Exchange Server 2003年および Exchange 2000 Server でのメール中継に関する問題をトラブルシューティングします。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 895853 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

Microsoft Exchange Server 2003年または Microsoft Exchange 2000 Server を実行しているコンピューターがメールの第三者中継として構成できます。したがって、別のドメインまたは別のドメインから送信されるメールは Exchange コンピューターで宛先に転送できます。ただし、Exchange コンピューター、または Exchange コンピューター上のアカウントが、メールの第三者中継として構成されているいくつかの問題が発生します。さらに、いくつかの問題は、メールの第三者中継が正しく構成されていない場合に発生します。

Exchange コンピューターがメールの第三者中継として構成されている迷惑な商用電子メール、スパムとも呼ばれますを送信することができます。他のメール サーバーが迷惑な商用電子メール サーバーとして Exchange コンピューターを識別する場合、Exchange コンピューターがブロック リストに追加可能性があります。したがって、他のドメインにメールを送信するとに問題がある可能性があります。この問題を解決するのに、メールの第三者中継を行わないように Exchange コンピューターを再構成する必要があります。次に、ブロック リストから Exchange コンピューターを削除してください。

場合は、Exchange コンピューターがメールの第三者中継は、Exchange コンピューター上のアカウントを使用して迷惑な商用電子メールを送信する可能性があります。したがって、誰かが、侵害されたアカウントを使用して防ぐ必要があります。

この資料は、メール中継に関する問題の現象は、および Exchange コンピューターの構成を修正する手順が含まれています。

はじめに

この資料は、以下について説明します。
  • メールの第三者中継をトラブルシューティングする方法の問題では、Exchange Server 2003年および Exchange 2000 Server
  • Exchange コンピューターがメールの第三者中継として使用されないようにする方法
  • Exchange での受信メールを中継メール用の SMTP ドメインを設定する方法
Exchange は完全の簡易メール転送プロトコル (SMTP) メールのサービスを提供します。メールを受信する、Exchange SMTP サーバーを使用することができ、ネットワーク上の他の Exchange コンピューターに、またはインターネット上の他の SMTP サーバーにメールを中継します。メールの中継によって他の組織内のユーザーにメールを送信するメール クライアントを交換します。メールの第三者中継が許可されていない場合、Exchange コンピューターのみ送受信できるメールの Exchange コンピューターと同一のメール ドメインのユーザーが。

メールを中継するときに、Exchange コンピューター自身のドメイン以外のドメインのメールを宛のメールを転送できます。この動作により、Exchange が内部または外部ネットワーク SMTP サーバーにメールを転送します。

インターネット ユーザーが Exchange コンピューターにアクセスするときに注意する必要があります。これは、悪意のあるユーザーが Exchange コンピューターがメール リレーとして使用できます。これらのユーザーは、迷惑な商用電子メール、スパムとも呼ばれる、複数のコンピューターに配布するには、Exchange SMTP サーバーにメールを転送できます。これにより、インターネット接続の利用可能な帯域幅に悪影響があります。さらに、発生する可能性が、Exchange コンピューターをメール中継の「ブラック ホール」リストに追加されます。Exchange コンピューターが、このようなリストを追加、他のメール サーバーが、ドメインからのメールを受け付けません。

メールの中継に関する問題の現象

メール中継の問題が発生する 1 つまたは複数、次の現象が発生します。

リストを開閉するには、ここをクリックしてください。



5.0.0、5.7.1、5.7.3 のエラー コードを含む Ndr の考えられる原因


リストを開閉するには、ここをクリックしてください。


イベント 1701年、1709年、1710年、4001、および 7004 の考えられる原因します。

リストを開閉するには、ここをクリックしてください。



Exchange コンピューターが迷惑な商用電子メールの送信、メールの第三者中継として構成されている場合

場合は他のメール サーバーが迷惑な商用電子メールを送信するメッセージング サーバーとして Exchange コンピューターを一覧表示、1 つまたは複数、次の現象を発生ことがあります。
  • メールを送信すると、ドメインの数が増加することはできません。
  • 迷惑な商用電子メールは、メール キューに表示され、Exchange コンピューターが迷惑な商用電子メールを送信することを検出します。
  • Exchange コンピューターから迷惑な商用電子メールを受信するリモート ドメインに通知します。
  • エラー コード 5.0.0 または 5.7.1 を含む Ndr が表示されます。
  • イベント 7004 および 4001 がアプリケーション ログに記録されます。
この問題は、Exchange コンピューターは、メールの第三者中継として構成されている場合に発生します。また、Exchange コンピューター上のアカウントが侵害されているし、メールの第三者中継として使用されている場合にこの問題が発生することができます。


この問題を解決するのにはここをクリックして展開または折りたたみの手順


Exchange コンピューターがメールの第三者中継として構成されていないに存在するアカウントからメールの中継が発生した場合

アカウントを Exchange コンピューターに認証された送信メールを中継するかどうかを調べます。

これには、ここをクリックして展開または折りたたみの手順

Pアカウントから中継されたメールを送信するには、Exchange コンピューターで認証を revent します。

これには、ここをクリックして展開または折りたたみの手順


SMTP ドメインの受信メールとメールの中継を設定する方法

1 つまたは複数、次のクラスのインターネット SMTP ドメインに対してメールを受信することができます。
  • Exchange 組織のローカルであるドメイン
  • ドメインが Exchange 組織のローカルではないです。
  • Exchange 組織と、別の SMTP サーバーとの間で共有されているドメイン

Exchange 組織のローカルであるドメイン

Exchange 組織のローカルであるドメインからのメールを受け取るには、次のようなアドレスを含む受信者ポリシーを作成します。
SMTP: @Domain.Domain_Root
受信者ポリシーを作成する方法の詳細については、次のマイクロソフト サポート技術資料を参照する次の文書番号をクリックしてください。
249299 Exchange の受信者ポリシーを構成する方法

ドメインが Exchange 組織のローカルではないです。

Exchange 組織にローカル ドメインからのメールを受け入れるに SMTP コネクタを作成します。 SMTP コネクタを構成する方法の詳細については、次のマイクロソフト サポート技術資料を参照する次の文書番号をクリックしてください。
265293 構成するのには、SMTP コネクタの Exchange 200x の方法

Exchange 組織と、別の SMTP サーバーとの間で共有されているドメイン

Exchange 組織と、別の SMTP サーバーとの間で共有されているドメインからのメールを受け取るには、SMTP コネクタを設定します。これには、「ドメインには、Exchange 組織のローカル」セクションの手順を実行します。ただし、ユーザー アドレスからメールを受信できるように受信者ポリシーにドメインを追加するときに、この Exchange 組織をこのアドレスへのすべてのメール配信を担当するチェック ボックスをオフします。 他のメール システムとの SMTP ドメインを共有する方法の詳細については、マイクロソフト サポート技術資料を参照する次の文書番号をクリックしてください。
321721 SMTP アドレスを共有する方法スペースで Exchange 2000 Server または Exchange Server で 2003

エラー コード 5.7.1 または 5.7.3 を含む Ndr のトラブルシューティングを行う方法

エラー コード 5.7.1 および 5.7.3 と、アプリケーション ログのイベント 1709年、1710、または 1701年はさまざまな条件下で発生します。次のシナリオでは、これらの条件について説明して、それぞれを解決する方法を説明する Ndr およびアプリケーション ログ イベント。

元に戻す画像を拡大する
2683283
メモ エラー コード 5.7.1 を含む Ndr には、次のメッセージが含まれます。

「発信者がメッセージを送信するアクセス許可。」

このメッセージは、送信者がアクセス許可の問題になりますので、誤解を招くことができます。この NDR の実際の原因は、リモート ドメインにメールを中継するメールを送信しているドメインが禁止されていること。詳細については、以下の資料番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報資料を参照してください。
262354 中継が許可されていないリモート ドメインへの送信時に NDR が正しくないです。

シナリオ 1: 認証済みコンピューターがメールの中継を許可されていません

SMTP 仮想サーバー上にリレーを上記の一覧に関係なく、正しく認証されたすべてのコンピューターを許可する] チェック ボックスがオフの場合はエラー コード 5.7.1 を含む Ndr が表示されます。リレーを上記の一覧に関係なく、正しく認証されたすべてのコンピューターを許可する] チェック ボックスを選択して、次の手順を実行します。

展開または折りたたみの手順を実行するには、ここをクリックしてください。


シナリオ 2: SMTP 仮想サーバーへの匿名アクセスは無効になります

[匿名アクセス] チェック ボックスが選択されていない場合はエラー コード 5.7.1 を含む Ndr が表示されます。[匿名アクセス] チェック ボックスを選択して、次の手順を実行します。

展開または折りたたみの手順を実行するには、ここをクリックしてください。


シナリオ 3: DNS 機能が正しく構成されていません。

DNS 機能が正しく構成されている場合はエラー コード 5.7.1 または 5.7.3 を含む Ndr が表示されます。また、アプリケーション ログに、1701年、1709、1710 のいずれかのイベントが出力される可能性があります。DNS 構成のトラブルシューティングについては、そのメール エクスチェン ジャー (MX) レコードを適切な SMTP 仮想サーバーになっていることを確認します。DNS 機能が正しく構成されて場合は、受信 SMTP 接続が可能性があります、誤った SMTP 仮想サーバーにランダムに接続します。

シナリオ 4: プロキシ アドレスの一致する受信者ポリシーがないです。

組織内のユーザーは、組織内の既存の受信者ポリシーのいずれにも一致しない電子メール アドレスがある、これらのユーザーにメールを送信する送信者をエラー コード 5.7.1 または 5.7.3 を含む Ndr が表示されます。また、アプリケーション ログに、1707年、1709、1710 のいずれかのイベントが出力される場合があります。通常、組織内のユーザーのプロキシ アドレスは、組織内の少なくとも 1 つの受信者ポリシーと一致する必要があります。

元に戻す画像を拡大する
2683283
メモ 「プロキシ アドレス」とは、組織にローカルな SMTP ドメインを指します。新しい受信者ポリシーを作成する方法、または既存の受信者ポリシーを更新する方法の詳細については、次のマイクロソフト サポート技術資料を参照する次の文書番号をクリックしてください。
319065 Exchange の受信者更新サービスの使用方法

シナリオ 5: 転送先サーバーに追加の認証が必要です。

転送先サーバーで匿名認証が許可されていない場合は、エラー コード 5.7.3 を含む Ndr が表示されます。送信元のクライアントまたは送信側のサーバーは、宛先サーバーに認証できることを確認します。

元に戻す画像を拡大する
2683283
メモ エラー コード 5.7.3 は、受信者、宛先サーバーが見つからない場合にも発生します。

シナリオ 6: ISA Server 2000 SMTP 公開ルールが更新されていません。

ISA Server 2000 を使用して、SMTP 公開ルールが更新されていない、エラー コード 5.7.1 または 5.7.3 を含む Ndr が表示されます。さらに、1701年、1709、1710 のいずれかのイベントがアプリケーション ログに記録されます。この問題は ISA Server 2000 を使用して、次の条件のいずれかに該当する場合に発生します。
  • ISA server の外部 IP アドレスが変更されます。
  • SMTP 公開ルールの IP アドレスは、ISA server の外部 IP アドレスを新しいを反映するように更新されません。
  • Isactrl サービスが、SMTP 公開ルールの IP アドレスを更新した後は再起動されません。

関連情報

Exchange メールの第三者中継の詳細については、次のマイクロソフト サポート技術記事を表示するには、次の資料番号をクリックしてください。
304897 Windows 2000、Windows XP、および Exchange Server での SMTP の中継動作
313395 匿名 SMTP 接続に対する中継の制限を確認し、Exchange 2000 Server で不要な電子メール メッセージをフィルター処理する方法
319356 Exchange 2000 Server では、迷惑な商用電子メールを防ぐ方法
324958 オープン SMTP の中継および Windows Small Business Server に Exchange Server の SMTP キューのクリーンアップをブロックする方法
310356 Windows 2000 では、IIS 5.0 SMTP サーバーでメール中継を防止する方法
257538 インターネット メールまたは不要な広告電子メールから追加情報を取得する方法

プロパティ

文書番号: 895853 - 最終更新日: 2013年12月4日 - リビジョン: 6.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Exchange Server 2003 Enterprise Edition
  • Microsoft Exchange Server 2003 Standard Edition
  • Microsoft Exchange 2000 Server Standard Edition
キーワード:?
kbtshoot kbhowtomaster kbmt KB895853 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:895853
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com