Windowsupdate.log ファイルの解釈

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 902093 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

既定では、Windows Update クライアントは、すべてのトランザクション情報を以下のログ ファイルに記録します。
%windir%\Windowsupdate.log
エラー メッセージが Microsoft Windows Update Web サイトまたは自動更新サービスで表示された場合、Windowsupdate.log ログ ファイルに含まれる情報を使用して、問題のトラブルシューティングを行うことができます。

はじめに

この資料では、Windowsupdate.log ファイルの解釈について説明します。ログ ファイルを表示するには、次の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。
  2. [名前] ボックスに「windowsupdate.log」と入力し、[OK] をクリックします。

詳細

重要: このセクション、方法、またはタスクには、レジストリの変更方法が記載されています。レジストリを誤って変更すると、深刻な問題が発生することがあります。レジストリを変更する際には十分に注意してください。万一に備えて、編集の前にレジストリをバックアップしてください。問題が発生した場合でも、レジストリを復元できます。レジストリのバックアップ方法および復元方法の詳細を参照するには、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
322756 Windows XP でレジストリをバックアップおよび復元する方法

形式

次の表に、基本的な形式の一覧を示します。
元に戻す全体を表示する
日付時刻PIDTIDコンポーネントテキスト
2005-06-0118:30:03992810Misc= Logging initialized
2005-06-0118:30:03992810Misc= Process:
2005-06-0118:30:03992810Misc= Module:

コンポーネント

Windowsupdate.log ファイルに書き込み可能なコンポーネントには、以下のものがあります。
  • AGENT - Windows Update エージェント
  • AU - 自動更新によって実行されるタスク
  • AUCLNT - AU によるログオン ユーザーとの対話処理
  • CDM - デバイス マネージャー
  • CMPRESS - 圧縮エージェント
  • COMAPI - Windows Update API
  • DRIVER - デバイス ドライバー情報
  • DTASTOR - データベース トランザクションの処理
  • DWNLDMGR - ダウンロード ジョブの作成および監視
  • EEHNDLER - 更新プログラムが適用可能かどうかの評価に使用される例外ハンドラー
  • HANDLER - 更新プログラムのインストーラーの管理
  • MISC - 全般的なサービス情報
  • OFFLSNC - ネットワークに接続されていないときに利用可能な更新プログラムを検出するコンポーネント
  • PARSER - 式の情報の解析
  • PT - 更新プログラム情報をローカルのデータストアに同期するコンポーネント
  • REPORT - レポート情報の収集
  • SERVICE - 自動更新サービスの起動およびシャットダウン
  • SETUP - Windows Update クライアントの新しいバージョンが利用可能な場合に、Windows Update クライアントの新しいバージョンをインストールするコンポーネント
  • SHUTDWN - シャットダウン時にインストールを行う機能
  • WUREDIR - Windows Update リダイレクター ファイル
  • WUWEB - Windows Update ActiveX コントロール

呼び出し元を特定する方法

発生している問題の呼び出し元を正しく特定します。たとえば、Windows Update Web サイトにアクセスしているときにエラーが発生する場合、callerID "Windowsupdate" を見つけます。

例 1

このログ ファイルでは、以下の 3 つの呼び出し元が区別されます。
2005-06-01	18:30:33	 992	58c	Agent	************* 2005-06-01	18:30:33	 992	58c	Agent	** START **  Agent: Finding updates [CallerId = WindowsUpdate] 2005-06-01	18:30:33	 992	58c	Agent	*********

例 2

2005-06-22	13:02:11	1000	594	Agent	************* 2005-06-22	13:02:11	1000	594	Agent	** START **  Agent: Finding updates [CallerId = MicrosoftUpdate] 2005-06-22	13:02:11	1000	594	Agent	*********

例 3

2005-06-02	11:37:18	 992	4e8	Agent	************* 2005-06-02	11:37:18	 992	4e8	Agent	** START **  Agent: Finding updates [CallerId = AutomaticUpdates] 2005-06-02	11:37:18	 992	4e8	Agent	*********

全般的な構成設定

Windowsupdate.log ログ ファイルには、自動更新サービスの起動時に全般的なサービスの設定が記録されます。最初のセクションには、以下の情報が記録されます。
  • クライアントのバージョン
  • 使用中のディレクトリ
  • アクセスの種類
  • 既定のプロキシ
  • 現在のネットワークの状態
: Proxycfg.exe ユーティリティを使用してプロキシが構成されている場合のみ、Windowsupdate.log ログ ファイルの一覧にそのプロキシが表示されます。
2005-06-01	18:30:03	 992	810	Service	************* 2005-06-01	18:30:03	 992	810	Service	** START **  Service: Service startup 2005-06-01	18:30:03	 992	810	Service	********* 2005-06-01	18:30:03	 992	810	Agent	  * WU client version 5.8.0.2468 2005-06-01	18:30:03	 992	810	Agent	  * SusClientId = '071ffd36-f490-4d63-87a7-f7b11866b9fb' 2005-06-01	18:30:03	 992	810	Agent	  * Base directory: C:\WINDOWS.0\SoftwareDistribution 2005-06-01	18:30:03	 992	810	Agent	  * Access type: Named proxy 2005-06-01	18:30:03	 992	810	Agent	  * Default proxy: test:80 2005-06-01	18:30:03	 992	810	Agent	  * Network state: Connected 2005-06-01	18:30:03	 992	7a0	Agent	***********  Agent: Initializing Windows Update Agent  ***********
その次のセクションには、クライアントで利用可能な Windows Server Update Services (WSUS) サーバーが表示されます。この例では、WSUS サーバーが使用されていないため、設定は NULL です。Software Update Services (SUS) が構成されている場合は、その設定がここ場所に表示されます。
2005-06-01	18:30:03	 992	7a0	Agent	***********  Agent: Initializing global settings cache  *********** 2005-06-01	18:30:03	 992	7a0	Agent	  * WSUS server: <NULL> 2005-06-01	18:30:03	 992	7a0	Agent	  * WSUS status server: <NULL> 2005-06-01	18:30:03	 992	7a0	Agent	  * Target group: (Unassigned Computers) 2005-06-01	18:30:03	 992	7a0	Agent	  * Windows Update access disabled: No 2005-06-01	18:30:04	 992	7a0	DnldMgr	Download manager restoring 0 downloads 2005-06-01	18:30:09	3948	918	Misc	===========  Logging initialized (build: 5.8.0.2469, tz:-0700)  =========== 2005-06-01	18:30:09	3948	918	Misc	  = Process: C:\Program Files\Internet Explorer\iexplore.exe 2005-06-01	18:30:09	3948	918	Misc	  = Module: C:\WINDOWS.0\system32\wuweb.dll

ログ ファイルでのエラー箇所の特定

Windows Update Web サイトで特定のエラー メッセージが表示される場合は、次の手順を実行します。
  1. ログ ファイル Windowsupdate.log をメモ帳で開きます。
  2. [編集] メニューの [検索] をクリックし、特定のエラー メッセージを検索します。
: Web サイトには、最終的なエラー メッセージが表示されます。最終的なエラー メッセージは、Windowsupdate.log ログ ファイルに、より早い段階で書き込まれているエラーが原因の場合があります。また、Windows Update Web サイトで発生したエラーが不明な場合や、自動更新で発生したエラーの詳細情報が必要な場合は、以下のキー ワードで検索します。
  • FATAL
  • WARNING
: WARNING がすべて重要なエラーというわけではありません。まず、FATAL エラーを検索し、Windowsupdate.log ログ ファイルの先頭方向に向かって確認を行い、適切なエラー メッセージを特定します。

一般的なエラーの例

まず、"FATAL" というキー ワードで検索します。
2005-06-02	04:32:01	 992	158	Setup	FATAL: IsUpdateRequired failed with error 0x80072eef
この例では、0x80072EEF というエラーが見つかりました。Windowsupdate.log ログ ファイルを上にスクロールして、最も近い場所にある、次の単語を見つけます。
WARNING
2005-06-02	04:32:01	 992	158	Misc	WARNING: Send failed with hr = 80072eef.2005-06-02	04:32:01	 992	158	Misc	WARNING: SendRequest failed with hr = 80072eef.Proxy List used: <Test:80 > Bypass List used : <(null)> Auth Schemes used : <NTLM;Negotiate (NTLM or Kerberos);> 2005-06-02	04:32:01	 992	158	Misc	WARNING: WinHttp: SendRequestUsingProxy failed for <http://update.microsoft.com/v6/windowsupdate/redir/wuredir.cab>. error 0x80072eef
この例では、プロキシ サーバー "Test" が無効です。"Test" サーバーが無効であるため、エラーが発生しています。

Windowsupdate.log ファイルの基本的な内容

サービスの開始

2005-06-01	18:30:03	 992	810	Service	************* 2005-06-01	18:30:03	 992	810	Service	** START **  Service: Service startup 2005-06-01	18:30:03	 992	810	Service	*********

Windows Update エージェントによる利用可能なパラメーターの表示

2005-06-01	18:30:03	 992	810	Agent	  * WU client version 5.8.0.2468 2005-06-01	18:30:03	 992	810	Agent	  * SusClientId = '071ffd36-f490-4d63-87a7-f7b11866b9fb' 2005-06-01	18:30:03	 992	810	Agent	  * Base directory: C:\WINDOWS.0\SoftwareDistribution 2005-06-01	18:30:03	 992	810	Agent	  * Access type: Named proxy 2005-06-01	18:30:03	 992	810	Agent	  * Default proxy: test:80 2005-06-01	18:30:03	 992	810	Agent	  * Network state: Connected 2005-06-01	18:30:03	 992	7a0	Agent	***********  Agent: Initializing Windows Update Agent  *********** 2005-06-01	18:30:03	 992	7a0	Agent	***********  Agent: Initializing global settings cache  *********** 2005-06-01	18:30:03	 992	7a0	Agent	  * WSUS server: <NULL> 2005-06-01	18:30:03	 992	7a0	Agent	  * WSUS status server: <NULL> 2005-06-01	18:30:03	 992	7a0	Agent	  * Target group: (Unassigned Computers)

ユーザーが Microsoft Internet Explorer を使用して Windows Update Web サイトにアクセスし、ActiveX コントロールが読み込まれる

2005-06-01	18:30:09	3948	918	Misc	===========  Logging initialized (build: 5.8.0.2469, tz:-0700)  =========== 2005-06-01	18:30:09	3948	918	Misc	  = Process: C:\Program Files\Internet Explorer\iexplore.exe 2005-06-01	18:30:09	3948	918	Misc	  = Module: C:\WINDOWS.0\system32\wuweb.dll

Setup コンポーネントによる、インストール済みの Windows Update クライアントのバージョンの確認 (Windows Update クライアントの更新の必要性を確認するため)

2005-06-01	18:30:09	3948	918	Setup	***********  Setup: Checking whether self-update is required  *********** 2005-06-01	18:30:09	3948	918	Setup	  * Inf file: C:\WINDOWS.0\SoftwareDistribution\WebSetup\wusetup.inf 2005-06-01	18:30:09	3948	918	Setup	Update required for C:\WINDOWS.0\system32\cdm.dll: target version = 5.8.0.2468, required version = 5.8.0.2468 2005-06-01	18:30:09	3948	918	Setup	  * IsUpdateRequired = No

クライアントで [高速] ボタンまたは [カスタム] ボタンがクリックされ、検索開始

2005-06-01	18:30:32	3948	918	COMAPI	------------- 2005-06-01	18:30:32	3948	918	COMAPI	-- START --  COMAPI: Search [ClientId = WindowsUpdate] 2005-06-01	18:30:32	3948	918	COMAPI	--------- 2005-06-01	18:30:32	3948	918	COMAPI	  - Online = Yes; Ignore download priority = No 2005-06-01	18:30:32	3948	918	COMAPI	  - Criteria = "IsInstalled=0 and IsHidden=1" 2005-06-01	18:30:32	3948	918	COMAPI	  - ServiceID = {9482F4B4-E343-43B6-B170-9A65BC822C77}
: COMAPI により、検索がエージェントに送信されます。そのため、2 番目の部分は次のようになります。
2005-06-01	18:30:33	3948	918	COMAPI	<<-- SUBMITTED -- COMAPI: Search [ClientId = WindowsUpdate] 2005-06-01	18:30:33	 992	58c	Agent	************* 2005-06-01	18:30:33	 992	58c	Agent	** START **  Agent: Finding updates [CallerId = WindowsUpdate] 2005-06-01	18:30:33	 992	58c	Agent	*********

Protocol Talker による、クライアント コンピューター上のローカル データベースと更新プログラムの一覧の同期

2005-06-02	12:09:28	 992	4e8	PT	+++++++++++  PT: Synchronizing server updates  +++++++++++ 2005-06-02	12:09:28	 992	4e8	PT	  + ServiceId = {9482F4B4-E343-43B6-B170-9A65BC822C77}, Server URL = https://update.microsoft.com/v6/ClientWebService/client.asmx 2005-06-02	12:09:35	 992	4e8	PT	+++++++++++  PT: Synchronizing extended update info  +++++++++++ 2005-06-02	12:09:35	 992	4e8	PT	  + ServiceId = {9482F4B4-E343-43B6-B170-9A65BC822C77}, Server URL = https://update.microsoft.com/v6/ClientWebService/client.asmx 2005-06-02	12:09:36	 992	4e8	Agent	  * Found 0 updates and 10 categories in search

Windows Update エージェントによる、利用可能な更新プログラムの検索

2005-06-02	12:09:36	 992	4e8	Agent	************* 2005-06-02	12:09:36	 992	4e8	Agent	** START **  Agent: Finding updates [CallerId = WindowsUpdate] 02.06.05	12:09:36	 992	4e8	Agent	********* 2005-06-02	12:09:36	 992	4e8	Agent	  * Added update {AC94DB3B-E1A8-4E92-9FD0-E86F355E6A44}.100 to search result 2005-06-02	12:09:37	 992	4e8	Agent	  * Found 6 updates and 10 categories in search

ユーザーに 1 つの更新プログラムが提示され、ユーザーがその更新プログラムのインストールを選択

2005-06-02	12:10:41	1660	d0c	COMAPI	------------- 2005-06-02	12:10:41	1660	d0c	COMAPI	-- START --  COMAPI: Install [ClientId = WindowsUpdate] 2005-06-02	12:10:41	1660	d0c	COMAPI	--------- 2005-06-02	12:10:41	1660	d0c	COMAPI	  - Allow source prompts: Yes; Forced: No; Force quiet: No 02.06.05	12:10:41	1660	d0c	COMAPI	  - Updates in request: 1 2005-06-02	12:10:41	1660	d0c	COMAPI	  - ServiceID = {9482F4B4-E343-43B6-B170-9A65BC822C77} 2005-06-02	12:10:41	1660	d0c	COMAPI	  - Updates to install = 1 2005-06-02	12:10:41	1660	d0c	COMAPI	<<-- SUBMITTED -- COMAPI: Install [ClientId = WindowsUpdate]

Windows Update エージェントによるインストール処理の開始

2005-06-02	12:10:41	 992	58c	Agent	************* 2005-06-02	12:10:41	 992	58c	Agent	** START **  Agent: Installing updates [CallerId = WindowsUpdate] 2005-06-02	12:10:41	 992	58c	Agent	********* 2005-06-02	12:10:41	 992	58c	Agent	  * Updates to install = 1 2005-06-02	12:10:41	 992	58c	Agent	  *   Title = <NULL> 2005-06-02	12:10:41	 992	58c	Agent	  *   UpdateId = {19813D2E-0144-43CA-AEBB-71263DFD81FD}.100 2005-06-02	12:10:41	 992	58c	Agent	  *     Bundles 1 updates: 2005-06-02	12:10:41	 992	58c	Agent	  *       {08D9F87F-7EA2-4523-9F02-0931E291908E}.100

Windows Update エージェントにより適切なハンドラーが呼び出され、ログオンしているユーザーを偽装してパッケージがインストールされる

2005-06-02	12:10:46	 992	58c	Handler	Attempting to create remote handler process as Machine\User  in session 0 2005-06-02	12:10:46	 992	58c	DnldMgr	Preparing update for install, updateId = {08D9F87F-7EA2-4523-9F02-0931E291908E}.100. 2005-06-02	12:10:47	3348	70c	Handler	::::::::::::: 2005-06-02	12:10:47	3348	70c	Handler	:: START ::Handler: Command Line Install 2005-06-02	12:10:47	3348	70c	Handler	::::::::: 2005-06-02	12:10:47	3348	70c	Handler	  : Updates to install = 1 2005-06-02	12:11:01	3348	70c	Handler	  : Command line install completed.Return code = 0x00000000, Result = Succeeded, Reboot required = false
: インストールは成功しています。再起動は不要です。

拡張ログを有効にする方法

Microsoft Product Support Services から、詳細ログを有効にするようにお願いすることがあります。詳細ログを有効にするには、以下の 2 つの値のレジストリ キーを追加します。
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\WindowsUpdate\Trace
値の名前: Flags
値の種類: REG_DWORD
値のデータ: 00000007

値の名前: Level
値の種類: REG_DWORD
値のデータ: 00000004
このレジストリ キーによって、%systemroot%\Windowsupdate.log ファイルに対する拡張トレース機能が有効になります。また、このレジストリ キーによって、すべてのアタッチされたデバッガーについて拡張トレース機能が有効になります。

プロパティ

文書番号: 902093 - 最終更新日: 2010年3月26日 - リビジョン: 5.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows Update
キーワード:?
kbtshoot kbinfo KB902093
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com