Microsoft システム センター データ保護マネージャー 2006年を使用して、Exchange サーバーを保護する方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 909644
はじめに
この資料でを保護する DPM 2006 を使用する方法について説明します。Exchange サーバー。この資料で説明するメソッドは、次の Exchange Server のバージョン:
  • Microsoft Exchange Server 2003
  • Microsoft Exchange 2000 Server
  • Microsoft Exchange Server 5. 5
メモ この資料の方法では、Windows をテストします。NT バックアップ プログラム。サード ・ パーティ製バックアップ ソリューションを使用することを選択した場合を実行します。前に、Exchange サーバーのバックアップを推奨されるサード パーティ製手順では、DPM 2006 を使用して Exchange サーバーを保護するために。

場合Exchange サーバーがオンラインであり、直接交換を保護する DPM 2006 を使用できません。サーバー。ただし、Windows NT バックアップ プログラムを使用して、DPM 2006 を使用して Exchange サーバーをオンラインをバックアップできます。このため、Exchange サーバーをファイルにバックアップする必要があります。DPM 2006 を使用して、Exchange サーバーを保護することができます前にします。次に、共有または、DPM ボリュームでこのファイルを保存する必要があります。保護グループ。Windows NT バックアップ プログラムを使用することができますかか、Exchange サーバーのバックアップを作成するのには、サード パーティ製のバックアップ ・ ソリューション オンラインまたはオフライン。ただし、オフライン バックアップを実行しないようにするが最適です。

は、オフライン バックアップを人間に生じやすい手動で労力を要するプロセスです。エラーが発生。場所、エラーが発生した場合、あります中断、インフォメーション ストアのサービス。チェックサムを検証できませんをさらに、オフライン バックアップを実行すると、データベースの各ページをします。

場合は、Exchange サーバーをオンラインには Exchange をバックアップします。プログラムを終了せずには、[サーバー] をクリック。場合は、オンライン バックアップの実行Exchange サーバー、含まれている次のサービスをインフォメーション ストアを引き続き期待どおりに実行するのには。
  • ページをメモリ内で更新し、転送を続行します。ハード ディスク ドライブ上のデータベース ファイル。
  • トランザクションは、ログ ファイルに記録されます。
  • チェックポイント ファイルの処理を続行します。
オンライン バックアップ中に、バックアップ プログラムのファイルを管理します。使用します。オンライン バックアップは破損を検出するための単一の最も貴重なツールです。データ ・ リカバリを実行します。

実行する方法の詳細についてオンラインまたはオフラインのバックアップでは、Microsoft Exchange では、「サポート技術情報」資料を表示するには、次の資料番号をクリックしてください。
296788 Exchange のオフライン バックアップおよび復元手順
271987 概要Exchange Server のアーキテクチャとデータベース エンジンをデータベースします。

さらに、次のマイクロソフト Web を参照してください。Exchange 2003 障害回復ガイドを参照してくださいするには、[サイト] をクリックします。
http://technet.microsoft.com/en-us/library/b740dd10-01de-41a7-a186-94ec158976cc.aspx
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料で Microsoft のシステムの使用方法に関する情報を提供します。データ保護マネージャー (DPM) の中央します。Microsoft Exchange Server を実行しているサーバーを保護するために 2006。

この資料では Exchange サーバーを保護する DPM 2006 を使用するのには、以下の方法を提供します。
  • Microsoft Windows NT バックアップ プログラムを使用して、Exchange サーバーをバックアップする方法
  • DPM 2006 を使用して、Exchange サーバーを復元する方法

詳細

保護し、復元する DPM 2006 を使用する場合Exchange server では、Windows NT バックアップ プログラムをバックアップを使って可能性があります。Exchange サーバーには、ファイルのバックアップします。ファイルを作成した後は、それを保護するのに DPM 2006 を使用する必要があります。

Windows NT バックアップ プログラムを使用して、Exchange サーバーをバックアップする方法

Exchange サーバーを保護するには、次の最初を必要してください。Exchange サーバーの内容をファイルにバックアップします。使用するのにはWindows NT バックアップ プログラムは、Exchange サーバーをバックアップするのを作成するのには、DPM 保護グループに、次の手順を実行します。
  1. Windows NT バックアップ プログラム、または、既存を構成します。交換の標準的なスケジュール バックアップを実行するのには、バックアップ ・ ソリューションサーバーをファイルします。

    このファイルは、次のいずれかにする必要があります。場所。バックアップするのには、Windows NT バックアップ プログラムをスケジュールする必要がありますに注意してください。毎晩の都合のよい時に、Exchange サーバーをします。
    1. ローカル ボリュームにします。たとえば、バックアップをスケジュールします。次の場所に発生します。
      ドライブ:\ExchangeDumps\ExchangeSvr1.bak
      メモ この場所が、Exchange のログと同じボリュームにする必要があります。または、Exchange を回避するのには、データベースのパフォーマンスが低下します。
    2. ネットワーク共有にします。たとえば、バックアップをスケジュールします。次の場所で発生する可能性が
      \\DumpFileServer\ExchangeDumps\ExchangeSvr1.bak
    スケジュール推奨される時は、毎晩実行する NTBackup を指定します。

    メモ このスケジュールは、例だけです。ただし、変更する場合時間をバックアップの時刻を関連付ける後続のステップでのシャドウ コピーの同期の時刻より前に考慮しなければなりません。

    バックアップおよび復元機能の詳細についてWindows NT バックアップ プログラムを表示するのには、次の資料番号をクリックしてください。資料では、マイクロソフト サポート技術。
    326216 バックアップの機能を使用して、データを復元する方法Windows
  2. Windows NT バックアップ ウィザードの手順のステップを実行する場合は、ことは、 このバックアップでメディア上のデータを交換してください。オプションを選択します。
  3. Exchange サーバーが正常にした後ファイルをバックアップ、ボリューム、フォルダー、またはファイルが存在する共有することによって保護する必要があります。DPM 2006 年。これを行うには、次の手順を実行します。
    1. 開いている、 DPM 2006 管理者コンソール。
    2. New を使用して、新しい保護グループを作成します。保護グループのウィザードで作成した Exchange サーバー バックアップ ファイルステップ 1。
    3. 新しい保護グループ ウィザードをクリックします。 スケジュールを指定します。 で、 保護を選択します。スケジュール 画面、および 1 つの時間に実行されるシャドウ ・ コピーを構成Windows NT バックアップがハード ディスク ドライブにバックアップを完了する予定ですと。この操作に十分な時間で DPM 2006 を提供します。シャドウ コピーを実行する前に、新しいデータを同期します。

      さらに、いくつかの時間に実行する 2 番目のシャドウ コピーのスケジュールを設定します。この最初のシャドウ コピー後。にこの 2 番目のシャドウ コピーが必要です、一貫性のチェック前に整合性チェックをスケジュールする必要があります。手順 d. を実行します。たとえば、午後 11 時 00 分にスケジュールされたバックアップを設定すると、午前 1 時 00 分に実行する最初のシャドウ コピーのスケジュールを検討してください、午前 6 時 00 分に実行する 2 番目のシャドウ コピー
    4. 選択 高度なオプション毎日の整合性チェックのスケジュールを選択します。.1 時間以上の開始時刻を指定します。最初のシャドウ コピーの作成ステップ c とする前に、少なくとも 4 時間で、2 番目のスケジュールされたシャドウ コピーが発生します。

      4 時間の上限を設定します。時間。この手順、整合性チェックを 4 で終了することを想定しています。時間。整合性チェック 4 時間より長くかかることを確認する場合は、それでは、最大期間を延長する必要があります。

      さらに、変更を整合性チェックを実行するかどうかは、手順 4 で 2 番目のシャドウ コピーの時刻を指定4 時間より長くします。たとえば、上のシャドウ コピーの例のスケジュールに基づくd を実行するのには、毎日の整合性チェックのスケジュールを設定する必要がありますで提供されている手順午前 2時 00分

      メモ 2 つの失敗したジョブを受け取ることがあります。同期およびシャドウ コピー日常的な。これら警告を表示します。NTBackup の保護するために使用されたレプリケーション最初のシャドウ コピーを作成した後、ファイルは無効です。ただし、この動作は仕様です。これらのアラートに自動的が非アクティブに同期を整合性チェック完成しています。シャドウ ・ コピーを 2 つ目の手順で c をする必要があります整合性チェックを完了できませんが予定された後の 1 時間をスケジュールします。

      や、共有フォルダーの同期化であることを確認するのには完了すると、次の手順を実行します。
      1. で、 DPM 管理者 コンソールで、クリックして、 監視 メニューのクリックし、 ジョブ タブ。
      2. 同期の一覧を表示し、確認してください。保護されたオブジェクトの同期が完了したこと。確認しますは、 シャドウ コピーの領域 ディスクの割り当てのエントリです。複数のシャドウ コピーを保持するのに十分です。このエントリが使用できない場合は、以前のシャドウが失われる可能性があります。コピーします。
バックアップを作成する場合は、バックアップ ・ プロセスを使用できます、Exchange サーバーは、1 日に 1 回。バックアップを作成する必要がある場合は、Exchange サーバーより多くの場合、そのバックアップを調整できます。スケジュールや保護を変更します。グループニーズに合わせて同期およびシャドウ コピーのスケジュールを設定します。

DPM 2006 を使用して、Exchange サーバーを復元する方法

DPM 2006 を使用して Exchange サーバーを復元する場合は、DPM 2006 管理者コンソールからファイルを復元できます。これを行うには、次の手順を実行します。
  1. で、 DPM 管理者 コンソール、クリックしてくださいは、 回復 ナビゲーション バーのオプションです。
  2. 目的のバージョンの Exchange Server のバックアップ ・ ファイルのシャドウ コピーを検索します。たとえば、ExchangeSvr1.bak ファイルのシャドウ コピーを検索します。
  3. 目的のファイルを特定したらをクリックします。修復してください.、し、ターゲットにファイルを復元します。

    は、リカバリ対象のファイルの"ExchangeSvr1.bak のコピー元のバックアップの名前になりますボリュームです。使用して、一般的な Exchange のリカバリを実行します。Windows NT バックアップ プログラム、または、既存のDPM 2006 によってバックアップ ファイルの作成に使用されたサード ・ パーティ製バックアップ ソリューションです。

    詳細については情報の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報:
    296788 Exchange のオフライン バックアップおよび復元手順

プロパティ

文書番号: 909644 - 最終更新日: 2011年5月24日 - リビジョン: 0.1
キーワード:?
kbhowto kbexchstore kbmt KB909644 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:909644
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com