Windows インストーラ 3.0 がインストールされているコンピュータに Office 2003 更新プログラムをインストールすると、エラー メッセージ "エラー 2902. 内部エラーが発生しました" または "インストールは正常に終了しませんでした" が表示される

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 895975
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

現象

Microsoft Windows インストーラ 3.0 がインストールされているコンピュータに Microsoft Office 2007 または Microsoft Office 2003 の更新プログラムをインストールすると、以下のいずれかの現象が発生することがあります。
  • Office 2003 更新プログラムを Microsoft ダウンロード センターからインストールすると、以下のエラー メッセージが表示されます。
    エラー 2902. 内部エラーが発生しました。
    (ixfAssemblyCopy) 社内の情報システムを担当する部署にお問い合わせください。
    [OK] をクリックすると、以下のエラー メッセージが表示されます。
    更新プログラムを適用できません。
  • Office 2003 更新プログラムを Office ダウンロード Web サイトからインストールすると、以下のエラー メッセージが表示されます。
    インストールは正常に終了しませんでした。
さらに、更新プログラムのログ ファイルに以下のテキストが出力されます。
MSI (s) (40:80) [20:32:24:923]: 製品 : Microsoft Office Professional Edition 2003 -- エラー 2902. 内部エラーが発生しました。 (ixfAssemblyCopy ) 社内の情報システムを担当する部署にお問い合わせください。

エラー 2902. 内部エラーが発生しました。 (ixfAssemblyCopy ) 社内の情報システムを担当する部署にお問い合わせください。
Office 2003 の更新プログラムを Microsoft ダウンロード センターからインストールした場合、更新プログラムのログ ファイルは以下のフォルダにあります。
drive:\Documents and Settings\user_name\Local Settings\Temp\ohotfix
Office 2003 の更新プログラムを Office ダウンロード Web サイトからインストールした場合、更新プログラムのログ ファイルは以下のフォルダにあります。
drive:\Documents and Settings\user_name\Local Settings\Temp\OfficeUpdate

原因

この問題は、以下の条件に該当する場合に発生することがあります。
  • Office をインストールした後に Microsoft .NET Framework 1.1 をインストールした。
  • Windows インストーラ 3.0 がインストールされている。

    コンピュータにインストールされている Windows インストーラのバージョンを確認するには、以下の手順を実行します。
    1. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。次に、[名前] ボックスに %windir% と入力し、[OK] をクリックします。
    2. [System32] フォルダをダブルクリックします。
    3. [Msiexec.exe] ファイルを右クリックし、[プロパティ] をクリックします。
    4. [バージョン情報] タブで、インストールされている Windows インストーラのバージョンを確認します。
    : インストールされている Windows インストーラのバージョンを確認する際に、手順 1. で [名前] ボックスに Msiexec.exe /? と入力し、[OK] をクリックした場合、以下のエラー メッセージが表示されることがあります。
    不正なコマンド ライン パラメータです。
    この問題は、Msiexec.exe 2.00.3790.0 がコンピュータにインストールされている場合に発生することがあります。

解決方法

この問題を解決するには、以下のいずれかの方法を使用します。その後、Office 2003 の更新プログラムの再インストールを試みます。

方法 1 : Windows インストーラ 3.1 をインストールする

Windows インストーラ 3.1 のインストール方法の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
893803 Windows インストーラ 3.1 v2 (3.1.4000.2435) について

方法 2 : インストールされている Office 2003 を修復する

インストールされている Office 2003 を修復するには、以下の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタンをクリックし [コントロール パネル] をクリックし、[プログラムの追加と削除] をクリックします。
  2. [現在インストールされているプログラム] ボックスの一覧で、使用している Microsoft Office 2003 をクリックし、[変更] をクリックします。
  3. [Microsoft Office 2003 セットアップ] ダイアログ ボックスの [メンテナンス モード オプション] で、[再インストール/修復] をクリックし、[次へ] をクリックします。
  4. [Office の再インストールまたは修復] で、[Office のインストールで発生したエラーを検出して修復します] をクリックし、[[スタート] メニューのショートカットを元にもどす] チェック ボックスをオンにします。次に、[完了] をクリックします。
インストールした Office 2003 の修復方法と再インストール方法の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
821593 [OFF2003] Microsoft Office 2003 のプログラムおよび機能を個別にインストール、修復、および再インストールする方法

方法 3 : Office をインストールする前に Microsoft .NET Framework 1.1 をインストールする

Office をインストールする前に、Microsoft .NET Framework 1.1 をインストールします。

Microsoft .NET Framework 1.1 は、以下の Microsoft Windows Update Web サイトからダウンロードすることをお勧めします。
http://update.microsoft.com

方法 4 : カスタム メンテナンス ウィザードを起動する

カスタム メンテナンス ウィザードは、Office 2003 Resource Kit Web サイトからダウンロードできます。

システム管理者向け

システム管理者がクライアント コンピュータを更新する必要がある場合は、以下のいずれかの方法を実行します。
  • カスタム メンテナンス ウィザードを使用する。 関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
    308263 [HOW TO] Office XP のカスタム インストール導入後に、インストール オプション更新用のカスタム メンテナンス ウィザード設定ファイルを作成する
    1. ウィザードのステップ 2 で、変更する MSI ファイルを選択します。
    2. ウィザードのステップ 3 で、[新しい CMW ファイルを作成する] または [既存の CMW ファイルを開く] のいずれかをクリックします。
    3. ウィザードのステップ 4 で、新しく作成する CMW ファイルの場所を指定します。

      : 新しいファイルを作成する場合は、場所を指定するだけでかまいません。
    4. ステップ 6 では、インストールされているアプリケーションの一覧が表示されます。アプリケーションごとに、.NET プログラミング サポート機能を [マイ コンピュータから実行] に設定します。Microsoft Office InfoPath や Microsoft Office OneNote など、一部の Microsoft Office アプリケーションには .NET プログラミング サポート機能がありません。
    5. [完了] をクリックし、[終了] をクリックしてウィザードを終了します。
  • DisableFlyWeightPatching システム ポリシーを使用する。

    DisableFlyWeightPatching システム ポリシーの詳細については、以下のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
    http://msdn2.microsoft.com/en-us/library/aa368300.aspx

プロパティ

文書番号: 895975 - 最終更新日: 2011年2月3日 - リビジョン: 6.4
キーワード:?
kbtshoot kbsetup kbprb KB895975
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com