デスクトップ検索エンジン ソフトウェア Outlook またはその他の MAPI クライアント コンピューター上で実行されている場合、し Exchange Server 2003年、Exchange 2000 Server のパフォーマンスを影響可能性があります。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 905184
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

クライアント コンピューターのユーザーは、デスクトップ検索エンジンを使用する場合に発生する可能性があります問題が Outlook または MAPI クライアント コンピューターと Exchange サーバー上で説明します。デスクトップ検索エンジンを使用しているユーザーを特定する方法について説明します。デスクトップ検索エンジンによって引き起こされる問題を軽減することができる以下の方法についても説明します。
  • 使用 Exchange モード Microsoft Office Outlook 2003年にキャッシュします。
  • Exchange server 環境を計画するときはのデスクトップ検索エンジンの使用を計画します。
  • Client?side ソフトウェアのポリシーを使用して、デスクトップ サーチ エンジンを使用できないようにします。
  • Exchange はコンテンツのインデックス処理の使用を検討してください。

現象

Microsoft Outlook 2002、または Microsoft Office を使用する場合Outlook 2003 クライアント コンピューターで遅延が発生する可能性があります。また、使用可能性があります。RPC 接続の次のメッセージが表示されます。
OutlookExchange サーバーから情報を要求しています。
使用するかどうかは、以前のバージョンの Outlook を実行している、または別のクライアント コンピューターMAPI クライアント コンピューターは、遅延が発生する可能性があります。または、コンピューターに見えることがあります。ハングし、応答を停止します。Microsoft Exchange 2000 を実行しているサーバーにMicrosoft Exchange Server 2003年やサーバ、高い CPU の使用を確認可能性があります、Store.exe プロセスまたは予想されるデータベース ディスクの活動をよりします。

原因

この問題が発生する場合は、Outlook クライアント コンピューターや、その他の MAPI クライアント コンピューターを統合するデスクトップ検索エンジンを実行しています。Outlook は、ユーザーのメールボックスまたはパブリック フォルダーのデータが存在するインデックスを作成するExchange server で。

デスクトップ サーチを使用するユーザーの数エンジン、MSN デスクトップ サーチなどを増加します。デスクトップの有無検索エンジンはユーザー ベースでしたりを 2 倍に 3 つの負荷を交換サーバーです。サーバー リソースの増加、または非最適な使用により、知覚、クライアント コンピューター上のパフォーマンスが低下します。使用の増加サーバー リソースも顕著なサーバー パフォーマンスへの影響が生じます。これら問題がされて発生にいくつかのさまざまなデスクトップ検索エンジンメールボックスの検索機能を統合します。

次に、ユーザーがデスクトップ検索エンジンを使用すると、問題が発生する可能性があります。
  • 増加 CPU 使用し、ディスクの I/O スパイク交換でサーバー
  • クライアント側の RPC ボトルネック
  • 交換の際は、RPC 操作/秒増加サーバー
これらの問題はより全体的な RPC 平均する可能性があります。時間の値は、Exchange サーバー。RPC の平均遅延時間の値を増加しました。「現象」に記載されている現象をがあります。で、クライアント コンピューターは、多数の RPC 要求にデスクトップ サーチ エンジンを送信可能性があります。サーバーです。これは、クライアント側の RPC ボトルネックが発生します。場合は、クライアント側の RPCサーバーがボトルネック、RPC 応答の遅延が発生する可能性があります発生期待どおりに動作し、ネットワーク接続の問題が発生していません。

解決方法

デスクトップ検索エンジンを実行しているユーザーを特定する方法

デスクトップ検索を使用してユーザーを識別するためにエンジンは、Exchange サーバーに対して、Microsoft Exchange Server を使用できますユーザーのモニター ツール (Exmon.exe) です。

次のファイルはMicrosoft ダウンロード センターからダウンロードします。
元に戻す画像を拡大する
ダウンロード
ダウンロードExmon.exe パッケージがします。
詳細については方法マイクロソフトのサポート ファイルのダウンロード、表示するのには、次の資料番号をクリックします。資料は、マイクロソフト サポート技術。
119591 オンライン サービスからマイクロソフトのサポート ファイルを入手する方法
マイクロソフトは、このファイルのウイルスをスキャンしました。Microsoft は、最も使用されます。日付が現在のウイルス検出ソフトウェア、ファイル送信されました。防止するセキュリティが強化されたサーバー上で、ファイルの保存します。ファイルに不正な変更。


のExchange Server ユーザーのモニター ツールを使用する方法の詳細についてを参照してください、インストールフォルダーにした後は、ツールの使用法マニュアルこのツールをインストールします。


このツールを使用して、識別に役立つことができます。最高の活動を担当している特定の MAPI クライアントは、サーバーです。

また、Microsoft Exchange Server のを使用することができます。パフォーマンス トラブルシューティング アナライザー パフォーマンスの収集を支援するツール情報および情報の分析は、EXMON。ツールの EXE を作成します。するにはMicrosoft Exchange Server パフォーマンス トラブルシューティング アナライザーをダウンロードします。ツールは、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?familyid=4BDC1D6B-DE34-4F1C-AEBA-FED1256CAF9A&displaylang=en

デスクトップ検索エンジンに関連する問題を減らす方法

デスクトップに関連する問題の数を減らすエンジンを検索する場合、1 つまたは複数、次の方法の使用します。

方法 1: Outlook 2003 で Exchange キャッシュ モード機能を使用します。

Outlook 2003 で Exchange キャッシュ モードを実行するを構成すると、デスクトップ サーチの検索エンジンではなく、メールボックスのローカル コピーを検索、サーバー上にあるメールボックスの内容。

メモ このメソッドは、デスクトップ エンジンを検索する場合に便利されません。Exchange パブリック フォルダーを検索するためのオプションが含まれています。パブリック フォルダーではないです。キャッシュします。ただし、一部のデスクトップ検索エンジンを検索するためのオプションを追加します。パブリック フォルダー。

方法 2: Exchange server 環境を計画するときの負荷が増加を計画します。

ユーザーがデスクトップ検索エンジン実行されることが予想される場合は、クライアント コンピューターでは、Exchange サーバーを計画するときは、増大した負荷の計画次の条件に該当する場合の環境:
  • ユーザー Outlook 2003 Exchange キャッシュを使用しません。モードです。
  • ユーザーは、以前のバージョンの Outlook を使用します。
  • ユーザーは、別の MAPI クライアントを使用するされます。
計画にいくつかの一般的なガイドラインを以下に示します、Exchange server の環境:
  • Exchange server に十分な CPU 容量があることを確認します。追加され、予想される負荷を処理するために十分なディスク I/O の帯域幅ユーザーのデスクトップ検索エンジンを使用するとします。正確なパフォーマンスの影響を環境を測定し、パフォーマンスのベースラインと比較する必要があります。のパフォーマンス情報を収集作成する方法の詳細については、基準は、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
    http://technet.microsoft.com/en-us/library/755d32d3-0894-4e77-bfb1-a0ff6bb97a4d.aspx

    http://technet.microsoft.com/en-us/library/10be5826-45b2-48e7-8450-4ec8dd63beb0.aspx
  • インデックス作成に時間と頻度を制御するため、クライアントとサーバーではないが、サーバーが CPU 使用率が増加することがあり、ディスクの I/O スパイクをします。既存 Exchange 環境では、このようなスパイクを使用することができます。およそのインデックスを作成するときに発生します。その後、交換を計画します。サーバーのパフォーマンスを適切にアップグレードします。新しい交換を構築している場合サーバー環境は、複数のクライアントの影響をテストするのには、ラボを構築できます。メールボックス ストアのコンテンツのインデックス処理を実行します。結果を使用することができます。このテストの性能仕様を Exchange サーバーを計画するのには。新しい Exchange server 環境を構築するときは、することがあります。スケジュール グループの残高にコンテンツのインデックス処理を実行するのには、クライアント コンピューターは、パフォーマンスの負荷が Exchange サーバーにします。
  • サーバー上のメモリの使用状況を監視します。詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
    http://technet.microsoft.com/en-us/library/4b012bda-8711-4617-9239-f3527de884a3.aspx
  • サーバーの仮想メモリを監視します。断片化します。
  • イベント ID 9646 メッセージのサーバーを監視します。イベント IDクライアント コンピューター上で検索エンジンを開くと 9646 メッセージが記録されることがあります。サーバー上の多くのオブジェクト。イベント ID 9646 メッセージの詳細については、次をクリックします。文書番号を使用して「サポート技術情報」資料を参照するには:
    830829Exchange Server 2003年が MAPI クライアントが特定のサーバー オブジェクトの既定値を超えるが開いた後を応答を停止することができます。

方法 3: は、デスクトップ検索エンジンを使用してから禁止します。

しないようにするには、ポリシーのクライアント側のソフトウェアを使用できます。デスクトップ検索エンジンを使用します。

方法 4: Exchange コンテンツのインデックス作成を有効にすることを検討してください。

Exchange のコンテンツを有効にすることの利点を評価することができます。インデックスを作成します。場合によっては、Exchange コンテンツのインデックス処理を有効にすると、検索可能性があります、メールボックスに対して検索を実行するより高速の検索結果が表示されます。クライアントで、デスクトップ検索エンジンを使用した場合よりコンテンツコンピューターです。

関連情報

詳細についてはパフォーマンスを分離する方法問題は、Exchange Server 2003年パフォーマンスのトラブルシューティング ガイドを参照してください。表示するのにはExchange Server 2003年パフォーマンスのトラブルシューティング ガイドは、次を参照してくださいMicrosoft の Web サイト:
http://technet.microsoft.com/en-us/library/aa997270.aspx

プロパティ

文書番号: 905184 - 最終更新日: 2011年8月3日 - リビジョン: 4.0
キーワード:?
kbexchtechbulletin kbmt KB905184 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:905184
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com