Windows XP Professional x64 Edition および x64 ベース バージョンの Windows Server 2003 でレジストリの変更

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 896459 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

ここの x64 ベース バージョンの Microsoft Windows Server 2003 および Microsoft Windows XP Professional x64 Edition で行われたレジストリの変更の一部について説明します。さらに、この資料は、Windows x64 Edition オペレーティング システムの 32 ビット プログラムと 64 ビット プログラムのレジストリ情報を格納する方法について説明します。

詳細

重要このセクション、方法、またはタスクには、レジストリの変更方法が記載されています。レジストリを誤って変更すると、深刻な問題が発生することがあります。そのため、この手順を慎重に実行するようにしてください。万一に備えて、編集の前にレジストリをバックアップしてください。そうすることで、問題が発生した場合でもレジストリを復元できます。レジストリをバックアップおよび復元する方法の詳細については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
322756 Windows でレジストリをバックアップおよび復元する方法


異なるレジストリ レイアウトを x64 ベース バージョンの Microsoft Windows Server 2003 または Microsoft Windows XP Professional x64 Edition を実行しているコンピューターを使用して、32 ビットと 64 ビットの両方を処理するためにプログラムです。X64 エディションの Windows オペレーティング システムのバージョンを確認してくださいレジストリ レイアウト変更プログラム .dll のハードコーディング パス、プログラム設定、およびその他のパラメーターの値は上書きされません。

X64 ベース版の Windows を実行しているコンピューターの設定を 32 ビット プログラムでは 32 ビット レジストリ設定の 64 ビット バージョンのレジストリ設定を上書きすることを防ぐには、保存します。レジストリ内の新しい分岐します。ユーザーのプログラムのインストール中にすべての変更が見つかりません。レジストリのリダイレクト プロセスはプログラムのインストールやプログラムの構成の設定を適切なレジストリ サブキー ユーザーの介入なしにアクセスできます。

32 ビット アプリケーションと、x64 ベース バージョンの Windows を実行している 64 ビット プログラム別のモードで動作し、レジストリの次のセクションでを使用しています。
  • ネイティブ モードネイティブ モードおよびアクセス キーと、次のように格納されている値を 64 ビット プログラムを実行します。レジストリ サブキー:
    HKEY_LOCAL_MACHINE\Software
  • 32 ビット プログラムを実行する WOW64 モードおよびアクセス キーに格納されている値で、次のレジストリ サブキー:
    HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\WOW6432node

レジストリのリダイレクト

32 ビットおよび 64 ビット COM 登録およびプログラム状態の共存をサポートするために、WOW64 サブシステムは、レジストリの別のビューを使用して 32 ビット プログラムをについて説明します。をWOW64 サブシステム レジストリのリダイレクトを使用して、ビット レベルでレジストリの呼び出しをインターセプトします。レジストリのリダイレクトも正しいの分岐、レジストリのレジストリ呼び出しが送られることを確認します。

新しいプログラムまたは Windows x64 エディションのコンピューターでは、レジストリの 64 ビット プログラムへのアクセスを呼び出し、プログラムを実行するをインストールすると、
HKEY_LOCAL_MACHINE\Software
レジストリ サブキーのリダイレクトを行わない。WOW64 レジストリ呼び出し
HKEY_LOCAL_MACHINE\Software
32 ビット プログラムでは、行われ、後にリダイレクトします。
HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\WOW6432node
サブキーします。で32 ビットのプログラム呼び出しをリダイレクトする、WOW64 はプログラムを常に適切なレジストリ サブキーに作成ことを確認します。レジストリのリダイレクトがプログラム コードの変更を必要としないし、このプロセスは、ユーザーに対して透過的です。

含まれているレジストリ サブキー

次のレジストリ サブキーは、Windows x64 Edition のオペレーティング システムの現在のバージョンにリダイレクトされます。
  • HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Classes
  • HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\Ole
  • HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\Rpc
  • HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\COM3
  • HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\EventSystem
重要レジストリ キーのリダイレクトは、以降のバージョンのオペレーティング システムで変更できます。ソフトウェア開発者は、これまで記載されてリダイレクトされるキーのリストに基づくプログラム コードを書くを避けることをお勧めです。代わりに、レジストリの 32 ビットまたは 64 ビット論理ビューに呼び出しを作成する前に、リダイレクトの状態を確認するコードを記述する必要があります。

レジストリ リフレクション

レジストリ リフレクションは 32 ビットを保持するリアルタイム メソッドを提供し、常に 64 ビットのセクションで、レジストリを開いています。たとえば、32 ビット プログラムは、32 ビット OLE サーバーとして動作し、64 ビットのクライアントからの要求にも利用できます、Hello.exe という名前も検討してください。レジストリ リフレクションは、Hello.exe プログラムの 32 ビット レジストリと 64 ビット レジストリの両方を両方 32 ビットおよび 64 ビットのプログラム呼び出しを処理するために開いたままにできます。

リフレクションを使用すると、同時ネイティブおよび WOW64 の操作をサポートする同じレジストリの 2 つの物理的なコピーの存在をことができます。反映されるキーのほとんどは、クラスのキーです。「最後の書き込みを優先する」の思想とは、クラス キーが書き込まれ、32 ビットまたは 64 ビットのクラス キーを作成して閉じられると、キーへのハンドルが閉じています。

「最後の書き込みを優先する」の考え方の例を以下に示します。
  • Windows x64 Edition オペレーティング システムのクリーン インストールを実行した後は、Wordpad.exe の 64 ビット バージョンの .doc ファイルを処理するために登録されています。レジストリ リフレクタ、.doc 登録は 64 ビット レジストリ セクションから 32 ビット レジストリ セクションにコピーします。
  • 32 ビット バージョンの Microsoft Office をインストールすると、Winword.exe の .doc ファイルの 32 ビット レジストリ ビューを処理するために登録されています。レジストリ リフレクタは 64 ビット レジストリ セクションにこの情報をコピーします。そのため、Winword.exe の 32 ビット バージョンの .doc ファイルを 32 ビットと 64 ビットの両方のプログラムを開始します。
  • 64 ビット バージョンの Microsoft Office をインストールすると、64 ビット バージョンの Winword.exe の .doc ファイルを処理するために、64 ビット レジストリ セクションに登録されています。Winword.exe の 64 ビット バージョンの .doc ファイルを 32 ビットと 64 ビットの両方のプログラムを起動するためレジストリ リフレクタは 32 ビット レジストリ セクションにこの情報をコピーします。
メモ 開発者リフレクションの状態を特定のキーを確認し、 RegDisableReflectionKey関数、 RegEnableReflectionKey関数を使用して、プログラムを無効にして、特定のキーにレジストリ リフレクションを有効にするのには、 RegQueryReflectionKey関数を使用できます。

共有のレジストリ キー

特定のレジストリ サブキーにはレジストリは 1 つだけのコピーでさえ存在する一定の情報が含まれています。しかしこれらのキーは両方 32 ビットおよび 64 ビットのレジストリ ビューに表示されます。これは、レジストリ リフレクションと呼ばれます。

現在のバージョンのWindows x64 Edition オペレーティング システムは、次のレジストリ サブキーは 32 ビットおよび 64 ビットのプログラム間で共有されているし、プログラムの 32 ビットまたは 64 ビットのレベルに基づいて書き換えられますされませんかプロセス:
  • HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\MICROSOFT\SYSTEMCERTIFICATES
  • HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\MICROSOFT\CRYPTOGRAPHY\SERVICES
  • HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\CLASSES\HCP
  • HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\MICROSOFT\ENTERPRISECERTIFICATES
  • HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\MICROSOFT\MSMQ
  • NT\CURRENTVERSION\NETWORKCARDS
  • NT\CURRENTVERSION\PROFILELIST
  • NT\CURRENTVERSION\PERFLIB
  • NT\CURRENTVERSION\PRINT
  • NT\CURRENTVERSION\PORTS
  • HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\MICROSOFT\WINDOWS\CURRENTVERSION\CONTROL PANEL\CURSORS\SCHEMES
  • HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\MICROSOFT\WINDOWS\CURRENTVERSION\TELEPHONY\LOCATIONS
  • HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\POLICIES
  • 直ちにポリシー
  • します
  • HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\MICROSOFT\WINDOWS\CURRENTVERSION\SETUP\OC マネージャー
  • HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\MICROSOFT\SOFTWARE\MICROSOFT\SHARED TOOLS\MSINFO
  • HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\MICROSOFT\WINDOWS\CURRENTVERSION\SETUP
  • HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\MICROSOFT\CTF\TIP
  • HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\MICROSOFT\CTF\SYSTEMSHARED
  • NT\CURRENTVERSION\FONTS
  • NT\CURRENTVERSION\FONTSUBSTITUTES
  • NT\CURRENTVERSION\FONTDPI
  • NT\CURRENTVERSION\FONTMAPPER
  • HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\MICROSOFT\RAS
  • HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\MICROSOFT\DRIVER の署名
  • HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\MICROSOFT\NON ドライバーの署名
  • HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\MICROSOFT\CRYPTOGRAPHY\CALAIS\CURRENT
  • HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\MICROSOFT\CRYPTOGRAPHY\CALAIS\READERS
  • NT\CURRENTVERSION\TIME ゾーン
  • HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\MICROSOFT\TRANSACTION サーバー
  • HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\MICROSOFT\DFS
  • HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\MICROSOFT\TERMSERVLICENSING
重要レジストリ キーのリフレクション以降のオペレーティング システム バージョンで変更できます。ソフトウェア以前の記述に基づくプログラム コードを記述しないようにする必要があります。反映されるキーの一覧。代わりに、レジストリの 32 ビットまたは 64 ビット論理ビューに呼び出しプログラムを作成する前に、リフレクションの状態を確認するコードを記述する必要があります。

レジストリ エディターの変更

両方の 32 ビットおよび 64 ビット バージョンのレジストリ エディターと x 64 のエディション オペレーティング システム含まれています。Windows x64 Edition コンピューター上のレジストリの 64 ビットと 32 ビットのプログラム セクションを理解するのには、次の方法のいずれかを使用します。

64 ビット バージョンのレジストリ エディターを起動するのには

  1. Windows x64 エディション管理者のアクセス許可を持つアカウントを使用してログオンします。
  2. クリックしてください。 スタート[ Exchange Server 2010 SP1 をインストールした後 Outlook クライアント アプリケーションがパブリック フォルダーに接続できない] regedit 続いて と入力して [ ].
  3. レジストリ エディターを見つけて次のレジストリ サブキーを調べます。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\WOW6432node

32 ビット バージョンのレジストリ エディターを起動するのには

クリックしてください。 スタート[ Exchange Server 2010 SP1 をインストールした後 Outlook クライアント アプリケーションがパブリック フォルダーに接続できない] Windows x64 Edition をインストール ドライブ\Windows\syswow64\regedit.exe ? m 続いて と入力して [ ].を ? m スイッチは複数実行することができます。インスタンスのレジストリエディター。

メモ Microsoft Windows Server 2003 Service Pack 1 (SP1) または後で実行しているコンピューターは、Windows x64 Edition ベースのログオン時にコンピューターと、リモート デスクトップ プロトコル (RDP) 別のウィンドウに接続しますServer 2003 SP1 または後で実行しているコンピューターまたは Windows x64 Edition ベースのコンピューター、リモート コンピューターで、レジストリの 64 ビットのセクションを表示できます。ただし、ログオンするとき SP1 または他にアップグレードされていない Microsoft Windows Server 2003 コンピューターに 32 ビット Windows オペレーティング システム、だけ、レジストリの 32 ビット セクション リモート コンピューターで表示できます。

x64 ベース バージョンの Windows のためのテクニカル サポート

ハードウェアに Microsoft Windows x64 エディションがインストールされた状態で付属する場合、Windows x64 エディションのテクニカル サポートおよび技術支援はハードウェアの製造元が提供します。この場合、Windows x64 エディションがハードウェアに含まれていたものであるため、ハードウェアの製造元がサポートを提供します。ハードウェアの製造元固有のコンポーネントを使用して Windows x64 エディションのインストールをカスタマイズしている可能性があります。独自のコンポーネントには、特殊なデバイス ドライバーや、ハードウェアのパフォーマンスを最大化するための追加設定などが含まれている場合があります。Windows x64 エディションでテクニカル ヘルプがある必要な場合マイクロソフトの合理的なサポートを提供します。ただし、製造元へ直接問い合わせる必要がある場合もあります。製造元がハードウェアにインストールしたソフトウェアについては、製造元が最も適したサポートを行えます。Windows x64 エディションの Windows Server 2003 x 64 edition などを別に購入した場合は、マイクロソフトのテクニカル サポートに問い合わせてください。

Windows XP Professional x64 Edition 製品については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://www.microsoft.com/windowsxp/64bit/default.mspx
X64 ベース バージョンの Windows Server 2003 製品については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://www.microsoft.com/windowsserver2003/64bit/x64/default.mspx

プロパティ

文書番号: 896459 - 最終更新日: 2013年6月25日 - リビジョン: 8.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows Server 2003, Standard x64 Edition
  • Microsoft Windows Server 2003, Datacenter x64 Edition
  • Microsoft Windows Server 2003, Enterprise x64 Edition
  • Microsoft Windows XP Professional x64 Edition
キーワード:?
kbtshoot kbinfo kbmt KB896459 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:896459
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com