SharePoint Portal Server 2003 データベースのアップグレードを再起動することはできませんまたは SharePoint サーバーの全体管理 Web ページ上の仮想サーバー表示「アップグレード」

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 907308 - 対象製品
重要です この資料では、レジストリを変更する方法について説明します。 変更する前にレジストリをバックアップすることを確認します。 問題が発生した場合はレジストリを復元する方法を知っているを確認します。 バックアップ、復元、およびレジストリを変更する方法の詳細についてはをクリックして以下「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) 資料を参照。
322756バックアップおよび Windows のレジストリを復元する方法
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

現象

Microsoft Office SharePoint Portal Server 2003 データベースのアップグレードの失敗または場合、ユーザーによって取り消さ、再起動できないデータベースのアップグレードします。 また、SharePoint サーバーの全体管理内の仮想サーバー をアップグレード を表示します。

イベント ログを表示する場合がメッセージ次情報、アプリケーション ログに。

イベントの種類: 情報
イベント ソース: SharePoint ポータルの管理サービス
分類 : None
イベント ID: 601 日: 2005 年 10 月 26 日の時間: 6:38:01 PM
ユーザー : N/A
コンピューター: コンピューター名
説明:
SharePoint Portal Server 2003 のポータル サイトに更新プログラムを適用しようとしました。
ポータル サイトの数: 2
ポータル サイトの試行の数: 1
ポータル サイトが正常に更新の数: 1
実行されない: 1
この修正プログラム、または詳細については *_spsadmin.log に含まれる、リリース ノート ファイル参照してください。

詳細については、http://support.microsoft.com でのヘルプとサポート センターを参照してください。
データ:
0000: 41 00 70 00 70 00 44 00 A.p.p.D.
0008: 6 f 00 6 d 00 61 69 00 o.m.a.i.
0010: 6e 00 3a 00 20 73 00 n:: です。 : %s。
0018: 70 00 73 00 61 64 00 p.s.a.d.
0020: 6 d 69 00 6e 00 2e 00 m.i.n.
0028: 65 78 00 65 00 e.x.e.

原因

この問題は SharePoint Portal Server 2003 SP2 修正プログラムを適用するとき、または Microsoft Office SharePoint Portal Server 2003 Service Pack 2 (SP2) をインストールするときに発生する可能性があります。 SharePoint Portal Server 2003 SP2 をインストールするか、SharePoint Portal Server 2003 SP2 の修正プログラム適用する場合は、更新プログラムの一部として、SharePoint Portal Server 2003 データベースのアップグレード行われます。

解決方法

警告 深刻な問題が変更した場合、レジストリが誤ってをレジストリ エディターを使用するかをもう 1 つの方法を使用が発生します。 これらの問題のオペレーティング システムの再インストールすることが必要に可能性があります。 Microsoft できません、これらの問題責任を負わないこととします。 ユーザー自身の責任においてレジストリを変更します。

SharePoint Portal Server 2003 のすべてのログを確認します。 これらのログがイベント ID 601「現象」に記載されている、*_spsadmin.log ログを含める これらのログに記載されているエラーを修正します。 SharePoint Portal Server 2003 のすべてのログ内で見つけるある問題を修正するでアップグレード問題が解決しない場合は、次手順を使用します。

この問題を解決するには、次の状況に応じて適切な手順に従います。

単一および小規模の SharePoint Portal Server ファームで

  1. 開始 ] をクリックして 実行 ] をクリックして、 regedit と入力して [OK] をクリックします。
  2. 次のサブキーを探してクリックします:
    ポータルのの Server\2.0\SPSDatabaseUpdate の HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\SharePoint
  3. UpdateRequired
    をダブルクリックし、 値のデータ ] 1 を入力して [OK] をクリックします。
  4. UpdateComplete
    をダブルクリックし、 値のデータ ] 0 を入力して [OK] をクリックします。
  5. 次のサブキーを探してクリックします:
    ポータルの HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\SharePoint Server\2.0
  6. TargetSchemaVersion_Portal
    をダブルクリックして、 値のデータ ] ボックスに、適切な値を入力し、 [OK]

    メモ SP2 の適切な値は 2.0.40.1 がします。 ただし、別のスキーマ バージョンを SP2 修正プログラムに含まれる場合があります。 適切な値を入力することを確認します。
  7. レジストリ エディターを閉じます。
  8. 開始 ] をクリックして [ 実行 ] をクリックして、 services.msc と入力して [OK] をクリックします。
  9. の管理 ] をクリックし、 再起動 ツールバー。
  10. サービス スナップインを終了します。
  11. 他のエラーが発生するかどうかを特定する、イベント ログを確認します。

中規模および大規模の SharePoint Portal Server ファームで

  1. 開始 ] をクリックして、 管理ツール ] をポイントして [ サービス ] をクリックします。
  2. サービス MMC スナップインで の管理ページ をダブルクリックして、[ 停止 ] をクリックして、 スタートアップの種類 を [ 手動 ] に設定し、 [OK]
  3. 各フロントエンド Web サーバー ファーム内で手順 1 〜 2 を繰り返します。
  4. 開始 ] をクリックして 実行 ] をクリックして、 regedit と入力して [OK] をクリックします。
  5. 次のサブキーを探してクリックします:
    ポータルのの Server\2.0\SPSDatabaseUpdate の HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\SharePoint
  6. UpdateRequired
    をダブルクリックし、 値のデータ ] 1 を入力して [OK] をクリックします。
  7. UpdateComplete
    をダブルクリックし、 値のデータ ] 0 を入力して [OK] をクリックします。
  8. 次のサブキーを探してクリックします:
    ポータルの HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\SharePoint Server\2.0
  9. TargetSchemaVersion_Portal
    をダブルクリックして、 値のデータ ] ボックスに、適切な値を入力し、 [OK]

    メモ SP2 の適切な値は 2.0.40.1 がします。 ただし、別のスキーマ バージョンを SP2 修正プログラムに含まれる場合があります。 適切な値を入力することを確認します。
  10. レジストリ エディター] を閉じ、コンピューターを再起動します。
  11. コンピューターが再起動したら 開始 ] をクリックして、 管理ツール ] をポイントして [ サービス ] をクリックします。
  12. サービス MMC スナップインで の管理ページ をダブルクリックして、 開始 ] をクリックして、 スタートアップの種類 を [ 自動 ] に設定し、 [OK]。
  13. 開始 ] をクリックして、 管理ツール ] をポイントして [ サーバーの管理 ] をクリックします。
  14. [サーバーの全体管理] ページには 仮想サーバー設定の構成 [ 仮想サーバー設定 ] でクリックします。
  15. かどうか、仮想サーバーがまだ表示仮想サーバー名の横にある アップグレード を決定します。
  16. アップグレード が表示されて場合は、手順 1 と 2 で、コンピューターの管理サービスを停止を繰り返します。 仮想サーバーの少なくとも 1 つが表示されない アップグレード までは、別のフロントエンド Web サーバーの手順 4 〜 15 を繰り返します。
  17. 仮想サーバーが アップグレード を [ 仮想サーバーの設定 が表示されない場合、する必要があります最初、バックアップする、ファーム内のすべての SharePoint サイト SharePoint ポータル サーバーのデータのバックアップと復元を使用します。

    バックアップを作成し、SharePoint Portal Server 2003 を復元する方法の詳細については、「バックアップと復元」の参照、Microsoft Office SharePoint Portal Server 2003 管理ガイドします。
  18. SharePoint Portal Server 2003 をバックアップした後、コマンド プロンプトで次のコマンドを実行して強制アップグレードの残りのフロントエンド Web サーバー ファーム内で実行する必要があります。
    stsadm-o - forceupgrade - URL http://siteurl をアップグレードします。
    メモ 既定では、stsadm コマンド ライン ツール、\Program Files\Common Files\Microsoft Shared\web サーバーの extensions\60\BIN フォルダーにあります。
  19. 各フロントエンド Web サーバーが拡張仮想サーバーを表示 をアップグレード する手順を実行する必要があります。

詳細

PortalSchemaVersion テーブルのすべてのポータル データベースにスキーマのバージョンを格納する、SharePoint Portal Server 2003 データベース。 これらのデータベースは、構成、_SITE、_PROF、および _SERV データベースを含めます。

SharePoint Portal Server 2003 のオリジナル リリース版のおよび SharePoint Portal Server 2003 Service Pack 1 (SP1)、すべてのポータルの PortalSchemaVersion テーブルの列のデータベースがようになります。
SchemaVersion 2.0.40.0
BuildVersion 11.0.5704.0
SharePoint Portal Server 2003 Service Pack 2 (SP2) をインストールすると、列のすべてのポータル データベースの PortalSchemaVersion テーブルはようになります。
SchemaVersion 2.0.40.1
BuildVersion 11.0.8126.0
メモ 構成データベースの SchemaVersion は変わりません。 2.0.3.0 になります。

SharePoint Portal Server 2003 Service Pack 3 (SP3) をインストールすると、列のすべてのポータル データベースの PortalSchemaVersion テーブルはようになります。
SchemaVersion: 2.0.40.5
BuildVersion 11.0.8168.0

状況

マイクロソフトとして認識していますこの問題を記載されているいるマイクロソフト製品の問題。

プロパティ

文書番号: 907308 - 最終更新日: 2008年4月10日 - リビジョン: 6.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Office SharePoint Portal Server 2003
キーワード:?
kbtshoot kbprb kbmt KB907308 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:907308
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com