Microsoft Windows インストーラー 3.0 では修正プログラム flyweight の説明

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 894439
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

はじめに

Microsoft Windows インストーラー 3.0 のパフォーマンスを提供しています。flyweight の更新プログラムとも呼ばれますを最適化します。Flyweight の目的パッチの実行を削除することによってアプリケーションの迅速な更新を有効にするには不要なアクションです。たとえば、モードをパッチ flyweight が主に設計されていますいくつかのファイルまたはレジストリ値の一部だけ更新する更新プログラムをします。Windowsインストーラー 3.0 分析更新に対して特定の変更を確認するかどうか最適化が可能です。最適化が可能な場合で更新プログラムが適用されます。最小限の処理セットを使用します。

最適化をパッチ flyweight を説明します。

更新はのみ場合は最適化をパッチ flyweight の対象となります。設定の更新に適用可能な変換によって行われる変更します。次の表に加えられました。
  • AdminExecuteSequence
  • AdminUISequence
  • 条件
  • CustomAction
  • ファイル
  • FileSFPCatalog
  • InstallExecuteSequence
  • InstallUISequence
  • メディア
  • MoveFile
  • MsiDigitalCertificate
  • MsiDigitalSignature
  • MsiFileHash
  • MsiPatchHeaders
  • 修正プログラム
  • 修正プログラム パッケージ
  • プロパティ
  • レジストリ
  • SFPCatalog
  • タイプ ライブラリ
  • 検証
更新プログラムがこの条件を満たしている場合は、次のメッセージがあります。ログ ファイルに記録します。

Windows インストーラーはこの修正プログラムを最適化しようとしてください。


場合は、更新プログラムが別の変更表、別のコンポーネント テーブル、または別のクラスのテーブル、更新パッチ flyweight の対象外です。最適化します。別のテーブルへの変更発生時、次のようメッセージは、ログ ファイルに記録されます。

Windowsインストーラー修正プログラムの最適化をこのインストールを無効にしています。トランザクション
.

場合に最適化をパッチ flyweight を無効に最近インストールが有効になっている 1 つの更新プログラムトランザクションは、最適化をパッチ flyweight の対象外です。さらに、Windows インストーラー 3.0 が自動的に最適化をパッチ flyweight を無効に場合は、次の条件のいずれかが当てはまります。
  • アプリケーションを最初にインストールされています。
  • は、 REINSTALLMODE プロパティを設定するのには は、 で、 REINSTALLMODE_FILEREPLACE モードです。
  • 更新アプリケーション ソースから実行に与える影響します。機能します。
  • 新しく適用した更新プログラムの 1 つは、主要なアップグレードです。これ変更する更新プログラムは、 ProductCode [プロパティ] します。
最適化をパッチ flyweight を無効にするのいずれか、次のメッセージがログ ファイルには記録されます。

メッセージ1

修正プログラムの最適化をオフにしています。修正プログラムの適用ソースから実行機能に影響します。


メッセージ2

以降の主要な修正プログラムの最適化処理を無効にします。アップグレード修正プログラム '{1BFBBCA7-3F15-16E8-016B-D3F9B331810A}' がアクティブになります。アプリケーションです。


メモ いることを示すログ ファイルにメッセージを受け取ることがあります。パフォーマンスの最適化が有効になります。後で、それ以降があります。そのパフォーマンスの最適化を示すログ ファイル内のメッセージ無効にします。

標準の条件付きアクションを実行します。

Flyweight のモードでは、次の修正プログラム有効にすると最小セットの条件付きの標準のアクションを実行します。
  • AllocateRegistrySpace
  • AppSearch
  • CostFinalize
  • CostInitialize
  • DeleteServices
  • 開発者
  • DuplicateFiles
  • ExecuteAction
  • FileCost
  • FindRelatedProducts
  • ForceReboot
  • インストール
  • InstallAdminPackage
  • InstallExecute
  • InstallExecuteAgain
  • InstallFiles
  • InstallFinalize
  • InstallInitialize
  • InstallODBC
  • InstallServices
  • InstallValidate
  • IsolateComponents
  • LaunchConditions
  • MsiPublishAssemblies
  • MsiUnpublishAssemblies
  • PatchFiles
  • PublishProduct
  • RegisterComPlus
  • RegisterFonts
  • RegisterProduct
  • RegisterTypeLibraries
  • RemoveDuplicateFiles
  • RemoveODBC
  • ResolveSource
  • ScheduleReboot
  • SelfRegModules
  • SelfUnregModules
  • SetODBCFolders
  • StartServices
  • StopServices
  • UnregisterComPlus
  • UnregisterFonts
  • UnregisterTypeLibraries
  • ValidateProductID
  • WriteRegistryValues
その他 flyweight 更新プログラムの適用最適化が含まれています、
WriteRegistryValues
レジストリのエントリです。のみ特定のレジストリの最適化をパッチ flyweight 中エントリが処理されます。レジストリ エントリで処理されるものこの更新プログラムで更新されたレジストリ エントリ。検出に基づくレジストリ テーブルに加えられた実際の変更。レジストリ エントリflyweight の修正プログラムの適用最適化モードでは、次の原因がスキップされます。メッセージは、ログ ファイルに記録されます。

アクション"ProcessComponents"を最適化されています。


可能性がある互換性の問題を理解します。

Flyweight の更新プログラムの適用最適化可能性があります可能性がある互換性問題の更新します。更新が発生する場合は、互換性の問題が起こります追加のインストール処理、または更新がさらに必要があります。外に表示される変更を処理するインストール、適用可能な変換用の更新プログラムを設定します。可能性がある互換性の問題実行します。
  • 更新プログラムのインストールの再評価をトリガーします。推移的なコンポーネントです。

    この更新プログラムが flyweight としてが検出された場合、推移的なコンポーネントは、正しく処理されません。シナリオが含まれています、無効の状態を有効な状態に移動する推移的なコンポーネントまたはその逆。
  • 更新プログラムのインストールを使用してインストールしようは現在存在しません。機能または、現在存在しないコンポーネントを使用します。

    場合は、コンポーネントが含まれています。アセンブリは、グローバル更新アプリケーションことができます実際に失敗が flyweight更新プログラムの適用最適化モードが有効になります。
  • 変更してレジストリ エントリを更新間接的に変更します。レジストリ テーブルで参照されているプロパティの値。

    たとえば、レジストリ値の値に基づいているかどうかは、 MyCustomProperty "[MyCustomProperty として]、"が作成されているプロパティと更新値を変更する"[MyCustomProperty の]、"は、レジストリ エントリは更新されません。レジストリ エントリ内に表示されないために、この問題を発生、変更の一覧です。

Flyweight の修正プログラムの適用最適化しないように更新プログラムを作成します。

重要です このセクション、メソッド、またはタスク、レジストリを変更する方法を示す手順が含まれています。ただし、レジストリを誤って変更すると深刻な問題が発生。そのため、慎重にこの手順を実行することを確認します。これを変更する前に追加された保護のため、レジストリのバックアップを作成します。その後、問題が発生した場合、レジストリを復元できます。レジストリを復元する方法の詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
322756 Windows でレジストリを復元する方法


更新を作成することができることは、最も簡単な方法flyweight を防ぐために最適化を修正新しいカスタム テーブルに追加するのには、新しい行に、.msp ファイル。新しいカスタム テーブルの新しい行の有無モードをパッチ flyweight のできないようにします。たとえば、という名前の新しいテーブルを追加します。"CustomDisableflyweight"を構築するために使用、アップグレード ・ パッケージで、更新します。テーブルは 1 つの列だけがあるできるように、更新プログラムを作成します。この列は、主キーの列としても機能します。次に、テーブルに新しい行を追加します。パッチ flyweight を無効にします。更新します。

さらに、システム管理者が flyweight を無効にできます。すべての更新プログラムの最適化を設定して修正プログラムを適用、
DisableflyweightPatching
レジストリ サブキーに DWORD 値を 1 にします。アプリケーションこの動作を解決します。互換性の問題。

これらの手順を実行し、レジストリ エディターを終了します。
  1. クリックしてください。 開始をクリックして 実行,種類 レジストリ エディター、し [OK].
  2. 見つけて、レジストリ内の次のキーをクリックします。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Policies\Microsoft\Windows\Installer
  3. で、 編集 メニューのポイント 新しい、し DWORD.
  4. 種類 DisableFlyWeightPatching、、ENTER キーを押します。
  5. で、 編集 メニューをクリックして 変更.
  6. 種類 1、し [OK].

関連情報

Windows インストーラー 3.0 の詳細についてを参照してください、次のマイクロソフト開発ネットワーク (MSDN) Web サイト。

DisableFlyWeightPatching
http://msdn2.microsoft.com/en-us/library/aa368300.aspx
修正プログラムの最適化
http://msdn2.microsoft.com/en-us/library/aa370595.aspx
Windows インストーラー 3.0 を利用します。
http://go.microsoft.com/fwlink/? か。LinkId 33342 =

プロパティ

文書番号: 894439 - 最終更新日: 2011年8月3日 - リビジョン: 3.0
キーワード:?
kbhowto kbhowtomaster kbinfo kbmt KB894439 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:894439
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com