SQL Server Reporting Services を使用すると、「System.OutOfMemoryException」のエラー メッセージが表示される可能性があります。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 909678 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

現象

Microsoft SQL Server 2000 Reporting Services または Microsoft SQL Server 2005 Reporting Services を使用して、使用すると、次のエラー メッセージが表示されることがあります。

は、内部エラーは、レポート サーバーでが発生しました。
詳細についてはエラー ログを参照してください。詳細。(rsInternalError)オンライン ヘルプを表示します。
例外の種類System.OutOfMemoryException がスローされました。
さらに、次のようにことがあります。次のエラー メッセージが、SQL Server レポートに記録されます。サービス ログ ファイル、またはログが突然終了すること。

System.OutOfMemoryException。 例外の種類System.OutOfMemoryException がスローされました。
1 つの場合がありますがイベントの後は、Microsoft Windows のアプリケーション ログに記録されます。

イベント 1


aspnet_wp.exe(PID:<PIDNumber></PIDNumber>) ので、リサイクルされたメモリ超えての消費、 <SizeLimit></SizeLimit> MB(<Percentage></Percentage> % の使用可能ですRAM)。

イベント 2


プロセス ・ サービスのアプリケーション プール'DefaultAppPool' World Wide Web で致命的な通信エラーを検出しましたサービスを発行します。プロセス id は '9132' でした。データ フィールドが含まれています、エラーの数です。

いずれかをこの問題が発生する可能性があります、次の現象。
  • レポートを表示しようとすると、レポートは決しています。完了しました。
  • 応答を停止するのには、レポートを表示します。
  • レポートを表示しようとすると、画面が空白です。表示します。
  • 次のエラー メッセージが表示されます。

    基になる接続が閉じ
  • サブスクリプションは配信されません。

原因

この問題がコンピューターに存在しないために発生します。要求された操作を完了する十分なメモリ。

制限SQL Server 2000 Reporting Services のレポートには、[処理の特定の部分をがメモリがバインドされています。たとえば、クエリの結果の処理とオブジェクト モデルを使用してレンダリングはバインドされたメモリです。

コンピューターは十分なはありません。1 つの場合は、要求された操作を完了するためのメモリまたは、次の条件に該当します。
  • レポートが大きすぎるか、または複雑すぎます。
  • 実行中のプロセスのオーバーヘッドが非常にです。高い。
  • コンピューターの物理メモリをすぎています。小さい。
レポートは、2 段階で処理されます。2 つの段階します。実行してレンダリングします。実行段階でこの問題が発生することができますかレンダリング段階では。

この問題は、実行時に発生する場合ステージは、この問題の最も可能性の高い発生する大量のメモリが消費されるため、クエリ結果で返されるデータです。さらに、次の要因実行中のメモリの使用量に影響します。
  • グループ化します。
  • フィルタ リング
  • 集計
  • 並べ替え
  • カスタム コード
この問題は、レンダリングの段階中に発生した場合は、原因です。どのような情報に、レポートを表示し、レポートの表示方法に関連します。情報です。たとえば、次の要因メモリ消費に影響レンダリング段階では。
  • コントロールの種類と数
  • コントロール間の関係
  • 書式設定
  • 表示されるデータの量
レポート プロセッサ コンポーネントの詳細についてを参照してください。次の Microsoft Developer Network (MSDN) Web サイト。
.aspx の http://msdn2.microsoft.com/en-us/library/aa179471 (SQL.80)

解決方法

この問題を解決するには、次の方法のいずれかを使用します。

方法 1

十分な物理メモリをコンピューターに追加します。

メモ 以上 2 ギガバイト (GB) のメモリがある場合は、有効にすることができます。パフォーマンス向上の Boot.ini ファイルで/3 GBスイッチ。 SQL Server では/3 GB スイッチを使用する方法の詳細についてをクリックして、マイクロソフト サポート技術情報の資料を参照する次の資料番号:
274750SQL Server が 2 GB 以上の物理メモリを使用するを構成する方法

方法 2

メモリの制約の場合は、勤務時間外に実行するレポートをスケジュール低い。

方法 3

MemoryLimitの調整値を設定します。

メモ レポート サービスの Web を使用してレポートのレンダリング時サービス、レポート サービスの Web サービスは、Machine.config ファイルからMemoryLimitの設定を取得します。ただし、スケジュール設定されたレポートレポート サーバー Windows サービスによってレンダリングされます。レポート サーバーの Windowsサービスは、RSReportServer.config ファイルのMemoryLimitの設定を取得します。

詳細についてはMemoryLimitの設定については、「関連情報」セクションを参照してください。

方法 4

Microsoft SQL Server 2005年のレポートの 64 ビット バージョンにアップグレードします。サービスです。

方法 5

レポートのデザインを変更します。これを行うには、次の方法のいずれかを使用します。

メソッド

レポートのクエリのデザインを変更します。メモリの消費量を削減することができます。レポートのクエリは次のように再設計。
  • レポートのクエリでデータを返します。
  • 良い制限は、レポートの WHERE 句を使用してください。クエリです。
  • 複雑な集計をデータ ソースに移動します。

方法 B

別の形式にレポートをエクスポートします。メモリを削減することができます。によっては、別の形式を使用して、レポートを表示するのには消費します。次いくつかのエクスポート形式では、注文のほとんどのメモリ消費量を表します。最小限のメモリ消費します。
元に戻す全体を表示する
書式説明
Microsoft ExcelExcel でレポートをレンダリングします。
画像 (TIFF)レポートでの静的なイメージとして表示します。ページ指向形式
PDFポータブル ドキュメント形式でレポートをレンダリングします。(PDF)
HTMLHTML でレポートをブラウザーに表示されます。
CSVコンマ区切り形式でレポートをレンダリングします。をCSV ファイル形式に関連付けられている表示ツールでレポートを開く
XMLXML でレポートをレンダリングします。レポートに表示します。ブラウザー
メモ XSLT 変換が適用されていない場合は、次の形式になりますCSV 形式を使用するよりも少ないメモリを消費します。

メソッド C

レポートのデザインを簡略化します。メモリの消費量を削減することができます。レポートのデザインを次のように簡単になります。
  • 少ないデータ領域内のコントロールなど、レポートします。
  • 詳細情報を表示するのには、ドリルスルー レポートを使用します。
さらに、データだけで、レポートの目的である場合コレクション、パフォーマンスを向上させるその他のマイクロソフト製品を使用できます。を例、データ変換サービス (DTS)、または Microsoft SQL Server の使用することができます。2005 の統合サービスです。

この問題を解決する方法を次の例に示します。次の使用例を検討してください。
  • レポート マネージャーで 160 ページを返すレポートをすることはできません。PDF 形式では Excel 形式で表示します。レポートまでを超えることができませんでした。250 は 8.5 で 11 インチのページ サイズを使用する場合のページです。
  • データ ソースは、レポートが 500 メガバイト (MB) を返しますレポート サーバーへのデータ。一般に、SQL Server 2000年レポート サービス2 〜 3 回、データセットで使用されるメモリの量が必要です。したがって、SQL Server 2000 Reporting Services を約 1.5 GB のメモリが必要です。レポートをレンダリングします。
次の使用例で、この問題を解決するのには、レポートをそのためデザインします。レポートに集計データは、フィルターの値のセットを示します。また、集計データベースで発生することを確認、照会レポートを取得するデータと集計レポートではないこと。これらのメソッドは、返されるデータの量を大幅に削減できます。レポート サーバー。レポートの表示が正しく、その他すぐにします。

詳細

SQL Server 2000 Reporting Services を使用すると、使用可能性があります。次のいずれかが原因で、メモリ関連の問題が発生します。エラーの状態:
  • System.OutOfMemoryExceptionエラーが発生します。
  • メモリの制限に達しています。
エラー条件の主な違いは、レベルでです。エラー状態の処理、されます。

System.OutOfMemoryExceptionエラーに SQL Server 2000年レポートで発生するエラーです。多くのメモリ、システムとシステムの操作を要求したときのサービスメモリを提供することはできません。場合このエラーが発生した、SQL Server 2000年のレポートサービスは、安全でない方法でプロセスをシャット ダウンします。シャット ダウンは安全ではないです。SQL Server 2000 Reporting Services を実行中のリソースを共有するため要求します。したがって、SQL Server 2000 Reporting Services を保証することはできません。データは、すべての要求に対しても安全です。

メモリの制限の集まりです。システムが不安定になる可能性がある条件を保護するために設定します。たとえば、制限値は、レポート サーバーを防止、メモリ プロセスを使用して大量のメモリ。メモリの制限と、RSReportServer.config ファイルで定義されている、 MaximumMemoryLimitの設定を介して、 MemoryLimitの設定を指定します。時メモリの制限に到達した、Microsoft .NET によってエラーが発生します。実際の SQL Server 2000 Reporting Services を実行する前にフレームワークメモリです。

Web サイトから、またはから、スケジュールされたレポートを表示することができます。タスクです。したがって、エラー条件は 2 つの異なる環境で発生可能性があります。SQL Server 2000年レポート サービス。環境を次に示します。
  • レポート サービスの Web サービス
  • レポート サーバー Windows サービス
以下は、エラー状態のためと環境が存在します。

レポート サービスの Web サービスと、System.OutOfMemoryException エラー

例外メッセージおよびシャット ダウンのメッセージと同様に、次のメッセージが SQL Server 2000年レポート サービスのログに記録されます。ファイル(ReportServerService_<timestamp></timestamp>.log)。

w3wp! ライブラリ ! 1b3c ! 07/11/2005年-10: 38:00:: e エラー: が見つかりませんSystem.OutOfMemoryException の例外:Microsoft.ReportingServices.ReportProcessing.WrapperReportRenderingException:例外の種類Microsoft.ReportingServices.ReportRendering.ReportRenderingException をしました。スローされます。--->Microsoft.ReportingServices.ReportRendering.ReportRenderingException: 例外Microsoft.ReportingServices.ReportRendering.ReportRenderingException の種類発生しました。System.OutOfMemoryException--->: 例外の種類System.OutOfMemoryException がスローされました。

w3wp! ライブラリ ! 1b3c ! 07/11/2005年-10: 38:00:: e エラー: ワーカーの終端プロセス
メモ 既定では、ReportServerService_<timestamp></timestamp>.log ファイルであります。次の場所。
\Microsoft SQL Server\<Instance of="" sql="" server=""></Instance>\Reporting Services\LogFiles
さらに、次のようなイベントです。アプリケーション ログに記録。


イベント種類: 警告
イベント ソース: W3SVC
イベント カテゴリ: なし
イベント ID:1011
作成日: 日付
時刻: 時間
ユーザー: N/A
コンピューター: コンピューター名
説明:
プロセス ・ サービスアプリケーション プール 'DefaultAppPool' で致命的な通信エラーが発生したため、World Wide Web 発行サービス。プロセス id は '9132' でした。データ フィールドエラー番号が含まれています。

SQL Server 2000年レポート サービスことはできません。このエラーを適切に処理します。レポート サービスの Web サービスをキャッチします。例外およびシャット ダウン処理します。再送信する必要があります、要求します。

この問題を解決するのより多くの物理メモリを追加することができます。システムまたはその他のメモリの使用量を削減処理します。

理想的には、 MemoryLimitの設定や、アプリケーション プールの設定 Microsoft インターネット インフォメーション サービス (IIS) 6.0 の調整することができます。メモリ不足の状況が発生する前にエラーがキャッチされること。そのため、プロセスが正常に取り上げます。実験する必要があります、設定、およびメモリを常にすることの保証はありません。最初に制限されます。

レポート サービスの Web サービスとメモリの制限

Windows のイベント ログと SQL Server のメッセージが記録されます。2000 レポート サービスのログ ファイル。レポート サービスの Web サービスのログ ファイルプロセスがシャット ダウンされることを示します。ただし、SQL Server 2000年レポートサービスのシャット ダウンを制御していないと、エラー情報をログに記録することはできません。シャット ダウンします。

次のイベントの 1 つであることに注意してください可能性がアプリケーション ログに記録。

イベント 1


aspnet_wp.exe(PID:<PIDNumber></PIDNumber>) ので、リサイクルされたメモリ超えての消費、 <SizeLimit></SizeLimit> MB(<Percentage></Percentage> % の使用可能ですRAM)。

イベント 2


ワーカー プロセスのプロセス id を'2420' サービスのアプリケーション プール 'DefaultAppPool' をリサイクルするように要求しましたそれが仮想メモリの制限に達したためです。

時のメモリ制限到達する、Microsoft ASP.NET IIS 6.0 がこのエラーを処理し、シャット ダウン、または、サービスの Web サービスのレポートを作成します。メモリの制限はすべて ASP.NET によって指定されてまたは、IIS 6.0 とがで SQL Server 2000年レポートによって制御されません。サービスです。

メモリ制限の下で変更することができます、<processModel></processModel>で、Machine.config ファイルのセクション。

メモ ネイティブ モードでは、Machine.config に IIS 6.0 を実行している場合ファイルは使用されません。メモリの制限のプロパティによって制御される、IIS 6.0 のアプリケーション プール。

詳細についてはメモリASP.NET と IIS 6.0 の構成は、次の MSDN Web サイトを参照してください。

レポート サーバー Windows サービスおよび System.OutOfMemoryException エラー

レポートをファイル共有に配信または配信されない、受信者が購読しています。定期的なレンダリング処理が自動的に再起動しようとして、処理の一環として、同じサブスクリプションを再度実行するのには回復のプロセスです。次のエラーのようなエラー メッセージメッセージは、SQL Server 2000年レポート サービス ログ ファイルに記録されます。

ReportingServicesService ! ライブラリ! 618 ! 7/9/2003年-16: 06:01:。状態: エラー: 例外の種類 System.OutOfMemoryException がスローされました。
ReportingServicesService ! 通知! 618 ! 7/9/2003年-16: 06:01:: スローされたエラー配信プロバイダー: System.OutOfMemoryException: の種類の例外System.OutOfMemoryException がスローされました。
ReportingServicesService ! 通知! 618 ! 7/9/2003年-16: 06:01:: 通知380e6cd2-3e3d-4549-9ed5-9fb6b42266b6 が完了しました。成功: False、状態: エラー。例外の種類 System.OutOfMemoryException がスローされました。、DeliveryExtension。レポート サーバーの電子メール、レポート: 請求書、0 の試み
ReportingServicesService ! dbpolling ! 618 ! 7/9/2003年-16: 06:01:。されたアイテムの処理を完了しました380e6cd2-3e3d-4549-9ed5-9fb6b42266b6
ReportingServicesService ! servicecontroller! 568 ! 7/9/2003年-16: 09:30:: i 情報。メモリ制約アプリケーション ドメイン リサイクル要求
ReportingServicesService ! servicecontroller! 568 ! 7/9/2003年-16: 09:30:: i 情報。既定のドメインからサービスのリサイクル
ReportingServicesService ! dbpolling ! 568 ! 7/9/2003年-16: 09:30:: EventPollingサービスのポーリングが停止しました。
ReportingServicesService ! dbpolling ! 87 c ! 7/9/2003年-16: 09:30:: EventPollingハートビート スレッドが停止を終了します。
ReportingServicesService ! dbpolling ! 568 ! 7/9/2003年-16: 09:30:。されたポーリング サービスを停止しました
ReportingServicesService ! dbpolling ! 880 ! 7/9/2003年-16: 09:30:。されたハートビート スレッドが停止を終了します。
ReportingServicesService ! dbpolling ! 568 ! 7/9/2003年-16: 09:30:: SchedulePollingサービスのポーリングが停止しました。
レポート サーバー Windows サービスをキャッチします。例外およびシャット ダウン処理します。これは正常なプロセスではないです。進行中の他の要求はすべて失われます。

サーバーで構成することはできません。この問題を回避するのに設定します。この問題をメモリの量によって影響を受けるコンピューターで、他のプロセスのメモリ使用量で。

するにはこの問題を解決する、コンピューターに物理メモリを追加または削減することができます。他のプロセスのメモリ使用量。

レポート サーバー Windows サービスおよびメモリの制限

レポートをファイル共有に配信または配信されない、受信者が購読しています。サブスクリプションのStatusプロパティは、「スレッドの中止」値があります。エラーSQL は次のエラー メッセージに類似したメッセージがログに記録されます。Server 2000 レポート サービスのログ ファイル:

ReportingServicesService ! reportrendering ! 17a8 ! 09/28 2005年 16: 10:12:。e エラー: スローMicrosoft.ReportingServices.ReportProcessing.WrapperReportRenderingException:例外の種類Microsoft.ReportingServices.ReportRendering.ReportRenderingException をしました。スローします。。情報:Microsoft.ReportingServices.ReportProcessing.WrapperReportRenderingException:例外の種類Microsoft.ReportingServices.ReportRendering.ReportRenderingException をしました。スローされます。--->Microsoft.ReportingServices.ReportRendering.ReportRenderingException: 例外Microsoft.ReportingServices.ReportRendering.ReportRenderingException の種類発生しました。System.Threading.ThreadAbortException--->: スレッドがされています。中止されました。
ReportingServicesService ! runningjobs ! 17a8 ! 09/28 2005年 16: 10:12:: は情報: CancelableJobExecution.Execute の他のスレッドの中断例外のキャッチ
ReportingServicesService ! ライブラリ ! 17a8 ! 09/28 2005年 16: 10:12:: i 情報。EnableExecutionLogging にサーバー システムで指定されて True に初期化していますプロパティ。
ReportingServicesService ! runningjobs ! 1810年 ! 09/28 2005年 16: 10:12:: i 情報。CancelableJobExecution.Execute の他のスレッドの中断例外がキャッチされました
ReportingServicesService ! ライブラリ ! 1810年 ! 09/28 2005年 16: 10:12:: i 情報。EnableExecutionLogging にサーバー システムで指定されて True に初期化していますプロパティ。
ReportingServicesService ! dbpolling ! 1810年 ! 09/28 2005年 16: 10:12:。アイテムの処理がされました。6e786bb5-3e4d-462a-92 fc-2942e6aec007 が要求されました。
ReportingServicesService ! dbpolling ! 1810年 ! 09/28 2005年 16: 10:12:: キュー ワーカースレッド ハンドルされていない例外がキャッチされました: System.Threading.ThreadAbortException。スレッドは中止されました。
時Microsoft.ReportingServices.Library.NotificationQueueWorker.HandleNotification (キュー アイテムアイテム)
時Microsoft.ReportingServices.Library.NotificationQueueWorker.QueueWorker (キュー アイテムアイテム)
時Microsoft.ReportingServices.Library.QueuePollWorker.WorkItemStart (オブジェクト状態)
メモ これらのメッセージが突然終了をログに続くファイルです。

レポート サーバー Windows サービスは既存の実行しようとしました。要求します。さらに、レポート サーバー Windows サービスの監視します。構成の設定は、要求された操作を超えないことを確認するのにはメモリの制限。場合は、要求された操作がメモリの制限を超えることはレポート サーバー Windows サービスがプロセスを停止します。レポート サーバーの Windowsサービスは、スタートアップ タスク リストで失敗したジョブを自動的に配置されます。ときはレポート サーバー Windows サービスの再起動時、レポート サーバー Windows サービスの試行ジョブを再実行します。

RSReportServer.config ファイルに 2 つの設定メモリ構成に影響します。特定のエントリMaximumMemoryLimit設定、 MemoryLimitの設定でありの<Service></Service>タグ。

これらの値は、物理を割合します。メモリです。既存のメモリの使用量に達したときを要求した場合、レポート サーバー Windows サービスのMemoryLimitの設定で指定された割合を停止します。追加の要求します。ただし、現在進行中の要求を続行します。空きメモリの値が割合より小さいした後新しい要求が受け入れMemoryLimitの設定で指定されているは。

場合は、既存のメモリの使用量要求は、 MaximumMemoryLimit設定で指定されたパーセンテージに達する、レポート サーバーのアプリケーション ドメインで終了しました。

これらの設定は、メモリ制限の下で模倣、<processModel></processModel>セクションが Machine.config ファイルにし、効果的に同じ動作方法です。これらの設定はレポート サービスの Web サービス間での一貫性を貸してください。また、レポート サーバー Windows サービス。

関連情報

詳細については、SQL Server では、次のトピックを参照してください。オンラインの書籍:
  • ドリルスルー レポート (レポート リンクを追加する方法デザイナー)
  • レポートをエクスポートします。
  • RSReportServer 構成ファイル
  • レポート サーバー アプリケーション ドメインのリサイクル

プロパティ

文書番号: 909678 - 最終更新日: 2013年5月20日 - リビジョン: 9.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft SQL Server 2000 Reporting Services
  • Microsoft SQL Server 2005 Reporting Services
キーワード:?
kbsqlsetup kbexpertiseadvanced kbprb kbmt KB909678 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:909678
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com