実行または SQL Server 2005 にアップグレードした後、SQL Server 2000 Meta Data Services ファイルを必要とするさまざまなパッケージのスケジュールを設定することはできません。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 904796
すべて展開する | すべて折りたたむ

現象

次のシナリオを検討してください。コンピューター上でMicrosoft SQL Server 2005 を実行して、次のいずれかを実行しようとしました。タスク:
  • 実行するか、SQL Server 2000年の Meta Data Services のスケジュールを設定します。パッケージです。
  • 実行するか、SQL Server 2000年のデータ変換をスケジュールします。サービス (DTS) パッケージを使用して、 パッケージを実行します。 SQL Server の 2000年の Meta Data Services を実行するタスクパッケージです。
  • 実行または SQL Server 2005 の統合サービスのスケジュールを設定します。(SSIS) パッケージを使用して、 DTS 2000 パッケージを実行します。 SQL Server の 2000年の Meta Data Services を実行するタスクパッケージです。
  • 実行または使用して SSIS パッケージをスケジュールに DTS 2000 パッケージを実行します。 タスクが使用する SQL Server 2000年の DTS パッケージを実行するのには パッケージを実行します。 SQL Server の 2000年の Meta Data Services を実行するタスクパッケージです。
タスク 1 または 2 のタスクを実行しようとすると、受信が次のエラー メッセージ。
Microsoft リポジトリ COMこのシステムにサーバーが登録されていません。
実行しようとします。タスク 3 または 4 の仕事は、COMException 例外の次のエラーが表示されます。メッセージ:

SSIS パッケージ<package name="">開始します</package>。
エラー: 0x0 に<package name="">。System.Runtime.InteropServices.COMException (0x80040427): が実行されましたユーザー キャンセル</package>。
DTS では。PackageClass.Execute()
でMicrosoft.SqlServer.Dts.Tasks.Exec80PackageTask.Exec80PackageTask.ExecuteThread()タスクが失敗しました:<package name="">の警告: 0x80019002</package>
<package name="">で:、実行メソッドは成功しましたが、エラーの発生 (1)(1); を使用できる最大サイズに達しましたエラーが発生します。これは、現象が発生すると、エラー値になる、番号指定で MaximumErrorCount の数です。変更は、MaximumErrorCount またはエラーを修正します。SSIS パッケージ<package name="">終了: エラー</package></package>。
メモ は、 パッケージ名 プレース ホルダーです。実行しようとしているパッケージの名前です。

原因

エラー メッセージと COMException エラー メッセージセクション SQL Server 2000年メタ データ時に発生する現象に記載されてファイルが存在していません。

解決方法

この問題を解決するには、追加するか、SQL を復元する必要があります。SQL Server 2000年の server 2000 Meta Data Services のファイル。これを行うには、次の方法のいずれかを使用します。
  • SQL Server 2000年のツールを再インストールします。
  • コピーし、必要なファイルがコンピューターからの登録をSQL Server 2000 がインストールされている、適切なライセンスを持つと配布要件以下の指示には、SQL Server 2000Redist.txt のファイルです。
SQL Server 2000 Meta Data Services を DTS パッケージを抽出するのには使用して、 DTSRUN コマンド (Dtsrun.exe) で、 /!X オプションです。

メモ SQL Server 2000年での DTS パッケージをエクスポートすることをお勧めメタ データ、SQL Server 2005 にアップグレードする前にサービスします。

詳細

SQL Server 2000年の Meta Data Services のコンポーネントはありません。SQL Server 2005 に存在します。SQL Server 2000年またはアップグレードするかどうかをアンインストールする場合SQL Server 2000年の最新のバージョンが SQL Server に2005 年 SQL Server 2000 Meta Data Services へのアクセスをサポートするファイルをします。削除します。

DTS デザイナーおよび DTSRUN コマンドを続行するには SQL に保存された DTS パッケージをサポートするためにServer 2000 Meta Data Services SQL Server 2000年のメタ データとの時間サービスのファイルがあります。

SSIS は、SQL Server 2000年メタ データをサポートしています。SQL Server 2005 アップグレード アドバイザーのプログラムと SQL Server のサービス2005 パッケージ移行ウィザード。場合は、SQL Server 2000 Meta Data Services のファイルアップグレード アドバイザーの表示し、パッケージ移行ウィザードを実行できますが、それぞれをスキャンし、SQL Server に保存された DTS パッケージを移行します。2000 の Meta Data Services。SQL Server 2000 Meta Data Services のファイルがある場合アップグレード アドバイザーと、パッケージ移行ウィザードが存在しない実行できます、スキャンし、SQL に保存された DTS パッケージのみを移行します。Server 2000 かを構造化ストレージ ファイル。

SSIS は、 DTS 2000 実行します。パッケージ SQL に保存されている DTS パッケージ タスクを実行することはできません。Server 2000 Meta Data Services。この問題を回避するには、次の手順を実行します。
  1. 使用する DTS パッケージを作成します。 パッケージを実行します。 SQL Server 2000年の Meta Data Services を実行するタスクパッケージです。
  2. SQL Server には、作成した DTS パッケージを保存します。2000、または DTS 保存パッケージを構造化ストレージ ファイルです。
  3. SSIS を使用して DTS パッケージを実行します。 DTS 2000 パッケージを実行します。 タスクです。
メモ
  • 次の 3 つのファイルについての基本的な SQL Server になります。2000 Meta Data Services の機能:
    • Repodbc.dll
    • Dbscan.dll
    • Reprc.rll


    Repodbc.dll ファイルと、Dbscan.dll を登録する必要があります。Regsvr32.exe ユーティリティを使用してファイルを指定します。
  • 再頒布可能ファイル
    SQL Server 2000 Meta Data Services の以下のファイルです。再頒布可能。
    元に戻す全体を表示する
    ファイル名説明
    DScan.dllデータベース スキャナー
    InsRepIM.dll情報モデル インストーラー
    InsRepIM.exe情報モデル インストーラー
    Msmdcxml.dllMDC XML のインポート/エクスポート
    Repbr.dllリポジトリ ブラウザー
    Repbrui.dllREPBRUI。DLL
    Repodbc.dllメタ データ サービス リポジトリ エンジン
    Reprc.rllリポジトリ エンジン リソース
    Msmdcxml.rllMDC XML のインポート/エクスポートのリソース
    Msrmirc.rll情報モデル インストーラー リソース
    Repbrui.rllリポジトリ ブラウザー UI リソース
    Repbrmdc.rllリポジトリ ブラウザー アイコン リソース
    DB2.rdmモデル インストール スクリプト
    DBM.rdmモデル インストール スクリプト
    DTM.rdmモデル インストール スクリプト
    DTS.rdmモデル インストール スクリプト
    EQM.rdmモデル インストール スクリプト
    GEN.rdmモデル インストール スクリプト
    IFX.rdmモデル インストール スクリプト
    MDS.rdmモデル インストール スクリプト
    OCL.rdmモデル インストール スクリプト
    OLP.rdmモデル インストール スクリプト
    SIM.rdmモデル インストール スクリプト
    SQL.rdmモデル インストール スクリプト
    TFM.rdmモデル インストール スクリプト
    UML.rdmモデル インストール スクリプト
    UMX.rdmモデル インストール スクリプト
  • SQL Server 2000 Meta Data Services のファイル用のインストールに関する注意事項
    SQL Server 2000 Meta Data Services の以下のファイルをインストールします。Files\Common ただし Shared\Repository のプログラム ディレクトリ。
    • DBScan.dll
    • InsRepIM.dll
    • InsRepIM.exe
    • Msmdcxml.dll
    • Repbr.dll
    • Repbrui.dll
    • Repodbc.dll
    SQL Server 2000 Meta Data Services は次のファイルをインストールします。プログラムでただし Shared\Repository\resources\1033 の Files\Common のディレクトリ:
    • Reprc.rll
    • Msmdcxml.rll
    • Msrmirc.rll
    • Repbrui.rll
    • Repbrmdc.rll
    SQL Server 2000 Meta Data Services は次のファイルをインストールします。プログラムでただし Shared\Repository\OIM\Install の Files\Common のディレクトリ:
    • DB2.rdm
    • DBM.rdm
    • DTM.rdm
    • DTS.rdm
    • EQM.rdm
    • GEN.rdm
    • IFX.rdm
    • MDS.rdm
    • OCL.rdm
    • OLP.rdm
    • SIM.rdm
    • SQL.rdm
    • TFM.rdm
    • UML.rdm
    • UMX.rdm
    SQL Server 2000 Meta Data Services は次のファイルをする必要があります。Regsvr32.exe ユーティリティを使用して登録します。
    • DBScan.dll
    • InsRepIM.dll
    • Msmdcxml.dll
    • Repbr.dll
    • Rpbrui.dll
    • Repodbc.dll

関連情報

詳細については、 DTSRUN コマンド、「Dtsrun ユーティリティ SQL」を参照してください。Server 2000 オンライン ブック。

SQL Server 2000 Meta Data Services のファイルの詳細については、SQL Server 2000年内の Redist.txt ファイルを参照してください。Redist.txt ファイルには、SQL のルート フォルダーにあります。Server 2000 インストール メディア ファイルです。

プロパティ

文書番号: 904796 - 最終更新日: 2011年8月3日 - リビジョン: 2.0
キーワード:?
kberrmsg kbtshoot kbprb kbmt KB904796 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:904796
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com