アカウントと Groove でワークスペースをバックアップする方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 907230
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

はじめに

偶発的な削除からハードウェア障害またはデータの損失を防ぐためするには、影響を受けるアカウントとワークスペースをバックアップすることをお勧めします。アカウントとワークスペース Microsoft Office Groove 2007、仮想 Office を Groove 3.x および Groove ワークスペース 2.x でさらにバックアップする方法についても説明、Groove 3.x メッセージをバックアップする方法についても説明します。

詳細

アカウントをバックアップする方法

複数のコンピューターでは、アカウントを使用する場合、または、自動バックアップを実行するマネージ Groove ドメインの一部である場合は、他のアカウントのコピーが既にあります。何かローカル Groove インストールするのにが発生した場合に、アカウントを復元するのにのに、これらのコピーのいずれかを使用できます。ただし、1 台のコンピューターで、Groove アカウントを使用して自動バックアップを実行する管理されたドメインに属していない場合は、手動でアカウントをファイルに少なくとも 59 日ごと保存して、アカウントを保護する必要があります。60 日間は、アカウント ファイルの有効期限、および、それを使用することはできません。

Groove 2007 では、この 60 日間制限要求して 935874 の修正プログラムを適用することを回避できます。 935874 の修正プログラムの詳細については、「サポート技術情報」資料を参照するには、次の資料番号をクリックしてください。
935874Groove 2007 修正プログラム パッケージの説明: 2007 年 4 月 11 日
古いアカウント ファイルはより最新の Groove リレー情報を調整する困難な場合があります。したがって、アカウントを少なくとも 60 日ごとにバックアップすることことをもお勧めします。

Groove 2007 で、Groove アカウントのデータを保存するには、次の手順を実行します。
  1. で、 オプション メニューをクリックして 基本設定.
  2. クリックして、 アカウント タブをクリックし. 保存アカウントをファイルとして保存します。 アカウント ファイルを作成します。
Groove 3.x の Groove アカウント データを保存するには、次の手順を実行します。
  1. で、 オプション メニューをクリックして 基本設定.
  2. クリックして、 アカウント タブをクリックし. アカウントをファイルとして保存します。 アカウント ファイルを作成します。
Groove 2.x で、Groove アカウントのデータを保存するには、次の手順を実行します。
  1. クリック 参照してください。プロパティ マイ アカウント.
  2. クリック アカウントのバックアップ.

ワークスペースをバックアップする方法

Groove アカウントには、環境設定、設定、および連絡先が含まれています。また、アカウントには、Groove ワークスペースとそのワークスペースのメンバーの一覧が含まれます。ただし、アカウントは実際のワークスペース データは含まれません。Groove アカウント ファイルを保存すると、したがって、ポインターのみ、ワークスペースを保存します。これらのワークスペースに格納されているすべてのデータを保存しません。Groove には、Groove アカウント ファイルをインポートする場合は、[ワークスペース] ボックスの一覧で一覧にすべて、古い共有ワークスペースが表示されます。ただし、それらを別のメンバーからフェッチするまでこれらのワークスペースを入力することはできません。

Groove でワークスペースの 2 つの種類があります。標準ワークスペースは Groove では暗号化された形式でデータを保存します。共有ワークスペースのファイルを Windows のフォルダーを同期します。いくつかのメンバーだけが含まれているか、頻繁に編集している重要なデータが含まれている標準のワークスペースがある場合は、これらのワークスペースを定期的にアーカイブすることがあります。したがって、ワークスペースが失われます場合、または重要なデータを誤って上書きされた場合に、ワークスペースのコピーからファイルを復元できます。

Groove ファイル共有ワークスペースをアーカイブすることはできません。Groove ファイル共有ワークスペースからワークスペース データを保存するには、ワークスペースで同期 Windows フォルダーのバックアップを作成するのには、優先ファイル システムのバックアップ ツールを使用します。Groove 以外の内容がネットワーク上が送信される同期 Groove フォルダーの内容は暗号化されません。そのため、ファイル システムのバックアップは、データを保持するための十分なです。

同期フォルダー内のファイルが失われ、Groove でオンラインにする場合は、Groove ワークスペースの同期を削除するメッセージを送信します。同期フォルダーからファイルが失われている場合は、すべてのファイルが復元されるまで Groove を再起動しないでください。Groove がアクティブであるか、変更された名前が復元されるときに追加される任意のファイルを新規として表示されます。したがって、ファイルするには、フォルダーのダウンロード プロパティに従って他ワークスペースのメンバーに伝達されます。これらのファイルを再送信するデータの損失は発生しませんが、ネットワークのリソースとコンピューター リソースを消費します。

任意他のワークスペースからワークスペース データを保存するには、ワークスペース アーカイブとして保存する必要があります。Groove 2007 または Groove 3.x では、この操作を行うには、次の方法のいずれかを使用します。
  • 任意のワークスペースの一覧で、ワークスペースを右クリックしをクリックしてください として保存します。プロパティ アーカイブ.ダイアログ ボックスが表示されたら、ファイル名を指定し、必要であれば、パスワード。
  • 起動バーをクリックして、 ワークスペース タブをクリックし、[ワークスペース] をクリックします。で、 ファイル メニューのポイント 作業状態ファイルとして保存します。プロパティ アーカイブ.ダイアログ ボックスが表示されたら、ファイル名を指定し、必要であれば、パスワード。
ワークスペースは Groove 2.x でアーカイブとして保存するには、次の方法のいずれかを使用します。
  • 任意のワークスペースの一覧で、ワークスペースを右クリックしをクリックしてください として保存します。プロパティ アーカイブ.ダイアログ ボックスが表示されたら、ファイル名を指定し、必要な場合は、パスフレーズ。
  • クリック 参照してください。[ 自分のスペースをクリックし、[ワークスペース] をクリックします。で、 ファイル メニューをクリックして 共有スペースとして保存します。プロパティ アーカイブ.ダイアログ ボックスが表示されたら、ファイル名を指定し、必要な場合は、パスフレーズ。
Groove 2007 または Groove 3.x ワークスペースを復元するには、次の手順を実行します。
  1. ワークスペース マネージャーでまたは起動バーでワークスペースの一覧を開きます。
  2. で、 ファイル メニューのポイント 新しい、ポイント ワークスペースからプロパティ アーカイブ.
  3. ダイアログ ボックスが表示されたら、場所、ファイル名、および、ワークスペースを保存するために使用するパスワードを提供します。
Groove 2.x でワークスペースを復元するには、次の手順を実行します。
  1. クリック 参照してください。プロパティ 自分のスペース.
  2. で、 ファイル メニューをクリックして 共有スペースのアーカイブを開く.
  3. ダイアログ ボックスが表示されたら、場所、ファイル名、および、ワークスペースを保存するために使用するパスフレーズを提供します。
ワークスペースを復元すると、そのワークスペースのコピーを作成します。さらに、あなたは、唯一のメンバーのワークスペースのコピーです。元のワークスペースに、アクティブなメンバーになることを返すか、または、アクティブなワークスペースを確認するには、コピーを他のユーザーを招待するに招待する必要があります。ワークスペース アーカイブ ファイルには明示的にタイムアウトはありません。ただし、任意のバックアップと同様に、ワークスペース アーカイブ ファイル、アクティブな情報とはやや異なるように、あまり役になります。

Groove 仮想 Office 3.1 およびそれ以前のバージョンの Groove のメッセージをバックアップする方法

Groove バックアップ関数は、メッセージ履歴はありません。ただし、Groove 仮想 Office 3.1 および Groove の以前のバージョンでは、メッセージの一部またはすべてワークスペースにエクスポートできます。インスタント メッセージをアーカイブするには、[メッセージの履歴] ウィンドウで、メッセージを選択、クリックしてください 送信します。プロパティ 新しいワークスペース.ワークスペースを作成した後、ワークスペースをアーカイブするには、「ワークスペースをバックアップする方法」セクションで記載されている、ワークスペース バックアップ手順に従ってください。この機能は Groove 2007 では利用できません。

自動バックアップのオプション

その他の自動化されたデータ保護のため、Groove を使用するように設計されたバックアップ製品を検討してください。Microsoft のパートナーからの使用可能なツールの部分的な一覧については、「サード パーティ製ツール」セクションでを参照してください、Groove バックアップ オプションホワイト ペーパー「Microsoft ダウンロード センター」には。このリストは更新されていることに注意してください。Groove 互換のバックアップ ツールの他のソースから利用可能なこともあります。

関連情報

保存およびワークスペース データを復元する方法の詳細については、「ワークスペースの管理] セクションでは、Groove ヘルプを参照してください。

プロパティ

文書番号: 907230 - 最終更新日: 2012年4月13日 - リビジョン: 11.1
キーワード:?
kbinfo kbexpertiseinter kbmt KB907230 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:907230
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com