Internet Explorer 用の累積的なセキュリティ更新プログラムに含まれる修正プログラムをインストールする方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 897225 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

はじめに

Internet Explorer 6 およびそれ以降のバージョン用の更新プログラム パッケージおよびセキュリティ更新プログラム パッケージは、GDR (General Distribution Release) ファイルと修正プログラム (hotfix) のファイルの両方が含まれた形で配布されます。 既定では、既存のファイルが hotfix 環境のファイルでない場合、セキュリティ更新プログラム パッケージにより修正プログラムのファイルはインストールされません。 既存のファイルが hotfix 環境のファイルであるかどうかを判断する方法の関連情報を参照するには、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
824994 Windows XP Service Pack 2 および Windows Server 2003 ソフトウェア更新プログラム パッケージの内容に関する説明
この資料では、Microsoft Internet Explorer 6 以降のバージョン用の更新プログラム パッケージまたは累積的なセキュリティ更新プログラム パッケージに含まれる修正プログラムをインストールする方法について説明します。この資料の情報は Microsoft Windows XP および Microsoft Windows Server 2003 のユーザーを対象としています。

詳細

Internet Explorer 用の更新プログラム パッケージまたは累積的なセキュリティ更新プログラム パッケージに含まれる修正プログラムのファイルをインストールするには、次のいずれかの方法を使用します。

方法 1: 更新プログラム パッケージまたは累積的なセキュリティ更新プログラム パッケージをインストールする前に修正プログラムをインストールする

修正プログラムをインストールします。この修正プログラムにより、更新プログラム パッケージまたは累積的なセキュリティ更新プログラム パッケージに含まれるすべてのファイルが更新されます。次に、Internet Explorer 6 用の更新プログラム パッケージまたは累積的なセキュリティ更新プログラム パッケージをインストールします。修正プログラムのインストール後、更新プログラムまたは累積的なセキュリティ更新プログラムのインストーラーにより、修正プログラムのファイルが検出され、パッケージに含まれる修正プログラムのファイルがインストールされます。

方法 2: 更新プログラムまたは累積的なセキュリティ更新プログラムのインストーラーで、修正プログラムのファイルを強制的にインストールする

パッケージのインストーラーとして Update.exe が使用される場合、/B スイッチを使用すると、インストールで使用されるブランチが変更されます。たとえば、次のようなコマンドを使用します。
  • Windows XP
    PackageName.exe /b:SP3QFE
    このコマンドを実行すると、SP3QFE バージョンの Windows XP ファイルがインストールされます。
  • Windows Server 2003
    PackageName.exe /b:RTMQFE
    このコマンドを実行すると、RTMQFE バージョンの Windows Server 2003 ファイルがインストールされます。
  • Windows Server 2003 Service Pack 1
    PackageName.exe /b:SP1QFE
    このコマンドを実行すると、SP1QFE バージョンの Windows Server 2003 ファイルがインストールされます。
  • Windows Server 2003 Service Pack 2
    PackageName.exe /b:SP2QFE
    このコマンドを実行すると、SP2QFE バージョンの Windows Server 2003 ファイルがインストールされます。
ソフトウェア更新プログラム パッケージのインストーラーとして Update.exe が使用されるかどうかを確認するには、次の手順を実行します。
  1. パッケージを右クリックし、[プロパティ] をクリックします。
  2. [バージョン] タブで、[その他のバージョン情報] の下の [インストーラー エンジン] をクリックします。"値" フィールドに [Update.exe] が表示されます。表示されない場合、パッケージはセットアップ プログラムとして Update.exe を使用しません。この場合、方法 1 と以下の手順のいずれかを使用して修正プログラム ファイルをインストールする必要があります。
重要: このセクション、方法、またはタスクには、レジストリの変更方法が記載されています。レジストリを誤って変更すると、深刻な問題が発生することがあります。レジストリを変更する際には十分に注意してください。万一に備えて、編集の前にレジストリをバックアップしてください。問題が発生した場合でも、レジストリを復元できます。レジストリのバックアップ方法および復元方法の詳細を参照するには、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
322756 Windows でレジストリをバックアップおよび復元する方法


手動でコンピューターを構成し、以前のインストーラーを使用して、インストーラーとして Update.exe を使用しないパッケージの修正プログラムのファイルをインストールするには、次の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。[名前] ボックスに「regedit」と入力し、[OK] をクリックします。
  2. 次のレジストリ サブキーを見つけて右クリックします。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Internet Explorer
  3. [新規] をポイントし、[DWORD 値] をクリックします。レジストリ値の名前として「QFEInstalled」と入力し、Enter キーを押します。
  4. [QFEInstalled] を右クリックし、[修正] をクリックします。[値のデータ] ボックスに「1」と入力して、レジストリ値を 1 に設定します。[OK] をクリックします。

    : このレジストリ エントリで、値を 1 に設定すると、更新プログラム パッケージまたは累積的なセキュリティ更新プログラム パッケージに含まれる修正プログラムのファイルが強制的にインストールされます。
  5. 更新プログラム パッケージまたは累積的なセキュリティ更新プログラム パッケージをインストールします。
注意事項
  • 累積的なセキュリティ更新プログラムのインストーラーは、以下の条件に該当する場合、修正プログラムを一切インストールしません。
    • コンピューターにインストールされている修正プログラムが、MS04-004 と MS04-038 の間にリリースされています。
    • 更新プログラムのロールアップ 873377 または更新プログラムのロールアップ 889669 をインストールしていません。
    MS04-004 と MS04-038 の間にリリースされた修正プログラムは、インストーラーでは検出されません。更新プログラムのロールアップ 873377 および更新プログラムのロールアップ 889669 をインストールすると、レジストリ エントリが作成され、インストーラーによって修正プログラムがインストールされるようになります。

    上記の条件に該当する場合に修正プログラムをインストールするには、前述の手動の方法を使用して、Internet Explorer 用の最新の累積的な更新プログラムをインストールします。
  • 累積的な更新プログラムから修正プログラムを個別にインストールする場合、インストールしようとしているファイルのバージョンが、コンピューターに既にインストールされているファイルのバージョンよりも古いと、ファイルがインストールされないことがあります。インストーラーからは何もエラーが返されません。Internet Explorer 用の最新の累積的な更新プログラムをインストールするときに修正プログラムが含まれていた場合を除いて、コンピューター上の新しいファイルには、インストールしようとしている修正プログラムが含まれないことがあります。修正プログラムをインストールするには、前述の手動の方法を使用して、Internet Explorer 用の最新の累積的な更新プログラムをインストールします。

プロパティ

文書番号: 897225 - 最終更新日: 2009年8月12日 - リビジョン: 4.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Windows Internet Explorer 7
  • Microsoft Internet Explorer 6.0
キーワード:?
kbsecurity kbexpertiseadvanced kbhowto KB897225
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com