Microsoft Visual Studio 2005 Express Edition のセットアップの問題 Readme ファイルの内容

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 908451
この資料の Microsoft Visual Studio 2005 Professional Edition、Standard Edition バージョンを参照してください。 908452.
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料でには、Microsoft Visual Studio 2005 Express Edition のセットアップの問題 Readme ファイルが含まれます。

詳細

インストール、アンインストール、修復、および他のセットアップ手順に関連する問題を掲載しています。

1. すべての Visual Studio Express 製品

1.1. システム要件

元に戻す全体を表示する
Visual Studio をインストールするためのシステム要件を 2005 を Express します。
プロセッサ 最小:
  • 600 メガ ヘルツ (MHz) の Pentium プロセッサ
推奨。
  • 1 ghz Pentium プロセッサを推奨
オペレーティング システムVisual Studio 2005年のいずれか、次のシステムにインストールできます。
  • Microsoft Windows 2000 Professional SP4
  • Microsoft Windows 2000 Server SP4
  • Windows 2000 Server SP4 の詳細
  • Microsoft Windows 2000 Datacenter Server SP4
  • Microsoft Windows XP Professional x64 Edition (WOW)
  • Microsoft Windows XP Professional SP2
  • Microsoft Windows XP ホームの版の SP2
  • Microsoft Windows XP Media Center Edition 2002 SP2
  • Microsoft Windows XP Media Center Edition 2004 SP2
  • Microsoft Windows XP Media Center Edition 2005
  • Microsoft Windows XP Tablet PC Edition SP2
  • Microsoft Windows Server 2003 では、標準 Edition SP1
  • Microsoft Windows Server 2003 Enterprise Edition SP1
  • Microsoft Windows Server 2003 Datacenter Edition SP1
  • Microsoft Windows Server 2003 Web Edition SP1
  • Microsoft Windows Server 2003 では、標準 x 64 Edition (WOW)
  • Microsoft Windows Server 2003 Enterprise x64 Edition (WOW)
  • Microsoft Windows Server 2003 は、Datacenter x64 Edition (WOW)
  • Microsoft Windows Server 2003 R2 Standard Edition
  • Microsoft Windows Server 2003 R2 の標準 x 64 Edition (WOW)
  • Microsoft Windows Server 2003 R2、Enterprise Edition
  • Microsoft Windows Server 2003 R2 Enterprise x64 Edition (WOW)
  • Microsoft Windows Server 2003 R2 Datacenter Edition
  • Microsoft Windows Server 2003 R2 Datacenter x64 Edition (WOW)
  • Microsoft Windows Vista
Visual Studio 2005 は Intel Itanium (IA64) 上でのインストールはサポートされていません。
RAM1最小:
  • 192 メガバイト (MB)
推奨。
  • 256 MB
ハード ディスク2最大 1.7 gb の空き容量が必要
CD ドライブまたは DVD ドライブ必須ではないです。
表示最小:
  • 800 x 600、256 色
推奨。
  • 1024 x 768 High Color に (16 ビット)
マウスMicrosoft マウスまたは互換性のあるポインティング デバイス
1.1.1。 パフォーマンスの改善

パフォーマンスは最小システム構成用に調整されていません。コンピューターの RAM を増やす特に大規模なプロジェクトで、作業またはエンタープライズ レベルの開発を行う複数のアプリケーションを実行するとき、そのパフォーマンスが向上します。
1.1.2. インストール ドライブ

Express インストーラーを起動すると、既定のインストール場所は、システムをブートするドライブ、システム ドライブです。ただし、どのドライブにアプリケーションをインストールできます。アプリケーションの場所にかかわらず、インストール プロセスがシステム ドライブ上のいくつかのファイルをインストールします。したがって、領域の必要量が利用可能なアプリケーションの場所に関係なく、システム ドライブ上であることを確認し、追加の空き領域が、アプリケーションをインストールするドライブに利用可能であることを確認します。

1.2. Express エディションをアンインストールしています


インストールされている場合は、Beta 2 コミュニティ技術プレビュー (CTP) などの Visual Studio 2005年の以前のバージョンをビルド、Visual Studio 2005 Express Edition 製品をインストールする前に以下の手順を実行する必要があります。
  1. コントロール パネルに移動し、[プログラムの追加と削除を起動
  2. 「Microsoft SQL Server 2005 Express Edition」を削除します。
  3. 「Microsoft SQL Server 2005 ツールで高速エディション"を削除します。
  4. 「マイクロソフト SQL Native Client」を削除します。
  5. "Microsoft MSDN Express ライブラリ 2005 Beta"を削除します。
  6. すべてマイクロソフト Visual Studio Express エディション (Visual c# 2005 Express Edition Beta) などを削除します。
  7. 「マイクロソフト Visual Studio 2005 リモート デバッガー (Visual Studio、64 ビット コンピューターにインストールされている場合は、この手順必要です) ライト」を削除します。
  8. "Microsoft Visual j# 削除します。NET (この手順は不要、英語版のみがある場合は) Redistributable 2.0 Beta 言語パック」
  9. "Microsoft Visual j# 削除します。NET の再頒布可能パッケージ 2.0 のベータ版"
  10. Visual Studio 2005年のすべての製品がシステムから削除されたことを確認します。
  11. "Microsoft を削除します。NET Framework 2.0 ベータ版の言語パック」(この手順は不要、英語版のみがある場合)
  12. "Microsoft を削除します。NET Framework 2.0 のベータ版"
参照コンピューターの Visual Studio Express Edition 2005 をインストールする準備をクリーンな状態にするためのツールをダウンロードするには、このしてください。 リンク.注意してください。 このツールがサポートまたは Microsoft によってテストします。これは無料のツールですし、自己責任で使用する必要があります。保証やサポートなし、表される黙示またはです。

ここで使用したい Visual Studio 2005 Express Edition 製品をインストールする可能性があります。

した後、次の手順に従って、またはアンインストールの処理の詳細についての問題がある場合は、次のページを参照してください。 Visual Studio 2005年の以前のバージョンをアンインストールします。.また、ユーザーがアクセスできます、 Visual Studio 高速フォーラム 特定の問題を報告します。

1.3. 製品のインストール

1.3.1 Visual Studio 2005 は Intel Itanium (IA64) 上ののインストールはサポートされていません。

Visual Studio 2005年は Intel Itanium (IA64) プロセッサをサポートしていません。

この問題を解決するには

Itanium アプリケーションを開発する必要がある場合は、Visual Studio を別のコンピューターにインストールして、クロス コンパイラを使用して Itanium プラットフォームを対象とします。

1.3.2 プレリリース版の SQL Express のコンポーネントはアンインストールしない場合 SQL Express のインストールが失敗しました。

次のプレリリース版の SQL Express コンポーネントのいずれかがコンピューターに残っている場合は、SQL Express コンポーネントのセットアップが失敗します。
「Microsoft SQL Server 2005 Express エディション」
「Microsoft SQL Server 2005 ツールで高速エディション」
「マイクロソフト SQL ネイティブ クライアント」
ほとんどの場合、セットアップはのみ、対象のコンピューター上で検出された Beta コンポーネントの一覧を表示します。ただし、その他のベータ版のコンポーネントが検出された場合は、このボックスの一覧では、常に SQL Express のコンポーネントが表示されます。つまり、でも、ユーザーがアンインストールした後 SQL Express コンポーネントがリストに表示されます。

この問題を解決するには

一致するを確認します。NET Framework のベータ版、次の手順を実行する前に、コンピューター上にあります。
  1. 「Microsoft SQL Server 2005 Express Edition」を削除します。
  2. 「Microsoft SQL Server 2005 ツールで高速エディション"を削除します。
  3. 「マイクロソフト SQL Native Client」を削除します。
以前にアンインストールされている場合は、これらのコンポーネントについてベータ警告メッセージを無視できます。

1.3.3 Virtual PC 環境でマウントされたドライブからインストールした場合セットアップが失敗しました。

特定のファイルにアクセスできないため、Virtual PC の Visual Studio 2005年をインストールすると、セットアップが失敗します。
これは、Virtual PC で用意されている CD ドライブ マウント ソフトウェアを使用して、ドライブがマウントされているマウント ソフトウェアは 2.2 ギガバイトのデータをサポートしているために、Visual Studio 2005年メディア DVD ですと発生します。

この問題を解決するには

サード パーティ製の DVD ドライブ ソフトウェアをマウントを使用できます。また、Visual Studio 2005 DVD の内容をコンピューターのハード ドライブにコピーを Virtual PC でフォルダーを共有して、Visual Studio 2005年のインストールのセットアップ フォルダーを直接します。

1.3.4 Visual Studio 2005年の以前のリリースからのアップグレードします。

まず第一に、この最終リリース バージョンをインストールするを Beta 1、Beta 2 またはコミュニティ テクニカル プレビューなどの当社のプレリリース版をテストすることによって Visual Studio 2005年のリリースへの貢献をありがとうございます。ただし、最終リリースのセットアップ プレリリース バージョンをアンインストールすることはできません。最適な結果を得るには、プレリリース版の Visual Studio 2005 が既にインストールされているがされていないコンピューターにインストールをお勧めします。正式にサポートされていませんが、私たちのアンインストールのシナリオを確認しようし、Visual Studio 2005 Beta 2 からリリース バージョンを再インストールしても、ほとんどの問題は可能な限り 。Visual Studio 2005年のベータ 2 をアンインストールするには、このリリース ノート ファイルのセクション 1.2 に記載の順序でアンインストールする必要があります、 ツールをアンインストールします。.ほとんどの Beta 2 プロジェクトは、最終リリース版に前方実行できます。この互換性のために必要なすべての変更の詳細についてを参照してください。 リンク.

この問題を解決するには

Visual Studio 2005年ベータをインストールし、リリース バージョンをインストールする場合は、このリリース ノートのセクション 1.2 に記載の順序でアンインストールするかアンインストール ツールを使用する必要があります。

1.3.5 以降をインストールする Visual Studio の runas コマンドを使って 2005 の選択が失敗したコマンドを実行できます。

管理者としてログオンしている場合を除き、Visual Studio 2005年をインストールするのには、runas コマンドを使用してサポートされていないため失敗します。 にそれをインストールした後、Visual Studio 2005年を実行しています。 管理者以外のユーザーのサポートします。

この問題を解決するには

Visual Studio 2005年をインストールするには、管理者としてログインします。

1.3.6 Visual Studio 2005 CD からのインストールは失敗します。ネットワーク インストールが要求されます。

Visual Studio 2005年が収録されたメディアが不良を正常にインストールできないことがあります。

この問題を解決するには

Visual Studio 2005年セットアップ Cd または Dvd からセットアップを実行する別の方法として、ネットワーク共有から実行できます。次の手順は Visual Studio 2005年をネットワーク共有からのインストールを準備する方法を示しています。Visual Studio 2005年の Cd に、プロシージャが Dvd は、手順とです。
  1. サーバー上のフォルダー (たとえば、: VS2005) を作成します。
  2. VS、および MSDN 内の最上位のフォルダーをという名前の 2 つのサブフォルダーを作成します。たとえば。
    VS2005\VS
    VS2005\MSDN。
  3. Visual Studio 2005 Cd の内容を VS2005\VS フォルダーにコピーします。既存ファイルを上書きするメッセージが表示されたら、[はい] を選択します。
  4. Visual Studio 2005年用 MSDN ライブラリMSDN という名前のサブフォルダーにというラベルの付いたすべての Cd の内容をコピーします。既存ファイルを上書きするメッセージが表示されたら、[はい] を選択します。
  5. メモ帳などのテキスト エディターを使用して、VS サブフォルダーのSetup.iniを開きます。
  6. 始まる行を変更する、[ドキュメント] セクションで、"DIR ="は次のとおり。
    [Documentation]
    DIR=..\MSDN
  7. 変更を保存し、ファイルを閉じます。
    この手順を完了するセットアップ中にディスク スワップ要求を防止し、正しいパスするには、MSDN ライブラリ Cd のセットアップ プログラムに通知します。
  8. VS サブフォルダーには、Setup フォルダーを開きます。
  9. 、メモ帳などのテキスト エディターで setup.sdb を開き、ファイルの末尾に次の行を追加します。
    [Product Key]
    XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX
    XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX は、25 桁のプロダクト キーが、なしのダッシュを入力を CD のパッケージを検出します。
  10. 変更を保存し、ファイルを閉じます。
    この手順を完了する、ネットワーク共有からインストールするユーザーのプロダクト キーをあらかじめ入力された状態にできます。
  11. VS2005 フォルダー、ネットワーク上の共有し、適切なセキュリティ設定を設定します。\\[Servername]\VS2005\VS\setup.exe と同様に、ネットワークからは、Visual Studio 2005年セットアップへのパスを検索します。
    任意のパスとファイル名の組み合わせが 260 文字を超えている場合、セットアップは失敗します。Visual Studio でのパスの最大長は、221 文字です。ファイルをコピーすると、パスを半角 39 文字未満にする必要があります。ネットワーク イメージのネットワーク共有を作成する場合は、ルート インストール場所への UNC パスを 38 文字以下含めます。
    埋め込みスペース、たとえばこのパス内のフォルダー名を含める場合は、セットアップに失敗可能性があります。
    \\[servername]\VS2005\MSDN\
    \\[servername]\VS2005\Visual Studio\
1.3.7 が 100 文字をインストール パスから 2005 年の Visual Studio の任意のエディションをインストールする Windows 2000 上では失敗します。

セットアップが 100 文字より長いパスから起動すると、Windows 2000 で最大パスの制限のためにセットアップが失敗します。パスの長さは、Windows XP または Windows Server 2003 上の問題ではありません。

この問題を解決するには

ネットワークからインストールする場合は、ネットワーク パスをローカル ドライブにマップしてそのドライブからインストールします。パス \\computername\programs\test folder\development tools\external\Microsoft\Visual Studio 2005\beta リリースの場合は、たとえば、ネットワーク ドライブに、次の操作を実行してマップできます。
  1. から、 ボタンをクリックし、 メニューの選択 Exchange Server 2010 SP1 をインストールした後 Outlook クライアント アプリケーションがパブリック フォルダーに接続できない.
  2. 種類 cmd プロパティ ].
  3. コマンド プロンプトで、次を入力します。
    net use * “\\computername\programs\test folder\development tools\external\Microsoft\Visual Studio 2005\beta release”
Windows のネットワーク ドライブをマップします。ドライブ文字がコンソール ウィンドウに表示されます。

ローカル フォルダーからインストールする場合は、Visual Studio の内容を合計パス長より小さい 100 文字を持つコンピューター上の別のフォルダーにコピーします。

注:Visual Studio を CD または DVD からインストールする場合は、任意のパスの長さの問題は発生しません。

1.3.8 インストール パスに日本語 MUI OS で ANSI 以外の文字を受け付けることができません。

日本語 MUI Visual Studio Team Suite パスに ANSI 以外の文字などのインストール時の OS で"タイプ files\噂浬詰圭構蚕十觸 Microsoft Visual Studio 8"は、ダイアログ ボックスが表示されますという「非 ANSI 文字を受け付けることできませんを」.

この問題は、すべて日本語 MUI (Windows 2000、Windows 2003、Windows XP シリーズのオペレーティング システムを含む) OS で発生します。日本語 OS では発生しません。

この問題を解決するには

転送先パスの ANSI 文字を使用します。

1.3.9 ウイルス対策アプリケーションで一時フォルダーをクリーンアップするように設定セットアップに失敗する可能性があります。

セットアップを再起動する必要があり、ウイルス対策アプリケーションで一時フォルダーに起動に設定されて場合は、必要なセットアップ ファイルを削除して、セットアップは、プログラムは、発見不能エラーのため失敗します。

この問題を解決するには

Visual Studio のセットアップを実行する前に、起動時または再起動時に Temp フォルダーの内容をそのまま使用するアンチ ウイルス アプリケーションをリセットします。これを行うには方法の手順についてウイルス対策のヘルプを参照します。

1.3.10「後で再起動する] を選択すると自動起動すると、セットアップはディスク スペース チェックされません。

後で再起動を選択して、ハード ドライブ上のセットアップに必要な容量を超える容量の場合は、容量不足のエラーが再起動した後が発生します。

この問題を解決するには

十分なディスク空き容量インストールまたはその他のアプリケーションを開く前に再起動することでできることを確認します。製品をインストールする場所を選択すると、必要なディスク容量が表示されます。

1.3.11 Express edition をアンインストールすると、Visual Studio ファイルの拡張子は登録されません。

複数の Express エディションを同じコンピューターにインストールされているし、いずれかをアンインストールした場合は、アンインストールの登録解除のファイル拡張子は、他の Express Edition との共通点があります。これは、Visual Studio を開くには、エクスプ ローラーでファイルのアイコンをダブルクリックすると無効にファイルの種類 (.cs ファイルまたは .vb ファイル、たとえば)。

この問題を解決するには

この問題を回避する方法は 2 とおりあります。
エクスプ ローラーを使用して、Windows の [フォルダー オプション] ダイアログ ボックスを参照してください。 ツール | フォルダー オプション メニューと、Visual Studio のファイル種類の拡張子の関連付けを変更します。
-- または -
アンインストールして、Express エディションを再登録するのには、ファイル拡張子が再をインストールします。

1.3.12 MSDN Express ライブラリは各 Express エディション用の特定のバージョンを提供します。

MSDN Express ライブラリの Visual Basic 2005 Express Edition、Visual C 2005 Express Edition、Visual c# 2005 Express Edition、Visual J# 2005 Express Edition、および Visual Web 開発者 2005 Express Edition に固有のバージョンが用意されています。必要なドキュメント セットは、明示的にインストールする必要があります。

この問題を解決するには

Express エディションをインストールすると、目的のドキュメントが指定されていない場合は、Windows のコントロール パネルの削除プログラムの追加とを使用してインストールできます。

1.3.13 SQL Server Express Edition 以外の Visual Web 開発者の Express Edition で動作する SQL Server の唯一のバージョンです。

SQL Server Visual Basic 2005 Express Edition、Visual C 2005 Express Edition、Visual c# 2005 Express Edition、および Visual J# 2005 Express Edition で動作する SQL Server の唯一のバージョンです。

この問題を解決するには

Express エディションをインストールすると、SQL Server の高速指定されていない場合は、Windows のコントロール パネルの削除プログラムの追加とを使用してインストールできます。

1.3.14 管理者の展開では、Express エディションではサポートされていません。

SMS または Active Directory を使用して管理者の導入 Visual Studio 2005 Express Edition ではサポートされていません。Windows XP Professional を実行しているクリーンなコンピューターでは、(admin docs を使用)、配置用 .ini ファイルを作成するのには、ユーティリティを実行するとセットアップを起動が、機能の選択画面とハングします。

この問題を解決するには

既知の解決策はありません。

1.3.15 を削除をします。NET フレームワークは、SQL Server 2005 と MSDN Express ライブラリを分割します。

アンインストールする前に、SQL Server 2005 と MSDN ライブラリをアンインストールする必要があります。NET Framework 2.0 または、エラーが発生します。次に示すようにのみすべての以前の SQL Server 2005 コンポーネントおよび MSDN ライブラリのコンポーネントを削除した後の新しいバージョンの SQL Server 2005 と MSDN ライブラリ インストールできます。

この問題を解決するには
  1. から、 コントロール パネルを選択 追加またはプログラムを削除します。.
  2. SQL Server 2005 コンポーネントを選択しをクリックしてください 削除 次の各コンポーネントを削除するには。
    • 「Microsoft SQL Server 2005 Express Edition」を削除します。
    • 「Microsoft SQL Server 2005 ツールで高速エディション"を削除します。
    • 「Microsoft SQL server セットアップ サポート ファイル"を削除します。
    • 「Microsoft XML 6.0"を削除します。
    • "Microsoft SQLXML 4.0"を削除します。
    • 「マイクロソフト SQL Native Client」を削除します。
    • 「Microsoft MSDN ライブラリ」を削除します。
  3. 選択します。クリックして、NET Framework 2.0 削除.
  4. SQL Server 2005 をインストールします。
注:ベータ版を削除するとします。すべてのコンポーネントを SQL Server 2005 または MSDN ライブラリを削除する前に NET Framework 2.0 を再インストールする必要があります。NET Framework 2.0 の前に、上記の手順が正常に実行できます。

1.3.16 保つ Visual Studio 2005年のすべてのバージョンでアプリケーションを実行します。

します。NET Framework 共通言語ランタイム (CLR) がアプリケーションに対して実行する必要があります、CLR のバージョンを指定できる構成オプションが用意されています。ただし、これは、各アプリケーションの config ファイルでオプションを手動で再構成する必要があるために、指定した以外の CLR バージョンでアプリケーションをテストするのには困難です。

この問題を解決するには

Visual Studio 2005年スイッチが用意されていますをオンにすると、特定のコンピューターで実行してすべてのアプリケーションを最新バージョンのランタイムで実行するを強制します。このスイッチは、通常のバージョン 1.0 または 1.1 CLR のアプリケーションを実行するように指定する、app.exe.config と host.config ファイルで指定した設定より優先されます。

このスイッチは、レジストリ キーを設定することによって、または環境変数を設定することによって制御できます。
使用して、レジストリでは、スイッチをオンに
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\.NETFramework\OnlyUseLatestCLR=dword:00000001
またはを使用して非アクティブ化
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\.NETFramework\OnlyUseLatestCLR=dword:00000000

-- または -
環境変数を使用してライセンス認証のスイッチには、COMPLUS_OnlyUseLatestCLR = 1、COMPLUS_OnlyUseLatestCLR をアクティブ化または = 0

1.3.17 Express エディションの Visual Studio 2005年の MSDN ドキュメントをユーザーが指定したフォルダーにはなく、既定のフォルダーにインストールされていません。

Express Edition の MSDN ドキュメントのインストール中に、ドキュメント ファイルの宛先フォルダーを選択する求められます。ただし、選択したパスが尊重され、ドキュメントはこの場所にインストールされている: タイプ ライブラリの MSDN Quarterly\NETDOCS\V20。

この問題を解決するには

既知の解決策はありません。

1.3.18 いくつかの条件下では、Visual Studio をアンインストールします。Net Visual Studio 2005年のインストールが破損します。

Visual Studio 2005年がインストールされている場合と、Visual Studio。Net Visual Studio をアンインストールする、同じコンピューターにインストールされています。Net Visual Studio 2005年のインストールに影響があります。

この問題を解決するには

Visual Studio 2005年のセットアップを CD から再実行して、修復/再インストール] オプションを選択する必要があります。

1.3.19 MSDN Express のインストール時にハングアップするインストールが表示されます。

インストール中に、特定のコンポーネントのインストール後に再起動する、ユーザーを求められます。再起動後、インストールを続行する必要があります。ただし、インストーラーは再起動後も MSDN Express をインストールしようとするとき、進行状況バーし、製品は、セットアップがまだ完了していないし、製品が完全にインストールされていない場合でもインストールとしてマークされます。この条件を使用すると、MSDN Express がバック グラウンドでインストールされている場合でも、セットアップがハングしているようになります。

この問題を解決するには

MSDN Express のインストールを完了するのには約 10 分間待ちます。進行状況バーは、その時に変更されません。

1.3.20 再をインストールする前にアンインストールした後 SQL Server の高速、再起動が必要です。

SQL Server の高速のすべてのコンポーネントがアンインストールされ、SQL Server の高速再メンテナンス モードを使用してインストールした (VSTS の、MSXML 6.0 を最初にインストールする必要があります。)、再インストールは失敗します。原因は VS ログに書き込まれません。

この問題を解決するには

アンインストールした後、SQL Server の高速再をインストールする前に、コンピューターを再起動します。

1.3.21 追加または削除プログラムからのメンテナンス モードの開始には数分かかることができ、セットアップが失敗しました。

その他などのウイルスのスキャン ソフトウェア、メンテナンス モードでを起動するときに実行されているプロセスがセットアップ プロセスが遅くなることがかなりある外観を提供すると、セットアップが失敗しました

この問題を解決するには

セットアップは失敗していません。それが完了するまで待機または他のプロセスを閉じてやり直してください。

1.3.22 ダウンロードと、Express SKU をインストールするときの失敗をダウンロードしてください。

ダウンロードおよびインストールする Express SKU を断続的にインターネットの信頼性には失敗します。

この問題を解決するには

ブートス トラップを web サイトから再実行して、CD または一時ディレクトリに、Troubleshoot_Guide.htm を参照してくださいし、ダウンロードを再度実行してください。

2. Visual c# Express

2.1 製品のインストール


3. Visual Basic Express

3.1 製品のインストール


4. Visual J# Express

4.1 製品のインストール


5. Visual C Express

5.1 製品のインストール

5.1.1 C++ ツールの Itanium の再頒布可能パッケージのセットアップ場所

Itanium 用再頒布可能なファイルが正しくない場所に 64 ビット セットアップ (Visual Studio 2005年の Team System 製品でのみ使用可能) を Visual Studio のツールでインストールされます。

この問題を解決するには

Itanium の再頒布可能パッケージは、マイクロソフトの Visual Studio の 2005\VC\Redist\x86 フォルダーに検索できます。

6。NET フレームワーク

6.1 製品のインストール

6.1.1 で、「セットアップはインストールを構成しています」の SDK のハングをインストールします。

インストール「セットアップはインストールを構成しています」には 1 時間以上ハングし、エラー メッセージ「無効なディレクトリ」を提供

この問題は利用可能なディスク領域の不足によって発生します。

この問題を解決するには

ディスク ドライブに十分な領域を解放します。

6.1.2 x 64。NET Framework 言語パック 2.0 ProductVersion と 1.1 します ##### 2.0 の代わりにします。 #####。

Active Directory 経由で配置すると、グループ ポリシー オブジェクト内でソフトウェア インストール テーブル、言語パックのバージョン番号が表示されます。これ製品名が「2.0」を示すバージョンのデータが「1.1」と表示が混乱することができます。

この問題を解決するには

既知の解決策はありません。

6.1.3 Windows Server 2003 をインストール後。NET Framework 2.0 では、し、Windows Server 2003 SP1 にはフル CD の区切りを使用してアップグレードします。NET Framework 2.0 アプリケーション。

CD を Windows Server 2003 SP1 の完全インストールを使用してアップグレードをユーザーのコンピューター上の共有ファイル mscoree.dll が置き換えられますがします。NET Framework 1.1 mscoree.dll ファイル。
その結果、アプリケーションをコンパイルしてから、します。NET Framework 2.0 Service Pack のインストール後に実行する失敗します。
Windows Server 2003 を Service Pack だけが更新されるとそうでないに注意してください。

この問題を解決するには

Windows Server 2003 の Service Pack をインストールした後。NET Framework を修復する必要があります。
  1. から、 コントロール パネルを選択 追加またはプログラムを削除します。.
  2. Microsoft を選択します。NET Framework 2.0。
  3. クリック [変更と削除.
  4. ダイアログ ボックスが表示されたらを選択します。 修復 クリック 次へ.
  5. これを行うにはメッセージが表示されたら、コンピューターを再起動します。
6.1.4 が 64 ビット OS をインストールする ASP WoW64 モードでの IIS 6 の場合は無効になります。IIS での NET 1.1。

既存の asp です。NET 1.1 が有効な場合に、64 ビット。NET Framework 2.0 のベータ 2 は、iis 6.0 が WoW64 モードでにあり、ASP では、64 ビット オペレーティング システムがインストールされています。NET 1.1 が有効になっています。これは、Framework のセットアップが誤って、aspnet_filter が 64 ビット バージョンにマップされ、バージョン 1.1 の aspnet_isapi 拡張機能を削除するため発生します。

この問題を解決するには

32 ビット バージョンの aspnet_filter を使用し、ASP を再インストールするには、[IIS を手動で変更する必要があります。NET 1.1 の ISAPI 拡張機能。
  1. インターネット インフォメーション サービス マネージャー (inetmgr.exe) を起動します。
  2. ローカル コンピューター] ノードを展開し、[Web サイト] ノードをクリックします。
  3. から、 アクション メニューの選択 をクリックします。.
  4. で、 Web サイトのプロパティ ダイアログ ボックスで、 ISAPI フィルター タブ。
  5. フィルターの一覧では、ASP を選択します。NET 2.0 のフィルターをクリックして 削除.
  6. クリック 追加 次を入力します。
    フィルター名: ASP。NET_ 1.1.4322
    実行ファイル: C:\WINDOWS\Microsoft.NET\Framework\v1.1.4322\aspnet_filter.dll
  7. クリック ].
  8. ローカル コンピューターのノード] をクリックして、 Web サービス拡張] ノード.
  9. タスク[ 新しい Web サービス拡張を追加します。.
  10. 新しい Web サービス拡張] ダイアログ ボックスで、次を入力します。
    拡張機能名: ASP。NET v1.1.4322
    必要なファイルについてをクリックします。 追加... し入力: C:\WINDOWS\Microsoft.NET\Framework\v1.1.4322\aspnet_isapi.dllチェック 拡張機能を設定します。 状態を許可済み。
    クリック ].
6.1.5 x 64 netfx SDK 日本語版が ProductVersion 1.1 を = します ##### 2.0 の代わりにします。 #####。

Active Directory 経由で配置すると、バージョン番号は、グループ ポリシー オブジェクト内でソフトウェア インストール テーブルが表示されます。これは、バージョンのデータが「1.1」という製品名は、「2.0」であることがあります。

この問題を解決するには

既知の解決策はありません。

7. MSDN Express

7.1 製品のインストール

7.1.1 MSDN Express ライブラリをアンインストールした後にドキュメントが不足してのヘルプまたは、します。NET フレームワーク

特定のシナリオのアンインストールは、Windows フォームのヘルプ ドキュメントが表示されなくなります。された製品が最後に、MSDN Express ライブラリをインストールするときに問題が発生、します。NET Framework のアンインストール後。製品のアンインストール、ヘルプ システムのマニュアルを取り外したりします。

シナリオ 1: アンインストール、します。NET フレームワーク
最初に、後に MSDN Express ライブラリがインストールされてがします。NET フレームワーク。場合は、します。NET Framework から、Windows フォームのヘルプ ドキュメントが表示されます、MSDN Express ライブラリを表示するとアンインストールされます。

シナリオ 2 の MSDN Express ライブラリのアンインストール:
します。NET Framework は、MSDN Express ライブラリが後に最初にインストールされます。MSDN Express Library をアンインストールする場合は、Windows フォームのヘルプ ドキュメントを表示すると表示されませんがします。NET Framework ヘルプします。

この問題を解決するには

シナリオに適した、修復オプションを選択します。

.NET Framework をアンインストールし、MSDN Express ライブラリをインストールします。次の手順を使用して、MSDN Express ライブラリの修復を実行します。
  1. [スタート] メニューの [コントロール パネル] を開きます。
  2. コントロール パネルで、追加と削除] をダブルクリックします。
  3. Microsoft MSDN 2005 Express エディションを選択します。
  4. [変更と削除] をクリックします。
  5. 修復を選択します。
  6. [次へ] をクリックします。
修復が終了すると、MSDN Express ライブラリにもう一度、Windows フォームのヘルプ ドキュメントが含まれます。

アンインストール MSDN Express ライブラリと、します。NET フレームワークがインストールされたままです。修復を実行、します。Net、次の手順を使用します。
  1. [スタート] メニューの [コントロール パネル] を開きます。
  2. コントロール パネルで、追加と削除] をダブルクリックします。
  3. Microsoft を選択します。NET Framework 2.0。
  4. [変更と削除] をクリックします。
  5. 修復を選択します。
  6. [次へ] をクリックします。
修復が完了した後で、します。NET フレームワークは、もう一度、Windows フォームのヘルプ ドキュメントが含まれます。

8. Visual Studio の統合開発環境

8.1 製品のインストール


9. Visual Web Developer Express

9.1 製品のインストール

プロパティ

文書番号: 908451 - 最終更新日: 2012年5月18日 - リビジョン: 1.10
キーワード:?
kbinfo kbreadme kbsetup kbsettings kbmt KB908451 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:908451
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com