DTS および MOM 2005 レポートの問題のサイズを変更するデータベースのトラブルシューティング方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 899158
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

現象

MOM 2005 の Reporting Services を Microsoft オペレーション マネージャー (MOM) をインストールした後、1 つまたは複数、以下の現象が発生します。
  • MOM レポート空または不完全になります。
  • MOM レポート コンソールを使用して、いくつかのレポートを表示しようとすると、次のエラー メッセージを受け取ることがあります。
    このレポートに利用できるデータはありません。
  • 突然、OnePoint データベースのサイズを拡大します。1 つまたは複数の管理サーバーまたは MOM 構成グループ内のルール グループが変更されていない場合でも、データベースが大きくなります。OnePoint データベースが推奨される 30 ギガバイト (GB) 制限を超えるが長くなります。
  • 次のイベントがアプリケーション ログ、MOM レポート サーバー上でが表示されます。

    イベント ID 1001
    ソース: MOM。Datawarehousing.DTSPackageGenerator.exe
    説明: MOM DTS ジョブのレポートが正常に完了しませんでした。

    イベント ID: 81
    イベント ソース: DataTransformationServices
    説明: 次の DTS パッケージの実行に失敗しました。

イベント ID 1001 は、データ変換サービス (DTS) パッケージが失敗した理由の簡単な説明を提供します。イベント ID 81、エラーの原因に関する詳細を提供します。両方のイベントの説明、データベースに十分な空き領域があることを示します。いくつかの一般的なエラーの説明の例としては次のとおりです。
  • 'PRIMARY' ファイル グループがいっぱいなので 'SC_EventFact_Table' 'SystemCenterReporting' をデータベース内のオブジェクトを割り当てる領域がありません。
  • データベース 'SystemCenterReporting' のログ ファイルがいっぱいです。一部のログ領域を解放するのには、データベースのトランザクション ログをバックアップします。
  • オブジェクトに割り当てる領域がありません ' (テーブルのシステム id。-548802855)' でデータベース 'TEMPDB' の 'DEFAULT' ファイル グループがいっぱいなので。
「が正常に完了しませんでした MOM レポート作成 DTS ジョブ」のイベント ルール、アラートを生成することも可能性があります。このアラートは、レポート データが OnePoint データベースからレポート データベースにコピーするタスクが失敗したことを示します。

原因

DTS パッケージ レポート データが OnePoint データベースから MOM レポート サーバーのデータベースにコピーできない場合は、これらの現象を発生します。これはクリーンアップを停止するのには、OnePoint データベースが、DTS ジョブの実行が正常にまで拡張し続けます。
DTS パッケージは、次の条件に該当する場合に失敗します。
  • DTS パッケージは、MOM レポート サーバーのデータベースに大量のデータをコピーしようとします。
  • MOM レポート サーバーのデータベース コピーのタスクを完了する十分な空き領域がします。
  • SystemCenterDTSPackageTask タスク スケジュールされたタスクに自動的に実行しないように変更されました。
DTS パッケージを使用して、OnePoint データベースからデータをコピーしようとすると、MOM レポート サーバーのデータベースまたはログの空き領域を実行できます。MOM サーバーが大量のデータを収集した場合この現象が発生する可能性があります。たとえば、次の条件のいずれかに該当する場合この現象が発生します。
  • MOM サーバーは MOM レポート サービスをインストールする前に長期間実行されています。
  • 同時に、MOM サーバーのグループに多数のエージェントをインストールします。
  • イベントの数が多いまたは、大量のパフォーマンス データを生成する新しいルールを追加します。
  • あなたは多くの新しいルールを追加する管理パックをインストールしました。
  • Service Pack 1 (SP1)、MOM 2005 の Reorting のバージョンがアップグレードされていません。

解決方法

この問題を解決するには、SystemCenterReporting データベースと SystemCenterReporting ログのサイズを大ききます。これを行うには、MOM レポート サーバー上で以下の手順を実行します。
  1. クリックしてください。 開始、ポイント すべてのプログラム、ポイント Microsoft SQL Server、し Enterprise Manager.
  2. 展開、 Microsoft SQL サーバー\SQL Server グループ\SQL インスタンス\データベース コンテナーです。

    メモ SQL インスタンス MOM レポート サーバーのデータベースが含まれている名前付きのインスタンスです。
  3. 右クリックします。 SystemCenterReporting、し プロパティ.
  4. で、 データ ファイル タブをクリックして、 割り当てられた領域 (MB) 値し、大きなファイル サイズを入力します。
  5. で、 トランザクション ・ ログ タブをクリックして、 割り当てられた領域 (MB) 値し、大きなファイル サイズを入力します。
  6. クリックしてください。 [OK] 変更を適用します。
  7. Tempdb のディスク領域が実行されていないことを確認してください。Tempdb は、すべての一時テーブルと一時ストアド プロシージャを保持します。自動的に Tempdb を大きくし、データ エンジンの処理を実行するように減少します。Tempdb の領域が不足実行、SQLERROR ログにエラー表示されます。データ ファイルとトランザクション ・ ログを設定できます。 ファイルの自動拡張します。、または Enterprise Manager または Transact SQL を手動でを使用して、ファイルを展開することができます。
    Tempdb に格納されているハード ディスク ドライブに十分な物理ディスク領域であることを確認します。必要に応じてより大きなハード ディスク ドライブに Tempdb を移動します。
SystemCenterReporting データベースおよび SystemCenterReporting ログ、または DTS ジョブを手動で再実行 Tempdb のサイズを大きくとします。ここでデータ OnePoint データベースから SystemCenterReporting データベースにコピーします。DTS ジョブを手動で実行するには、次の手順を実行します。

SystemCenterDTSPackageTask タスクにスケジュールされたタスクを自動的に実行される予定になることを確認します。その場合は、次の手順を参照してください。
  1. Windows エクスプ ローラーを使用して、検索するのには MOM レポートのドライブ: \Program Files\Microsoft システム センター Reporting\Reporting フォルダー。
  2. MOM をダブルクリックします。Datawarehouse.DTSPackageGenerator.exe ファイルです。
メモ コントロール パネルのスケジュールされたタスクで、手動でスケジュールされた SystemCenterDTSPackageTask タスクを実行できます。

詳細

/Latency スイッチまたは/chunksize スイッチを使用してデータの移動量が少なくなります。

大量のデータを同時に移動する場合、データを小さなパケットに移動することをお勧めします。これは、タイムアウトに SQL Server を避けることができます。これは SQL Server を実行しているコンピューター上の多すぎるに配置も回避できます。

/Latency スイッチ

MOM。Datawarehouse.DTSPackageGenerator.exe ファイルは、SystemCenterReporting データベースに転送するのには、データの経過時間を指定することができます、遅延パラメーターをサポートします。SystemCenterReporting データベースにデータがコピーされるを確認するには、遅延時間パラメーターを使用できます。遅延時間パラメーターは、次の構文を使用します。
MOM。Datawarehousing.DTSPackageGenerator.exe/latency。 日数
も、3 つまたは 4 日間、DTS ジョブが失敗した場合、待機時間のパラメーターを使用することをお勧めします。

実行最後に、DTS ジョブが正常にされたときに表示するのには、ReportingSettings、OnePoint データベース内のテーブル、TimeDTSLastRan の値を確認します。これは、世界協定時刻 (グリニッジ標準時) が表示されます。

この例では、DTS ジョブは 30 日以内に実行されていません。したがって、遅延スイッチを 20 の値を使用できますが、ジョブは、MOM レポート データベースに 20 日を経過したすべてのデータを移行します。ジョブの実行が次に 10 日間よりも古いものを移行するのには、値 of10 を指定します。削除するジョブの実行を最後に、 /latency MOM から切り替えてください。残りのデータを移行するのには Datawarehousing.DTSPackageGenerator.exe。これにより、データ システムを圧倒することがなく移動できます。

メモ 次の使用例では、OnePoint データベースに 30 日間のデータがあることを前提としています。
  1. 管理者権限を持つアカウントを使用して、MOM レポート サーバーにログオンします。
  2. クリックしてください。 開始をクリックして 実行、タイプ cmd、し [OK].
  3. コマンド プロンプトで、SystemCenterDTSPackageTask、種類のコマンド ライン パラメーターをコピーします。 /latency:20、し、キーを押します。 入力してください。.

    この例では 20 日、「20」を表します。
  4. 短い潜在期間を使用して、手順 3 を繰り返します。
  5. 削除、 /latency 前回のジョブの実行を切り替えます。既定の待機時間は 5 分です。この時点では、5 分以上経過したデータをすべて移動されます。
メモ すべてのデータをレポート サーバーに移動すると、スケジュールされたジョブの待ち時間パラメーターを削除してください。

/Chunksize スイッチ

DTS ジョブをコマンドラインから実行するとサイズのパラメーターは、新しい MOM 2005 SP1 での追加されました。
  • /chunksize: サイズのチャンクに日。大量のデータのチャンク ・ サイズ単位で転送されます。これは、限られたログ領域に大量のデータを転送をできます。値を 0 (ゼロ) を指定すると、このデータはチャンクされません。(デフォルト = 1 日)。
  • /maxchunks: チャン ク処理機能が有効になっているときに作成する単位の最大数。(既定のチャンクの 10 =)。

DTS ジョブがまだエラーが発生し、タイムアウト エラーが表示されます。

DTS ジョブ可能性がありますが失敗し、コピーされるデータの量が非常に大きい場合、タイムアウト エラーを生成します。

イベント 1001年、81 のイベントは、コマンドの出力を持つ DTS の説明テキストを /サイレント スイッチを削除するのには、次のようなエラー メッセージが含まれます。
タイムアウトが発生しました。
操作が完了前にタイムアウト期間が過ぎたか、サーバーが応答しません。
実行をリソースが限界に達したために、プロバイダーによって終了しました
これは、エラーについては、データベースまたはトランザクション ログが一杯になった場合、対応するイベントの 81 の詳細を示していない場合は、接続の問題またはネットワークの問題のために最も可能性が高いです。したがって、次の方法のいずれかを使用します。
  • DTS ジョブを再実行します。
  • DTS ジョブが失敗した場合は、クエリのタイムアウト値を変更します。

リモート クエリのタイムアウトを 600 〜 1200年秒以上の既定値を増やすことができます。 またはリモート クエリ タイムアウト 0 (無制限)、ジョブが完了するかどうかを参照してくださいに設定することも可能です。リモート クエリのタイムアウトを変更するには、次の手順を実行します。

メモ SQL は、レポート データベースをホストするサーバーと SQL、OnePoint データベースをホストするサーバーの両方でリモート クエリのタイムアウト値を変更する必要があります。
  1. 開くときに Enterprise Manager、SQL Server のレポート データベースを右クリックし、をクリックして プロパティ、[接続] タブします。
  2. SQL Server のプロパティ] ページをクリックして、 接続 タブします。
  3. リモート サーバー接続] の [を入力します。 1200 で、 クエリのタイムアウト値 ボックス。
  4. SQL Server の OnePoint データベースに手順 1 〜 3 を繰り返します。
  5. DTS ジョブを開始します。
    メモ
    • DTS ジョブがタイムアウトになった場合は、手順 1 〜 6 を繰り返します。ただし、エントリには、手順 3 に 2400、増加 3600、または 0。
    • 問題が解決したら、600 または値が後続のジョブを正常に実行する必要なクエリのタイムアウト値をリセットします。
イベント ID 1001 は、次のような情報が含まれます。
Step StepInvokeInnerPackage failed. Step Error Source: Microsoft OLE DB Provider for SQL Server Step Error Description: (1:SC_Inner_DTS_Package) SubStep 'DTSStep_ExecuteSQLTask_SC_SampledNumericDataFact_View_1_Insert' failed with the following error: OLE DB provider 'SQLOLEDB' reported an error. Execution terminated by the provider because a resource limit was reached. (Microsoft OLE DB Provider for SQL Server (80040e14): OLE DB error trace [OLE/DB Provider 'SQLOLEDB' ICommandText::Execute returned 0x80040e31: Execution terminated by the provider because a resource limit was reached.].) (Microsoft OLE DB Provider for SQL Server (80040e14): [OLE/DB provider returned message: Timeout expired]) Execution was canceled by user. Step Error Code: -2147220441 Step Error Help File: Step Error Help Context ID:0

その他のトラブルシューティング情報

  • SQL は、DTS パッケージが実行されているサーバー上のアプリケーションおよびシステム ログを確認してください。
  • SQL、DTS パッケージが実行されているサーバー上の SQL Server のログを確認してください。
  • OnePoint と SystemCenterReporting データベースを単純復旧モードに設定されているかどうかを確認します。これは、データベースのプロパティで構成されています。 オプション タブします。
  • 直接プログラムから出力されるエラー情報を取得するには、コマンド プロンプトに、スケジュールされたタスクから DTS コマンドラインをコピーします。

    たとえば、C:\Program ただしシステム センター Reporting\Reporting > MOM。/Silent の Datawarehousing.DTSPackageGenerator.exe/srcserver:servername/srcdb:OnePoint/dwserver:servername/dwdb:SystemCenterReporting/product:"Microsoft Operations Manager"

    /Silent 削除を切り替えます。コマンド プロンプトからコマンドを実行します。ジョブが失敗した場合は、エラー情報は画面の出力になります。これは、将来の参照用のテキスト ファイルにコピーできます。
    DTS ジョブが成功した出力は表示されず、コマンド プロンプトが表示されます。

    ディスク領域が使用できる場合

    SystemCenterReporting データベースが物理ハード ディスク ドライブの容量の上限に達した場合より多くのディスク領域を追加する必要がありますか、データベースのクリーンアップ間隔より積極的に行うように再構成する必要があります。既定では、SystemCenterReporting データベース内のデータを保持する期間は 395 日です。MOM 2005 レポート コンポーネントをインストールすると、ストアド プロシージャ p_updategroomdays は、SystemCenterReporting データベースに作成されます。このストアド プロシージャを使用すると SystemCenterReporting データベース内のデータを保持する日数を設定するのにことができます。 クリーンアップの間隔を変更する方法の詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
    887016Microsoft オペレーション マネージャー 2005 年の SystemCenterReporting データベース内のデータを保持する日数を変更する方法
詳細については、マイクロソフト サポート技術記事を表示するのには、次の資料番号をクリックしてください。
873235トランザクション ログが突然拡張から SQL Server のデータベースを停止する方法
317375 トランザクション ログが突然拡張または SQL Server を実行しているコンピューターでいっぱいになります。

プロパティ

文書番号: 899158 - 最終更新日: 2011年8月3日 - リビジョン: 11.0
キーワード:?
kberrmsg kbtshoot kbdatabase kbevent kbopmanalerts kbopmaneventmgmt kbopmanreporting kbmt KB899158 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:899158
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com