Content Management Server 2002 Service Pack 2 のインストール情報

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 906145 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

はじめに

この資料には、Microsoft Content Management Server (MCMS) 2002 Service Pack 2 (SP2) のインストール情報が記載されています。

Content Management Server 2002 Service Pack の入手方法の詳細を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
906142 Content Management Server 2002 の最新の Service Pack を入手する方法

詳細

MCMS 2002 SP2

この Service Pack をインストールすると、MCMS 2002 Service Pack 1a (SP1a) のインストール環境が更新されます。MSCMS 2002 SP2 には、この 2 年間にリリースされた、さまざまなソフトウェア更新プログラムが含まれています。また、MCMS 2002 SP2 には、Microsoft .NET Framework 2.0、Microsoft Visual Studio 2005、Microsoft SQL Server 2005、および 64 ビット処理に対するサポートも含まれています。

MCMS 2002 SP2 では、新しい機能はインストールされません。MCMS 2002 SP2 では、MCMS 2002 SP1a でインストールされた機能を更新するだけです。たとえば、開発者用ツール機能をインストールしていない場合、MCMS 2002 SP2 では、この機能はインストールされません。ただし、MCMS 2002 SP1a サイトに開発者用ツール機能をインストールしている場合は、MCMS 2002 SP2 では、Visual Studio 2005 で動作するようにこの機能が更新されます。

開発者用ツール機能をインストールしていないか、開発者用ツール機能なしで MCMS 2002 SP2 をインストールしている場合、開発者用ツール機能を使用するには次の手順を実行する必要があります。
  1. MCMS 2002 SP2 を既にインストールしている場合は、アンインストールします。
  2. Microsoft Visual Studio .NET 2003 または Microsoft Visual Studio .NET 2002 がインストールされていることを確認します。
  3. [プログラムの追加と削除] (または [アプリケーションの追加と削除]) で、[Microsoft Content Management Server SP1a] をクリックし、[変更と削除] をクリックします。

    : MCMS 2002 SP1a の CD または他の SP1a インストール メディアが利用できることを確認します。
  4. [変更] をクリックし、[次へ] をクリックします。
  5. 追加できる機能の一覧で、[Visual Studio .NET 2003 開発者用ツール] または [Visual Studio .NET 2002 開発者用ツール] をクリックし、[次へ] をクリックします。開発者用ツール機能のインストール処理を完了します。
  6. 開発者用ツール機能のインストールが完了したら、MCMS 2002 SP2 をインストールします。

MCMS 2002 SP2 と Microsoft Visual Studio 2005

MCMS 2002 Visual Studio プロジェクトは、Visual Studio 2005 では Visual Web Developer となります。Visual Studio .NET 2003 の MCMS 2002 プロジェクトを Visual Studio 2005 にアップグレードすると、Visual C# プロジェクトまたは Visual Basic プロジェクトは Web サイト プロジェクトになります。この変更により、MCMS 2002 は次のような影響を受けます。
  • MCMS 2002 プロジェクトでは、サイト内の Visual C# ページおよび Visual Basic ページの両方をサポートします。
  • MCMS 2002 では、Web サイト プロジェクトのローカル IIS の種類のみがサポートされます。ファイル システム、リモート、および FTP 配置の各種類はサポートされません。
MCMS プロジェクトは Visual Studio 2005 では Visual Web Developer プロジェクトになるため、MCMS 2002 プロジェクトをビルドする際には、[ビルド] メニューの [Web サイトのビルド] を [ソリューションのビルド] の代わりに使用する必要があります。MCMS 2002 プロジェクトを [ソリューションのビルド] を使用してビルドすると、MCMS 2002 Templates のソース ビューで、構文エラーを示す赤い下線が波線で多数表示されます。

: これらの下線は、実際の構文エラーを示していません。

Visual Studio 2005 の MCMS 2002 Web サイト用ウィザードでは、新しいウィザード テンプレート フレームワークが使用されます。このフレームワークでは、テンプレートの使用およびテンプレートへのアクセスがより柔軟になります。テンプレートには、プロジェクト テンプレートと項目テンプレートの 2 つの種類があります。Visual Studio 2005 には独自のインストール済みテンプレートがあります。ただし、独自のテンプレートを格納する場所は指定できます。指定するには、Visual Studio 2005 の [オプション] メニューを使用します。
  1. [ツール] をクリックし、[オプション] をクリックします。
  2. [すべての設定を表示] チェック ボックスをオンにします。[プロジェクトおよびソリューション] を展開し、[全般] をクリックします。
  3. テンプレートの場所は、デフォルトでは、[マイ ドキュメント] を指しています。[Visual Studio ユーザー プロジェクト テンプレートの場所] ボックスおよび [Visual Studio ユーザー項目テンプレートの場所] ボックスで場所を変更します。コンピュータ上の任意のパスを入力します。

    : ファイル共有を使用すると、多くの開発者が同じテンプレートを共有できます。
  4. [OK] をクリックします。
Visual Studio 2005 では、フロー レイアウトがデザイン ビューのデフォルトのレイアウトです。Visual Studio .NET の以前のバージョンでは、グリッド レイアウトがデフォルトのレイアウトでした。MCMS 2002 プレースホルダ コントロールをデザイン ビューに追加する際に絶対配置を使用するには、次の手順を実行します。
  1. [レイアウト] メニューの [位置] をポイントし、[自動配置オプション] をクリックします。
  2. 表示される [オプション] ダイアログ ボックスの [配置オプション] で、[ツールボックス、貼り付け、またはドラッグ アンド ドロップを使用して追加されたコントロールの配置を次のとおり変更する] チェック ボックスをオンにします。
  3. 一覧で [絶対配置] をクリックします。
  4. [OK] をクリックします。

IIS に ASP.NET を登録する

.NET Framework 2.0 を .NET Framework 1.x と side-by-side で実行する場合、Web アプリケーションで使用する Microsoft ASP.NET の正しいバージョンを登録する必要があります。ASP.NET を Microsoft インターネット インフォメーション サービス (IIS) に登録するには、次の手順を実行します。

.NET Framework 1.x を使用する場合

  1. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。[名前] ボックスに cmd と入力し、[OK] をクリックします。
  2. 次のディレクトリに移動します。
    %WindowsDirectory% \Microsoft.NET\Framework\v1.x.xxxx\
  3. aspnet_regiis ?i と入力し、Enter キーを押します。
  4. iisreset と入力し、Enter キーを押して、IIS を再起動します。

.NET Framework 2.0 を使用する場合

  1. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。[名前] ボックスに cmd と入力し、[OK] をクリックします。
  2. 次のディレクトリに移動します。
    %WindowsDirectory% \Microsoft.NET\Framework\v2.0.50727\
  3. aspnet_regiis ?i と入力し、Enter キーを押します。
  4. iisreset と入力し、Enter キーを押して、IIS を再起動します。

MCMS 2002 SP2 と Microsoft SQL Server 2005

MCMS 2002 SP2 をインストールした後に、Microsoft SQL Server ユーティリティを使用して、MCMS 2002 データベースを Microsoft SQL Server 2000 から SQL Server 2005 に転送する場合、SQL Server 2005 MCMS 2002 データベースで次のスクリプトを実行する必要があります。
IF EXISTS (SELECT * FROM sysobjects WHERE type = 'P' AND name = 'CreateBackgroundProcessingJob')
	BEGIN
		PRINT 'Dropping Procedure CreateBackgroundProcessingJob'
		DROP  Procedure  dbo.CreateBackgroundProcessingJob
	END

GO

PRINT 'Creating Procedure CreateBackgroundProcessingJob'
GO

CREATE Procedure dbo.CreateBackgroundProcessingJob
		(
		@databaseName sysname
		,@jobName sysname 
		)

AS

/**
 *	This stored procedure is used to create a job to perform the background
 *	processing. The DCA runs this stored procedure for every database when 
 *	the database is created or upgraded.
 *
 *	@param	@databaseName		Name of the database to create the job for
 *	@param	@jobName out		Name of the job created
 *
 *	@return	0 -		Success
 *			1 -		Failure
 *			100 -	The job already exists
 */

begin

	set nocount on
	
	declare @tranCount int
			,@jobId uniqueidentifier
			,@outputFileName nvarchar(250)
			,@jobStepCommand nvarchar(512)
			,@new_job_created tinyint
	
	--localizable strings
	declare @localized_string_InvalidInputParameter as nvarchar(128)
	set @localized_string_InvalidInputParameter = N'Invalid input parameter'
	
	declare @localized_string_JobDescription as nvarchar(128)
	set @localized_string_JobDescription = N'Purge expired information from MCMS tables'
	
	declare @localized_string_JobStep_ExpiredPages as nvarchar(128)
	set @localized_string_JobStep_ExpiredPages = N'Process expired pages'
	
	declare @localized_string_JobStep_DanglingPages as nvarchar(128)
	set @localized_string_JobStep_DanglingPages = N'Purge content for deleted pages'
	
	declare @localized_string_JobStep_GalleryBasedResources as nvarchar(128)
	set @localized_string_JobStep_GalleryBasedResources = N'Update gallery based resources'

	declare @localized_string_JobStep_DanglingBLOBs as nvarchar(128)
	set @localized_string_JobStep_DanglingBLOBs = N'Purge data for deleted resources'

	declare @localized_string_JobStep_DanglingACL as nvarchar(128)
	set @localized_string_JobStep_DanglingACL = N'Purge deleted rights groups from container ACLs'

	declare @localized_string_JobAlreadyExists as nvarchar(128)
	set @localized_string_JobAlreadyExists = N'The job already exists'
	
	--validate input
	if isnull(@databaseName, '') = '' or isnull(@jobName, '') = ''
	begin
		raiserror(@localized_string_InvalidInputParameter, 15, 1)
		return (1)	
	end
	
	--the job Name is the database Name prepended with 'BGP-'
	--set @jobName = cast('BGP-' + @databaseName as sysname)


	--check whether we have to create a category for BGP jobs
	IF not exists (select 1
					from msdb.dbo.syscategories
					where (category_class = 1 /*local*/)
					and (name = 'MCMS Background Processing'))
	begin
		exec msdb.dbo.sp_add_category @class = 'JOB'
									,@Type = 'LOCAL'
									,@Name = 'MCMS Background Processing'
		if @@error <> 0 return (1)	--failure
	end

	
	set @new_job_created = 0
		
	--start a new transaction if the caller has not started one
	set @tranCount = @@trancount
	if @tranCount > 0 
		save tran CreateBGPJob_tran
	else
		begin tran CreateBGPJob_tran
		

	--if the job already exists for this database, clear up all job steps
	if exists (select 1
				from msdb.dbo.sysjobs_view
				where name = @jobName
                and originating_server = lower(CONVERT(NVARCHAR(30), SERVERPROPERTY('ServerName'))))
    begin
		declare @stepcount int
		
		select @jobId = job_id 
		from msdb.dbo.sysjobs_view
		where name = @jobName
        and originating_server = lower(CONVERT(NVARCHAR(30), SERVERPROPERTY('ServerName')))
		
		select @stepcount = count(*)
		from msdb.dbo.sysjobsteps
		where job_id = @jobId
		
		while @stepcount > 0
		begin
			exec msdb.dbo.sp_delete_jobstep @job_name = @jobName, @step_id = @stepcount
			if @@error <> 0 return (1)	--failure	
			
			set @stepcount = @stepcount -1
		end
	end		
	else
	begin
		--create a new job
		exec msdb.dbo.sp_add_job @job_name = @jobName
								,@enabled = 1
								,@description = @localized_string_JobDescription
								,@category_name = 'MCMS Background Processing'
								,@job_id = @jobId output
		if @@error <> 0 goto errorhandler
		
		set @new_job_created = 1
	end

	set @outputFileName = '[SQLDIR]\JOBS\BGP-' + @databaseName + '-[STRTDT]-[STRTTM].log'
	
	--process expired pages
	exec msdb.dbo.sp_add_jobstep @job_id = @jobId
								,@step_name = @localized_string_JobStep_ExpiredPages					
								,@subsystem = 'TSQL'
								,@command = 'exec bgp_ProcessExpiredNodes'
								,@on_success_action = 3
								,@on_fail_action = 3
								,@database_name = @databaseName
								,@output_file_name = @outputFileName
								,@flags = 2
	if @@error <> 0 goto errorhandler

	--gallery based resources
	exec msdb.dbo.sp_add_jobstep @job_id = @jobId
								,@step_name = @localized_string_JobStep_DanglingPages					
								,@subsystem = 'TSQL'
								,@command = 'exec bgp_DeleteDanglingPages'
								,@on_success_action = 3
								,@on_fail_action = 3
								,@database_name = @databaseName
								,@output_file_name = @outputFileName
								,@flags = 2
	if @@error <> 0 goto errorhandler

	--gallery based resources
	exec msdb.dbo.sp_add_jobstep @job_id = @jobId
								,@step_name = @localized_string_JobStep_GalleryBasedResources					
								,@subsystem = 'TSQL'
								,@command = 'exec bgp_UpdateGalleryBasedResources'
								,@on_success_action = 3
								,@on_fail_action = 3
								,@database_name = @databaseName
								,@output_file_name = @outputFileName
								,@flags = 2
	if @@error <> 0 goto errorhandler

	--dangling ACLs
	exec msdb.dbo.sp_add_jobstep @job_id = @jobId
								,@step_name = @localized_string_JobStep_DanglingACL					
								,@subsystem = 'TSQL'
								,@command = 'exec bgp_DeleteDanglingACL'
								,@on_success_action = 3
								,@on_fail_action = 3
								,@database_name = @databaseName
								,@output_file_name = @outputFileName
								,@flags = 2
	if @@error <> 0 goto errorhandler

	--dangling BLOBs
	exec msdb.dbo.sp_add_jobstep @job_id = @jobId
								,@step_name = @localized_string_JobStep_DanglingBLOBs					
								,@subsystem = 'TSQL'
								,@command = 'exec bgp_DeleteDanglingBLOBs'
								,@on_success_action = 1
								,@on_fail_action = 2
								,@database_name = @databaseName
								,@output_file_name = @outputFileName
								,@flags = 2
	if @@error <> 0 goto errorhandler

	--set the second job step as the start step because, by default, we do not
	--process expired postings
	exec msdb.dbo.sp_update_job @job_id = @jobId, @start_step_id = 2 
	
	if @new_job_created > 0
	begin
		--set the schedule	
		exec msdb.dbo.sp_add_jobschedule @job_id = @jobId
										,@Name = 'MCMS Background Processing Default'
										,@enabled = 1
										,@freq_type = 4
										,@freq_interval = 1
										,@active_start_time = 10000
		if @@error <> 0 goto errorhandler

		--notify the SQL Server Agent	
		exec msdb.dbo.sp_add_jobserver @job_id = @jobId
										,@server_name = N'(local)'	
		
		if @@error <> 0 goto errorhandler
	end
	
	--commit if we started our own transaction
	if @tranCount = 0
		commit tran	CreateBGPJob_tran
		
	return(0)
		
errorhandler:
	if @@trancount > 0
		rollback tran CreateBGPJob_tran
		
	return(1)

end
GO

GRANT EXEC ON dbo.CreateBackgroundProcessingJob TO CMSSystem
GO

MCMS 2002 SP2 インストール後の手順

MCMS 2002 SP2 をインストールしたら、次の手順を実行して、テンプレートを Visual Studio 2005 で利用できるようにする必要があります。
  1. テンプレート ファイルを Visual Studio 2005\Templates フォルダにコピーします。
    1. 次のフォルダのすべての .zip ファイルをコピーします。
      MCMS Installation Path\DevTools\NewProjectWizards80\Visual Web Developer\CSharp\1033
      これらのファイルを次のフォルダにコピーします。
      マイ ドキュメント\Visual Studio 2005\Templates\ProjectTemplates\Visual Web Developer\CSharp\1033
    2. 次のフォルダのすべての .zip ファイルをコピーします。
      MCMS Installation Path\DevTools\NewProjectWizards80\Visual Web Developer\VisualBasic\1033
      これらのファイルを次のフォルダにコピーします。
      マイ ドキュメント\Visual Studio 2005\Templates\ProjectTemplates\Visual Web Developer\VisualBasic\1033
    3. 次のフォルダのすべての .zip ファイルをコピーします。
      MCMS Installation Path\DevTools\NewItemWizards80\Visual Web Developer\CSharp\1033
      これらのファイルを次のフォルダにコピーします。
      マイ ドキュメント\Visual Studio 2005\Templates\ItemTemplates\Visual Web Developer\CSharp\1033
    4. 次のフォルダのすべての .zip ファイルをコピーします。
      MCMS Installation Path\DevTools\NewItemWizards80\Visual Web Developer\VisualBasic\1033
      これらのファイルを次のフォルダにコピーします。
      マイ ドキュメント\Visual Studio 2005\Templates\ItemTemplates\Visual Web Developer\VisualBasic\1033
  2. [Visual Studio 2005 コマンド プロンプト] ウィンドウを開きます。
  3. devenv /setup と入力し、Enter キーを押します。

    : この手順を実行すると、テンプレート パスが処理され、MCMS 2002 VSIP パッケージが登録されます。

関連情報

ASP.NET IIS 登録ツールの詳細については、以下の MSDN (Microsoft Developer Network) Web サイトをクリックしてください。
http://msdn2.microsoft.com/ja-jp/library/k6h9cz8h.aspx
ASP.NET の side-by-side 実行のサポートの詳細については、次の MSDN (Microsoft Developer Network) Web サイトをクリックしてください。
http://msdn2.microsoft.com/ja-jp/library/t7604sb9(VS.80).aspx
Visual Studio 2005 の詳細については、次のマイクロソフト Web サイトをクリックしてください。
http://www.microsoft.com/japan/msdn/vstudio/

プロパティ

文書番号: 906145 - 最終更新日: 2007年11月20日 - リビジョン: 1.4
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Content Management Server 2002 Service Pack 2
キーワード:?
kbhowto kbcontentmgtserv2002sp2fix kbinfo KB906145
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com