パブリック インスタント メッセージングし Lync Server または通信サーバーで発生する既知の問題

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 897567 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この記事に発生する既知の問題について説明しますと Live Communications Server 2005 SP1、Office Communications Server 2007、Office 通信 Server 2007 R2、Lync Server 2010 および Lync Server 2013 が設定されているパブリック インスタント メッセージング (IM) の 3 利用可能なインターネット接続 (PIC) IM サービス プロバイダーのいずれかで。

ここでまた使用される既知の IP アドレスを一覧します。各パブリック IM サービス プロバイダー。

はじめに

これ記事を PIC の IM の接続している場合に発生する既知の問題について説明します。以下 3 パブリック IM サービス プロバイダーのいずれかを使用して構成します。
  • AOL
  • MSN (Windows Live) は、Microsoft のネットワーク
  • Yahoo!
メモ をサポートされている機能は、この資料に記載されている問題を説明します。パブリック IM のプロバイダーのクライアントとデータ センターをサービスします。懸案事項中心型をパブリック IM サービス プロバイダーのクライアントとデータ センターではないです。必要な更新プログラムを Microsoft 通信サーバーの関連適用するのには、このドキュメントに記載されている製品。

メモ 詳細については、PIC のフェデレーションおよび Yahoo のメッセンジャーは、パブリック インスタント メッセージングの接続のセクションで、次の Microsoft TechNet の記事を参照してください。

SIP、XMPP のフェデレーション、パブリック インスタント メッセージングの計画

一般的な問題と機能の概要

知っておくべき次の問題については、すべてのクライアントに適用されます。
  • 公開IM 接続は、IM およびプレゼンス情報の交換のみをサポートします。ファイル転送、オーディオ、ビデオ、またはその他のセッションはサポートされていません。これは適用されます。すべてのパブリック IM サービス プロバイダーとすべてのクライアント。

    メモ 詳細については、ピア ツー ピア A/V 通信 Windows Live Messenger と Lync 2013 フェデレーション クライアントは、パブリック インスタント メッセージングの接続の以下の Microsoft TechNet の記事を読んで。

    SIP、XMPP のフェデレーション、パブリック インスタント メッセージングの計画
  • Lync ユーザー、Communicator ユーザーまたは Windows Messenger 5.1 ユーザーは、MSN (Windows Live の) 連絡先や、yahoo! の連絡先は、AOL の連絡先を追加すると、メンバー名に対する検証は実行されません。したがって、ユーザーが無効な連絡先を入力した場合は、連絡先リストに追加されます。、「オフライン」の状態で表示されます。
  • Lync ユーザーまたは Communicator ユーザー会議に参加すると、それらの状態 (Windows Live) の MSN の連絡先に「オンライン」としてに、AOL の連絡先と yahoo! の連絡先に表示されます。これらの「オンライン」として表示されるようにそれらの状態にしたくない場合 Lync ユーザーまたは Communicator ユーザー手動でそれらの状態が「使用中」の状態に設定する必要があります。
  • マルチパーティ IM (MIM) はサポートされていません。ユーザーが Lync server または通信サーバー環境では 1 対 1 の通信をユーザーのパブリック IM サービス プロバイダーだけができます。
  • Lync server または通信サーバーの組織およびパブリック IM サービス プロバイダーの間のトラフィックが暗号化されます。IT 管理者は、トランスポート層セキュリティ (TLS) を Lync server または通信サーバーへのクライアントからの移動、データの暗号化を設定できます。ただし、MSN (Windows Live) ネットワーク、yahoo! のネットワーク、または AOL ネットワークでパブリック IM クライアントはパブリック IM サービス プロバイダーのサーバーからを格納するデータは暗号化されません。

    メモ は、この規則の例外として、AOL インスタント メッセンジャー 6.0 からのデータですそれ以降のバージョンの AOL インスタント ・ メッセンジャーや AOL インスタント メッセンジャー プロフェッショナルSecure Sockets Layer を使用して、暗号化されたチャネル経由のエディションが送信されます。(SSL)。
  • Lync クライアントまたは Communicator クライアントでの複数のポイントのプレゼンス (MPOP) 機能を使用している場合は、プレゼンスの更新、MSN の (Windows Live)、AOL は表示されない、または、さまざまなエンドポイントに yahoo! クライアントがプレゼンスの優先度を示します。
  • としてフェデレーション ユーザーが、パブリック IM ユーザーのプレゼンス情報表示のみすることができます。ユーザーの連絡先リストです。さらに、これらのユーザーかどうかを確認することができます。Microsoft Office プログラムでの情報です。
  • Windows Messenger 5.1 の SIP クライアント、Communicator クライアントまたは Lync クライアントを MSN (Windows Live を) の AOL、または yahoo! ユーザーのフレンドリ名は表示されません。

サポートされるクライアント

パブリック IM 接続は、以下のクライアントで動作します。
  • AOL クライアントのバージョン: AOL バージョン 5.9.3702 以降バージョン
  • MSN (Windows Live) のクライアントとのバージョン: MSN Messenger 6.2それ以降のバージョンおよび Windows Live Messenger の 8.0 およびそれ以降のバージョン
  • Yahoo! クライアントのバージョン: yahoo! メッセンジャー 6.0.0.1750 およびそれ以降のバージョン
  • 通信サーバー クライアント: Windows Messenger 5.1、Communicator 2005、Communicator 2007 は、Communicator 2007 R2
  • Lync Server クライアント: Lync 2010 および Lync 2013

サポートされているパブリック IM ドメイン

現在サポートされているパブリック IM ドメインの一覧を次に示します。
  • AOL
    • *.aol.com に対する
    • icq.com - 2011 年 6 月 10 日 ICQ でされた AOLs セールの ICQ デジタル スカイ テクノロジー (DST) により接続が切断します。
    • love.com
    • mac.com
  • MSN (Windows Live)
    • br.live.com
    • hotmail.co.il
    • hotmail.co.jp
    • hotmail.co.th
    • hotmail.co.uk
    • hotmail.com
    • hotmail.com.ar
    • hotmail.com.tr
    • hotmail.es
    • hotmail.de
    • hotmail.fr
    • hotmail.it
    • hotmail.ch
    • live.at
    • live.be
    • live.ca
    • live.cl
    • live.cn
    • live.co.in
    • live.co.kr
    • live.co.uk
    • live.co.za
    • live.com
    • live.com.ar
    • live.com.au
    • live.com.co
    • live.com.mx
    • live.com.my
    • live.com.pe
    • live.com.ph
    • live.com.pk
    • live.com.pt
    • live.com.sg
    • live.com.ve
    • live.de
    • live.dk
    • live.fr
    • live.hk
    • live.ie
    • live.in
    • live.it
    • live.jp
    • live.nl
    • live.no
    • live.ph
    • live.ru
    • live.se
    • livemail.com.br
    • livemail.tw
    • messengeruser.com
    • msn.com
    • outlook.com
    • passport.com
    • sympatico.ca
    • tw.live.com
    • webtv.net
    • windowslive.com
    • windowslive.es
  • Yahoo!
    • ください

MSN (Windows Live) へのパブリック IM 接続の問題

次にユーザーが発生する可能性があります問題を示しますパブリックの IM MSN (Windows Live) に接続されている場合。
  • 場合は、パブリック IM 接続が使用できなくなったことの存在情報は、最長 4 時間で有効なできない場合があります。この問題を解決するのには、ログオフし、再度ログオンします。
  • Lync ユーザーまたは送信者ユーザーおよび MSN Messenger ユーザーのプレゼンスを表示すると「一時退席」の状態の状態が「退席中」にマップされます。
  • 「昼休みに」は、MSN (Windows Live) ユーザーの状態を設定すると、Lync クライアントまたは Communicator 状態を [昼休み] はサポートされていないため、「退席中」として、Lync クライアントまたは Communicator クライアントで表示されます。
  • 「不可」は、Lync ユーザーまたは Communicator ユーザーの状態を設定すると、MSN (Windows Live) クライアントが、「不可」のステータスをサポートしていないため、MSN (Windows Live) クライアントに「退席中」と表示されます。
  • MSN (Windows Live) ユーザーは自動的に、連絡先リストから削除すると、Lync サーバーまたは通信サーバーの連絡先がブロックされます。
  • パブリック IM 接続を使用して、.NET Messenger Service から連絡先リストに Lync サーバーまたは通信サーバーの環境を変更する前に既に連絡先の電子メール アドレスが連絡先リストに存在する場合は、これらの連絡先は継続的には「オフライン」の状態で表示されます。これらの連絡先は現在は .NET Messenger サービスに関連付けられたままです。削除して Lync サーバーまたは通信サーバーのフロント エンド サービスに連絡先を関連付けるには、メンバーのリストに電子メール アドレスを再度追加する必要があります。
  • オフラインの MSN (Windows Live) メンバーのフレンドリ名です。ないようです。

クライアント固有の問題

パブリック IM 接続には、Office Communicator クライアントに関する問題

  • [MSN Messenger ユーザーと Lync ユーザーの会話ウィンドウが開き、Lync ユーザーまたは Communicator ユーザーの Communicator ユーザーが何らかの理由は、トーストまたは、[会話] ウィンドウを開きます Windows Live Messenger 8.0 より前バージョンの MSN Messenger で。この問題は、MSN Messenger ユーザーの種類や会話ウィンドウまたはセッションを使用するに関係なく発生します。
  • 2005 年 10 月 11 日現在、EASI Windows Live ID のすべてのドメイン、パブリック IM 接続 (PIC) サービスがサポートされます。これは、Lync ユーザーまたは Communicator ユーザー (Windows Live) の MSN ユーザーと EASI Windows Live Id を PIC を使用して通信できることを意味します。

    EASI ID MSN (Windows Live) のユーザーは、任意のドメイン名を使用して、インスタント メッセージのアドレスを Windows Live id。 を作成することができます。たとえば、ユーザーの EASI Windows Live ID の username@contoso.com<mailto:username@contoso.com>した可能性があります。これは、MSN (Windows Live の) ユーザーに優れたサービスです。しかし、PIC が有効なユーザーが MSN (Windows Live の) ユーザーに Lync または Communicator を使用すると通信しようとすると、サービスの問題をしました。


    2005 年 10 月 11 日の変更に簡単な変更を加えるを Lync または Communicator の連絡先リストにユーザーを追加すると PIC の Windows Live ID の EASI を使用できます。Lync ユーザーまたは Communicator ユーザー EASI Windows Live ID の username@contoso.com を追加する必要がある検索フィールドに次のアドレスを追加します。</mailto:username@contoso.com>
    ユーザー名 (contoso.com) @msn.com
    これPIC のサービスの有効性を向上した連絡先EASI Windows Live ID のサポートされていないドメインはそのドメインを変更する必要があります。PIC のサービスを使用するのには。

パブリック IM 接続に MSN メッセンジャーの問題

  • 場合MSN (Windows Live) クライアントのファイル転送を他のセッションに開始します。オーディオ、Webcam をされますがしてキャンセル パブリック IM が期待どおりに接続サービスです。MSN (Windows Live) ユーザーを手動でキャンセルする必要があります、要求します。
  • サポートされていない機能が起動している場合 MSN Messenger で 6.x および MSN Messenger 7.0 ベータ版クライアント、Lync 2010 クライアントまたは Communicator クライアント MSN Messenger クライアントから次のメッセージ表示されます。<User>を招待すると自分の webcam を表示します。これには、MSN Messenger の最新バージョンが必要です。Http://g.msn.com/5meen_us/122 の最新バージョンをダウンロードすることができます。サポートされていない機能の例として、ファイル転送、オーディオ、ビデオ セッション、または A/V. このメッセージを無視、それが表示されたら。</User>
メモ 詳細については、ピア ツー ピア A/V 通信 Windows Live Messenger と Lync 2013 フェデレーション クライアントは、パブリック インスタント メッセージングの接続の以下の Microsoft TechNet の記事を読んで。

SIP、XMPP のフェデレーション、パブリック インスタント メッセージングの計画

パブリック IM 接続に AOL に関する問題

  • AOL ユーザーとして、Lync ユーザーまたは Communicator ユーザーに URL を送信すると、Lync ユーザーによって受信された URL または Communicator が変更されます。URL http://www.contoso.com、AOL ユーザーを送信する場合、たとえば、Lync ユーザーまたは Communicator ユーザー、次 URL を受信: _http://www.contoso.com_ (http://www.contoso.com)

Yahoo! パブリック IM 接続の問題

詳細については、PIC のフェデレーションおよび Yahoo のメッセンジャーは、パブリック インスタント メッセージングの接続のセクションで、次の Microsoft TechNet の記事を参照してください。

SIP、XMPP のフェデレーション、パブリック インスタント メッセージングの計画
  • Lync ユーザーまたは Communicator ユーザーは yahoo! のユーザーとビデオ セッションを確立しようとしています、セッションをキャンセルした場合は、Communicator ユーザーが IM セッションから切断されます。
  • Yahoo! ユーザーの彼または彼女の存在は、常にオフラインまたは使用不可の Lync クライアントまたは Communicator クライアントに表示されるように指定すると、Lync クライアントまたは Communicator クライアント、yahoo! ユーザーの真の存在を継続的します。
  • Lync ユーザーまたは Communicator ユーザー yahoo! ユーザーを自分の連絡先リストに追加すると、yahoo ユーザー、Lync ユーザーまたは Communicator ユーザーは Yahoo のユーザーの連絡先リストに追加するのには、許可するをクリックします。Lync ユーザーまたは Communicator のユーザーを追加すると、Lync ユーザーまたは Communicator のユーザーに自分の状態を変更するまで、ユーザーの状態はオフラインとして表示されます。
  • Lync ユーザーまたは Communicator ユーザーと yahoo! のユーザーとの IM セッション中には、Lync ユーザーまたは Communicator のユーザーには通知されません。Lync ユーザーまたは Communicator ユーザー、yahoo! ユーザー セッション ウィンドウが閉じた後にメッセージを送信します。
  • をYahoo! クライアントは、MPOP はサポートしていません。1 つ以上のデバイスを接続すると、その他のデバイス、yahoo! に「オフライン」や「使用不可」のステータスを表示します。クライアントです。
  • Yahoo! クライアントはインスタント メッセージへの招待だけをサポートします。ただし、Lync クライアントまたは Communicator クライアントの A のファイル転送を送信かどうかは/V の招待、またはパブリック IM 接続をサポートしていない別の招待 yahoo! クライアントの承認を示す 200 OK 応答が返されます。この応答は、Lync ユーザーか、yahoo! ユーザーからの承認を待っている Communicator ユーザーするが表示されます。Yahoo! のユーザーは、この要求の通知されません。
  • 正確には、yahoo! クライアントは維持されません。存在します。

Windows のルート証明書の情報

Windows の詳細については、ルート証明書とルート証明書の Windows 用の更新プログラム、次のマイクロソフト KB 記事レビュー用

931125 Windows のルート証明書プログラムのメンバー

推奨のファイアウォール構成

すべてのバージョンの Lync サーバーまたは通信サーバーの展開に関するドキュメントに記載されてには、パブリック IM プロバイダーとのフェデレーションの場合、推奨のファイアウォール構成アクセス プロキシまたはエッジ サーバーのリモート アクセスのインターフェイス上のポート 5061 に接続するすべての IP アドレスを有効にすることです。
ただし、特定の企業より厳密なファイアウォールの規則を適用して、特定の IP アドレスへの着信接続を制限するとします。ここでは、パブリック IM ネットワークで使用されている IP アドレスが Lync サーバーまたは通信サーバーの境界ネットワークの外部ファイアウォールで特に有効であることがあります。

Ip アドレスを掲載します。パブリック IM サービス プロバイダーによって使用されるアドレス。なおこのリスト変更する場合があります。ある場合は、変更リストの再構成を企業のファイアウォールが必要になります。次の一覧に ip アドレスが含まれています。各サービス プロバイダーで現在使用されているアドレス。

MSN (Windows Live を) が使用されている IP アドレス

  • 134.170.96.0/26
  • 157.56.187.192/26
  • 111.221.122.192/26

AOL が使用されている IP アドレス

  • 64.12.x.x
  • 205.188.x.x

Yahoo! によって使用されている IP アドレス

単独のバックアップします。
  • 76.13.22.8 (ホスト)
  • 76.13.22.9 (ホスト)
  • 76.13.22.10 (ホスト)
  • 76.13.22.11 (ホスト)
  • 76.13.22.12 (vip)

    単独の主。
  • 98.136.47.8 (ホスト)
  • 98.136.47.9 (ホスト)
  • 98.136.47.10 (ホスト)
  • 98.136.47.11 (ホスト)
  • 98.136.47.17 (vip)
をこの資料で説明するサードパーティ製品の製造元します。マイクロソフトとは無関係です。マイクロソフト、黙示の保証は負わないかそれ以外の場合は、パフォーマンスや信頼性これらのについて製品。

プロパティ

文書番号: 897567 - 最終更新日: 2013年5月26日 - リビジョン: 21.1
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Lync 2013
  • Microsoft Lync 2010
  • Microsoft Office Communicator 2007 R2
  • Microsoft Office Communicator 2007
  • Microsoft Office Communicator 2005
  • Microsoft Windows Messenger 5.1
  • Microsoft Office Communications Server 2007 Enterprise Edition
  • Microsoft Office Communications Server 2007 Standard Edition
  • Microsoft Office Live Communications Server 2005 Enterprise Edition
  • Microsoft Office Live Communications Server 2005 Standard Edition
  • Microsoft Office Communications Server 2007 R2 Standard Edition
  • Microsoft Office Communications Server 2007 R2 Enterprise Edition
  • Microsoft Lync Server 2010 Standard Edition
  • Microsoft Lync Server 2010 Enterprise Edition
  • Microsoft Lync Server 2013
キーワード:?
kbinfo kbmt KB897567 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:897567
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com