Office 更新プログラムのアンインストール機能に関する情報

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 903771 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

サポート技術情報の文書番号 895589 の資料に記載されている Microsoft Word 2002 のセキュリティ更新プログラムがリリースされるまでは、コントロール パネルのプログラムの追加と削除ツールを使用して Microsoft Office 更新プログラムを削除することはできませんでした。Office 更新プログラムを削除する唯一の方法は、Office 製品を削除してから、再インストールすることでした。文書番号 895589 の資料に記載されている Microsoft Word 2002 セキュリティ更新プログラムのリリースから、プログラムの追加と削除ツールを使用して特定の Office 更新プログラムを削除する機能が導入されています。

はじめに

この資料では、Office 更新プログラムの削除に関する以下の内容について説明します。
  • プログラムの追加と削除ツールを使用して Office 更新プログラムを削除するための必要条件
  • プログラムの追加と削除ツールを使用して Office 更新プログラムを削除できるかどうかを確認する方法
  • Office 更新プログラムを削除する際に発生することがある既知の問題
  • Microsoft Windows インストーラーのコマンドを使用して更新プログラムを削除する方法
: 一部の Office 更新プログラムは削除できません。次にいくつかの例を示します。
  • Service Pack
  • Office サーバー製品の更新プログラム
  • 一部の更新プログラムは Office 共有コンポーネント向けです。この場合、更新プログラムについて説明しているサポート技術情報の記事から、更新プログラムを削除できないことがわかります。

詳細

プログラムの追加と削除ツールを使用して Office 更新プログラムを削除するための必要条件

プログラムの追加と削除ツールを使用して Office 更新プログラムを削除するには、Microsoft Office を実行しているコンピューターが以下の必要条件を満たしている必要があります。
  • 削除可能な Office 更新プログラムをインストールする前に、Microsoft Windows インストーラー 3.0 または 3.1 がインストールされている必要があります。

    • マイクロソフトでは Microsoft Windows インストーラー 3.1 を推奨しています。

      Windows インストーラー 3.1 (v2) の入手方法の関連情報を参照するには、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
      893803 Windows インストーラ 3.1 v2 (3.1.4000.2435) について
    • Microsoft Windows XP Service Pack 2 (SP2) には、既に Microsoft Windows インストーラー 3.0.3790.2180 が含まれています。2007 Microsoft Office system スイートには Microsoft Windows XP SP2 が必要です。
    • Windows Server 2003 Service Pack 1 (SP1) には、既に Microsoft Windows インストーラー 3.1.4000.1830 が含まれています。
    • Windows Vista および Windows Server 2008 には、既に Microsoft Windows インストーラー 4.00.6001.0 が含まれています。
  • コンピューターで Windows Vista、Windows XP SP2、Windows Server 2008、Windows Server 2003 SP1 のいずれかが実行されている必要があります。

    : これらのいずれかの Service Pack をインストールすると、プログラムの追加と削除ツールが更新され、製品名の下に Windows インストーラー更新プログラムが表示されます。
  • Office XP 更新プログラムを削除するには、オリジナルのインストール ソースにアクセスできる必要があります。Office 2003 更新プログラムを削除するには、Office 2003 セットアップのローカル インストール ソース機能を使用していない場合、オリジナルのインストール ソースにアクセスできる必要があります。 Office 2003 のローカル インストール ソース機能の関連情報を参照するには、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
    830168 Office 2003 のローカル インストール ソース機能についてよく寄せられる質問 (FAQ)

プログラムの追加と削除ツールを使用して Office 更新プログラムを削除できるかどうかを確認する方法

サポート技術情報の文書番号 895589 の資料に記載されている Word 2002 のセキュリティ更新プログラムは、更新プログラムの削除機能を備えた最初の Office 更新プログラムです。セキュリティ更新プログラム 895589 は、2005 年 7 月 12 日にリリースされました。2005 年 7 月 12 日以降にリリースされた Office 更新プログラムには、リリース ノートに特に記載されていない限り、更新プログラムの削除機能が含まれています。

Windows XP および Windows Server 2003

プログラムの追加と削除ツールを使用して Office 更新プログラムを削除できるかどうかを確認するには、以下の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。[名前] ボックスに「appwiz.cpl」と入力し、[OK] をクリックします。
  2. 左側の列で [プログラムの変更と削除] をクリックします。
  3. [更新プログラムの表示] チェック ボックスをオンにします。
  4. [現在インストールされているプログラムと更新プログラム] ボックスの一覧で、削除する更新プログラムをクリックします。

    [削除] ボタンが使用できる場合、その Office 更新プログラムを削除できます。
Windows Vista および Windows Server 2008

プログラムの追加と削除ツールを使用して Office 更新プログラムを削除できるかどうかを確認するには、以下の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[検索の開始] ボックスに「appwiz.cpl」と入力し、Enter キーを押します。
  2. [タスク] の [インストールされた更新プログラムを表示] をクリックします。
  3. 一覧で、更新プログラムを検索してクリックします。
  4. 更新プログラムを削除できる場合、ツール バーの [アンインストール] オプションを使用できます。

Office 更新プログラムを削除する際に発生することがある既知の問題

コンピューターが必要条件を満たしていても、更新プログラムを削除できない

この問題は、更新プログラムがインストールされたときにコンピューターが必要条件を満たしていなかった場合に発生することがあります。削除可能な更新プログラムのインストールより前に、コンピューターで Windows インストーラー 3.0 または 3.1 が実行されている必要があります。

Windows インストーラーのコマンドを使用して更新プログラムを削除する方法

プログラムの追加と削除ツールを使用して更新プログラムを削除できない場合があります。この問題は、以下の条件を満たしている場合にも発生します。
  • 更新プログラムが 2005 年 7 月 12 日以降にリリースされている。
  • 更新プログラムに、更新プログラムの削除機能が含まれている。
この問題が発生した場合、Windows インストーラー 3.1 を使用して更新プログラムを削除することができます。Windows インストーラー 3.1 の再配布可能なシステム コンポーネントは、以下のオペレーティング システムにインストールすることができます。
  • Microsoft Windows 2000 Service Pack 3 (SP3) および Microsoft Windows 2000 Service Pack 4 (SP4)
  • Windows XP のオリジナル リリース版、Windows XP Service Pack 1 (SP1) および Windows XP SP2
  • Windows Server 2003 オリジナル リリース版

    : Windows Server 2003 SP1 には、既に Windows インストーラー 3.1 が含まれています。
Windows インストーラー 3.1 (v2) の入手方法の関連情報を参照するには、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
893803 Windows インストーラ 3.1 v2 (3.1.4000.2435) について

コマンド構文

Windows インストーラー 3.1 では、[ファイル名を指定して実行] ダイアログ ボックスにコマンドを入力して、更新プログラムを削除することができます。具体的には、更新プログラムを削除するには、[スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックし、[名前] ボックスに次のコマンドを入力し、[OK] をクリックします。
msiexec /package {product_code} /uninstall "full_path_to_.msp_file" /qb
:
  • Office 更新プログラムを削除するときに、Office のインストール元の CD-ROM を挿入するように求めるメッセージが表示されることがあります。
  • 以下では、このコマンドのプレースホルダーについて説明します。
    • product_code には、更新プログラムをインストールした Office 製品に関連付けられている製品コード GUID を指定します。

      Microsoft Office 2003 の製品コード GUID を確認する方法の関連情報を参照するには、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
      832672 Office 2003 における製品コード GUID の番号付けのしくみ
      Microsoft Office XP の製品コード GUID を確認する方法の関連情報を参照するには、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
      302663 Office XP プログラムの製品コード GUID の番号付けのしくみ
    • full_path_to_.msp_file には、更新プログラム パッケージ (.msp ファイル) の完全なパスを指定します。
  • 以下では、このコマンドのパラメーターについて説明します。

    /qb スイッチ。/qb スイッチを使用すると、更新プログラムを削除できないことを知らせるメッセージが表示されます。/passive スイッチを使用すると、更新プログラムを削除できないことを知らせるメッセージは表示されません。/qb スイッチを使用しているときに更新プログラムを削除できない場合には、以下のメッセージが表示されます。
    更新プログラム パッケージのアンインストールは、サポートされません。
たとえば、製品コードが "{0C9840E7-7F0B-C648-10F0-4641926FE463}" であり、.msp ファイルのパスが "C:\Update\file name.msp" の場合に更新プログラムを削除するには、[ファイル名を指定して実行] ダイアログ ボックスに以下のように入力します。
msiexec /package {0C9840E7-7F0B-C648-10F0-4641926FE463} /uninstall "c:\update\file name.msp" /qb
.msp ファイルの完全なパスを確認するには、以下の手順を実行します。
  1. Office 更新プログラムのインストールに使用した .exe ファイルを見つけます。このファイルをハード ディスク ドライブに保存していなかった場合は、Office 更新プログラムをダウンロードして、コンピューター上のフォルダーに保存します。
  2. WinZip などのファイル解凍ユーティリティを使用して、.exe 更新プログラム ファイルからファイルを抽出します。

    抽出したファイルの中に .msp ファイルが含まれています。これが、Office 更新プログラムを削除するコマンドを実行する際に指定する必要があるファイルです。
: .msp ファイルの完全なパスを指定する代わりに、更新プログラムの GUID を指定することもできます。たとえば、製品コードが "{0C9840E7-7F0B-C648-10F0-4641926FE463}" であり、更新プログラムの GUID が "{EB8C947C-78B2-85A0-644D-86CEEF8E07C0}" の場合に更新プログラムを削除するには、[ファイル名を指定して実行] ダイアログ ボックスに以下のように入力します。
msiexec /package {0C9840E7-7F0B-C648-10F0-4641926FE463} /uninstall {EB8C947C-78B2-85A0-644D-86CEEF8E07C0} /qb
この資料に記載されているサードパーティ製品は、マイクロソフトと関連のない他社の製品です。明示または黙示にかかわらず、これらの製品のパフォーマンスや信頼性についてマイクロソフトはいかなる責任も負わないものとします。

関連情報

Windows インストーラー 3.0 または 3.1 を使用してインストールされた Office 更新プログラムを削除する方法の詳細については、以下の MSDN (Microsoft Developer Network) Web サイトを参照してください。
http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/aa372104(VS.85).aspx

プロパティ

文書番号: 903771 - 最終更新日: 2010年5月14日 - リビジョン: 6.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Office Professional Edition 2003
  • Microsoft Office Standard Edition 2003
  • Microsoft Office Students and Teachers Edition 2003
  • Microsoft Office Small Business Edition 2003
  • Microsoft Office Basic Edition 2003
  • Microsoft Office Access 2003
  • Microsoft Office Excel 2003
  • Microsoft Office FrontPage 2003
  • Microsoft Office InfoPath 2003
  • Microsoft Office OneNote 2003
  • Microsoft Office Outlook 2003
  • Microsoft Office PowerPoint 2003
  • Microsoft Office Word 2003
  • Microsoft Office XP Professional
  • Microsoft Office XP Small Business Edition
  • Microsoft Office XP Standard
  • Microsoft Office XP Students and Teachers
  • Microsoft Office XP Developer Edition
  • Microsoft Access 2002 Standard Edition
  • Microsoft Excel 2002 Standard Edition
  • Microsoft FrontPage 2002 Standard Edition
  • Microsoft Outlook 2002 Standard Edition
  • Microsoft PowerPoint 2002 Standard Edition
  • Microsoft Word 2002
  • Microsoft Office Access 2007
  • Microsoft Office Excel 2007
  • Microsoft Office Outlook 2007
  • Microsoft Office Word 2007
  • Microsoft Office PowerPoint 2007
  • Microsoft Office SharePoint Designer 2007
キーワード:?
kbuninstall kbsetup kbupdateissue kbwindowsinstaller kbhowto KB903771
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com