Windows インストーラーでの基本的なトラブルシューティング手順

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 907749 - 対象製品
この資料には、Windows Installer Cleanup ユーティリティ (MSICUU2.exe) へのリンクが記載されている可能性があります。Windows Installer Cleanup ユーティリティを使用して問題を解決するためにこの資料が提示された場合、製品のインストールのサポートについてはソフトウェアの製造元に連絡してください。また、Windows インストーラーを使用する製品のアンインストールの問題のトラブルシューティング手順については、以下のサポート技術情報の資料を参照してください。

2438651 Windows ベースのコンピューターでプログラムをインストール、アンインストール、またはアップグレードするときに発生することがある問題のトラブルシューティング方法
Notice
この資料は、Windows インストーラー クリーンアップ ユーティリティ (MSICUU2.exe) へのリンクもあります。Windows インストーラー クリーンアップ ユーティリティを使用して問題を解決しようとしていてこの資料が表示された場合、製品のインストールに関するサポートについてはソフトウェアの製造元に連絡してください。または Windows インストーラーを使用している製品のアンインストールに関する問題をトラブルシューティングする手順については、以下のマイクロソフト サポート技術情報資料を参照してください。

すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

Microsoft Windows インストーラー、および Windows インストーラーがインストールされている場合に発生する可能性がありますの問題をトラブルシューティングする方法の概要を掲載しています。
インストールし、構成する Microsoft Windows インストーラーを使用することができます。インストール パッケージ。インストール パッケージに、すべての情報が含まれています。Windows インストーラーをインストールする、またはアプリケーションを削除する必要があること、または製品およびセットアップのユーザー インターフェイスを実行します。各インストール パッケージが含まれています。インストール データベース、概要の情報を含む .msi ファイルストリーム、およびインストールのさまざまな部分のデータ ストリーム。.Msi ファイル1 つまたは複数の変換、内部ソース ファイル、および外部も含めることができます。ソース ファイルまたは必要なキャビネット ファイルがインストールします。

利用できるバージョンの概要を次に示しますWindows インストーラー。
  • Windows インストーラー 3.1: Windows インストーラー 3.1 で含まれていますWindows Server 2003 Service Pack 1 (SP1)。Windows インストーラー 3.1 も. します。再配布可能なシステム コンポーネントを Windows 2000 SP3、Windows 2000 SP4、Windows XP、Windows XP SP1Windows XP SP2、および Windows Server 2003。詳細についてはWindows インストーラー 3.1 は、次のマイクロソフトの Web を参照してください。サイト:
    http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=889482fc-5f56-4a38-b838-de776fd4138c
    するには重要な更新として Windows インストーラー 3.1 をインストールする、次を参照してください。Microsoft の Web サイト:
    http://update.microsoft.com
  • Windows インストーラー 3.0: Windows インストーラー 3.0 Windows XP に含まれています。SP2。Windows インストーラー 3.0 再頒布可能でいただけますWindows 2000 SP3、Windows 2000 SP4、Windows XP、Windows XP SP1、および Windows Server 2003 のシステム コンポーネント。Windows インストーラーの詳細について3.0 では、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
    http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=5fbc5470-b259-4733-a914-a956122e08e8
  • Windows インストーラー 2.0: Windows インストーラー 2.0 は Windows Server 2003 に含まれている、Windows XP、および Windows 2000 SP3。Windows インストーラー 2.0 します。2 つのパッケージとして利用できます。インストールまたは Windows へのアップグレードを 1 つのパッケージが使用されます。Windows Millennium Edition、Windows 98 上のインストーラー 2.0Windows 95。その他のパッケージをインストールまたはアップグレードするに使用されます。Windows 2000 および Windows NT 4.0 に Windows インストーラー 2.0SP6。詳細については Windows インストーラー 2.0Windows Millennium Edition、Windows 98、および Windows 95 の場合は、次を参照してください。Microsoft の Web サイト:
    http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=cebbacd8-c094-4255-b702-de3bb768148f
    をWindows 2000 および Windows NT 用の Windows インストーラー 2.0 の詳細については、4.0 では、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
    http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=4b6140f9-2d36-4977-8fa1-6f8a0f5dca8f
    これらのパッケージをインストールまたはアップグレードするのには使わないでください。Windows インストーラー 2.0 では、Windows Server 2003 または Windows XP で。
  • Windows インストーラー 1.2: Windows インストーラー 1.2 は Windows Millennium に含まれていますエディションです。Windows インストーラー 1.2 は Windows 95、Windows 98、および Windows NT 4.0 SP3 または以降のバージョンの Windows NT 4.0 ではサポートされます。
  • Windows インストーラー 1.1: Windows インストーラー 1.1 は、Windows 2000 に含まれています。Windows インストーラー 1.1 再配布可能なシステムのコンポーネントとして、Windows 95、Windows 98、および Windows NT 4.0 SP3 または Windows NT 4.0 以降のバージョンで利用可能です。
  • Windows インストーラー 1.0: Windows インストーラー 1.0 では、Microsoft Office 2000 に含まれています。Windows インストーラー 1.1 は、Windows 95、Windows 98、および Windows NT 4.0 SP3 または以降のバージョンの Windows NT 4.0 ではサポートされます。
Windows インストーラーのバージョンがコンピューターにインストールされているを確認するのには、次の手順を実行します。
  1. クリックしてください。 スタート[ Exchange Server 2010 SP1 をインストールした後 Outlook クライアント アプリケーションがパブリック フォルダーに接続できない,種類 %systemroot%\system32プロパティ].
  2. Usbehci.sys Msi.dllプロパティプロパティ.
  3. クリックして、 バージョン タブをクリックし、[メモの ファイル バージョン 数です。

詳細

重要このセクション、方法、またはタスクには、レジストリの変更方法が記載されています。レジストリを誤って変更すると、深刻な問題が発生することがあります。そのため、この手順を慎重に実行するようにしてください。万一に備えて、編集の前にレジストリをバックアップしてください。そうすることで、問題が発生した場合でもレジストリを復元できます。レジストリをバックアップおよび復元する方法の詳細については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
322756 Windows でレジストリをバックアップおよび復元する方法


重要次の情報を使用して、Windows インストーラーは、トラブルシューティングを行う前に最初のメソッドでは、次のマイクロソフト サポート技術情報を実行することをお勧めします。資料:
319624 アプリケーションをインストールするときに「Windows インストーラー サービスにアクセスできませんでした」のエラー メッセージします。


発生する可能性があります問題を解決するにはWindows インストーラーを使用して、プログラムをインストールすると、次の方法を使用します。

方法 1: Windows インストーラーの再登録します。

Windows インストーラーを再登録するのには、次の手順を実行します。

メモ あるので、いくつかのバージョンの Microsoft Windows を次の手順はコンピューターによって異なることがあります。いる場合を参照してください、製品ドキュメント手順を完了するのには
  1. 上の Msiexec.exe ファイルの場所を確認します。ディスクです。これを行うには、次の手順を実行します。
    1. クリックしてください。 スタートをポイントするのには 検索プロパティ ファイルやフォルダー.
    2. クリックしてください。 すべてのファイルとフォルダー.
    3. で、 ファイル名のすべてまたは一部ボックス型 Msiexec.exeプロパティ 検索.
    4. 検索結果には、場所を注意してください。Msiexec.exe ファイルです。

      Msiexec.exe ファイルのファイルの場所C:\Windows\System32 になっています。

      メモ Windows 98 ベースのコンピューターでは、Msiexec.exe ファイルです。%Windir%\System フォルダーにあります。
    5. で、 ファイル メニューをクリックして 閉じる.
  2. Windows の Msiexec.exe ファイルの場所を確認します。レジストリに。これを行うには、次の手順を実行します。
    1. クリックしてください。 スタート[ Exchange Server 2010 SP1 をインストールした後 Outlook クライアント アプリケーションがパブリック フォルダーに接続できない] レジストリ エディタープロパティ ].
    2. 次のレジストリ キーを見つけて、クリックします。
      HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\MSIServer
    3. 右側のペインでダブルクリックします。 イメージパス.
    4. で、 [文字列を編集します。 ダイアログ ボックス、確認文字列に、 [値のデータ ボックスが含まれています、ステップ 1 にある、ハード ディスク上の Msiexec.exe ファイルの正しいパスをします。

      Msiexec.exe ファイルがある場合の例については、続いて ドライブ: \Windows\System32 フォルダーに、ハードディスク、Msiexec.exe ファイルの正しいパスが 値データ ボックスします。 ドライブ: \Windows\System32\Msiexec.exe/V。この例では、 ドライブ Windows がインストールされているドライブです。

      メモ Windows 98 ベース コンピューターでの適切なパスをMsiexec.exe ファイルです。 ドライブ: \Windows\System\Msiexec.exe/V。

      メモ /V スイッチで詳細ログを有効します。
    5. 場合は、 [値のデータ ボックスに正しいパスが含まれていませんを確認します。パスを修正して、適切な変更 ].
    6. レジストリ エディターを終了します。
  3. コンピューターをセーフ モードで起動し、登録します。Msiexec.exe ファイルです。これを行うには、次の手順を実行します。
    1. コンピューターを再起動します。
    2. 次のメッセージが表示されたら、F8 キーを押します。
      オペレーティング システムを選択してください。開始します。
    3. で、 Windows の詳細オプション メニュー矢印キーを使用してを選択します。 セーフ モード、し、ENTER キーを押します。
    4. デュアル ブート コンピューターまたはマルチブート コンピューターを使用する場合は、表示される一覧から、適切なオペレーティング システムを選択し、ENTER キーを押します。
    5. コンピューターにログオンします。
    6. クリックしてください。 スタート[ Exchange Server 2010 SP1 をインストールした後 Outlook クライアント アプリケーションがパブリック フォルダーに接続できない] Msiexec/regserver、し、クリックしてください。 ].
  4. 標準で、コンピューターを再起動します。モードです。
問題が引き続き発生する場合は、方法 2 の手順を実行します。

方法 2: Windows インストーラーの再インストールします。

Windows インストーラーを再インストールするのには、実行します。以下の手順します。
  1. コンピューターをセーフ モードで起動します。これを行うには、以下を実行します手順:
    1. コンピューターを再起動します。
    2. 次のメッセージが表示されたら、F8 キーを押します。
      オペレーティング システムを選択してください。開始します。
    3. で、 Windows の詳細オプション メニュー矢印キーを使用してを選択します。 セーフ モード、し、ENTER キーを押します。
    4. デュアル ブート コンピューターまたはマルチブート コンピューターを使用する場合は、表示される一覧から、適切なオペレーティング システムを選択し、ENTER キーを押します。
    5. コンピューターにログオンします。
  2. クリックしてください。 スタート[ Exchange Server 2010 SP1 をインストールした後 Outlook クライアント アプリケーションがパブリック フォルダーに接続できない,種類 cmdプロパティ ].
  3. コマンド プロンプトに入力します。 attrib-r-s-h%Windir%\System32\dllcache.

    メモ Windows 98 ベースのコンピューターでは、入力します。システム 代わりにSystem32.

    メモ Windows Server 2003 SP1 ベースのコンピューターでは、これをスキップします。手順です。代わりに、手順 4 に進みます。
  4. コマンド プロンプトに入力します。CD %Windir%\System32、し、ENTER キーを押します。
  5. コマンドのプロンプトが表示されたら、キーを押すと、次の行を入力します。1 行ごとに入力してください。
    ren msi.dll msi.old
    ren msiexec.exe msiexec.old
    ren してください msihnd.old
  6. コマンド プロンプトに入力します。 exit,ENTER キーを押します。
  7. コンピューターをセーフ モードで再起動します。
  8. Windows インストーラーのファイルをハード ディスクに更新します。最新のバージョンです。

    メモ Windows Server 2003 SP1 ベースのコンピューターでは、抽出します。Windows インストーラー 3.1 再頒布可能パッケージとの %Windir%\System 32 フォルダーにある次のファイル [コピー内のファイルコンピューター:
    • Msi.dll
    • Msiexec.exe
    • Msihnd.dll
  9. コンピューターを標準モードで再起動します。

関連情報

詳細については、Windows インストーラー 3.1v2 は、マイクロソフト サポート技術情報の資料を参照する次の資料番号をクリックします。
893803Windows Installer 3.1 v2 (3.1.4000.2435) が利用可能です
Windows インストーラーの詳細についてテクノロジは、マイクロソフト サポート技術情報の資料を参照する次の資料番号をクリックして。
310598Windows インストーラー テクノロジの概要
詳細については、Windows インストーラーのクリーンアップを使用する方法インストール時の問題のトラブルシューティングを行うユーティリティは、マイクロソフト サポート技術情報の資料を参照する次の資料番号をクリックします。
290301Windows インストーラー クリーンアップ ユーティリティの説明


詳細については Windowsインストーラーのエラー メッセージを参照してください、次の Microsoft Developer Network (MSDN) Webサイト:
http://msdn2.microsoft.com/en-us/library/aa372835.aspx

プロパティ

文書番号: 907749 - 最終更新日: 2013年4月7日 - リビジョン: 31.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows Installer 3.1?を以下の環境でお使いの場合
    • Microsoft Windows Server 2003, Standard Edition (32-bit x86)
    • Microsoft Windows Server 2003, Web Edition
    • Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition (32-bit x86)
    • Microsoft Windows XP Professional
    • Microsoft Windows XP Home Edition
  • Microsoft Windows Installer 3.0?を以下の環境でお使いの場合
    • Microsoft Windows Server 2003, Web Edition
    • Microsoft Windows Server 2003, Standard Edition (32-bit x86)
    • Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition (32-bit x86)
    • Microsoft Windows XP Professional
    • Microsoft Windows XP Home Edition
キーワード:?
kbmsicuu2 kbtshoot kbinfo kbhowto kbmt KB907749 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:907749
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com