Windows XP COM + 修正プログラム ロールアップ パッケージ 9 の可用性

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 895200
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

これ資料は、Windows XP post-Service で修正される COM + バグを一覧します。2 (SP2) COM + 修正プログラム ロールアップ パッケージ 9 をパックします。各パッケージにすべての修正プログラムが含まれています。以前 Windows XP post-Service Pack 2 (SP2) COM + でリリースされました。修正プログラム ロールアップ パッケージします。

修正される問題この修正プログラム ロールアップ パッケージで

は、以下の問題も、この修正プログラム ロールアップ パッケージで修正されます。これらの問題は、マイクロソフト サポート技術の以前の記事では記載されていませんでした。
  • 呼び出すと、 xa_open 関数で、メモリ リークが発生は XA 接続を開くには、クライアント プロセスです。この問題は、Microsoft 分散トランザクション コーディネーター (DTC) がオンラインでない場合に発生します。
  • 呼び出すと、 xa_commit 関数で、メモリ リークが発生する、コミットを実行するために、クライアント プロセスです。この問題は、交換識別子 (XID) が有効でない場合に発生します。
  • Root 以外の COM + コンポーネントのシャット ダウンは、Tx のタイムアウト時間が経過する前に終了すると、トランザクションが発生します。
  • は、 xa_rollback Microsoft SQL Server から、Oracle リンク サーバーでロールバックを実行すると関数の呼び出しは常に送信されません。
  • コールをしようとすると、クライアント コンピューター上のアプリケーション ログ、リモート COM + アプリケーションは、次のようなイベントが記録されます。

    イベントの種類: エラー
    イベント ソース: DCOM
    イベント カテゴリ: なし
    イベント ID: 10016
    説明:
    アプリケーション固有のアクセス許可の設定は {の CLSID を持つ COM サーバー アプリケーションのローカル アクティブ化のアクセス許可を付与しないでください。clsid}ユーザーに userAccount SID(sid).このセキュリティのアクセス許可は、コンポーネント サービス管理ツールを使用して変更できます。

  • プログラムで Microsoft インターネット インフォメーション サービス (IIS) を実行しているリモート コンピューターにアクセスしようとすると、IIS COM API を使用して SP2 をインストールに Microsoft Windows XP を実行しているコンピューターで、リモートの IIS サービスを接続できません。この問題が発生すると、次のエラー メッセージが表示されます。
    対象サーバーでは、セキュリティで保護された通信チャネルを確立できませんでした。MD_ERROR_SECURE_CHANNEL_FAILURE800CC806L-2146646010
  • メモリ リークが発生する、 rpcss!RegisterAuthInfoIfNecessary Microsoft リモート プロシージャ コール サーバー サービス (RPCSS) サービスに登録されていない場合を処理します。ローカル COM サーバーを起動したときに発生します。

    メモ この問題は、Microsoft Windows XP Embedded で発生可能性があります。Microsoft Windows XP Embedded では RPCSS サービスを使用せずにイメージを作成できます。
  • 処理不能なアクセス違反 (C0000005) COM 呼び出し可能性が CoUninitialize 繰り返し呼び出される関数。この問題が発生すると、COM + アプリケーション)、応答停止 (ハングと高い CPU 使用率が発生します。
  • 呼び出すかどうかは、 破棄 ComException (CONTEXT_E_ABORTING) は、トランザクションの状態でコンポーネントがコンポーネントのメソッドスローされます。この問題が発生すると、次のエラー メッセージが表示されます。
    メソッドの中止または既に中止しているトランザクションを持つ COM + コンポーネントの呼び出しを行った。8004e003-2147164157
  • Windows XP SP2 ベース コンピューターに、マルチバイト文字を含むコンピューター名が、分散トランザクションを実行しようとすると、次のイベントがアプリケーション ログに記録されます。

    イベントの種類: エラー
    イベント ソース: COM +
    イベント ID: 4863
    説明:
    TransactionManager-> GetWhereabouts に失敗しました。分散トランザクション コーディネーターがトランザクションを調整するためにリモート ホストを使用する構成されている場合は、そのリモート ホストに接続できない可能性が高いです。コンポーネント サービス MMC スナップインでの MSDTC のツールバー ボタンをクリックして [ローカル コーディネーターを使用する MSDTC を構成できます。この時点でそれ以降の実行ができないため、サーバー プロセスは終了しています。サーバー アプリケーション ID: {02D4B3F1-FD88-11D1-960D-00805FC79235}サーバー アプリケーション インスタンス ID:{914FC2C1-5A8B-452D-913D-C847292B6E36}システム アプリケーションをサーバー アプリケーション名:エラー コード 0x8007007a =: システム コールに渡されるデータ領域が小さすぎます。COM + サービス内部情報:ファイル: d:\qxp_slp\com\com1x\src\comsvcs\txprop\dtcinfo.cpp、行: 164Comsvcs.dll ファイルのバージョン: 英語 2001.12.4414.258 shp

    さらに、次のイベントがシステム ログに記録されます。

    イベントの種類: エラー
    イベント ソース: サービス コントロール マネージャー
    イベント ID: 7031
    説明:
    COM + システム アプリケーションが予期せず終了しました。この 1 時間に行った、次の修正動作は、サービス 1000年ミリ秒: 再起動で作成されます。

  • 呼び出すと、 CoEnterServiceDomain トランザクションの中止、サービスなしコンポーネント (SWC) インフラストラクチャが含まれている、コンテキストの関数は、回復不能な矛盾した状態に依存します。この問題が発生すると、次のエラー メッセージが表示されます。
    MTS オブジェクト コンテキストがありません。CONTEXT_E_NOCONTEXT8004E004-2147164156
  • Microsoft 分散トランザクション コーディネーター (DTC) が起動時に無効になっている場合は、プロパティを変更するのには、DCOM Config を使用できません。プロパティを変更しようとすると、 プロパティ オプションは利用できません。
  • COM + アプリケーションは、サービス コントロール マネージャー (SCM) でデッドロックを発生するため、起動時に応答が停止します。この問題は、COM + アプリケーションを COM + システム アプリケーション、または分散トランザクション コーディネーター (DTC) の設定の依存関係があるない場合に発生します。
  • メモリ不足の状態がある場合、RPCSS でヒープの破損が発生する可能性があります。 または、メモリ不足の条件が存在します。
  • 呼び出すかどうかは、 GetClipboardData OwnerLink データ形式、クリップボード、クリップボードの内容を取得する関数を使用して、関数は null を返します。
  • COM + 操作と DTC 操作は、トランザクションのコミット フェーズの実行に時間がかかることがあります。
  • プロキシ ダイナミック リンク ライブラリまたはスタブ ダイナミック リンク ライブラリを使用すると、メモリ リークが Ole32.dll で発生します。
  • この修正プログラム ロールアップ パッケージの COMBND_SERVER_LOCALITY オプションを追加、 IRpcOptions::Query Windows 管理の実装 (WMI) メソッドです。WMI では、このオプションを使用して、WMI 接続がローカルかリモートかどうかを確認します。
  • リモート コンソール セッションでは、Windows XP の COM オブジェクトと DCOM オブジェクトのアクティブ化セッションは、モニカーでは失敗します。
以下の問題も、この修正プログラム ロールアップ パッケージで修正されます。これらの問題は、Microsoft サポート情報記事を参照してください。
  • 問題 1
    312960 COM + アプリケーションのエンドポイントを設定できません。
  • 問題 2
    819978 元のコンピューターで COM + アプリケーション プロキシをインストールすると、レプリケーション ・ ツールが失敗します。
  • 問題 3
    819575 CoDisconnectObject でアクセス違反が発生する可能性があります。

詳細

修正プログラム ロールアップ パッケージの情報

サポートされている修正プログラムがマイクロソフトから入手可能です。ただし、この修正プログラムはこの資料に記載されている問題のみを修正するものです。この修正プログラムはこの問題が発生しているシステムにのみ適用されます。この修正プログラムは、今後さらにテストを受け取ることがあります。したがって、この問題で深刻な影響をされていない場合は、この修正プログラムを含む次のソフトウェア更新プログラムのリリースを待つことをお勧めします。

この修正プログラムがダウンロードできないか場合は、この記事の上部に「修正プログラムのダウンロード」セクションです。このセクションが表示されない場合は、マイクロソフト カスタマー サービス & サポート修正プログラムを入手するに問い合わせてください。

メモ その他の問題が発生した場合、またはトラブルシューティングが必要な場合は、別のサービス リクエストを作成する必要があります。追加の質問およびこの特定の修正プログラムの対象とならない問題については、通常のサポート料金が適用されます。一覧マイクロソフト カスタマー サービス & サポートの電話番号のまたは別のサービス リクエストを作成するには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://support.microsoft.com/contactus/?ws=support
メモ 「修正プログラムのダウンロード」フォームに修正プログラムが提供されている言語を表示します。お使いの言語が表示されない場合は、修正プログラムがその言語の利用できないためにです。

前提条件

この修正プログラム ロールアップ パッケージを適用するには、Microsoft Windows XP SP2 で実行しなければなりません。 Windows XP 用の最新の service pack を入手する方法の詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
322389Windows XP の最新の service pack を入手する方法


情報を再起動します。

これを適用した後、コンピューターを再起動する必要があります。修正プログラム ロールアップ パッケージします。

レジストリ情報

、作成または修正プログラムを有効にするのには、レジストリ キーを変更する必要はありません、この修正プログラム ロールアップ パッケージ表示されます。

修正プログラムのファイル情報

英語版のこの修正プログラム ロールアップ パッケージがファイル属性 (またはそれ以降のファイル属性) が、次のとおり。日付および時刻これらのファイルを世界協定時刻 (UTC) が表示されます。ファイル情報を表示すると、ローカル時刻に変換します。UTC とローカル時刻との時差を確認するを使用して、 タイム ゾーン タブ コントロール パネルの日付と時刻ツールでします。
Windows XP は、32 ビット版
   Date         Time   Version          Size       File name
   ------------------------------------------------------------
   09-Mar-2005  17:24  2001.12.4414.55    225,280  Catsrv.dll
   09-Mar-2005  17:24  2001.12.4414.55    584,192  Catsrvut.dll
   09-Mar-2005  17:24  2001.12.4414.55    110,080  Clbcatex.dll
   09-Mar-2005  17:24  2001.12.4414.55    499,712  Clbcatq.dll
   09-Mar-2005  17:24  2001.12.4414.55     64,000  Colbact.dll
   09-Mar-2005  17:24  2001.12.4414.55    187,904  Comadmin.dll
   09-Mar-2005  00:13  2001.12.4414.55      8,192  Comrepl.exe
   09-Mar-2005  17:24  2001.12.4414.55  1,180,160  Comsvcs.dll
   09-Mar-2005  17:24  2001.12.4414.55    499,200  Comuid.dll
   09-Mar-2005  17:24  2001.12.4414.55    227,328  Es.dll
   09-Mar-2005  00:13  2001.12.4414.55      6,656  Migregdb.exe
   09-Mar-2005  17:24  2001.12.4414.55    368,128  Msdtcprx.dll
   09-Mar-2005  17:24  2001.12.4414.55    978,432  Msdtctm.dll
   09-Mar-2005  17:24  2001.12.4414.55    150,528  Msdtcuiu.dll
   09-Mar-2005  17:24  2001.12.4414.55     64,512  Mtxclu.dll
   09-Mar-2005  17:24  2001.12.4414.55     83,456  Mtxoci.dll
   09-Mar-2005  17:24  5.1.2600.1639    1,190,400  Ole32.dll
   06-Mar-2004  02:16  5.1.2600.1361      535,552  Rpcrt4.dll
   09-Mar-2005  17:24  5.1.2600.1639      275,456  Rpcss.dll
   09-Mar-2005  17:24  2001.12.4414.55     97,280  Txflog.dll
   09-Mar-2005  17:24  2001.12.4414.55     11,776  Xolehlp.dll
   09-Mar-2005  17:18  2001.12.4414.30    229,888  Catsrv.dll
   09-Mar-2005  17:18  2001.12.4414.30    627,712  Catsrvut.dll
   09-Mar-2005  17:18  2001.12.4414.30    110,080  Clbcatex.dll
   09-Mar-2005  17:18  2001.12.4414.30    501,248  Clbcatq.dll
   09-Mar-2005  17:18  2001.12.4414.30     62,464  Colbact.dll
   09-Mar-2005  17:18  2001.12.4414.30    195,584  Comadmin.dll
   08-Mar-2005  01:29  2001.12.4414.30      9,728  Comrepl.exe
   09-Mar-2005  17:18  2001.12.4414.30  1,250,816  Comsvcs.dll
   09-Mar-2005  17:18  2001.12.4414.30    540,160  Comuid.dll
   09-Mar-2005  17:18  2001.12.4414.30    243,200  Es.dll
   08-Mar-2005  01:29  2001.12.4414.30      7,680  Migregdb.exe
   09-Mar-2005  17:18  2001.12.4414.30    425,472  Msdtcprx.dll
   09-Mar-2005  17:18  2001.12.4414.30    948,736  Msdtctm.dll
   09-Mar-2005  17:18  2001.12.4414.30    161,280  Msdtcuiu.dll
   09-Mar-2005  17:18  2001.12.4414.30     66,560  Mtxclu.dll
   09-Mar-2005  17:18  2001.12.4414.30     91,136  Mtxoci.dll
   09-Mar-2005  16:18  5.1.2600.2626    1,285,632  Ole32.dll
   09-Mar-2005  17:18  5.1.2600.2626      396,288  Rpcss.dll
   09-Mar-2005  17:18  2001.12.4414.30    101,376  Txflog.dll
   09-Mar-2005  17:18  2001.12.4414.30     11,776  Xolehlp.dll
   25-Feb-2005  03:53  6.1.22.4           371,936  Updspapi.dll
Windows XP では、64 ビット (ia-64)
   Date         Time   Version          Size       File name     Platform
   ----------------------------------------------------------------------
   09-Mar-2005  16:25  2001.12.4414.54    695,808  Catsrv.dll    IA-64
   09-Mar-2005  16:25  2001.12.4414.54  2,127,360  Catsrvut.dll  IA-64
   09-Mar-2005  16:25  2001.12.4414.54    360,960  Clbcatex.dll  IA-64
   09-Mar-2005  16:25  2001.12.4414.54  1,554,432  Clbcatq.dll   IA-64
   09-Mar-2005  16:25  2001.12.4414.54    202,752  Colbact.dll   IA-64
   09-Mar-2005  16:25  2001.12.4414.54    478,720  Comadmin.dll  IA-64
   02-Feb-2005  16:57  2001.12.4414.54     20,992  Comrepl.exe   IA-64
   09-Mar-2005  16:25  2001.12.4414.54  3,594,752  Comsvcs.dll   IA-64
   09-Mar-2005  16:25  2001.12.4414.54  1,817,600  Comuid.dll    IA-64
   09-Mar-2005  16:25  2001.12.4414.54    742,912  Es.dll        IA-64
   02-Feb-2005  16:57  2001.12.4414.54     12,800  Migregdb.exe  IA-64
   09-Mar-2005  16:25  2001.12.4414.54  1,512,960  Msdtcprx.dll  IA-64
   09-Mar-2005  16:25  2001.12.4414.54  3,484,160  Msdtctm.dll   IA-64
   09-Mar-2005  16:25  2001.12.4414.54    513,024  Msdtcuiu.dll  IA-64
   09-Mar-2005  16:25  2001.12.4414.54    194,048  Mtxclu.dll    IA-64
   09-Mar-2005  16:25  2001.12.4414.54    286,720  Mtxoci.dll    IA-64
   09-Mar-2005  16:25  5.1.2600.1639    4,356,608  Ole32.dll     IA-64
   06-Mar-2004  01:07  5.1.2600.1361    2,317,824  Rpcrt4.dll    IA-64
   09-Mar-2005  16:25  5.1.2600.1639      784,896  Rpcss.dll     IA-64
   09-Mar-2005  16:25  2001.12.4414.54    346,112  Txflog.dll    IA-64
   09-Mar-2005  16:25  2001.12.4414.54     27,136  Xolehlp.dll   IA-64
   09-Mar-2005  16:24  2001.12.4414.55    227,328  Wes.dll       X86
   09-Mar-2005  16:24  2001.12.4414.55     64,512  Wmtxclu.dll   X86
   09-Mar-2005  16:24  5.1.2600.1639    1,190,400  Wole32.dll    X86
   06-Mar-2004  01:16  5.1.2600.1361      509,440  Wrpcrt4.dll   X86
   09-Mar-2005  16:24  2001.12.4414.55     97,280  Wtxflog.dll   X86
   25-Feb-2005  02:50  6.1.22.4           639,712  Updspapi.dll  IA-64
メモ この修正プログラム ロールアップ パッケージにするために必要なファイルのみが含まれています。この資料に記載されている問題を修正します。この修正プログラム ロールアップ パッケージのすべてがありません。ファイルは、製品を最新版に更新する必要があります。作成します。

関連情報

詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
824684マイクロソフトのソフトウェア更新プログラムの説明に使用される一般的な用語の説明

プロパティ

文書番号: 895200 - 最終更新日: 2011年8月3日 - リビジョン: 2.0
キーワード:?
kbbug kbfix kbqfe kbprb kbhotfixrollup kbwinxppresp3fix kbhotfixserver kbautohotfix kbmt KB895200 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:895200
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com