Windows XP Home (その 2) を再インストールします。 Windows XP の再インストールの準備

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 896527
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料の第 2 部には、 Windows XP のホームを装着し直した。 参照してください。この部分は、Windows XP を再インストールを準備する方法について説明します。

他のトピックを表示するのには Windows XP のホームを装着し直した。 ガイドは、「関連情報」に記載されている Knowledge Base 資料を参照してください。

は、 Windows XP のホームを装着し直した。 ガイドには、次のトピックが含まれます。
Part 1:  Introduction
Part 2:  Preparing Windows XP for reinstallation
Part 3:  Creating partitions
Part 4:  Installing Windows
Part 5:  Post-installing devices
Part 6:  Configuring the work environment
Part 7:  Running Windows Update

詳細

インストールの計画を作成します。

インストールの計画を作成したと、システムを再インストールの準備を開始できます。計画手順を実行します。常に一連の手順の計画を検討してください。たとえば、だけで、ハード ディスクをフォーマットした場合、空白です。また、インターネットに接続していない場合は、現在のドライバーのオンライン検索をことはできません。

インストールの計画を作成するのには、個々 の手順は次のとおりです。
  • データをバックアップします。
  • Windows のインストール CD があります。
  • デバイス ドライバーを入手します。
  • ネットワークの設定に注意してください。
  • インターネットおよび電子メールへのアクセスのデータをバックアップしてください。
  • ファイルと設定の転送ウィザードを使用します。
  • BIOS の起動順序を変更します。

データをバックアップします。

データをバックアップする必要があります。古いまたは不要な情報を削除するのには、この機会を使用することもできます。再インストールが完了したら、フォルダーを管理するために、適切なフォルダー構造を作成することもする必要があります。すべてのデータを外部記憶装置にバックアップします。これは、重要なデータをすべて再インストール時に損失のようになります。

元に戻す画像を拡大する
バックアップまたは復元ウィザードの開始画面


Windows のインストール CD があります。

元の Windows インストール CD があることを確認してください。一般に、復旧用 CD を再インストールを実行することはできません。

デバイス ドライバーを入手します。

必要なデバイス ドライバーがあるない場合は、ハードウェアの製造元の Web サイトは、インターネット上で参照してください。Web サイトは、通常製品に個別のデバイス ドライバーへのアクセスを提供します。

この資料に記載されているサードパーティ製品は、マイクロソフトの会社によって製造されています。マイクロソフト、黙示またはそれ以外の場合のパフォーマンスや信頼性これらの製品について負わない。

次の使用例は、グラフィック カードの最新のドライバーを検索する方法を示しています。
  1. については、ハードウェアの製造元を検索するのには、検索エンジンを使用します。また、ハードウェアの製造元の Web サイトで、デバイスに付属のユーザー マニュアルの詳細については通常です。ハードウェアの製造元の Web サイトが必要なドライバーへの直接リンクを提供します。

    元に戻す画像を拡大する
    ドライバーの検索結果


  2. デバイスへのリンクし、ドライバーをデスクトップのことをお勧めする、ハード ディスクに保存します。

    元に戻す画像を拡大する
    オペレーティング システム用のドライバーを選択します。


    元に戻す画像を拡大する
    ドライバーのファイル ダウンロード プロンプト


  3. ドライバー ファイルが圧縮されている場合は、圧縮を解除する必要があります。この例では、ドライバーのファイルが .zip ファイルに圧縮されます。ファイルを展開するには、.zip ファイルを右クリックし、選択 すべて展開します。、し、展開ウィザードの指示に従って。

    元に戻す画像を拡大する
    Zip フォルダーからすべてのファイルを抽出します。


  4. 宛先フォルダーとしては、"デスクトップ"フォルダーを選択することをお勧めします。

    元に戻す画像を拡大する
    展開ウィザードの [インポート先


  5. ファイルの圧縮を解除すると、ディスクまたは CD のファイルを含むフォルダーをコピーします。

    元に戻す画像を拡大する
    ディスクまたは CD にコピーします。


メモ ネットワーク設定

小規模なネットワークがある場合は、コンピューターの設定に注意してください。参加するコンピューターのワークグループ名とコンピューターは、ワークグループ内の一意の名前を必要があります。また、TCP/IP プロトコルが正しく構成されていることを確認してください。次の設定があります。
  1. クリックしてください。 開始をクリックして コントロール パネル、し、をダブルクリック システム.

    元に戻す画像を拡大する
    [システム] アイコン (コントロール パネル)


  2. クリックして、 コンピューター名 タブをクリックし 変更.このカテゴリに含まれます、 コンピューター名ワークグループ その後で入力する必要があります、フォームで。

    元に戻す画像を拡大する
    コンピューターとワークグループ名


  3. 閉じる [システムのプロパティ、し、をダブルクリック ネットワーク接続 コントロール パネルのします。

    元に戻す画像を拡大する
    ネットワーク接続アイコン (コントロール パネル)


  4. ネットワーク接続を右クリックし、 プロパティ.

    元に戻す画像を拡大する
    [ネットワーク接続] を右クリックし、プロパティを選択します。


  5. クリックして、 全般 タブをクリックし、接続の詳細に注意してください。クリックしてください。 [インターネット プロトコル (TCP/IP) ネットワーク カードとクリック プロパティ.

    元に戻す画像を拡大する
    接続のプロパティ [全般] タブで-TCP/IP


  6. 最も重要な設定のものは、 全般 タブします。

    元に戻す画像を拡大する
    TCP/IP のプロパティ


    ヒント準備するのには、スクリーン ショットを印刷するのには便利です。これを行うには、alt キーを押しながら PRINT SCREEN キーを押します。これは、作業中のウィンドウをクリップボードにコピーします。白紙の文書を Microsoft Word で開くし、クリップボードからグラフィックを挿入します。グラフィックを挿入するには、文書内の領域を右クリックし、クリックしてください 貼り付け.

    元に戻す画像を拡大する
    ショートカット メニューの貼り付けのオプション


インターネットおよび電子メールへのアクセスのデータをバックアップします。

インターネット上のバックアップ データへのアクセスをメールしてもします。設定を確認またはスクリーン ショットがかかります。
  1. インターネット接続の詳細を表示することができます、 ネットワーク接続 コントロール パネルのフォルダーです。

    元に戻す画像を拡大する
    [コントロール パネル] の [接続の詳細


  2. 接続を右クリックし、選択 プロパティ.上の設定に注意してください、 ネットワー キング高度な タブ:
    • 接続の種類と設定
    • 接続の要素
    • TCP/IP の設定
    • ファイアウォールの設定
    • 該当する場合、インターネット接続の共有


    元に戻す画像を拡大する
    ISP のプロパティ-[ネットワーク] タブ


    元に戻す画像を拡大する
    PPP の設定」ウィンドウ


    元に戻す画像を拡大する
    TCP/IP のプロパティ


    元に戻す画像を拡大する
    ISP のプロパティ - 詳細設定] タブ


    元に戻す画像を拡大する
    Windows ファイアウォールの設定


  3. パスワード、ユーザー データであるかどうかを確認します。ここたびには、インターネットへの接続を作成することが表示されます。これは、インターネット サービス プロバイダー (ISP) から受信したデータです。

    元に戻す画像を拡大する
    ISP からの接続の詳細


  4. さらに、電子メール サーバーの名前を必要があります。Microsoft Outlook Express をクリックします。 アカウント で、 ツール 電子メール サーバーの名前を検索するメニューです。

    元に戻す画像を拡大する
    Outlook でインターネット アカウントの電子メール サーバー


  5. 表示し、クリックするアカウントを選択します。 プロパティ.ここは、個々 のアカウントを設定する必要がありますすべての情報をご覧いただけます。

    元に戻す画像を拡大する
    電子メール サーバーのプロパティ


    メモISP から提供された特殊なアクセス ソフトウェアを使用すると、設定を表示する方法については、ユーザー マニュアルを参照してください。

ファイルと設定の転送ウィザードを使用します。

必要な情報を収集するためには、ファイルと設定の転送ウィザードを使用できます。このウィザードは、1 台のコンピューターから別のデータ ファイルと個人用の設定を転送できます。このウィザードを使用すると、再インストールした後は、全体の構成プロセスを繰り返す必要はありません。このウィザードを使用すると、表示の個人用設定、フォルダーおよびタスク バーのオプション、およびインターネット ブラウザーの設定を転送するか、メールの設定できます。特定のファイルまたはフォルダーを [お気に入り] フォルダーなどを転送することもできます。
手順 1: 古いコンピューターからのデータを収集
ファイルと設定の転送ウィザードを使用して、必要な情報を収集します。これを行うには、次の手順を実行します。
  1. クリックしてください。 開始、ポイント すべてのプログラム、ポイント アクセサリ、ポイント システム ツール、し ファイルと設定の転送ウィザード.クリックしてください。 次へ ウィザードを開始します。

    元に戻す画像を拡大する
    ファイルと設定の転送ウィザードの開始画面


  2. クリックしてください。 古いコンピューター、し 次へ.

    元に戻す画像を拡大する
    ファイルと設定の転送ウィザードから古いコンピューター


  3. Windows ファイアウォールの警告が表示されたらをクリックします。 後で確認します または ブロックを解除します。.

    元に戻す画像を拡大する
    Windows セキュリティの警告] ウィンドウ


  4. クリックしてください。 その他 (例、リムーバブル ドライブまたはネットワーク ドライブ)、し、設定を保存するフォルダーを入力します。

    元に戻す画像を拡大する
    ファイルと設定の転送ウィザードで選択した転送方法


  5. フォルダーが存在しない場合は、いずれかを作成できます。クリックしてください。 [はい].

    元に戻す画像を拡大する
    ファイルと設定の転送パスの新規作成ウィザード -


  6. どのようなファイルと設定を転送して、転送する方法を指定します。
    • 設定のみ
    • ファイルのみ
    • ファイルと設定の両方
    • 標準またはカスタムの転送


    元に戻す画像を拡大する
    ファイルと設定の転送ウィザードのファイルの転送と設定


  7. クリックしてください。 次へ.
  8. ユーザー設定リストを選択した場合は、一覧をカスタマイズする方法をここで指定できます。ファイルと設定のフォルダーを追加または転送、および、クリックしたくないものを削除します。 次へ.

    元に戻す画像を拡大する
    ファイルと設定の転送ウィザードの [ユーザー設定のファイルと設定


  9. すべての情報が収集されるとすぐをクリックします。 終了日.
  10. CD への情報の設定とファイルを含むフォルダーをコピーします。
手順 2: 新しいコンピューターにデータを転送
  1. Windows XP を再インストールした後は、ファイルと設定の転送ウィザードを再度実行します。選択 新しいコンピューター 場合は、プロセスの開始時をよう求められます。

    元に戻す画像を拡大する
    ファイルと設定の転送ウィザードの新しいコンピューター


  2. 選択 ウィザード ディスクは必要ありません。、し 次へ.

    元に戻す画像を拡大する
    ファイルと設定の転送ウィザードでウィザード ディスクは必要ありません


  3. CD ドライブの設定とファイルが含まれている CD を挿入し、保存場所を指定します。クリックしてください。 次へ.

    元に戻す画像を拡大する
    ファイルと設定の転送ウィザード - 転送するファイルの場所を指定します。


  4. データは、新しいコンピューターに転送されます。

    メモセキュリティ上の理由から、パスワードを転送することはできません。これらは後の段階では、手動で入力する必要があります。

BIOS の起動順序を変更します。

通常、インストール CD から起動できるように、コンピューターの基本入出力システム (BIOS) 構成に変更を加える必要があります。これは、かもしれませんでも複雑です。

コンピューターの起動時に、BIOS の起動シーケンスを使用します。BIOS は、オペレーティング システムが格納されているディスクの検索です。このディスクは、起動ディスクのと呼ばれ、コンピューター上のハード ディスクを通常です。ハード ディスクは、コンピューターで、bios は、起動ディスクとして構成されている場合は、コンピューターから始まり、起動 CD を検索しません。

スタートアップ CD-ROM を起動ディスクとして使用するのには、BIOS を構成するには、次の手順を実行します。
  1. コンピューターを再起動します。
  2. コンピューターを初めて起動したときに、自己テスト (POST) パワーオン実行します。このテストは、すべての接続されているデバイスが機能していることを確認します。POST の一環として、メモリがチェックされます。メモリのテスト中に、メッセージが BIOS にアクセスする方法を示すが表示されます。たとえば、次のメッセージまたは類似したメッセージは、BIOS セットアップ ・ プログラムを開始する方法について説明を参照してください可能性があります。
    セットアップを入力してくださいキーを押して DEL
    この例では、すぐにメモリのテスト セットアップ プロセスを開始する後、DEL キーを押す必要があります。BIOS セットアップにアクセスすることを確認するのには、キーの複数回押す必要があります。

    ヒントBIOS へのアクセスを提供するその他のキーはあります。次のものがあります。
    • F1 キー
    • F2 キー
    • F10 キー
    • CTRL キーを押しながら ENTER
    • ALT キーを押しながら入力
    • CTRL キーを押しながら ALT キーを押しながら ESC
    • CTRL キーを押しながら ALT キーを押しながら挿入
    BIOS セットアップにアクセスする方法がわからない場合は、コンピューターのマザーボードのマニュアルを参照してください。
  3. 起動シーケンスの設定を参照してください。通常、方向キー、メニューと設定を移動することができます。
  4. 起動シーケンスの設定を検索すると、通常はそれを変更するのには ENTER を押せます。プラス記号 (+) またはマイナス記号 (-)、CD ドライブが起動ディスクとして選択されるまでキーを押します。

    ヒントBIOS を変更する方法の詳細については、ユーザー ・ マニュアルにあります。通常、メニューやオプションを変更する方法についての説明が含まれています。BIOS 自体には、通常、個々 の手順で状況依存のヘルプが含まれます。
  5. CD ドライブが起動ディスクの場所として選択したすると、メニューに戻るには、esc キーを押す通常されます。メイン メニューで、オプションを選択します。 保存し、セットアップの終了 または、類似のオプション。場合は、確認 CMOS と EXIT に保存します。 またはのようなオプションが表示され、選択 [はい].
  6. 場合は、選択できません。 [はい]は、文字を入力 y.

    メモ BIOS は、QWERTY キーボード レイアウトを使用します。キーボードの設定、別のレイアウトに従えば、QWERTY キーボードの上に表示される、Y キーを押す必要があります。
  7. BIOS セットアップ ・ プログラムを終了すると、コンピューターを再起動します。
  8. CD ドライブが起動ディスクを使用するかどうかを確認します。インストール CD を挿入し、コンピューターを再起動します。これが成功した場合は、Windows XP の再インストールを開始できます。

関連情報

このトピックの詳細については、マイクロソフト サポート技術記事を表示するのには、次の資料番号をクリックしてください。
第 1 部 はじめに

第 3 部 パーティションを作成します。

第 4 部 Windows をインストールします。

第 5 部 Post-installing デバイス

第 6 部 作業環境を構成します。

第 7 部 Windows Update を実行します。

この資料はドイツ語からの翻訳です。その後の変更や追加は、元のドイツ語の資料に翻訳を反映されていません。この資料に含まれる情報はこの製品のドイツ語版の基づいています。この情報を他の言語のバージョンがこの製品の精度は、この変換のフレームワークではテストされていません。Microsoft この情報は、いかなる保証の正確性や機能、せず、完全性の保証または、翻訳の正確さになります。

この資料に記載サード ・ パーティ製品がマイクロソフトと関連のある会社で製造されています。マイクロソフト、黙示またはそれ以外の場合のパフォーマンスや信頼性これらの製品について負わない。

プロパティ

文書番号: 896527 - 最終更新日: 2011年8月3日 - リビジョン: 3.0
キーワード:?
kbhowto kbmt KB896527 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:896527
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com