文書番号: 895456 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

現象

Microsoft Office XP、Microsoft Office 2003、または 2007 Microsoft Office system のプロダクト キーを変更するには、Microsoft Office を削除してから再インストールする必要があります。

解決方法

この問題を解決するには、以下に記載されている手順を実行します。

重要 このセクション、方法、またはタスクには、レジストリを変更する手順が記載されています。しかし、レジストリを誤って変更すると、深刻な問題が発生する可能性があります。したがって、これらの手順は慎重に実行する必要があります。万一に備えて、変更前のレジストリをバックアップしてください。これにより、問題が発生した場合にレジストリを復元することが可能になります。レジストリのバックアップ方法と復元方法の詳細については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
322756 Windows でレジストリをバックアップおよび復元する方法


: 以下の手順の完了後に Office プログラムを起動すると、有効なプロダクト キーの入力を求めるメッセージが表示されます。この手順を開始する前に、有効なプロダクト キーが手元にあることを確認してください。

この問題を自動的に解決するには、「Fix it で解決する」セクションに進んでください。自分でこの問題を解決するには、「自分で解決する」セクションに進んでください。

Fix it で解決する



この問題を自動的に解決するには、[この問題を解決する] ボタンまたはリンクをクリックします。次に、[ファイルのダウンロード] ダイアログ ボックスで [実行] をクリックし、Fix it ウィザードの手順に従います。


Fix this problem
Microsoft Fix it 50755



注意事項
  • この Fix it ソリューションはレジストリのバックアップを作成します。バックアップ ファイルは "C:\bak" フォルダーに "Backup_For_KB895456_OfficeVersionNumber.reg" のような名前で保存されます。新しいプロダクト キーが正常に機能しない場合は、.reg ファイルをダブルクリックして以前のレジストリ設定を復元することができます。
  • このウィザードは英語版のみである場合がありますが、自動的な解決は英語版以外の Windows でも機能します。
  • 問題のあるコンピューターとは別のコンピューターを操作している場合、Fix it ソリューションをフラッシュ ドライブまたは CD に保存することで、問題のあるコンピューターで実行することができます。

次に、「問題が解決されたかどうかの確認」セクションに進んでください。



自分で解決する

  1. すべての Office プログラムを閉じます。
  2. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。「regedit」と入力し、[OK] をクリックします。
  3. 使用している Windows と Office のバージョンに応じて次のいずれかのサブキーを見つけ、クリックします。

    32 ビット版
    2007 Office System
    HKEY_LOCAL_MACHINE \Software\Microsoft\Office\12.0\Registration


    Office 2003
    HKEY_LOCAL_MACHINE \Software\Microsoft\Office\11.0\Registration


    Office XP
    HKEY_LOCAL_MACHINE \Software\Microsoft\Office\10.0\Registration
    64 ビット版
    2007 Office System
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Wow6432Node\Microsoft\Office\12.0\Registration


    Office 2003
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Wow6432Node\Microsoft\Office\11.0\Registration


    Office XP
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Wow6432Node\Microsoft\Office\10.0\Registration
  4. Registration
    サブキーをエクスポートします。

    新しいプロダクト キーが正常に機能しない場合、
    Registration
    サブキーの値のバックアップを作成できます。これを行うには、以下の手順を実行します。
    1. Registration
      サブキーを右クリックし、[エクスポート] をクリックします。
    2. [保存する場所] ボックスの一覧で、登録エントリを保存する場所を選択します。
    3. [ファイル名] ボックスに、エクスポートする .reg ファイルの名前を入力して、[保存] をクリックします。

    注: 手順 4a. 〜 4c. で、
    Registration
    サブキーのバックアップが作成されます。手順 4c. で保存した .reg ファイルをダブルクリックすると、
    Registration
    サブキーのレジストリ設定を復元できます。.reg ファイルの内容は、レジストリに自動的にインポートされます。
  5. Registration
    サブキーには、英数字を組み合わせたグローバル一意識別子 (GUID) が複数表示される場合があります。各 GUID は、コンピューターにインストールされているプログラムに固有のキーです。

    GUID をクリックします。次に、右側のウィンドウの
    Productname
    レジストリ エントリに表示されている Office のバージョンを確認します。使用している Office プログラムのバージョンが含まれる GUID を見つけたら、以下の手順を実行します。
    1. DigitalProductID
      レジストリ エントリを右クリックし、[削除] をクリックして、[はい] をクリックします。
    2. ProductID
      レジストリ エントリを右クリックし、[削除] をクリックして、[はい] をクリックします。

      コンピューターにインストールされている Office スイートまたは Office プログラムのバージョンの正しい GUID を識別する方法の詳細については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
      928516 2007 Office スイートおよび 2007 Office プログラムにおける製品コード GUID の番号付けのしくみについて
      832672 Office 2003 における製品コード GUID の番号付けのしくみ
      302663 Office XP プログラムの製品コード GUID の番号付けのしくみ
  6. レジストリ エディターを終了します。
  7. Microsoft Word などの Office プログラムを起動します。プロダクト キーの入力を求めるメッセージが表示されたら、正しいプロダクト キーを入力し、[OK] をクリックします。

問題が解決されたかどうかの確認

  • 問題が解決されたかどうかを確認します。問題が解決された場合、このセクションの作業は完了していることになります。問題が解決されていない場合は、サポートに問い合わせることができます。
  • マイクロソフトではフィードバックをお待ちしております。この解決方法に関するフィードバックを提供するか、または問題を報告するには、"Fix it for me" ブログ にコメントを記入するか、電子メール メッセージ (日本語可) を送信してください。

プロパティ

文書番号: 895456 - 最終更新日: 2012年11月30日 - リビジョン: 10.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Office Basic 2007
  • Microsoft Office Enterprise 2007
  • Microsoft Office Home and Student 2007
  • Microsoft Office Professional 2007
  • Microsoft Office Professional Plus 2007
  • Microsoft Office Standard 2007
  • Microsoft Office Ultimate 2007
  • Microsoft Office Basic Edition 2003
  • Microsoft Office Small Business Edition 2003
  • Microsoft Office Professional Edition 2003
  • Microsoft Office XP Developer Edition
  • Microsoft Office XP Professional
  • Microsoft Office XP Small Business Edition
  • Microsoft Office XP Standard
  • Microsoft Office Access 2007
  • Microsoft Office Access 2003
  • Microsoft Access 2002 Standard Edition
  • Microsoft Office Excel 2007
  • Microsoft Excel 2002 Standard Edition
  • Microsoft FrontPage 2002 Standard Edition
  • Microsoft Office InfoPath 2007
  • Microsoft Office OneNote 2007
  • Microsoft Office Outlook 2007
  • Microsoft Office Outlook 2003
  • Microsoft Outlook 2002 Standard Edition
  • Microsoft Office PowerPoint 2007
  • Microsoft Office PowerPoint 2003
  • Microsoft PowerPoint 2002 Standard Edition
  • Microsoft Office Project Professional 2007
  • Microsoft Office Project Standard 2007
  • Microsoft Office Publisher 2007
  • Microsoft Office Publisher 2003
  • Microsoft Publisher 2002 Standard Edition
  • Microsoft Office SharePoint Designer 2007
  • Microsoft Office Visio Professional 2007
  • Microsoft Office Visio Standard 2007
  • Microsoft Office Word 2007
  • Microsoft Word 2002
キーワード:?
kbhowto kbtshoot kbregistry kbfixme kbmsifixme KB895456
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com