの横にあるチェック ボックスをオンにします。 たとえば、 Web チェック ボックス、[ 検索 ] チェック ボックスおよび インデックス ] チェック ボックスを選択をクリックします。
    2. [ ジョブ サーバー コンポーネント ] の [ ジョブ サーバー ]、サーバーの名前。
    3. [OK ] をクリックし、 閉じる
  3. 電子メール サーバーを構成する場合は 電子メールののサーバー設定の構成 [SharePoint ポータル サーバーのサーバーの全体管理 ServerName] ページの サーバーの構成 をクリックします。
  4. 電子メール サーバー設定の構成] ページで、SMTP サーバーと電子メール アドレスを使用するを指定します。 次に、 [OK] をクリックします。

SharePoint Portal Server 2003 のデータを復元します。

復元する SharePoint Portal Server 2003 のデータをバックアップには、次の手順に従います。
  1. SharePoint Portal サーバーのデータのバックアップと復元ツールを起動します。
  2. [ 復元 ] タブをクリックします。
  3. [ マニフェスト ファイル </a0>] ボックスの横に 参照] をクリックします。
  4. バックアップ ファイルが格納されているフォルダーを探し、.xml、マニフェスト ファイルをクリックし、[ ファイルを開く </a0> をクリックします。
  5. 利用可能なコンポーネント を展開し、 すべてのサーバー ファームのコンポーネント を実行します。
  6. SITEDBS 項目 () をクリックし、 編集 します。

    メモ パラメーターが必要 ] チェック ボックスをオンはクリックしてしないでください。
  7. ポータル復元情報 ] ダイアログ以下の手順を実行します。
    1. IIS 仮想サーバーとポータルの URL 領域で、次の条件が true か確認します。
      • Microsoft インターネット インフォメーション サービス (IIS) 仮想サーバーは 既定の Web サイト に設定されます。
      • ポータル URL を URL に設定されます。 たとえば、URL は http://ServerName に設定されます。
    2. [ データベースの情報 ] の [データベース サーバーの名前。 コンテンツ データベースをユーザー プロファイル データベースとサービス データベースを使用する名前を指定します。

      メモ コンテンツ データベースの名前は、通常は _SITE で終了します。 ユーザー プロファイル データベースの名前は、通常は _PROF で終了します。 サービス データベースの名前は、通常は _SERV で終了します。
    3. [ OK] をクリックします。
  8. SITEDBS アイテムに対し [ 準備完了 ] チェック ボックスが表示されること確認し、[ 準備完了 のチェック ボックスをオンします。

    メモ を SQL Server を実行しているリモート コンピューターにデータベースを移動すると、インデックスを復元する必要はありません。 ただし、インデックスを復元する場合は、確認 れます ] の横にある 準備完了 チェック] ボックスがオンになっています。
  9. [ 復元 ] をクリックします。
  10. [OK] されたらクリックを示すメッセージ、復元操作が正常に完了しました。
  11. [ファイル] メニューの [ 終了 SharePoint Portal サーバーのデータのバックアップと復元ツールを終了する] をクリックします。
  12. Windows SharePoint サービス サーバーの全体管理をクリック します仮想を構成するサーバー。 拡張サイトごとに、[ 管理パスの定義 、管理パスをバックアップ中に行った参照スクリーン ショットを使用して再作成します。
  13. エントリの安全なコントロールとカスタム Web パーツのエントリを再作成するのには、web.config ファイルの作成バックアップを復元します。

関連情報

Microsoft SQL Server デスクトップ エンジン 2000年 (MSDE) を SQL Server を使用する SharePoint Portal Server 2003 のインストールを移動する方法の詳細についてはをクリックして以下「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) 資料を参照。
837848SharePoint Portal Server 2003 を MSDE から SQL Server に移動する方法
バックアップを作成し、SharePoint Portal Server 2003 を復元する方法の詳細については、「"バックアップと復元" Microsoft Office SharePoint Portal Server 2003 ユーザーズ ガイド でしてください。 (管理者の Help.chm)、 Microsoft Office SharePoint Portal Server 2003 管理のガイド は、SharePoint Portal Server 2003 CD-ROM のルート フォルダー内のドキュメント フォルダーにあります。

プロパティ

文書番号: 894164 - 最終更新日: 2009年3月19日 - リビジョン: 4.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Office SharePoint Portal Server 2003
キーワード:?
kbhowto kbconfig kbmt KB894164 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:894164
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com