SQL Server 2005 の統合サービス パッケージのスクリプト タスクを使用して、アプリケーション イベント ログに情報を記述する方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 906560
すべて展開する | すべて折りたたむ

概要

Microsoft SQL Server ビジネス インテリジェンスの開発を使用すると、Studio Microsoft SQL Server 2005年の統合サービス (SSIS) のパッケージを作成することができますスクリプト タスクには、SSIS パッケージにタスクを実行するが含まれます。

たとえば、タスク変数の情報のコレクションを Windows アプリケーション イベント ログに. 可能性があります。データ フロー タスクを含む SSIS パッケージを作成できます。このデータ フロー タスクには、行カウント変換が含まれます。Windows アプリケーション イベント ログに行カウント変換によって入力されたデータを書き込むには、スクリプト タスクを使用できます。

Windows アプリケーション イベント ログに情報を書き込むスクリプト タスクを使用する方法について説明します。

詳細

次の使用例は、SSIS パッケージには次の要素を作成したことを前提とします。
  • データは、仕事の流れ
  • スクリプト タスク
  • コネクタから、データ フロー タスクには、スクリプト タスク
  • データ フロー タスクでは、データに行カウント変換を作成フローします。
パッケージでは、行カウントを実行すると、変換を書き込むときに必要な行カウント データを取得、Windows アプリケーション イベント ログ。

これを行うには、SQL Server で次の手順を実行します。ビジネス インテリジェンス開発 Studio:
  1. 場合は、 制御フロー タブをアクティブに、デザイン サーフェイスを右クリックし、クリックしてください 変数.は、 変数 ウィンドウは、左側のウィンドウで表示されます。
  2. で、 変数 [ウィンドウ] をクリックして 追加変数 という名前の変数を追加するのにはmycount。既定では、新しい mycount 変数のデータ型です Int32.

    メモ 変数名は、大文字と小文字を区別します。
  3. ダブルクリック、 データ フロー タスクです。は、データ フロー タブが表示されます。
  4. ダブルクリック、 ローの数 トランス フォームです。は、 高度なエディター ダイアログ ボックスが表示されます。
  5. 設定は、値は、 VariableName プロパティmycount.
  6. クリックして、 制御フロー タブをしダブルクリック、 スクリプト タスク.は、 スクリプト タスクエディター ダイアログ ボックスが表示されます。
  7. クリックして、 スクリプト 左側のペインで項目次の値を変更し、 ReadOnlyVariables プロパティには、次の値:
    PackageName,StartTime,ExecutionInstanceGUID,mycount
    メモ パッケージ名、開始時刻、および ExecutionInstanceGUID システム変数です。これらのシステム変数を使用して、パッケージ情報を書き込むにはWindows アプリケーション イベント ログ。
  8. で、スクリプト タスク エディター ダイアログ ボックス、クリックして スクリプトの設計.
  9. その他の宣言の前にコード内で次の名前空間が含まれていることを確認してください。
    Imports System
    Imports System.Data
    Imports System.Math
    Imports System.Diagnostics
    Imports Microsoft.SqlServer.Dts.Runtime
  10. 新しいとき マイクロソフトアプリケーション用の Visual Studio ウィンドウが表示され、交換、次のコード サンプル内のコードが、 Main() メソッドです。
    	Dim varMyCount As Variable = Dts.Variables("mycount") '
    	Dim varPackageName As Variable = Dts.Variables("PackageName")
    	Dim varStartTime As Variable = Dts.Variables("StartTime")
    	Dim varInstanceID As Variable = Dts.Variables("ExecutionInstanceGUID")
    	Dim PackageDuration As Long
    
    	'<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<
    	' Event log needs
    	'>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
    	Dim sSource As String
    	Dim sLog As String
    	Dim sEventMessage As String
    	Dim sMachine As String
    	'<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<
    
    	PackageDuration = DateDiff("s", varStartTime.Value, Now())
    
    	sSource = "RowCountReporting from SSIS"
    
    	' We need the message posted to the Application event log.
    	
    	sLog = "Application"
    	sEventMessage = "Rows Processed: " & Chr(10) _
    	& "     case Rows:" + varMyCount.Value().ToString + Chr(10) _
    	& "=============================================" & Chr(10) _
    	& "The Package: " + varPackageName.Value().ToString _
    	& Chr(10) _
    	& "Started: " & varStartTime.Value().ToString _
    	& Chr(10) _
    	& "Current Time:" & System.DateTime.Now _
    	& Chr(10) _
    	& "=============================================" _
    	& Chr(10) _
    	& "Package Run Duration in seconds: " & PackageDuration _
    	& Chr(10) _
    	& "Execution GUID: " & varInstanceID.Value().ToString
    	sMachine = "."
    
    	If Not EventLog.SourceExists(sSource, sMachine) Then
    	    EventLog.CreateEventSource(sSource, sLog, sMachine)
    	End If
    
    	Dim ELog As New EventLog(sLog, sMachine, sSource)
    
    	ELog.WriteEntry(sEventMessage, EventLogEntryType.Information, 777, 2)
    
    	'###############################
    	Dts.TaskResult = Dts.Results.Success
  11. 閉じる、 Microsoft Visual Studioアプリケーション ウィンドウです。
  12. で、スクリプト タスク エディター ダイアログ ボックス、クリックして [OK].
  13. プレス F5 キー 実行するのにはパッケージです。
パッケージを正常に実行すると、次のような情報を Windows アプリケーション イベント ログが表示されます。

イベントの種類: 情報
SSIS からのイベント ソース: RowCountReporting
イベント カテゴリ: ディスク
イベント ID: 777
作成日: 2005/8/10
時間: 11時 30分: 51
ユーザー: 該当なし
コンピューター:コンピューター名
説明:
処理した行数:
行: 3 の場合
=============================================
パッケージ: RowCountsInEventLog
開始: 2005/9/14 午後 2時 27分: 19
現在の時間: 9/14/2005年 2時 27分: 19 PM
=============================================
秒後にパッケージの実行継続時間: 0
実行 GUID: {07406D68-487F-4733-BA3A-DA66A8AF7EFA}

詳細については、次の web サイトでヘルプとサポート センターを参照してください。

関連情報

詳細については、マイクロソフトでは、次のトピックを参照してください。SQL Server 2005 Books Online:
  • スクリプト タスク
  • スクリプト タスクのプログラミング
  • ハウツー解説: タスク エディターを使用してタスクのプロパティの設定
マイクロソフトの Visual Basic を使用して、Windows アプリケーション イベント ログに書き込む方法の詳細については、次のマイクロソフト開発ネットワーク (MSDN) Web サイトを参照してください。
http://msdn.microsoft.com/en-us/library/07347hdt.aspx

プロパティ

文書番号: 906560 - 最終更新日: 2011年8月3日 - リビジョン: 7.0
キーワード:?
kbhowto kbsql2005ssis kbmt KB906560 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:906560
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com