/ADPCM の PCM Wave ファイル間の相違点を説明します。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 89879
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

パルス符号変調 (PCM) とアダプティブ デルタ パルス コード変調(ADPCM) Microsoft 波形のサブクラス (。WAV) ファイル形式です。でPCM、データをします。WAV ファイルが格納された ADPCM を使用して線形のサンプルを使用してサンプル間のデルタ。

詳細

PCM、ADPCM はデジタルにアナログのオーディオ データを格納する方法をあります。形式は、Microsoft です。WAV ファイルです。その他のストレージ方法 (たとえば、Mu の法律、法律、トランス フォームのコーディング、CELP という) でサポートされていません。Windows サウンド システム 1.0 です。

PCM のしくみ

PCM 均等な間隔に分割されたサンプルすることで動作する (と呼ばれる、サンプリング レートの場合)。共通の間隔は、11 kHz、22 kHz、および 44 kHz です。は、高いサンプリング レートの表現を向上、元のアナログ ウェーブとサウンドの品質を向上します。各サンプルです。実数のフルスケール値 +1.0 から無限の解像度をフル ・ スケールの値の-1.0 をします。これらとして保存する必要がありますので有限精度デジタル数字のデータは切り捨てられます16 ビット PCM または 8 ビットの PCM、通常 8 ビットおよび 16 ビットのサンプルを呼び出します。16 ビットデジタル波形をより良い音のためデータは複数の解像度があります。8 ビットPCM 以下の解像度では、波形でヒスノイズが聞こえたの原因があります。それもディスク容量が必要です。

ADPCM のしくみ

ADPCM、通常は圧縮形式と呼ばれるが、効率的です。16 ビットまたは 8 ビット PCM より波形を格納する方法。4 ビットのみを使用します。4 分の 1 の 16 ビット PCM のディスク容量を取得サンプルごと、です。ただし、サウンドの品質は劣ります。システムのハードウェア、Windows のサウンドのため8/16 ビット PCM、だけを理解するコンピューターに圧縮する必要があり、/の CPU 時間を必要とする PCM から、ADPCM 圧縮を解除します。22 kHzモノラルの ADPCM リアルタイム圧縮を解除する (は、繰り返し再生) に、386 Sx 16 メガ ヘルツ CPU。高いサンプリング レート (44 kHz) またはステレオ ファイル386 sx/圧縮解除するには、スキップが 16 の長時間かかりますオーディオをします。11 kHz のモノラル ADPCM できますは圧縮されて上でリアルタイムに386 Sx/16 に含まれる ◇ADPCM を行うには、コンピューターのオーディオが必要圧縮マネージャー (インストールされている ACM)。

ADPCM 2 つの隣接する PCM サンプル間の差の値を格納します。データ削減できるようにするいくつかの前提条件になります。これらの原因前提条件、低周波数が適切に再現される、高が周波数歪みを取得する傾向があります。ディストーションで簡単に音が聞こえる11 kHz ADPCM ファイルしますが、高いと認識するがより困難になりますレート、サンプルしたピクセルを 44 kHz で認識することは事実上不可能ですADPCM ファイルです。

プロパティ

文書番号: 89879 - 最終更新日: 2011年7月21日 - リビジョン: 4.0
キーワード:?
kbmt KB89879 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:89879
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com