Systems Management Server を使用して、Visual Studio 2005年を展開する方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 907759
マイクロソフトの Visual Studio では。Net バージョンこの資料の「を参照してください。 327792.
マイクロソフトの Visual Studio では。NET 2002 バージョンこの資料の「を参照してください。 309657.

すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

はじめに

この資料では、Microsoft Systems Management Server (SMS) を使用して、Visual Studio 2005年およびそのシステムの依存関係をネットワーク経由で展開する方法について説明します。ネットワーク経由で管理者権限を持つプログラムを展開するのには、SMS を使用できます。

この資料では、Visual Studio 2005年を展開するすべてのクライアント コンピューターが、2005 年の Visual Studio の最小要件を満たしているものとします。詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
908452Microsoft Visual Studio 2005年セットアップ問題 Readme ファイルの内容

詳細

ネットワーク イメージを作成します。

Cd または Dvd から Visual Studio 2005年のセットアップ プログラムは、ネットワーク共有からを代わりに実行できます。次に、Visual Studio 2005年をネットワーク共有からのインストールを準備する方法を示しています。

メモ Visual Studio 2005年のセットアップ プログラムを実行すると、visual SourceSafe がインストールされていません。ただし、Visual SourceSafe のインストール メディアの内容をネットワーク経由で別のインストールとしてこれらの製品を展開するのには、サーバー上の別のフォルダーにコピーできます。

Visual Studio 2005年のインストール ファイルを共有します。

  1. サーバー上のフォルダーを作成します。たとえば、VisualStudio2005 という名前のフォルダーを作成します。
  2. VisualStudio2005 フォルダーには、次の 2 つのフォルダーを作成します。VisualStudio と MSDN の次のフォルダーの名前を付けます。これらのフォルダーのパス名は次のとおりに表示されます。
    • VisualStudio2005\VisualStudio
    • VisualStudio2005\MSDN
    メモ これらのパス名の例は、この資料で使用されます。
  3. Visual Studio 2005年、VisualStudio2005\VisualStudio フォルダーにラベルの付いたすべての Cd の内容をコピーします。ダイアログ ボックスが表示されたら、既存ファイルを上書きします。
  4. MSDN ライブラリ 2005 で Visual Studio は、VisualStudio2005\MSDN フォルダーにラベルが付けられますすべての Cd の内容をコピーします。ダイアログ ボックスが表示されたら、既存ファイルを上書きします。
  5. メモ帳などのテキスト エディターでは、Setup.ini ファイルを開きます。Setup.ini ファイルが VisualStudio2005\VisualStudio フォルダーにあります。
  6. [ドキュメント] セクションで、次の行を見つけます。
    [Documentation]
    DIR=
  7. 次に手順 6 で見つけた行を変更します。
    [Documentation]
    DIR=..\MSDN
  8. 保存し、ファイルを閉じます。

    メモ この変更は、セットアップ処理中にディスクのスワップを要求を防止します。この変更は、MSDN ライブラリの CD のセットアップ プログラムへの正しいパスをまた提供します。
  9. セットアップ フォルダーを開きます。このフォルダーは、VisualStudio2005\VisualStudio に置かれています。
  10. メモ帳などのテキスト エディターで Setup.sdb ファイルを開きます。ファイルの末尾に次の行を追加します。
    [Product Key]
    XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX 
    
    メモ XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX は CD のパッケージにある、25 文字のプロダクト キーです。プロダクト キーで表示される、ダッシュ (-) を入力しないでください。
  11. 保存し、ファイルを閉じます。

    メモ この変更、セットアップ処理中に、プロダクト キー ボックスを元します。
  12. ネットワーク上の VisualStudio2005 フォルダーを共有します。VisualStudio2005 の共有フォルダーに対する適切なセキュリティ設定を設定します。Visual Studio 2005年の Setup.exe ファイルがネットワーク上のパスを次のようになります。
    \\サーバー名\VisualStudio2005\VisualStudio\Setup.exe
    メモ パスとファイル名の任意の組み合わせが 260 文字を超えて 場合は、インストール プロセス中に、セットアップが失敗します。Visual Studio では、パスの最大長は 221 文字です。したがって、69 文字以下のパスをインストール ファイルをコピーすることをお勧めします。ネットワーク イメージ用のネットワーク共有を作成する場合は、ルートのインストール先の UNC パスに未満 39 文字が含まれていることをお勧めします。

    メモ インストール パスにフォルダー名にスペースが含まれる場合、セットアップはエラーとなります。たとえば、次のインストール パスを使用する場合は、セットアップ プロセス失敗します。
    \\サーバー名\VisualStudio 2005\MSDN
    \\サーバー名\VisualStudio2005\Visual studio

展開の必要条件

クライアント コンピューターは、SMS クライアント コンピューターで Visual Studio 2005年をインストールすることができます前に、Visual Studio 2005年に必要なすべてのシステム コンポーネントが必要です。ネットワーク管理者は、すべてのクライアント コンピューターに必要なシステム コンポーネントがあることを確認する必要があります。

メモ この一覧に表示される順序でコンポーネントを配置することをお勧めします。たとえば、Microsoft Windows インストーラーの 3.1 にする前に、Microsoft が表示されます。NET Framework のインストールすることはできませんので、します。Windows インストーラー 3.1 がインストールされている場合を除いて、NET Framework。

メモ 開発する場合は、Web アプリケーションまたは Microsoft ASP を使用して、Web サービス。NET で、その他のコンポーネントをインストールする前に (IIS) をインストールします。

Windows Server 2003 のシステム要件

  • Microsoft Windows Server 2003 Service Pack 1 (SP1)
  • [マイクロソフト]。NET Framework 2.0
  • Microsoft Visual Studio ツールは Office 再頒布可能パッケージ
    (このパッケージは、Microsoft Visual Studio ツールの Office 製品に必要なします)。
  • Microsoft MSXML 6.0
  • Microsoft Visual Studio 2005年の 64 ビット必須コンポーネント
    (これらの前提条件は 64 ビット コンピューターで必須か)。
  • Microsoft Visual j# 再頒布可能パッケージ 2.0
  • Microsoft ドキュメント エクスプ ローラー 2005
  • Microsoft Visual Studio の 64 ビットのソフトウェア開発キット (Sdk)
    (これらの Sdk では 64 ビット アプリケーションをデバッグする必要があります。)

Windows 2000 のシステム要件

  • Microsoft Windows 2000 Service Pack 4 (SP4)
  • Microsoft Internet Explorer 6 SP1
  • Microsoft Windows インストーラー 3.1
  • Microsoft データ アクセス コンポーネント 2.8 SP1
  • [マイクロソフト]。NET Framework 2.0
  • Microsoft Visual Studio ツールは Office 再頒布可能パッケージ
    (このパッケージは、Microsoft Visual Studio ツールの Office 製品に必要なします)。
  • Microsoft MSXML 6.0
  • Microsoft Visual Studio 2005年の 64 ビット必須コンポーネント
    (これらの前提条件は 64 ビット コンピューターで必須か)。
  • Microsoft Visual j#。NET の再頒布可能パッケージ 2.0
  • Microsoft ドキュメント エクスプ ローラー 2005
  • Microsoft Visual Studio の 64 ビット Sdk
    (これらの Sdk では 64 ビット アプリケーションをデバッグする必要があります。)

Windows XP のシステム要件

  • Microsoft Windows XP Service Pack 2 (SP2)
  • Microsoft Internet Explorer 6 SP1
  • [マイクロソフト]。NET Framework 2.0
  • Microsoft Visual Studio ツールは Office 再頒布可能パッケージ
    (このパッケージは、Microsoft Visual Studio ツールの Office 製品に必要なします)。
  • Microsoft MSXML 6.0
  • Microsoft Visual Studio 2005年の 64 ビット必須コンポーネント
    (これらの前提条件は 64 ビット コンピューターで必須か)。
  • Microsoft Visual j#。NET の再頒布可能パッケージ 2.0
  • Microsoft ドキュメント エクスプ ローラー 2005
  • Microsoft Visual Studio の 64 ビット Sdk
    (これらの Sdk では 64 ビット アプリケーションをデバッグする必要があります。)

必要なコンポーネントを展開します。

Visual Studio 2005年に必要な各システム コンポーネントは、Visual Studio の CD-ROM または DVD-ROM の WCU フォルダーにあります。いくつかのこれらのコンポーネントのフォルダーの場所を次に示します。
  • Microsoft ドキュメント エクスプ ローラー 2005年パッケージは DExplore フォルダーにあります。
  • Microsoft MSXML 6.0 パッケージ、MSXML に置かれています。
  • マイクロソフト。NET Framework パッケージは dotNetFramework に置かれています。
メモ Visual Studio が正常に実行する 2005 では、バージョンを展開する必要がありますは。Net dotNetFramework] フォルダーに置かれています。

Systems Management Server 2.0 を使用して Windows インストーラー セットアップ パッケージを展開する方法の詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://www.microsoft.com/smserver/techinfo/deployment/20/deployosapps/deploymsi.mspx
Microsoft をインストールする方法の詳細については。NET Framework では、次のマイクロソフト開発ネットワーク (MSDN) Web サイトを参照してください。
http://msdn2.microsoft.com/en-us/library/ms994395.aspx
その他のコンポーネントを展開するには、次の手順を実行します。
  1. コンポーネント パッケージを作成します。
  2. コンポーネント プログラムを作成します。
  3. コンポーネント配布ポイントを作成します。
  4. コンポーネントの提供情報を作成します。

手順 1: コンポーネント パッケージを作成します。

  1. クリックしてください。 開始、ポイント プログラム、し Systems Management Server SMS 管理コンソールを表示します。
  2. で、 サイト データベース ツリー、右クリック パッケージ、ポイント 新しい、し パッケージ.
  3. で、 全般 タブの パッケージのプロパティ ダイアログ ボックスで、該当するフィールドに次の値を追加します。
    元に戻す全体を表示する
    フィールド
    名前コンポーネント名
    バージョンコンポーネントのバージョン
    発行元マイクロソフト
    言語コンポーネントの言語
  4. で、 データ ソース タブのチェック ボックスをオンにする] をクリックします。 このパッケージにソース ファイルが含まれています。、し 常にソース ディレクトリからファイルを取得します。.
  5. クリックしてください。 セット.
  6. で、 ソース ディレクトリの設定 ダイアログ ボックス、クリックして サイト サーバーのローカル ドライブ、し 参照.
  7. で、 フォルダーを参照します。 ダイアログ ボックスで、インストールされるコンポーネントのフォルダーを選択、次の一覧に.
    元に戻す全体を表示する
    コンポーネントフォルダー
    Microsoft Windows インストーラー 3.1。 \msi31
    Microsoft データ アクセス コンポーネント 2.8 SP1。 \MDAC28
    [マイクロソフト]。NET Framework 2.0。 \dotNetFramework
    Microsoft Visual Studio ツールは Office 再頒布可能パッケージ。 \VS Office ツール
    マイクロソフト MSXML6.0。 \msxml
    Microsoft Visual Studio 2005年の 64 ビット必須コンポーネント.\64bitPrereq\x64
    Microsoft Visual j#。NET の再頒布可能パッケージ 2.0。 \JSharpRedistCore
    Microsoft Document Explorer。 \DExplore
    Microsoft Visual Studio の 64 ビット Sdk.\SDK\x648
  8. クリックしてください。 [OK] ダイアログ ボックスを閉じるに 3 回。

手順 2: コンポーネントのプログラムを作成します。

このセクションでは、パッケージ用のプログラムを作成します。各 SMS パッケージには、少なくとも 1 つの SMS プログラムが含まれます。SMS プログラムは、パッケージの実行方法を制御するのには、各ターゲット コンピューターで実行されるコマンド ライン プログラムです。
  1. 下にあります。 パッケージ で、 サイト データベース ツリー、SMS 管理コンソールの該当するノードを展開します。
  2. 右クリックします。 プログラム、ポイント 新しい、し プログラム.
  3. で、 全般 タブの プログラムのプロパティ ダイアログ ボックス、入力 コンポーネント名 プログラム で、 名前 ボックス。次に、適切な値を入力、 コマンド ・ ライン 次のリストに基づくボックス。
    元に戻す全体を表示する
    コンポーネントコマンドラインの値
    Microsoft Windows インストーラー 3.1KB893803 v2 x86.exe/quiet
    Microsoft データ アクセス コンポーネント 2.8 SP1mdac_typ.exe/q:a/c:"dasetup/Q/N"
    [マイクロソフト]。NET Framework 2.0dotnetfx.exe の/q:a: インストール/q"は、/c:"
    Microsoft Visual Studio ツールは Office 再頒布可能パッケージvstor.exe/q: インストール/q"は、/c:"
    Microsoft MSXML 6.0msxml6.msi/qb
    Microsoft Visual Studio 2005年の 64 ビット必須コンポーネントvs_bsln.exe/Q
    Microsoft Visual j#。NET の再頒布可能パッケージ 2.0vjredist.exe/q:a: インストール/q"は、/c:"
    Microsoft Document ExplorerDExplore.exe/q: インストール/q"は、/c:"
    Microsoft Visual Studio の 64 ビット Sdksetup.exe/q: インストール/q"は、/c:"
  4. で、 実行後 ボックスの一覧で、[以下のリストに基づいて適切な値を選択します。
    元に戻す全体を表示する
    コンポーネント値を実行した後
    Microsoft Windows インストーラー 3.1操作は必要ありません。
    Microsoft データ アクセス コンポーネント 2.8 SP1操作は必要ありません。
    [マイクロソフト]。NET Framework 2.0操作は必要ありません。
    Microsoft Visual Studio ツールは Office 再頒布可能パッケージ操作は必要ありません。
    マイクロソフト MSXML6.0操作は必要ありません。
    Microsoft Visual Studio 2005年の 64 ビット必須コンポーネント操作は必要ありません。
    Microsoft Visual j#。NET の再頒布可能パッケージ 2.0操作は必要ありません。
    Microsoft Document Explorer操作は必要ありません。
    Microsoft Visual Studio の 64 ビット Sdk操作は必要ありません。
  5. で、 環境 タブのチェック ボックスをオフにする] をクリックします。 必要なユーザー入力、し 管理者権限を持つ実行します。.
  6. クリックしてください。 [OK] 閉じるには、 プログラムのプロパティ ダイアログ ボックスです。

手順 3: コンポーネント配布ポイントを作成します。

このセクションでは、配布ポイントにパッケージを作成します。SMS 配布ポイントのサイト システム上の共有です。クライアント コンピューターのソース ファイルにアクセスできるようにすることをファイルを SMS 配布ポイントにパッケージ ソースをコピーします。
  1. 「適切なノードの下に サイト データベース ツリー、SMS 管理コンソールの右クリック 配布ポイント、ポイント 新しい、し 配布ポイント.
  2. 新しい配布ポイント ウィザードをクリックします。 次へ.
  3. 配布ポイントを選択するのには、パッケージをコピーします。
  4. クリックしてください。 終了日.

手順 4: コンポーネントの提供情報を作成します。

このセクションでは、プログラムの提供情報を作成します。提供情報は、どのようなプログラムは、クライアント コンピューターで利用可能です、コンピューター、提供情報を受信すると、プログラムのインストールのスケジュールを指定します。
  1. で、 サイト データベース ツリー、SMS 管理コンソールの右クリック 広告、ポイント 新しい、し 広告.
  2. で、 全般 タブの 提供情報のプロパティ ダイアログ ボックス、入力 コンポーネント名 広告 で、 名前 ボックス。
  3. で、 パッケージ ボックスの一覧で、該当するコンポーネントを選択します。
  4. で、 プログラム ボックスの一覧で、目的のコンポーネント プログラムを選択します。
  5. クリックしてください。 参照、し、プログラムの展開先のコンピューターのコレクションを選択します。
  6. クリックしてください。 [OK] 閉じるには、 提供情報のプロパティ ダイアログ ボックスです。

Visual Studio 2005年を展開します。

プログラムを展開する前に

プログラムの Visual Studio 2005年を配置するのには、Visual Studio 2005年インストール用の無人セットアップ ファイルを作成する必要があります。これを行うには、次の手順を実行します。
  1. Visual Studio 2005年インストール用の無人セットアップ ファイルを作成するには、コマンド プロンプトで次のコマンドを実行します。
    c:\vs8\vs\setup\setup.exe/createunattend c:\vs.ini
    使用して、セットアップ プログラムを実行する方法の詳細については、 /createunattend スイッチは、セットアップ フォルダーにある Adminreadme.htm ファイルを参照してください。

    メモ 作成する必要があります。INI の無人セットアップ ファイルを各ターゲット ・ オペレーティング ・ システム。たとえば、Windows XP Professional のインストールでは、Windows XP Professional の無人セットアップ ファイルを作成する必要があります。Windows Server 2003 の無人セットアップ ファイルは、Windows XP Professional のインストールに使用できません。
  2. Vs.ini ファイルを共有します。クライアント コンピューターでセットアップ プログラムを実行するときにファイルを指定してください。この例では、次の場所にファイルを共有できます。
    \\SMSServer\Ini\Vs.ini


    メモ この資料の例では、VisualStudio2005\VisualStudio フォルダーを使用します。

手順 1: Visual Studio 2005年のパッケージを作成します。

  1. で、 サイト データベース ツリー、SMS 管理コンソールの右クリック パッケージ、ポイント 新しい、し パッケージ.
  2. で、 全般 タブの パッケージのプロパティ ダイアログ ボックスで、次の値を追加します。
    元に戻す全体を表示する
    フィールド
    名前Visual Studio 2005
    バージョン8.0
    発行元マイクロソフト
    言語製品の言語
  3. で、 データ ソース タブのチェック ボックスをオンにする] をクリックします。 このパッケージにソース ファイルが含まれています。、し 常にソース ディレクトリからファイルを取得します。.
  4. クリックしてください。 セット.
  5. で、 ソース ディレクトリの設定 ダイアログ ボックス、クリックして サイト サーバーのローカル ドライブ、し 参照.
  6. で、 フォルダーを参照します。 ダイアログ ボックスで、 VisualStudio2005\VisualStudio フォルダーです。これには、ファイルを以前のバージョン展開フォルダーです。
  7. クリックしてください。 [OK] ダイアログ ボックスを閉じるに 3 回。

手順 2: Visual Studio 2005年プログラムを作成します。

  1. 下にあります。 パッケージ で、 サイト データベース ツリー、SMS 管理コンソールの該当するノードを展開します。
  2. 右クリックします。 プログラム、ポイント 新しい、し プログラム.
  3. で、 全般 タブの プログラムのプロパティ ダイアログ ボックス、入力 Visual Studio プログラム で、 名前 ボックス。
  4. 次のように入力、 コマンド ・ ライン ボックス:
    smswrapper.exe setup\setup.exe/unattendfile \\smsserver\ini\vs.ini/no_bsln_check
  5. で、 環境 タブのチェック ボックスをオフにする] をクリックします。 必要なユーザー入力、し 管理者権限を持つ実行します。.
  6. クリックしてください。 [OK] 閉じるには、 プログラムのプロパティ ダイアログ ボックスです。

手順 3: Visual Studio 2005年の配布ポイントを作成します。

  1. 「適切なノードの下に サイト データベース ツリー、SMS 管理コンソールの右クリック 配布ポイント、ポイント 新しい、し 配布ポイント.
  2. 新しい配布ポイント ウィザードをクリックします。 次へ.
  3. 配布ポイントを選択するのには、パッケージをコピーします。
  4. クリックしてください。 終了日.

手順 4: Visual Studio 2005年提供情報を作成します。

  1. で、 サイト データベース ツリー、SMS 管理コンソールの右クリック 広告、ポイント 新しい、し 広告.
  2. で、 全般 タブの 提供情報のプロパティ ダイアログ ボックス、入力 Visual Studio 2005年の広告 で、 名前 ボックス。
  3. で、 パッケージ リストを選択、 Visual Studio 2005 パッケージです。
  4. で、 プログラム リストを選択、 Visual Studio 2005 プログラムです。
  5. クリックしてください。 参照、し、Visual Studio 2005年の展開先のコンピューターのコレクションを選択します。
  6. クリックしてください。 [OK] 閉じるには、 提供情報のプロパティ ダイアログ ボックスです。

関連情報

Systems Management Server の詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://www.microsoft.com/smserver/default.mspx
詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
913445Visual Studio 2005年を無人モードでインストールすると、コンピューターが突然再起動することがあります。

プロパティ

文書番号: 907759 - 最終更新日: 2011年8月3日 - リビジョン: 4.0
キーワード:?
kbhowtomaster kbinfo kbmt KB907759 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:907759
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com