共有データベースに Outlook with Business Contact Manager の更新プログラムのトラブルシューティングを行う方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 901164 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

Business Contact Manager の更新プログラムの Microsoft Office Outlook 2003年で共有データベースを構成するのには、次の情報を掲載しています。
  • Business Contact Manager のベスト ・ プラクティスの共有
  • Business Contact Manager の構成を共有する
さらに、この資料に発生する可能性があります共有の問題を解決するため、次の手順について説明します。
  • Business Contact Manager のクライアント間の接続を確認し、Business Contact Manager のサーバーです。
  • マイクロソフトのファイアウォールの間の接続を確認します。Business Contact Manager のデータベース。
  • リモート インスタンスの Business Contact Manager の間の接続を確認します。Business Contact Manager のデータベース。
  • Microsoft Small Business Server のデータベース インスタンスをリモート コンピューターに TCP/IP ネットワーク プロトコルを有効になっていることを確認します。

はじめに

Microsoft Office Outlook 2003 の Business Contact Manager の更新になりましたローカル エリア ネットワーク (LAN) の共有データベース構成。新しいビジネスを使用することができます。共有ウィザードを連絡先マネージャーは、共有データベースを構成します。この資料では、共有データベースを構成するのには、ベスト ・ プラクティスについて説明します。さらに、この記事は、後で使用できるトラブルシューティング方法について説明を実行Business Contact Manager の共有ウィザードでは。

メモ Business Contact Manager のを正常に実行したトラブルシューティングの方法と仮定します。ウィザードを共有します。

これ資料は、次の用語を使用します。
  • Business Contact Manager のサーバー コンピューターです。共有データベースをホストします。
  • Business Contact Manager のクライアント コンピューターがある、共有データベースに接続しているコンピューターです。
  • 共有のユーザーは、ビジネスへのアクセスを持っているユーザーです。Business Contact Manager のサーバー上の用連絡先マネージャー データベース。
  • ログオンしているユーザーがログオンしているユーザー アカウントです。Business Contact Manager のクライアント。

詳細

Business Contact Manager の更新データベースのベスト ・ プラクティスの共有

LAN 経由でデータベースを共有します。

Business Contact Manager のアップデートでは、データベースに構成されていますドメインまたはワークグループ環境では、LAN 上で共有します。Business Contact Manager の更新のデータベースで、次のシナリオを共有しないように最適です。
  • 上では Business Contact Manager のデータベースへの接続します。インターネット。

    Business Contact Manager のデータベースを共有することができます。インターネットの 2 つのクライアント間では。このシナリオでは、ない十分なコントロールどのポートすることは。
  • Business Contact Manager のデータベースに接続します。ワイド エリア ネットワーク (WAN) です。

    コンピューターを使用して、ビジネスの連絡先に接続することができます。特に、統合に、2 台のコンピューターに存在する場合は、WAN 上でのマネージャー企業内の環境です。しかし、多くのネットワーク管理者を閉じることがありますかMicrosoft SQL Server デスクトップ データベースで必要なポートを制限します。
  • Business Contact Manager のデータベースへの接続を使用してダイヤルアップ接続または仮想プライベート ネットワーク (VPN) 接続します。

    接続するのにはBusiness Contact Manager のサーバーを使用して、ダイヤルアップ接続または VPN 接続を使用しています。ただし、パフォーマンスが満足できる可能性があります。マイクロソフトでは、ダイヤルアップ接続または VPN 接続を使用して、Business Contact Manager のデータベースにユーザーを接続する構成テストいません。そのためにはこの構成は勧めしません。

同じドメインまたはワークグループを使用します。

Windows ベースのコンピューターがワークグループに属することができます。または、Windows ドメインにします。ただし、ことをお勧めでお客様の環境を構成するように、ビジネスマネージャー サーバー、Business Contact Manager のクライアント、およびユーザーすべてにお問い合わせください。同じワークグループまたは同じであります。ドメイン。

詳細について、マイクロソフト サポート技術記事を表示するには、次の資料番号をクリックしてください。
101957ドメイン、ドメイン コント ローラーおよびワークステーション
295017 コンピューター名を変更、ドメインに参加し、Windows xp または Windows Server 2003 でコンピューターの説明を追加する方法

各ワークステーションでの新しいアカウントを使用します。

多くのユーザーは、ワークグループ内の管理者を使用している場合個々 のコンピューターにログオンするアカウントこれらユーザーは、同じパスワードを使用して、Business Contact Manager のデータベースを共有します。この現象を発生可能性があります。セキュリティ上の問題。セキュリティ上の問題を防ぐために、作成します。クリックし、ローカルのメンバーである各ワークステーションでの新しいアカウントを使用します。管理者のグループ。

クライアント コンピューター上のユーザー名が変更されている場合は、サーバー上のアカウントは、元のアカウントする必要があります。変更したユーザーの名前グラフィカルなツールで、実際には、ログオンには影響しません。

Business Contact Manager の構成を共有する

を次の表は、使用できるコンピューターとユーザーの構成を説明します。データを Business Contact Manager を共有します。

サポートされている構成

元に戻す全体を表示する
Business Contact Manager のクライアントログオンした上userBusiness Contact Manager のサーバー共有ユーザー
クライアントは、ドメインのメンバーであります。ユーザー、Business Contact Manager のクライアントに共有の権限を持つドメイン ユーザーとしてログオンしています。サーバーがドメインのメンバーであります。 共有ユーザー Business Contact Manager クライアントでドメインにログオンしているドメインのユーザーと同じユーザー権利を持っています。
クライアントがワークグループの一部であります。ユーザーがログオンしています。Business Contact Manager のクライアントにローカル ユーザーとしてサーバーします。ワークグループのメンバー共有のユーザーがローカル ドメイン以外のユーザーは

サポートされていない構成

元に戻す全体を表示する
Business Contact Manager のクライアントログオン ユーザーBusiness Contact Manager のサーバー共有ユーザー
クライアントがワークグループのメンバーであります。ユーザー、Business Contact Manager のクライアントに、ローカル ユーザーとしてログオンしています。サーバーします。ドメインのメンバー共有のユーザーがローカル ドメイン以外のユーザーは
クライアントは、ドメインのメンバーであります。ユーザー、Business Contact Manager のクライアントに、ドメイン ユーザーとしてログオンしています。サーバーします。ワークグループのメンバー共有のユーザーがローカル ドメイン以外のユーザーは
クライアントは、ドメインのメンバーであります。ユーザー、Business Contact Manager のクライアントに、ローカル ユーザーとしてログオンしています。サーバーします。ドメインのメンバー共有のユーザーのドメインのユーザー、またはローカル ドメイン外のユーザーであります。
メモ は使用して、同じ認証情報は、共有データベースにアクセスするのには、コンピューターにログオンします。使用する資格情報へのアクセスは、メールボックス、Business Contact Manager のサーバーに送信されません。

共有の問題をトラブルシューティングする方法

するには問題をトラブルシューティングします。発生可能性がある Business Contact Manager のデータベースで共有するを実行します。次の手順記載されている順番です。
  • Business Contact Manager クライアント、Business Contact Manager のサーバーに接続しているということを確認します。これを行うには、次の手順を実行します。
    1. クリックしてください。 スタート[ Exchange Server 2010 SP1 をインストールした後 Outlook クライアント アプリケーションがパブリック フォルダーに接続できない] cmdプロパティ ].
    2. コマンド プロンプトに入力します。 ping サーバー名.

      このコマンドで、 サーバー名 NetBIOS 名または完全修飾のです。Business Contact Manager のサーバーのドメイン名 (FQDN)。
    場合は、Business Contact ManagerBusiness Contact Manager のサーバーにクライアントが接続を確認します。pingコマンドを実行した後の次の結果:
    C:\>ping myserver
    
    Pinging myserver.contoso.com [10.0.0.1] with 32 bytes of data:
    
    Reply from 10.0.0.1: bytes=32 time<1ms TTL=128
    Reply from 10.0.0.1: bytes=32 time<1ms TTL=128
    Reply from 10.0.0.1: bytes=32 time<1ms TTL=128
    Reply from 10.0.0.1: bytes=32 time<1ms TTL=128
    
    Ping statistics for 10.0.0.1:
        Packets: Sent = 4, Received = 4, Lost = 0 (0% loss),
    Approximate round trip times in milli-seconds:
        Minimum = 0ms, Maximum = 0ms, Average = 0ms
    
    場合Business Contact Manager のクライアントは、ビジネスの連絡先に接続されていません。マネージャーのサーバーにpingコマンドを実行した後、次の結果参照してください。
    • C:\>ping myserver.contoso.com
      Ping request could not find host myserver_name.contoso.com. Please check the name and
      try again.
      
    • C:\>ping myserver 
      
      Pinging Myserver with 32 bytes of data:
      
      Request timed out.
      Request timed out.
      Request timed out.
      Request timed out.
      
      Ping statistics for 123.0.0.2:
          Packets: Sent = 4, Received = 0, Lost = 4 (100% loss),
      
    場合は、することはできません。NetBIOS 名または、サーバーの FQDN を Business Contact Manager のpingコマンドを実行すると、サーバーを検索してください使用するのにはpingコマンドIP アドレスサーバー。たとえば、実行した後、次の結果を表示します。 ping サーバーの IP アドレス コマンド:
    C:\>ping 10.0.0.1
    
    Pinging myserver.contoso.com [10.0.0.1] with 32 bytes of data:
    
    Reply from 10.0.0.1: bytes=32 time<1ms TTL=128
    Reply from 10.0.0.1: bytes=32 time<1ms TTL=128
    Reply from 10.0.0.1: bytes=32 time<1ms TTL=128
    Reply from 10.0.0.1: bytes=32 time<1ms TTL=128
    
    Ping statistics for 10.0.0.1:
        Packets: Sent = 4, Received = 4, Lost = 0 (0% loss),
    Approximate round trip times in milli-seconds:
        Minimum = 0ms, Maximum = 0ms, Average = 0ms
    
    メモ サーバーを確認できない場合IP アドレスまたは NetBIOS 名を次の手順を実行します。
    1. クリックしてください。 スタート[ Exchange Server 2010 SP1 をインストールした後 Outlook クライアント アプリケーションがパブリック フォルダーに接続できない] cmdプロパティ ].
    2. コマンド プロンプトに入力します。 ipconfig/all、し、ENTER キーを押します。次を参照してください。情報:
      C:\>ipconfig /all
      
      Windows IP Configuration
      
         Host Name . . . . . . . . . . . . : mymachine
         Primary Dns Suffix  . . . . . . . : Contoso.com
         Node Type . . . . . . . . . . . . : Mixed
         IP Routing Enabled. . . . . . . . : No
         WINS Proxy Enabled. . . . . . . . : No
         DNS Suffix Search List. . . . . . : Contoso.com
      
      Ethernet adapter Local Area Connection:
      
         Description . . . . . . . . . . . : Intel(R) PRO/1000 MT Network Connection
         Physical Address. . . . . . . . . : 00-08-74-16-20-91
         DHCP Enabled. . . . . . . . . . . : Yes
         Autoconfiguration Enabled . . . . : Yes
         IP Address. . . . . . . . . . . . : 169.0.0.126
         Subnet Mask . . . . . . . . . . . : 255.255.252.0
      
    あなたです。名前の解決が発生しています。場合は、次の条件に該当する問題:
    • 正常にすることができます。pingコマンドを実行すると、サーバーが見つかりませんIP アドレスサーバー。
    • することはできません。実行すると、サーバーを検索します。pingコマンドNetBIOS 名またはサーバーの FQDN とします。
    接続を Business Contact Manager のこの問題を回避するのには、Business Contact Manager のサーバーの代わりに IP アドレスを使用して、コンピューターの名前です。

    場合は正常にすることはできません。pingコマンドを実行すると、サーバーに接続します。どちらかとIP アドレスまたは NetBIOS 名は、あなたです。発生しています。ネットワークの問題。共有する前に、この問題を解決する必要があります、Business Contact Manager のデータベースです。

    詳細については情報の資料を参照する次の資料番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報:
    314067Windows xp の TCP/IP 接続のトラブルシューティングを行う方法
  • マイクロソフトのファイアウォールと、Business Contact Manager データベース間の接続を確認します。

    Business Contact Manager の存在を検出すると、Microsoft Windows XP Service Pack 2 (SP2) のファイアウォールは、2 つの例外を作成します。1 つの例外は、ファイルとプリンターの共有です。その他の例外についてです。Microsoft 小規模ビジネスのサーバーです。ただし、例外が作成されていない場合は、ただし、こと[Business Contact Manager のする場合、次のエラー メッセージが表示されるクライアントBusiness Contact Manager のサーバーへの接続を試みます。
    データベース ・ サーバのコンピューター <Computer_Name>アクセスできなくします。ビジネス用連絡先マネージャーのリモート マシンを持っていることの確認します。Outlook がインストールされて、実行されていること、および共有データベースの可用性を確保します。その場所には。リモート コンピューター上のファイアウォールの設定も可能性があります。アクセスをブロックします。リモートの管理者にお問い合わせマシンします</Computer_Name>。
    ある場合、このエラー メッセージが表示されることもことがありますがサードパーティ製のファイアウォールを Business Contact Managerサーバーです。

    この問題を解決するのには、次の手順を実行します。
    1. クリックしてください。 スタート[ Exchange Server 2010 SP1 をインストールした後 Outlook クライアント アプリケーションがパブリック フォルダーに接続できない] wscui.cpl 続いて と入力して [ ].
    2. クリックしてください。 Windows ファイアウォール.
    3. で、 例外 タブをクリックしてください Microsoft 小規模ビジネスプロパティ 編集.
    4. TCP ポート番号 56183 であることを確認します。
    場合は、Business Contact Manager のクライアントとビジネス用連絡先マネージャーのサーバーが同じ TCP/IP ネットワークの既定の設定例外を保持することができます。たとえば、Business Contact Manager のクライアントと、Business Contact Manager のサーバー、小規模の場合例外の既定の設定を保持することができます。ワークグループ。

    場合は、ビジネス用連絡先マネージャーのクライアントと、Business Contact Manager のサーバーの別のものサブネットのスコープを変更する必要があります。確認するのには、Business Contact Manager のクライアントと、Business Contact Managerサーバー別のサブネット上にある、次の手順を実行します。
    1. クリックしてください。 スタート[ Exchange Server 2010 SP1 をインストールした後 Outlook クライアント アプリケーションがパブリック フォルダーに接続できない] wscui.cpl,プロパティ ].
    2. Windows ファイアウォールをクリックします。
    3. で、 例外 タブを選択します Microsoft 小規模ビジネスプロパティ 編集.
    4. クリックしてください。 [スコープの変更、し、範囲を変更 すべてコンピューター.
    スコープは、ビジネスを変更することができる場合は、用連絡先マネージャーのクライアントと、Business Contact Manager のサーバーの別のものサブネットです。そのためには、スコープの既定の設定をリセットする必要があります。次に、作成する必要があります、ユーザー設定のリストファイアウォールの設定を制限し、使用するクライアントにのみ許可するにはBusiness Contact Manager のサーバーにアクセスします。

    詳細についてを表示するのには、以下の資料番号をクリックしてください。記事では、マイクロソフト サポート技術情報:
    875357Windows XP Service Pack 2 の Windows ファイアウォールの設定のトラブルシューティング
    164015 理解する TCP/IP アドレス指定と基礎のサブネット化
  • Business Contact Manager クライアントが確立できることを確認します。間の Business Contact Manager のリモート インスタンスに接続し、Business Contact Manager のデータベースです。

    これを行うには、次の手順を実行します。
    1. Business Contact Manager のクライアントをクリックしてください。 スタート[ Exchange Server 2010 SP1 をインストールした後 Outlook クライアント アプリケーションがパブリック フォルダーに接続できない] cmdプロパティ ].
    2. コマンド プロンプトに入力します。 C:\>osql - E-S コンピューター名\microsoftsmlbiz,56183、し、ENTER キーを押します。

      メモ このコマンドで、 コンピューター名IP アドレスまたは、Business Contact Manager のサーバーの NetBIOS 名です。
    このコマンドを実行すると、クライアントは、接続しようとする、リモート インスタンスを使用して、OSQL ユーティリティを使用しています。場合クライアントのリモート インスタンスへの接続を確立することができます。Business Contact Manager のOSQLコマンド プロンプト表示されます。は、OSQL コマンド プロンプトで示すが「1 >"。OSQL の外観コマンド プロンプトを示しますネットワーク接続とは、あることデータベースが共有されています。をたとえば、クライアントのリモート インスタンスへの接続を確立することができる場合Business Contact Manager は、次のテキストが表示されます。
    C:\>osql -E -S computer_name\microsoftsmlbiz,56183
    1>
    
    場合は、クライアントのビジネス用連絡先のリモート インスタンスへの接続を確立できません。マネージャーは、次のエラー メッセージが表示されます。
    C:\>osql -E -S computer_name\microsoftsmlbiz,56183
    [DBNETLIB]SQL Server does not exist or access denied.
    [DBNETLIB]ConnectionOpen (Connect()).
    
    このエラー メッセージは、次の可能性のある問題をことがあります。
    • マイクロソフトのファイアウォール、または、サードパーティ製のファイアウォールは、SQL server へのアクセスをブロックされています。
    • データベースがなかった。サーバーへのアクセスを試行しているユーザーに共有します。
    • Business Contact Manager のクライアントとビジネス用連絡先マネージャー サーバーは、異なるワークグループまたは別のドメインです。詳細についてを参照してください、「Business Contact Manager 構成を共有」セクション内のテーブル。
    • 2 台のコンピューターがネットワークで通信できません。レベルです。
    重要使用する、資格情報データベースへのアクセスに注意してください。は、使用される同一の資格情報コンピューターにログオンします。そのため、OSQL ユーティリティを実行していることを確認します。Business Contact Manager のデータベースへのアクセスを割り当てられているユーザーサーバーです。
  • TCP/IP ネットワーク プロトコルを使って実行されていることを確認してください。Microsoft Small Business Server を有効にリモート コンピューター上のデータベース インスタンスです。

    これを行うには、次の手順、Business Contact Manager を実行します。サーバー:
    1. クリックしてください。 スタート[ Exchange Server 2010 SP1 をインストールした後 Outlook クライアント アプリケーションがパブリック フォルダーに接続できない] svrnetcn.exe,プロパティ ].
    2. で、 SQL ネットワーク ユーティリティ ウィンドウで選択しますが Business Contact Manager インスタンスを このサーバー上のインスタンス {1} 秒。 ボックスです。
    3. で、 サーバー ネットワーク ユーティリティ ウィンドウ確認します。 名前付きパイプTCP/IP 有効になっている、 [有効なプロトコル ボックスです。
    4. で、 [有効なプロトコル ボックスで、クリックしてください。 TCP/IPプロパティ プロパティ.
    5. TCP ポート番号 56183 であることを確認します。
    6. 停止し、SQL サービスを再起動します。
  • Business Contact Manager のリモート ユーザーが空のパスワードがないことを確認します。

    空のパスワードを Business Contact Manager のデータベース アクセスを許可するユーザーを付けないでください。空白のパスワードを持つユーザーにアクセスを許可しようとすると、ユーザーは、リモート ・ データベースに接続しようとすると、リモート ユーザー、次のメッセージが表示されます。
    リモート コンピューターに接続しようとすると、ユーザー名> はデータベースに格納されている場合は、次の理由のためを完了できませんでした: BCM 許可されていないリモート コンピューターへのアクセスユーザー名>.使用するデータベースの所有者、データベースとデータベース コンピューターへのアクセスを許可いません。データベースの所有者からアクセス権を要求します。BCM を使用して、パスワードがコンピューターへのログオンユーザー名> をローカル コンピューターにログオン パスワード BCM 使用と異なるローカル コンピューターのユーザー名>、作業中のコンピューター上の共有データベースにアクセスするのにはユーザー名> コンピューターからローカルのユーザー名> は、リモート コンピューター上のパスワードをローカル コンピューター上のパスワードと一致しなければなりません。
  • MSSQL$ MICROSOFTSML のインスタンスがポート 56183 でリッスンしていることを確認します。

    これを行うには、 NETSTAT-ANコマンドを使用して次のエントリのようなエントリを探します。
    0.0.0.0:56183 0.0.0.0:0 TCP をリッスン
    MSSQL$ MICROSOFTSML インスタンスの適切なポートを初期化して ことを確認するのには、SQL Server のエラー ログ ファイルを表示します。このファイルは、次の場所にあります。
    C:\Program 名 SQL あれば$ MICROSOFTSMLBIZ\LOG
    このファイルは、次のエントリのようなエントリが必要です。
    2007 年 01 月 17 日 01:08:58.40 サーバー SQL サーバー 10.0.0.0 上のリッスン: 56183 サーバの IP: ポート
    MSSQL$ MICROSOFTSML のインスタンスは、ポートをリッスンするように決定するのには、次のレジストリ キーを表示します。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Microsoft SQL Server\MICROSOFTSMLBIZ\MSSQLServer\SuperSocketNetLib\Tcp Reg

    SZ TcpPort。
    値: 56183
    インスタンスは、56183 でリッスンするように構成する必要があります。

プロパティ

文書番号: 901164 - 最終更新日: 2013年6月28日 - リビジョン: 1.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Office Outlook 2003 with Business Contact Manager
キーワード:?
kbtshoot kbinfo kbmt KB901164 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:901164
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com