「、操作完了正常に」構成処理の前に、のメッセージは BizTalk Server 2004 での構成ウィザードを実行するときに完了を受け取ることがあります。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 904849 - 対象製品
重要です この資料では、レジストリを変更する方法について説明します。 必ず変更する前にレジストリをバックアップしてください。 問題が発生した場合はレジストリを復元する方法を知っているを確認します。 バックアップ、復元、およびレジストリを変更する方法の詳細についてはをクリックして以下「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) 資料を参照。
256986Description of the Microsoft Windows Registry JP256986 Microsoft Windows レジストリの説明
重要です この資料では方法やコンピューター上でのセキュリティ機能をオフする低レベルのセキュリティ設定を使用する方法を示す情報について説明します。 これらの変更、特定の問題を回避する行えます。 これらの変更を行う前に、特定の環境でこの回避策を実装する関連付けられているリスクを評価することお勧めがします。 この回避策を実装する場合、システムを保護、適切な追加処理を実行します。
すべて展開する | すべて折りたたむ

現象

Microsoft BizTalk Server 2004 での構成ウィザード (ConfigFramework.exe) を実行するとメッセージとすると、次のようなが表示される可能性があります。
この操作を正しく終了しました。
このメッセージに進行状況バーを構成プロセスが完了したことを示します。

処理を再試行 する </a0>] をクリックすると、同じメッセージが表示されます。 [キャンセル ] をクリックすると、構成ウィザードは、BizTalk Server の構成をロールバックします。

原因

この問題は、リモート プロシージャ コール (RPC) のセキュリティによって、Microsoft 分散トランザクション コーディネーター (MSDTC) が使われるが失敗したときに発生する可能性があります。 BizTalk Server 2004 を実行しているコンピューターと SQL Server 2000 を実行しているコンピューターとの間で RPC セキュリティ エラーが行われます。

メモ BizTalk Server データベースが SQL Server 2000 を実行しているコンピューターに存在します。

既定と、ディストリビューション トランザクション コーディネーター (DTC) コンピューターで Microsoft Windows ドメイン内で実行されていない分散トランザクション失敗します。 この現象は DTC を使用する RPC セキュリティはこの環境で動作しないために発生します。 したがって、DTC コンピューターが信頼される側のドメイン内にない場合に分散トランザクションは失敗します。

既定 Microsoft Windows Server 2003 では、RPC セキュリティが点灯します。 したがって、コンピューターがワークグループ環境でまたは信頼される側のドメインではないドメイン内にある場合に分散トランザクションの操作は失敗します。

解決方法

この問題を解決するには、コンピューターを信頼されたドメインに移動します。 異なるドメインには、コンピューターを移動するには ADMT (Active Directory 移行ツール) 使用します。 ADMT の詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=788975b1-5849-4707-9817-8c9773c25c6c

回避策

重要です 手順セキュリティ上のリスクを増やすことがあります。 手順はコンピューターや脆弱性が高まるネットワークを悪意のあるユーザーやウイルスなど悪意のあるソフトウェアによる攻撃にもことします。 推奨プロセスを説明するように設計されているように動作する、または特定のプログラム機能を実装するプログラムを有効にします。 これらの変更を行う前に、特定の環境でこのプロセスを実装する関連付けられているリスクを評価することをお勧めします。 このプロセスを実装する場合は、システム保護、適切な追加処理を実行します。 このプロセスを本当に必要なする場合にのみ、このプロセスを使用することを推奨します。

信頼される側のドメインをコンピューターを移動することはできない場合、RPC セキュリティをオフにできます。

警告 RPC セキュリティをオフにする前に、ファイアウォールに分離環境で、コンピューターがか確認します。

RPC セキュリティを切るするには、いずれか、次の方法の使用します。
  • Microsoft Windows Server 2003 Service Pack 1 (SP1) で実行していることはコンピューターの場合
    1. 開始 実行 実行して 、入力 [ OK] をクリックします。
    2. コンポーネント サービス を展開する コンピューター [マイ コンピューター ] を右クリックを展開し プロパティ ] をクリックします。
    3. [ マイ コンピューターのプロパティ ] ダイアログ ボックスで [ MSDTC ] タブをクリックを セキュリティの構成 をクリックします。
    4. [ セキュリティの構成 </a0>] ダイアログ] ボックスで、 ネットワーク DTC アクセス ] チェック ボックスをオンにします。 クリックして [ トランザクション マネージャー通信 ] の 認証を必要としない のを選択します。
    5. [OK ] をクリックして [はい] MSDTC サービスを再起動し、ください。
    6. サービスが再起動したら [OK] をクリックします。
    7. [OK] [ マイ コンピューターのプロパティ ] ダイアログ ボックスを閉じますをクリックします。
  • SP1 未適用の Windows Server 2003 実行していることがコンピューターの場合
    警告 深刻な問題が変更した場合、レジストリが誤ってをレジストリ エディターを使用するかをもう 1 つの方法を使用が発生します。 これらの問題のオペレーティング システムには、再をインストールすることが必要に可能性があります。 Microsoft できません、これらの問題責任を負わないこととします。 ユーザー自身の責任においてレジストリを変更します。

    以下の DWORD レジストリ エントリを追加し、値 1 を設定します。
    TurnOffRpcSecurity
    これを行うには、次の手順を実行します。
    1. 開始 ] をクリックして 実行 ] をクリックして、 regedit と入力して [OK] をクリックします。
    2. 次のサブキーを探してクリックします:
      HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\MSDTC
    3. [ 編集 ] メニューの [ 新規作成 ] をクリックし、 [DWORD 値
    4. TurnOffRpcSecurity を入力して Enter を押します。
    5. TurnOffRpcSecurity ] を右クリックし、 変更 を実行します。
    6. [DWORD 値の編集 ] ダイアログ RPC セキュリティをオフにするのには 10 進数 型の 1 </a0> をクリックし、 [OK]
    7. [ ファイル ] メニューの [ 終了 ] をクリックします。

プロパティ

文書番号: 904849 - 最終更新日: 2005年11月29日 - リビジョン: 1.1
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft BizTalk Server 2004 Enterprise Edition
  • Microsoft BizTalk Server 2004 Standard Edition
  • Microsoft BizTalk Server 2004 Developer Edition
  • Microsoft BizTalk Server 2004 Partner Edition
キーワード:?
kbinfo kbtshoot kbcomservices kbprb kbconfig kbauthentication kbmt KB904849 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:904849
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com