Windows Server 2000 では、Windows Server 2003、および Windows XP QueryPerformanceCounter 関数を使用するプログラムが実行可能性があります。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 895980
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

現象


次の OS'es にします。
Windows Server 2000
Windows XP
Windows Server 2003
Windows Server 2000 ゲスト O.S.
Windows XP のゲスト O.S.
Windows Server 2003 のゲスト O.S.

使用しているプログラム、QueryPerformanceCounter 関数には、システム時刻のクエリ パフォーマンスが低下ことがあります。

たとえば。

リモート コンピューターへのインターネット制御メッセージ プロトコル (ICMP) パケットを送信するのには、ping コマンドを使用すると、返信の負の応答時間が表示されます。たとえば、ping コマンドを次に示します次の応答が生成されます。

C:\>ping x.x.x.x

[Ping x.x.x.x を 32 バイトのデータ:

X.x.x.x からの応答: バイト 32 = = 59ms年の TTL に 128 =
X.x.x.x からの応答: バイト 32 = = 59ms年の TTL に 128 =
X.x.x.x からの応答: バイト 32 = = 59ms年の TTL に 128 =
X.x.x.x からの応答: バイト 32 = = 59ms年の TTL に 128 =



また、論理ディスクのパフォーマンス カウンターを使用または物理ディスクを誤って可能性がある場合は、待ち時間の値を表示します。


注: この問題は、x 86 ベース バージョンの Windows や、x x64 ベース バージョンの Windows を実行しているコンピューターで発生します。


原因

AMD の Cool'n コンピューターを持っている場合、この問題が発生 '、BIOS や、Intel マルチコア プロセッサのハイパースレッディング ・ テクノロジー (AMD デュアル コア) を非表示します。さまざまなコアまでの時間が同期されていないとマルチコアまたはマルチプロセッサ システム タイム スタンプ カウンター (TSC) のドリフトがあります。TSC は、計時リソースとしてを使用して、オペレーティング システムは、問題が発生可能性があります。他のタイマーは、計時のソースとして使用できる、システムで利用可能な場合新しいオペレーティング システム既定の TSC は通常は使用しないでください。その他の利用可能なタイマーで、PM_Timer と高精度イベント タイマー (HPET) などがあります。

解決方法

新しいドライバーまたはファームウェアかどうかをハードウェアの製造元にこの問題の確認を解決するのには更新問題を解決することができます。

メモドライバーのインストールを追加することができます、/usepmtimerBoot.ini ファイルに切り替えます。このスイッチは、「回避策」セクションで説明します。

回避策

この問題を回避するには、コンピューターの BIOS を更新します。またはを使用して Boot.ini ファイルを変更する、 /usepmtimer スイッチです。これを行うには、次の手順を実行します。
  1. 管理者の資格情報を持つアカウントを使用してコンピューターにログオンします。
  2. クリックしてください。 開始をクリックして 実行、タイプ メモ帳の c:\boot.ini、し [OK].
  3. 「[ブート ローダー]」] セクションで、Boot.ini ファイルには、"default"で始まる行にあります。この行は、既定のオペレーティング システムの場所を指定します。行は次のようなが表示されます。
    既定マルチ (0) (0) (0) を rdisk パーティション (2) = \WINDOWS
    「[オペレーティング システム]」] セクションで、"default"行に対応するオペレーティング システムの行を見つけます。などが Microsoft Windows Server 2003 Enterprise x64 Edition を実行している場合、行は次のようになります。
    複数 (0) ディスク (0) (0) を rdisk パーティション (2) \WINDOWS="Windows Server 2003 Enterprise x64 Edition"/fastdetect 表示/noexecute = optin
  4. 行の末尾に、スペースを 1 つ追加し、入力 /usepmtimer.行は、次のようになります。
    複数 (0) ディスク (0) (0) を rdisk パーティション (2) \WINDOWS="Windows Server 2003 Enterprise x64 Edition"/fastdetect 表示 OptIn/usepmtimer =
  5. ファイルを保存し、メモ帳を終了します。
  6. コンピューターを再起動します。
次は、Boot.ini ファイルのサンプルが含まれているシステムが、 /usepmtimer スイッチです。
[ブート ローダー]
タイムアウト = 0
既定マルチ (0) (0) (0) を rdisk パーティション (2) = \WINDOWS
[オペレーティング システム]
複数 (0) ディスク (0) (0) を rdisk パーティション (2) \WINDOWS="Windows Server 2003 Enterprise x64 Edition"/fastdetect 表示 OptIn/usepmtimer =
メモ Boot.ini ファイルをシステム ドライブのルート フォルダーにあります。

注:/UsePmTimer 設定を使用して、パフォーマンスの低下を引き起こす可能性があります。

詳細

ACPI および APCI のハードウェアのサポートの詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
309283Windows XP または Windows Server 2003 セットアップ後の HAL オプション

X x64 ベース バージョンの Microsoft Windows のテクニカル サポートについて

ハードウェアが既にインストールされて、Windows x64 エディションに付属の説明書には、テクニカル ・ サポートやサポートについては、Windows x64 エディション、ハードウェアの製造元を提供します。ここでは、Windows x64 エディションがハードウェアに搭載されているため、ハードウェアの製造元は、サポートを提供します。ハードウェアの製造元固有のコンポーネントを使用して Windows x64 エディションのインストールをカスタマイズしている可能性があります。独自のコンポーネント固有のデバイス ドライバーがありますか、ハードウェアのパフォーマンスを最大化するオプションの設定を含めることができます。は Windows x64 エディションのテクニカル ヘルプが必要な場合は、マイクロソフトの合理的なサポートを提供します。ただし、製造元に直接問い合わせる必要があります。製造元は、製造元のハードウェアがインストールされているソフトウェアをサポートする最適な修飾されます。Windows x64 edition、Microsoft Windows Server 2003 x 64 edition などを個別に購入した場合は、Microsoft テクニカル サポートに問い合わせてください。

については、Microsoft Windows XP Professional x64 Edition の製品情報については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://www.microsoft.com/windowsxp/64bit/default.mspx
製品情報については x x64 ベース バージョンの Microsoft Windows Server 2003、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://www.microsoft.com/windowsserver2003/64bit/x64/editions.mspx
この資料に記載サード ・ パーティ製品がマイクロソフトと関連のある会社で製造されています。マイクロソフト、黙示またはそれ以外の場合のパフォーマンスや信頼性これらの製品について負わない。

プロパティ

文書番号: 895980 - 最終更新日: 2011年9月11日 - リビジョン: 4.0
キーワード:?
kbtshoot kbprb kbmt KB895980 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:895980
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com