SQL Server のビジネス インテリジェンス開発 Studio でパッケージ テンプレートを作成する方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 908018
すべて展開する | すべて折りたたむ

はじめに

Microsoft SQL Server 2005年には、SQL Server の統合サービス (SSIS) が含まれています。SSIS に SQL Server ビジネス インテリジェンスが含まれています。開発 Studio します。SQL Server ビジネス インテリジェンス開発 Studio を開発されてSSIS パッケージを作成するために使用する環境です。通常、SSIS パッケージにアイテムが含まれています接続マネージャー、ログ プロバイダー、およびデータ フロー タスクなど。

パッケージ間でアイテムをコピーするには、完全なパッケージを新しいファイルにコピーできます。場所、または、パッケージ テンプレートを作成できます。この資料を作成する方法については、パッケージ テンプレートです。パッケージ テンプレートには、元にはすべての項目が含まれていますパッケージです。ただし、他のパッケージを作成するのには、パッケージ テンプレートを使用できます。新しいパッケージを作成するには、追加または削除するのにはパッケージ テンプレートからのアイテム

詳細

SSIS パッケージに接続マネージャーなどのアイテムを含めることができます、ログ プロバイダー、制御フロー要素、データ フロー要素、イベント ハンドラー、変数、および構成します。パッケージ テンプレートを作成すると、これらの項目を再利用できる、新しいパッケージのです。次の項目を再利用するなどの可能性があります、パッケージ テンプレート:
  • ログ プロバイダーに記録します。 接続マネージャー、ログ プロバイダーが含まれているパッケージを作成することができます。その他のパッケージをテンプレートとしてそのパッケージを使用することもできます。これを行うと、同じ SQL Server データベースにすべてのイベント情報が記録されます。
    メモ そのすべてのイベント情報はログに記録されますログ データを分析する簡単にことがあります、同じ SQL Server データベースです。
  • 実行 SQL の共通のタスク: パッケージを作成します。テーブルの切り捨てまたはデータベースをアタッチします。
  • タスクのメールを送信します SMTP が含まれるパッケージを作成することができます。接続マネージャー、[メール送信] タスクのプロパティ式を作成するのには、件名の行です。パッケージを作成するためのテンプレートとしてこのパッケージを使用してください。パッケージが正常に実行されるかを生成するときに、電子メールで通知します。エラーです。

SQL Server ビジネスの新しいパッケージ テンプレートを作成します。インテリジェンス開発 Studio

  1. SQL Server ビジネス開発 Studio を起動します。
  2. クリックしてください。 ファイル、ポイント 新しい,し プロジェクト.
  3. [新しいプロジェクト] ウィンドウをクリックします。 ビジネス インテリジェンス プロジェクト,クリックしてください。 統合サービス プロジェクト、の名前を入力、クリックし、 [OK].

    メモ 説明名前を入力することをお勧めは、パッケージの機能です。
  4. ツールボックスから目的の項目を追加、Package.dtsx ファイルです。
  5. クリックしてください。 ファイル、し 保存選択した項目.

    メモ 空のパッケージを保存できます。
  6. クリックしてください。 ファイル、し 保存コピー ファイル名 として.この例では、ファイル名 ファイルの名前です。

    メモ パッケージ フォルダーの場所には、手順 7 ではなくコピーできます。使用して、 コピーを保存します。 ファイル名 として コマンドです。
  7. で、 パッケージのコピーを保存します。 ダイアログ ボックス、クリックして ファイル ・ システム で、パッケージの場所 ボックスで、次のパスを入力、パッケージのパス ボックスとクリック [OK].これでパス、 ドライブ ハード ディスクは、マイクロソフトの Visual Studio2005 します。インストールされています。

    ドライブ: \Programただし Visual Studio8\Common7\IDE\PrivateAssemblies\ProjectItems\DataTransformationProject\DataTransformationItems

    メモ インストールするのには、既定の場所を使用しなかった場合はVisual Studio 2005 年 Visual Studio 2005年フォルダーのパスを入力、 パッケージのパス ボックス。

別のソリューションで、パッケージ テンプレートを使用するかプロジェクト

  1. SQL Server ビジネス開発 Studio を起動します。
  2. クリックしてください。 ファイル、ポイント 新しい,し プロジェクト.
  3. [新しいプロジェクト] ウィンドウをクリックします。 ビジネス インテリジェンス プロジェクト,クリックしてください。 統合サービス プロジェクト、の名前を入力、クリックし、 [OK].

    メモ 説明名前を入力することをお勧めは、パッケージの機能です。
  4. ソリューション エクスプ ローラーでプロジェクト名を右クリックし、ポイント 追加、、をクリックして、 新しい項目.
  5. 下にあります。 Visual Studio がインストールされているテンプレート,テンプレートの名前を入力し、使用テンプレートをクリックします。追加.

    メモ 既定のテンプレートの名前、 名前 ボックスの名前にです。テンプレートと、値がインクリメントされたカウンター。たとえば、テンプレートの名前です。Test.dtsx は、デフォルトの名前は Test1.dtsx です。

    メモ 一意の ID プロパティ値を生成することをお勧めは、ログのデータを簡単に分析を行うパッケージです。一意の ID プロパティを生成するのには値をクリックして、 ID プロパティ ウィンドウとクリックで 新しい ID を生成します。.If新しい ID を生成します。 しないは、プロパティ ウィンドウに表示されます、パッケージのプロパティがプロパティ ペインに表示ことを確認します。場合は、接続などの項目のプロパティマネージャーまたはタスクのプロパティ] ウィンドウで表示されます、 新しい ID を生成します。 です使用できません。

関連情報

複製された SSIS パッケージのパッケージ ID を再生成する方法の詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
906564どのようにSQL Server ビジネス インテリジェンス開発 Studio または dtutil を使用するにはされた SSIS パッケージのパッケージ ID を再生成するためのユーティリティ複製

プロパティ

文書番号: 908018 - 最終更新日: 2011年7月19日 - リビジョン: 3.0
キーワード:?
kbhowto kbinfo kbsql2005ssis kbmt kbsqlsetup KB908018 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:908018
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com