BizTalk Server を構成するときに、SQL Server のインスタンスの並列処理の設定

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 899000 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

概要

Microsoft BizTalk Server を構成するときに、BizTalk Server データベースを格納する Microsoft SQL Server のインスタンスの 並列処理 の設定が変更されます。 この現象は SQL Server のインスタンスが利用可能な複数のプロセッサを持つ場合に発生します。 BizTalk Server を構成すると、 並列処理の次数を最大値 の設定が、BizTalkMsgBoxDB データベースをホストする SQL Server のインスタンスで 1 に設定されます。

メモ 並列処理 の設定でも、SQL Server がマルチプロセッサ環境で使用するプロセッサの数は変わりません。 並列処理 の設定は、同じ時刻に実行できる、特定の Transact-SQL ステートメントをプロセッサの数だけ制御します。 並列処理 の設定が 1 つのプロセッサの使用に設定されて、SQL Server クエリ オプティマイザーは同時に複数のプロセッサで実行する特定の Transact-SQL ステートメントを許可する実行プランを作成されません。

詳細

BizTalk Server のデータベース クエリあり比較的小さく、すばやく実行できます。 したがって、BizTalk Server データベースのクエリは 1 つ以上のプロセッサを使用して指定する 並列処理 設定からも利点ありません。 1 つ以上のプロセッサを使用して指定する 並列処理 設定を変更 BizTalk Server データベースのクエリに悪影響を与える可能性があります。

メモ 並列処理 で、BizTalk Server のデータベースの家が 1 つだけプロセッサ、 利用可能なすべてのプロセッサを使用する SQL Server 2000 のインスタンスが選択します。 ここでは、 すべての利用可能なプロセッサを使用する はプロセッサの数として選択した 1 と共にと "n"のプロセッサを使用して に機能的に相当します。

SQL Server 2000 のインスタンスの 並列処理 の設定を表示、次の手順に従います。
  1. [スタート ] をクリックして、 プログラム ] をポイントし、 Microsoft SQL Server ] をポイントし、 Enterprise Manager を SQL Server Enterprise Manager を起動します。
  2. 対象サーバーを含むサーバー グループを展開します。
  3. ターゲット サーバーを右クリックし、 プロパティ を実行します。
  4. [ SQL Server のプロパティ のダイアログ] の [ プロセッサ ] タブにします。
SQL Server 2005 またはそれ以降のバージョンのインスタンスの 並列処理 の設定を表示、次の手順に従います。
  1. [スタート ] をクリックして、 プログラム をポイントし、 Microsoft SQL Server 200 x をポイントし、[ SQL Server の管理 Studio ] をクリックします。
  2. 希望する SQL Server のインスタンスに接続します。
  3. ターゲット サーバーを右クリックし、 プロパティ を実行します。
  4. 高度 をクリックします。 右側のウィンドウで の並列処理の次数を最大値 設定を確認します。
SQL Server のインスタンスに対して、次の Transact-SQL ステートメントを実行して SQL Server のインスタンスの 並列処理 の設定を表示することも。
USE master 
EXEC sp_configure 'max degree of parallelism'
値が 1 に設定されていない場合、SQL Server のインスタンスに対して次 Transact-SQL ステートメントの実行:
USE master 
EXEC sp_configure 'max degree of parallelism', '1' 
reconfigure with override
を SQL Server のインスタンスの 並列処理 の設定を示します。

SQL Server のインスタンスの 並列処理 設定を変更インスタンス上で実行されている他のデータベース アプリケーションに対する悪影響されますが、フレームワークの構成ウィザードを実行する前に、BizTalk Server データベースを格納する SQL Server のインスタンスを個別に作成する必要があります。

関連情報

BizTalk Server を構成するときに、並列処理の設定の最大度が変更された理由の詳細についてはをクリックして以下「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) 資料を参照。
912262自動更新の統計情報オプション]、自動統計] を作成し、BizTalk Server の BizTalkMsgBoxDB データベースをホストする SQL Server データベース インスタンスで、並列処理の設定が無効
並列処理 の詳細については、次のマイクロソフト開発者向けネットワーク (MSDN) を参照して SQL Server で設定、Web サイト。
http://msdn2.microsoft.com/en-us/library/aa196725(SQL.80).aspx
http://msdn.microsoft.com/en-us/library/ms181007.aspx

プロパティ

文書番号: 899000 - 最終更新日: 2009年5月24日 - リビジョン: 4.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft BizTalk Server 2009 Branch
  • Microsoft BizTalk Server 2009 Developer
  • Microsoft BizTalk Server 2009 Enterprise
  • Microsoft BizTalk Server 2009 Standard
  • Microsoft BizTalk Server 2006 R2 Branch
  • Microsoft BizTalk Server 2006 R2 Developer Edition
  • Microsoft BizTalk Server 2006 R2 Enterprise Edition
  • Microsoft BizTalk Server 2006 R2 Standard Edition
  • Microsoft BizTalk Server 2006 Standard Edition
  • Microsoft BizTalk Server 2006 Enterprise Edition
  • Microsoft BizTalk Server 2006 Developer Edition
  • Microsoft BizTalk Server 2004 Developer Edition
  • Microsoft BizTalk Server 2004 Enterprise Edition
  • Microsoft BizTalk Server 2004 Partner Edition
  • Microsoft BizTalk Server 2004 Standard Edition
キーワード:?
kbinfo kbbiztalk2004-2006swept kbmt KB899000 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:899000
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com