ローカル インストール ソースの変更後のパスの Windows Server Update Services または Microsoft Update Web サイトを使用して更新プログラムを展開する場合は、office 更新プログラムが正常にインストールされていません。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 903776
すべて展開する | すべて折りたたむ

現象

ソフトウェア更新プログラムおよび修正プログラム コンピューターに、組織内で Microsoft Windows サーバー更新サービス (WSUS) を使用して、または Microsoft Update Web サイトを使用して展開すると、一部の Microsoft Office の更新プログラムが正常に特定のクライアント コンピューターにインストールされていません。

このような状況では、クライアント コンピューター上のユーザーに次のメッセージを受け取ることがあります、 自動更新 ダイアログ ボックス:
更新プログラムが正常にインストールできませんでした。
また、ユーザーが影響を受けるコンピューターに Microsoft Office を修復するしようとする場合は、そのユーザーは、次のエラー メッセージが表示されます。
エラー 1327年です。ドライブが無効です。 ドライブ文字:\
さらに、Microsoft Windows Update Web サイトまたは Microsoft Update Web サイトで、履歴を表示すると、エラー 0x52F が表示されて参照してください。

Microsoft Office 2003年プログラムを Microsoft Update Web サイトまたは自動更新を使用して更新しようとすると、次のエラー メッセージが表示されます。
エラー 0x51F
同様に、Microsoft Office のダウンロード センターを使用して] または [Microsoft Update を使用して、Microsoft Office 2003年プログラムを更新しようとすると、次のエラー メッセージのようなエラー メッセージが表示されます。
エラー 1311
ソース ファイル Cabinetfile .cab が見つかりません
インストール エラー: ファイルが見つかりません
必要なインストール ファイルのファイル名です。CAB が見つかりませんでした。
必要なオリジナルのインストール ソース: プログラム名を CD からインストールする場合は、CD 挿入してください。プログラムの名前、コンピューター ネットワーク経由でインストールする場合は、ネットワーク上のインストール ソースを参照してください。インストール ソースが見つかったら、[OK] をクリックします。

原因

この問題は、次の条件に該当する場合に発生します。
  • クライアント コンピューターでは、Office のローカル インストール ソースに office がインストールされます。
  • ローカル インストール ソースのパスが有効ではありません。
たとえば、次の条件に現れる順序で、当てはまる場合この問題が発生する可能性があります。
  • 2 つのハード ディスク ドライブまたはドライブ C とドライブ D、それぞれ名前のパーティションを持つクライアント コンピューターに office のインストールします。
  • Office セットアップ プログラム D ドライブ C. ドライブではより多くの領域使用可能ないることを検出しました。
  • Office セットアップ プログラムは Office ファイルを D ドライブの非表示のローカル インストール ソース フォルダーにコピーします。
  • 後にドライブ D が削除されて、または別のドライブにドライブ文字が変更されます。
  • 自動更新機能は Windows Server Update Services は Office の更新プログラムを入手するのには、実行しているコンピューターに接続します。

解決方法

この問題を解決するには、Microsoft Office のローカル インストール ソースを無効にします。これを行うには、次の手順を実行します。
  1. ローカル インストール ソース ツールを入手します。これを行うには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
    http://www.microsoft.com/office/orkarchive/2003ddl.htm
  2. LisTool.exe ファイルと LisTool.chm ファイルをコンピューター上の特定の場所に抽出します。
  3. 実行、 LisTool.exe コマンドと共に、 /q ローカル インストール ソースを削除するのには、[オプション] をクリックします。これを行うには、次の手順を実行します。
    1. クリックしてください。 開始をクリックして 実行、タイプ cmd で、 ファイルを開く ボックスとクリック [OK].
    2. コマンド プロンプトで、[LISTool.exe] ファイルを展開したディレクトリに変更します。LISTool.exe ファイルを C:\LisTool フォルダーを抽出する場合をたとえば、入力します。 cd\listool、し、ENTER キーを押します。
    3. 次のコマンドを入力し、ENTER キーを押します。
      listool.exe/q を削除 = all
    メモ LISTool.exe プログラムのグラフィカル ユーザー インターフェイス バージョンを実行すると、次のエラー メッセージを受け取ることがあります。
    エラーが発生し、機能が正しく動作しなくなったします。修復しますか?
  4. 種類 終了、し、コマンド プロンプトを終了するのには、ENTER キーを押します。
  5. 自動更新機能をコンピューターに Office 更新プログラムを適用することができます。
  6. ローカル インストール ソースの Microsoft Office を再有効化します。

    メモ せず、ローカル インストール ソースは、Office を実行できるが、ローカル インストール ソースを有効にすることをお勧めします。ローカル インストール ソースを使用しない場合は、Office の更新プログラムをインストールすると、Office の CD-ROM またはインストール元の要求があります。

    ローカル インストール ソースを有効にするには、次の手順を実行します。
    1. 実行中のすべての Office プログラムを終了します。
    2. ローカル インストール ソース ツールを起動します。これを行うをクリックしてください。 開始をクリックして 実行、タイプ パス\listool で、 ファイルを開く ボックスとクリック [OK].

      このコマンドを交換してください。 パス 手順 2 で解凍、LisTool.exe ファイルのパス。
    3. で、 Microsoft Office 2003年のローカル インストール ソース ツール ダイアログ ボックス、クリックして LIS を有効にします。、し 次へ.
    4. 残りの手順については、Office 製品のローカル インストール ソースを有効にするのには、ローカル インストール ソース ツールを実行します。

      メモ Office インストール CD または圧縮の Office のインストール元ファイルへのアクセスを必要とローカル インストール ソースを有効にするには。

詳細

Microsoft Office 2003 cd または圧縮 CD イメージは、ネットワーク上に展開すると、セットアップ プログラムの隠しフォルダーに各ユーザーのコンピューターにローカル インストール ソースを作成します。Windows インストーラーは Office をインストールするのには、ローカル インストール ソースを使用します。ユーザーが Office を修復することができます、新機能のインストールおよび CD が要求されることがなく、更新プログラムを適用できるように、ローカル インストール ソースを使用できます。

Office 2003 のセットアップ プログラムをユーザーのコンピューターのオプションは、管理者によって設定されているとセットアップが検出されるハード ディスクの空き領域量既定ドライブに基づいて、ローカル インストール ソースを作成します。ローカル インストール ソースを管理するのには、ローカル インストール ソース ツール (LISTool.exe) を使用できます。

移動する方法の詳細については、削除、またはローカル インストール ソースを有効にするは、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://office.microsoft.com/en-us/ork2003/HA011402361033.aspx

プロパティ

文書番号: 903776 - 最終更新日: 2011年8月3日 - リビジョン: 6.0
キーワード:?
kbtshoot kbprb kbmt KB903776 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:903776
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com