SQL Server 2005 Analysis Services をフェールオーバー クラスターにインストールする方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 910230
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

Microsoft SQL Server 2005年分析サービス (SSAS) は、フェールオーバー クラスターにインストールできます。これを行うと、Microsoft クラスター サービス (MSCS) は SSAS の優れた信頼性を提供します。

この資料で説明、次のトピック:
  • SQL Server 2005 Analysis Services をインストールする方法については、フェールオーバー クラスター
  • インストールされているかどうかを確認する方法成功
  • SQL Server 2005 Analysis Services から削除する方法をフェールオーバー クラスター
  • 既知の問題

はじめに

SQL Server 2005 をインストールする方法についてを説明しますAnalysis Services でフェールオーバー クラスター化し分析サービスのフェールオーバー クラスタ リングの詳細について説明します。

詳細

SQL Server 2005 Enterprise Edition または SQL をインストールすることができます。2005 標準エディションをサーバー フェールオーバー クラスタ リングをサポートするためです。Analysis Services をフェールオーバー クラスターにインストールすると、次の表は、2 つの異なるエディションを比較します。
元に戻す全体を表示する
SQL Server 2005 のエディションサポートされているノードSQL Server 2005 Analysis Services のインスタンスをサポート
SQL Server 2005 Enterprise EditionSQL Server 2005 Enterprise Edition を基になるオペレーティング システムのサポートとして複数のノードをサポートしています。

たとえば、Microsoft Windows Server 2003 を実行しているフェールオーバー クラスターで SQL Server 2005 Enterprise Edition をインストールする場合は、クラスターに 8 ノードを追加できます。
50
SQL Server 2005 Standard Edition216
メモ SQL Server の 64 ビット バージョンのすべてのエディションは、フェールオーバー クラスタ リングをサポートします。SQL Server 2005 x 64 のエディションでは、両方のフェールオーバー クラスタ リングをインストールすると、管理ツールがサポートされています。SQL Server 2005 のエディションをインストールする場合は、Itanium ベースのシステム管理ツールがサポートされていません。

Analysis Services をフェールオーバー クラスターにインストールする方法

フェールオーバー クラスターで Analysis Services または SQL Server 2005 にインストールできます。SQL Server 2005 Analysis Services を SQL Server 2005 の既存のクラスターに追加するには、「するには、既存のコンポーネントを追加するには、SQL Server 2005 クラスター、コマンド プロンプトから」部分は、次のマイクロソフト開発ネットワーク (MSDN) Web サイトを参照してください。
http://msdn2.microsoft.com/en-us/library/ms144259.aspx
Analysis Services をインストールするのにはフェールオーバー クラスターでは、これらの手順を実行します。
  1. Microsoft SQL Server 2005年の DVD を DVD を挿入します。ドライブします。SQL Server のインストール ウィザードが自動的に起動しない場合は、ダブルクリック、 Splash.hta DVD のルート フォルダー内のファイル。

    場合は、SQL Server は、ネットワーク上の場所からインストール、インストール ファイルを共有し、接続SQL Server をインストールするコンピューターの場所です。
  2. クリックしてインストール プロセスを開始するには、 サーバー コンポーネント、ツール、Books Online、およびサンプル.
  3. 使用許諾契約書] ページで、同意する場合は、このチェック ボックスをオンにするには、ライセンス契約を読みをクリックして、条項および条件は、ライセンスを取得し、次へ.
  4. SQL Server コンポーネントのアップデートを実行し、ソフトウェアのインストールSQL Server をインストールする前に必要です。SQL Server コンポーネントの更新が終了したらをクリックします。 終了日.
  5. SQL Server の [ようこそ] ページで[インストール ウィザード] をクリックします。 次へ.
  6. [システム構成チェック (SCC)セットアップをブロックする可能性がありますの条件] ページで、インストール先のコンピューターがスキャンされます。スキャンを中断する. します。 停止.スキャン後[完了] をクリックします。 続行.

    メモ スキャンしたエラーを報告する場合は、エラーを識別しをクリックしてください終了.すべてをブロックするまで、インストールを完了できません。エラーが解決されます。

    詳細については、次を参照してください。MSDN Web サイトします。
    システム構成チェック (SCC)
    http://msdn2.microsoft.com/en-us/library/ms143185.aspx

    パラメーターは、システム構成をチェックします。チェッカー
    http://msdn2.microsoft.com/en-us/library/ms143753.aspx
    Microsoft SQL Server のインストールページで、ソフトウェアをインストールするのには、SQL Server のインストール ウィザードを準備します。は、準備が完了すると、インストール ウィザードを続行します。
  7. 登録情報ページでは、情報を入力、 名前会社ボックスとクリック 次へ.
  8. [コンポーネントのインストール] ページをクリックして、 Analysis Services チェック ボックスとは、 分析サーバー フェールオーバー クラスターを作成します。 チェック ボックスAnalysis Services をフェールオーバー クラスター上にインストールし、次へ.

    メモ
    • チェック ボックスの組み合わせを選択するをクリックできます。場合、オンにし、 SQL Server データベース ・ サービス チェック ボックスまたは、 Analysis Services セットアップ プログラムが検出した場合は、チェック ボックスをオンします。クラスタ ・ ノードにインストールしている、 SQL Server のフェイル オーバーを作成します。クラスター チェック ボックスまたは、 分析サーバー フェールオーバー クラスターを作成します。チェック ボックスが選択されています。
    • 管理ツールをインストールしないことを選択できます。インストール時間を短縮します。ツールは、ツールをインストールする場合現在のクラスター ノードでのみがインストールされます。
  9. インスタンス名ページで、選択します。既定または名前付きインスタンスをインストールします。場合は、既定または名前付きインスタンス既にインストールされている既存のインスタンスを選択し、インストールは、セットアップ プログラムは、既存のインスタンスからアップグレードしてをインストールすることができます。コンポーネントを追加します。

    新しい既定のインスタンスをインストールするには、既定のインスタンスがコンピューターに存在する必要がありますされません。

    新規にインストールするのには名前付きインスタンスをクリックします。 名前付きインスタンス、し、一意な入力インスタンスの名前です。

    詳細についてはインスタンスの名前付け規則には、次の MSDN Web サイトを参照してください。
    http://msdn2.microsoft.com/en-us/library/ms143531.aspx
  10. 仮想 SQL Server 名] ページを入力します。クラスター分析サービスの一意の名前。この名前は、ネットワーク上のフェールオーバー クラスターを識別するために使用されます。仮想の SQL Serverネットワーク上で一意である必要がありますの名前と異なる名前する必要があります、ホスト クラスターやクラスター ノード。クリックしてください。次へ.
  11. SQL Server の仮想の構成でページで、クライアント アクセス用に構成されたネットワークごとに 1 つの IP アドレスを入力します。たとえばの仮想の SQL Server している各ネットワークの IP アドレスを入力します。利用可能なパブリック (混合) ネットワーク上のクライアントにします。1 つの IP アドレスです。各サブネットに使用します。

    IP アドレスの競合を回避するには、ことを確認してください。その他のサブネットに割り当てられている IP アドレスは共有されません。アプリケーションです。

    IP を入力するネットワークを選択します。アドレス、IP アドレスを入力しをクリックしてください 追加.Ip アドレスアドレスとサブネットが表示されます。それぞれの IP アドレスを入力します。IP を使用して、必要なすべてのネットワークが作成したまでネットワークのインストールアドレスです。次に、クリックします。 次へ.

    [クラスター グループの選択] ページが表示されます。

    詳細については仮想サーバーの構成の詳細については、次の MSDN Web サイトを参照してください。
    http://msdn2.microsoft.com/en-us/library/ms143738.aspx
  12. で、 利用可能なクラスター グループ 一覧で、Analysis Services で使用するドライブを含むグループをクリックします。グループをクリックした場合クラスター クォーラム リソースを含むには、クラスターのクォーラム リソースにインストールしないことを推奨する警告メッセージが表示されます。指定することもできます、データ ファイルのカスタム パスを データ ファイル ボックス。するには続行、クリックしてください 次へ.

    メモ によって使用されるデータ ファイルのカスタム パスを指定することができます。Analysis Services。ただし、プログラム ファイルのパスを指定できません。プログラム ファイルは、次のフォルダーに自動的にインストールされます。
    SystemDrive: \Program Files\Microsoft SQL Server
    [クラスター グループの選択の詳細についてを参照してください、次の MSDN Web サイトします。
    http://msdn2.microsoft.com/en-us/library/ms143523.aspx
  13. クラスター ノードの構成] ページで、仮想の SQL Server に含めるノードを指定します。ノードを追加するのには、仮想 SQL Server にコンピューターの名前をクリックして、 利用可能ですノード リストとクリック 追加.ノードを削除するのには仮想 SQL Server で、内のコンピューター名をクリックして、 選択しました。ノード リストとクリック 削除.ある任意のノード使用できない表示されます、 使用できないノード リストです。

    なる、ノードでのみ、1 ノード フェールオーバー クラスターを作成するのにはインストールされているサーバーで表示する、仮想 SQL で、 必要なノード リストです。クリックして続行するのには 次へ.

    の次に、クラスター ノードの構成の詳細について参照してください。MSDN Web サイトします。
    http://msdn2.microsoft.com/en-us/library/ms143299.aspx
  14. リモート アカウント情報] ページで、ユーザー名と、クラスターのすべてのノードで管理者権限を持つアカウントのパスワードを入力してリモート ログイン情報を指定します。このページは、リモート ノードに Analysis Services をインストールしている場合にのみ表示されます。提供された資格情報は、仮想の SQL Server 内の各ノード上の SQL Server を構成するのには SQL Server のセットアップ中にのみ使用されます。このアカウントは、有効な管理者アカウント、クラスターのすべてのノードでなければなりません。クリックして続行するのには 次へ.

    詳細についてはリモート アカウント情報の詳細については、次の MSDN Web サイトを参照してください。
    http://msdn2.microsoft.com/en-us/library/ms144295.aspx
  15. サービス アカウント (クラスター)] ページで、ユーザー名、パスワード、および分析サービスのアカウントのドメイン名を指定します。クラスターに割り当てられているアカウントと同じアカウントを使用することはできません。サービスです。

    クラスター サービス アカウントの詳細についてを参照してください。次の MSDN Web サイトします。
    http://msdn2.microsoft.com/en-us/library/ms143763.aspx
  16. ドメインのグループは、クラスター化サービス ページの種類 ドメイン名\グループ名 のクラスター化された Analysis Services サービスです。クリックして続行するのには 次へ.

    詳細についてはクラスター化サービス用ドメイン グループは、次の MSDN Web サイトを参照してください。
    http://msdn2.microsoft.com/en-us/library/ms143195.aspx
  17. 認証モード] ページを選択します。SQL Server のインストールに使用する認証モードを指定します。また、必要があります。入力し、システム管理者 (sa) ログイン用の強力なパスワードを確認します。するには続行、クリックしてください 次へ.
  18. 照合順序の設定] ページを指定します。Analysis Services の並べ替えの動作です。SQL の 1 つの照合順序を使用することができます。サーバーおよび Analysis Services、または個人の照合順序を指定できます。コンポーネントです。

    SQL Server と、別の照合順序の設定を設定するのにはAnalysis Services サービス アカウントごとにカスタマイズするのには、このチェック ボックスをオン クリックします。チェック ボックスをオンをクリックすると、ドロップ ダウン リストが表示されます。選択します。ドロップ ダウン リストから、サービスし、サービスの照合順序を割り当てます。繰り返しこの手順を各サービスです。クリックして続行するのには 次へ.

    詳細については照合順序の設定の詳細については、次の MSDN Web サイトを参照してください。
    http://msdn2.microsoft.com/en-us/library/ms143508
  19. [エラーと使用状況レポートの設定ページで、必要に応じてエラー報告を無効にする機能のチェック ボックスをオフにします.利用状況レポートを作成します。クリックして続行するのには 次へ.
  20. レビューの準備完了のインストール] ページで、機能とコンポーネント SQL Server のインストールの概要です。するには続行、クリックしてください インストール.
  21. インストールの進行状況] ページで、ことができます。ノードを選択して、個々 のクラスター ノードでのインストールの進行状況を監視します。から、 ノード ドロップ ダウン リストです。セットアップの進行状況を表示するのには選択されているノードです。インストール時にコンポーネントのログ ファイルを表示するをクリックしてください。製品や、インストールの進行状況の状態名ページします。
  22. Microsoft SQL Server を完了インストール ウィザードのページでは、セットアップの概要ログを表示できます。提供されるリンクをクリックします。SQL Server のインストールを終了するのには[ウィザード] をクリックします 終了日.
  23. コンピューターの再起動が指示される場合は、再起動がコンピューターを今すぐします。インストールが完了するは、読むことをお勧めセットアップ プログラムからのメッセージです。指定のいずれかを再開するのには、障害が発生セットアップ プログラムを再度実行するとノードの障害があります。

インストールが成功したかどうかを確認する方法

Analysis Services が正常にされているかどうかを確認するのには各クラスター ノードにインストールされているすべての次の条件が満たされているを確認します。
  • 各クラスター ノードのクラスター アドミニストレーター ツールを開きます、12 では、Analysis Services をフェールオーバー クラスターにインストールする方法」の手順で選択したクラスター グループをクリックします。検索する必要があります。Analysis Services クラスター リソースとしてを表示します。グループです。
  • 各クラスター ノードでは、検索 SQL Server Analysis Services サービスの一覧を表示[サービス] ツールを開くときのリストです。

    メモ 任意の操作を実行することはお勧めしません。このサービスを任意のクラスター ノードにします。クラスター分析を管理することができます。[クラスター アドミニストレーター] を使用してサービスを指定します。
  • 各クラスター ノードでは、Analysis Services プログラム ファイル次のようにコピーされましたフォルダー:
    SystemDrive: \Program Files\Microsoft SQLサーバー
  • Analysis Services のデータ ファイルをフォルダーにコピーする必要があります。共有ドライブ上に作成されます。カスタム パスを指定していない場合の既定では、ファイル、データ ファイルは、次のようにコピーされます。フォルダー:
    SharedDrive: \Program Files\Microsoft SQLサーバー
  • SQL Server Management Studio と SQL Server のビジネスインテリジェンス開発 Studio を実行して、クラスター ノードでインストールする必要があります。セットアップ プログラムします。SQL Server Management Studio と SQL Server のビジネスインテリジェンス開発 Studio を他のノードで使用可能にすることはできません。
  • 使用してクラスター分析サービスを接続することができます。手順 10 では、「Analysis Services をフェールオーバー クラスターにインストールする方法」セクションを指定することは仮想サーバー名を指定します。

    メモ SSAS のインスタンスが名前付きインスタンスとしてインストールした場合でも、名前付きインスタンスとして仮想サーバー名を指定してください。使用できません。VirtualServerName/InstanceNameインスタンスに接続します。

Analysis Services をフェールオーバー クラスターから削除する方法

クラスター化の Analysis Services を削除するには、以下を実行します手順:
  1. SQL Server 2005 インストール メディアをディスク ドライブに挿入します。
  2. コマンド プロンプトで次のコマンドを実行します。
    start /wait <DiskDrive>\setup.exe /qb REMOVE=Analysis_Server VS=<Virtual Servername> INSTANCENAME=<InstanceName> ADMINPASSWORD=<StrongPassword>
    
メモ <instancename></instancename> SQL Server 2005 Analysis Services のインスタンスを削除したいの名前を表します。

フェールオーバー クラスター上の SQL Server 2005 Analysis Services のインスタンスを削除するのにはの追加と削除] を使用することもできます。

既知の問題

  • クラスター グループには、Analysis Services をインストールすると、グループの状態を確認する必要があります。オンラインにします。
  • ターミナル セッションから、セットアップ プログラムを実行する場合は、行う必要があります。他のユーザーのクラスター ノードからログオフしていることを確認してください。
  • インストール ソース ファイルがネットワーク共有上にある場合場所は、すべてのクラスター ノードの共有にアクセスできることを確認してする必要があります。場所が正常にします。
  • ドメイン管理者グループのメンバーにする必要がありますかクラスター サービス アカウントにはドメイン グループの所有者をメンバーです。それ以外の場合は、次のエラー メッセージを受け取ることがあります。
    そのドメインにアカウントを追加する権限がないです。このフェールオーバー クラスターの指定されたグループ。ドメイン管理者に依頼してください。アカウントを使ってログオンしたり、ドメイン グループに新しいアカウントを追加する権限アクセス許可がします。

プロパティ

文書番号: 910230 - 最終更新日: 2011年7月19日 - リビジョン: 6.0
キーワード:?
kbhowto kbexpertiseadvanced kbsql2005as kbmt KB910230 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:910230
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com