スケーラブルな共有データベースは、SQL Server 2005 でサポートされています

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 910378
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

はじめに

スケーラブルな共有データベースで Microsoft SQL がサポートされていますServer 2005 Enterprise Edition。この資料は、「スケーラビリティのプレビューですSQL Server の将来の更新でパブリッシュされるデータベースの共有"トピックオンライン ブック。

詳細

スケーラブルな共有データベース

スケーラブルな共有データベースは読み取り専用レポートを関連付けることができます。複数のサーバー インスタンスは、記憶域ネットワーク (SAN) 経由で確認してください。Aレポート データベースを 1 つまたは複数の構築された読み取り専用データベースでください。本番データベース、レポート目的でのみ使用されます。にスケーラブルな共有データベースに加え、レポート データベースのいずれかを置く必要があります。または、複数の専用の読み取り専用ボリューム。この読み取り専用の主な目的ボリュームのあるデータベースは、レポートやレポートのセットをホストするにはデータベース。これらのボリュームは、ボリュームを報告として知られています。

メリット

スケーラブルな共有データベースは、次の利点があります。
  • 使用して、ワークロードのスケール アウトのレポート データベースを提供します。一般的なサーバー。スケーラブルな共有データベースを可能なコスト パフォーマンスの高い方法です。読み取り専用のデータ マートまたはデータ ウェアハウスは複数のサーバー インスタンスを使用できます。クエリの実行、SQL Server 2005 を使用してなど、目的のレポートサービスを報告します。
  • 作業負荷の分離を提供します。各サーバーが独自に使用します。メモリ、CPU、および tempdb データベースです。
  • 同じビューのすべてのサーバーからのデータ報告を保証します。すべてのサーバー インスタンスが同じ構成されている場合。たとえば、すべてサーバーは、単一の照合順序を使用します。

    メモ 必要に応じてでレポート データベースを更新できます。ボリュームを報告します。詳細についてを参照してください、"の可用性を最大化します。スケーラブルな共有データベースでは"セクション。

制限事項

次の制限がスケーラブルな共有データベースの存在します。
  • データベースが読み取り専用ボリューム上にあります。
  • データ ファイルは、SAN を介してアクセスできます。
  • スケーラブルな共有データベースは、Microsoft ではサポートされていますWindows Server 2003 Service Pack 1 (SP1) またはそれ以降のバージョンの Windows Server2003。

サイクルのレポート データベースを更新します。

使用すると、スケーラブルな共有データベース、レポート データベースは、3 つフェーズ更新サイクルを実行します。
  • フェーズを作成します。: レポート データベースの更新サイクルをビルドを開始します。フェーズ。レポート データベースを構築するには、管理者がマウント、ボリュームは本番システムとを使用するとの報告が読み取り/書き込み。場合は、ボリュームが読み取り/書き込み状態に、のみ 1 つのシステムにボリュームがマウントされることができます。2 つ以上のシステムでボリュームがマウントされている場合は、ファイル システムの破損可能性があります。発生します。データ ・ コピーのいずれかを使用して、データベース管理者からビルドします。SQL Server 2005 でデータやデータベースをコピーするため提供されるメソッドです。後、データベースの作成、読み取り専用ボリューム、管理者が設定、これは、マウントを解除されます。
  • フェーズを追加します。アタッチ フェーズはビルド フェーズの後です。アタッチ フェーズデータベースがスケーラブルな共有データベースとして使用可能になります。アタッチ フェーズ各レポート サーバーを個別に行う必要があります。構成するのにはレポート データベースをスケーラブルな管理者のマウント、データベースの共有とは読み取り専用のレポート ボリュームが SAN 経由でレポート サーバーにします。後、管理者が、各ボリュームに読み取り専用に設定されていることを確認して、管理者は、SQL Server のインスタンス上のレポート データベースをアタッチします。は、SQL Server のインスタンス上にレポート データベースは、レポートとも呼ばれますがサーバー インスタンスです。各レポート ボリュームを読み取り専用であるため、アタッチがデータベースが読み取り専用に設定します。この時点では、レポート データベースになります、クライアントが、レポートを使用してアクセスできる拡張性の高い共有データベースサーバーです。

    メモ 更新すると、2 番目のレポート ボリュームを使用する場合は、ローリング アップグレードの間を選択する必要がありますデータベースを報告し、同期されたアップグレードします。詳細については、"最大の可用性を参照してください。スケーラブルな共有データベース」のセクションを指定します。
  • フェーズをデタッチします。: 第 3 のフェーズがデタッチ フェーズです。通常、レポートデータベースは最終的に古くなります。維持するのには、データベースを更新する必要があります、現在のデータを報告します。デタッチ フェーズは、古い情報を除去するプロセスです。レポート データベースがスケーラブルな共有データベースとしてサービスから。前に行うことができます。特定のレポート サーバーでは、更新されたレポート データベースを使用できるように、デタッチ フェーズが完了する必要があります。レポート データベースの場合更新がすべてのサーバー インスタンスからデタッチする必要があるする必要があります。開始するのにはデタッチ フェーズでは、データベース管理者最初クエリ作業負荷を停止します。データベースにすべてのサーバー インスタンスから受信しました。各サーバー上でインスタンスは、データベース管理者はデータベースへの排他アクセスを取得、それを切り離します。データベース管理者は、ボリュームからマウント解除します。各ホスト システムです。デタッチ フェーズを完了したら、レポート ボリュームのあります。SAN から切断します。
メモ レポート データの可用性を最大化するのには、お勧めベスト プラクティスとして、2 つのレポート ボリュームの間の更新サイクルを代替します。最初のレポート ボリュームをレポート サーバーにもマウントすると、2 つ目のボリュームを実稼働サーバーにマウントしてからビルドします。レポート データベースの最新のバージョンです。詳細についてを参照してください、「スケーラブルな共有データベース可用性を最大化」のセクションです。

メモ 各段階での一連の手順を実行する必要があります。データベースの管理者権限を持つユーザーによって。この記事では、そのユーザーデータベース管理者として参照されます。

重要です スケーラブルな共有データベースを構成するには、SAN 環境する必要があります。まだ正常に動作しています。

スケーラブルな共有データベースの例

その後の更新サイクルでは、データベースを更新するか再構築します。推奨される方法は、ビジネス要件によって異なります。行うことができます。スケーラブルな共有データベースは、次の 2 つの方法の使用します。
  • データ マート データベース: データ マート スケーラブルな共有データベースの最も簡単な使用のです。データベースです。データ マート データベースの内容から定期的に抽出します。データ ウェアハウスとレポートを作成します。データ マート データベースを更新するのにはデータベースを削除し、新しいバージョンで置き換えます。
  • 更新可能なデータベースからのレポート: いつから報告されている、データベースする必要はありません変換元データベースから、データベースを定期的に指定できます更新。定期的にデータベースを更新するには、完全なバックアップを作成する、運用データベースと、復元、レポート、データベースのバックアップボリュームまたはボリュームを使用します。

環境がスケーラブルな共有データベースの正しいあることを確認します。

スケーラブルな共有データベースは読み取り専用ボリューム上にある必要があります。SAN 経由ではアクセスできません。次は、レポート サーバーを実行する必要があります。
  • Windows Server 2003 SP1 またはそれ以降のバージョンの WindowsServer 2003
  • SQL Server 2005 Enterprise Edition またはそれ以降のバージョンSQL Server 2005
保守性は、お、スケーラビリティを制限することをお勧め8 つのサーバー インスタンスを共有データベースの構成。ただし、SQL Server2005 アクセスできる同時のインスタンスの数を制限しないがスケーラブルな共有データベース。通常、各サーバー インスタンスは別に実行されます。サーバーのレポートを作成します。ただし、複数のレポート サーバー インスタンスを実行するのはレポート サーバーがサポートされます。

お客様の環境を構成します。

拡張性の高い、環境がサポートが共有しているかどうかを確認するにはデータベースは、次のガイドラインに従うことを推奨します。
  • 確認してくださいで、特定のレポート サーバーレポート データベースが実行されている同じオペレーティング システム上で。たびに、レポート サーバーのアップグレード、サービスその他のレポート サーバーをアップグレードする、同じ拡張性の高いデータベース、またはデータベースを共有します。たとえば、適用すると、いずれかに Windows または SQL Server 2005 のソフトウェアの更新プログラムや service packレポート サーバーは、同じソフトウェア更新プログラムやサービス パックすべてに適用]レポート サーバー。

    メモ 多くの場合、レポートは、ローリング アップグレードを実行できます。限り、ロールバックが完了した後、サーバーは適切なタイミングでアップグレードします。
  • スケーラブルな共有データベースでの同時にテストします。アクセスの負荷で最大 8 台のサーバー インスタンスの SQL Server 2005 のエンタープライズエディションです。SQL Server 2005 は、インスタンスの制限を強制しません。しかし、私たち8、スケーラブルな共有データベース構成を制限することをお勧め。サーバー インスタンスを共有データベースにします。
  • 複数のデータ ファイルを運用データベースをまたがる場合ボリュームは、ボリュームを報告するのと同じ数を使用する必要があります。対照的に、レポート データベースは読み取り専用に設定するので、そのログ ファイルは共存できます。レポート ボリューム上のデータ ファイルをします。
  • 構築または更新するプロセスを簡略化するのにはレポートのデータベース、レポート データベースのパスを指定することお勧めは、運用データベースと同じです。これは、両方を同じドライブ文字を使用してが含まれていますレポート ボリュームおよびデータベースに対して同じディレクトリ パスにします。のe: sqldata に、運用データベースがある場合など、ドライブ文字として E を使用可能であればレポート ボリュームの。また、として \SQLdata を使用して、可能な場合は、レポート データベースのディレクトリです。ただし、スクリプトは、明示的なパスは、すべての違いを処理できます。レポート ボリュームを使用する場合は、別のドライブ文字が本番ボリュームよりもすることができます、次の変更:
    • 復元することにより、レポート データベースを構築する場合は、データベースのバックアップを RESTORE DATABASE ステートメントが WITH MOVE 句が必要リストアされたデータ ファイルの完全パスを指定します。
    • レポート データベースが、本番データのコピーの場合データベースを添付] 句、CREATE DATABASE ステートメントの一覧を表示する必要があります。すべてのファイル。添付の句は、完全なパスを指定することもする必要があると、レポート データベースをアタッチします。これは、常に最善の方法です。

      メモ ベスト プラクティスとしては、すべてのサーバーで同じドライブ文字を使用します。レポート サーバーからレポート ボリュームをマウントします。この実習異なるサーバー間でボリュームを管理することができます。
  • レポート データベースは読み取り専用ボリューム上にある必要があります、すべてのレポート サーバーから、SAN を介してアクセスできます。
    • レポートに、レポート ボリュームをマウントする後サーバーは、レポート ボリュームが正しくマウントされていることを確認してくださいとは、データ ファイルにアクセスできます。これを行うを入力してください。 DIR <drive-letter></drive-letter>:\<database-directory></database-directory>コマンド プロンプトで、 <drive-letter></drive-letter> ですレポート ボリュームに割り当てられた文字と <database-directory></database-directory> 場所を指定します。ボリューム上のデータベースのデータ ファイル。それぞれの報告から、このテストを実行します。それらすべてが、同じ結果を得ることいることを確認するには、[サーバー] をクリックします。
    • レポート データベースが設定されているかどうかを確認するのにはボリューム上のファイルを作成するのには読み取り専用にしてください。最も簡単な方法です。コピーまたは、ボリューム上のプレーン テキスト ファイルを保存します。失敗する必要があります。ボリュームは読み取り専用です。

      メモ 手動で次の手順を実行する場合、ことを勧め、これらのテストでは、レポート ボリュームをマウントするとき各更新プログラムのサイクルの繰り返し各レポート サーバー上で。場合は、レポートのボリュームに移動するスクリプト本番サーバとテスト レポート サーバー間で前後スクリプトが動作していることを確認して、後は必要ありません。正しくします。

フェーズ 1: ビルド フェーズ

ビルドまたはスケーラブル共有データベースを更新します。

レポート データベースを構築して手動で更新する必要があります。これレポート データベースの更新サイクルの最初のフェーズであり、プロセス構築フェーズと呼ばれます。古いデータベースの更新、ビルド フェーズを伴う場合があります。または、新しいバージョンを作成します。

通常は、現在のバージョンは、レポート データベースは最終的に古くなります。レポート データベースがある必要があります。レポートのデータを更新するためには、定期的に更新します。

ビルド フェーズを完了します。

更新して、古いレポート データベースを更新することができます、不要になったデータは、既存のデータベースや、データベースを再構築します。

メモ 既存のレポート データベースを更新することができます前に、各レポート サーバー インスタンスからデータベースをデタッチする必要があります。さらに、レポート ボリュームを各レポート サーバーからマウント解除する必要があります。詳細については詳細は、「スケーラブルな共有データベースをデタッチする」を参照してください。

するには古いレポート データベースの更新、生産上でこれらの手順を実行しますサーバー:
  1. ハードウェア ベンダーのユーティリティを使用して、論理のマスクを解除するのにはレポート ボリュームに対応するユニット番号 (Lun)。このアクションを作成します。ボリュームを本番サーバにアクセスできます。
  2. レポート ボリュームをマウントし、としてマークを付ける読み取り/書き込み。ボリュームをマウントするのには、Diskpart コマンド ライン ユーティリティを使用するを入力してください。コマンド プロンプトで次のコマンド:DiskPart
    DISKPART > を選択ボリューム =<drive-number></drive-number>
    DISKPART > を割り当てる文字 =<drive-letter></drive-letter>
    DISKPART >明確に読み取り専用を属性します。
    DISKPART > 終了

    この手順では、<drive-number></drive-number> あるボリューム数します。Windows では、割り当てられていると <drive-letter></drive-letter> は、レポート ボリュームに割り当てられている文字を指定します。
  3. 既存のレポート データベースを更新する場合は、次の手順を実行します。
    1. データベースをサーバー インスタンスにアタッチします。通常、これは、実稼働サーバーのインスタンスになります。
      CREATE DATABASE <database_name> ON <filespec_list>
         FOR ATTACH
      
    2. データベースへのアクセスを使用して読み書きする設定は、Transact SQL ステートメントに続きます。
      ALTER DATABASE <database_name> SET READ_WRITE
      詳細については、SQL Server 2005 Books Online を参照してください。
  4. データベースを作成します。

    レポートを更新するのにはデータベースの古いデータの更新、データベースを再構築、またはしないでください感想その他は、データを更新する必要があります。管理者用意されているデータのコピーの方法のいずれかを使用して、データベースを作成します。SQL Server のデータやデータベースをコピーする 2005 がします。詳細についてを参照してください、「を作成またはデータベースを更新する方法」のセクションします。

    メモ データベースのレポートにお勧め ページ確認してください。 設定するのには チェックサム、、既定します。変更するのにはこの設定を使用して変更をデータベースします。
  5. 次を使用してデータベースを読み取り専用に設定します。Transact SQL ステートメントです。
    ALTER DATABASE <database_name> SET READ_ONLY
  6. 以下の Transact-SQL を使用して、データベースをデタッチします。ステートメントです。
    sp_detach_db @dbname='<database_name>'
    この手順では、 <database_name></database_name> は、データベースの名前です。
  7. ボリュームを読み取り専用としてマークし、ボリュームのマウントを解除本番サーバから。Diskpart コマンド ライン ユーティリティを使用するにはボリュームのマウントを解除する、コマンド プロンプトで次のコマンドを入力します。
    DiskPart
    DISKPART> select volume=<drive-number>
    DISKPART> attribute set readonly
    DISKPART> remove
    
    この手順では、 <drive-number></drive-number> は、Windows によって割り当てられたボリューム番号と<drive-letter></drive-letter> 割り当てられている文字します。レポート ボリュームにします。
  8. ハードウェア ベンダーのユーティリティを使用して Lun をマスクするのにはレポート ボリュームに対応しています。このアクションは、ボリュームにアクセスできなくなります運用サーバーにします。
ここで、レポート データベースをスケーラブルとして利用可能にデータベースを共有します。詳細については、スケーラブルな共有の"接続を参照してください。データベース」のセクションします。

作成またはデータベースを更新する方法

メモ レポート データベースを構築すると、お勧めは、常に運用データベースとレポート データベースは、同じパスを使用します。さらに、同じドライブ文字を使用することおを本番データと、レポート ボリュームをマウントするときは、ボリュームを報告可能な場合は、サーバーです。

現在 SQL Server 2005 をサポートしていますが次のメソッドは、データベースへのデータの移植や移植の全体のデータベース:
  • SQL Server 統合サービス: 作成または統合を実行することによって、データベースをコピーします。パッケージ サービスし、SQL の実行タスクまたはデータベース転送を使用してタスク:
    • SQL の実行によって、SQL ステートメントを実行または保存パッケージから手順します。SQL の実行タスクを使用する場合、作成できます、CREATE DATABASE ステートメントを実行してデータベースです。後に読み込むことができます、1 つまたは複数のテーブルまたはビューにコピーするデータベース。
    • データベース転送タスクをデータベースにコピーできます、同じサーバー インスタンスまたはインスタンス間で。

      メモ SQL Server のインポートを使用してデータベースを作成することもでき、エクスポート ウィザードが 1 つ以上のテーブルまたはビュー コピーしてください。
  • バックアップと復元で、運用データベースのバックアップを復元できます、ボリュームを報告します。これを行うには、復元、データベース全体のバックアップを復元します。レポート ボリューム:
    • 同じドライブ文字を使用している場合は、マウント、ボリュームが別のホストに報告し、サーバー インスタンスに接続データベースを復元するあります。
    • レポート ボリュームは、別のドライブ文字を使用している場合RESTORE DATABASE ステートメントに WITH 本番ボリュームよりも、必要があります。レポート ボリュームのドライブ文字のパスを指定する句を移動します。復元後のデータベースの。
  • レポート ボリュームが運用データベースをコピーします。: 前に手動でデータベースをコピーしたり、デタッチを使用して、接続方法、データベース コピー ウィザードのデータベースをオフラインにする必要があります。データベースをコピーした後、データベースをオンラインを表示します。ただし、コピーデータベース ウィザードは、代替方法を提供します。SMO 転送メソッドのコピーデータベースは、データベースはオンラインのままだが。SMO 転送がメソッドが、デタッチとアタッチ方法よりも、SMO 転送メソッドが遅いデータベースへのアクティブな接続が維持されます。
これらのデータのコピー方法の詳細については、SQL を参照してください。Server 2005 オンライン ブック。

レポート データベースが準備ができてとはビルド フェーズを完了する必要があります。詳細についてを参照してください、"フェーズ 1:フェーズを構築する"セクション。

第 2 フェーズ: アタッチ フェーズ

スケーラブルな共有データベースをアタッチします。

作成またはレポートを更新した後データベースをマウントの解除します。レポート ボリュームが実稼働サーバーから、管理者が行う必要があります、データベースがスケーラブルな共有データベースとして使用可能です。このプロセスとして知られています、フェーズを追加します。

アタッチ フェーズを完了します。

このフェーズでは、管理者は次の手順を実行する必要があります。
  1. ハードウェア ベンダーのユーティリティを使用して、Lun のマスクを解除するのにはレポート ボリュームに対応しています。このアクションは、ボリュームになります各レポート サーバーからクライアントへアクセスができます。
  2. 各レポート サーバーでは、ボリュームをマウントするにLUN に対応しています。

    メモ 作成またはレポートを更新するプロセスを簡略化するにはデータベースは、お勧めは、レポート ボリュームを使用してマウントされないこと、実稼働ボリュームと同じドライブ文字。たとえば場合、生産データベースが本番サーバーのドライブ E には、ボリュームを報告する必要があります。可能な場合も、各レポート サーバーのドライブ E にマウントします。

    ボリュームをマウントするのには、Diskpart コマンド ライン ユーティリティを使用するを入力してください。コマンド プロンプトで次のコマンドします。
    DiskPart
    DISKPART> select volume=<drive-number>
    DISKPART> assign letter=<drive-letter>
    DISKPART> exit
    
    この手順では、 <drive-number></drive-number> は、Windows によって割り当てられたボリューム番号と<drive-letter></drive-letter> 文字です。レポート サーバーでレポート ボリュームを使用します。

    メモ レポート ボリュームは読み取り専用にする必要があります。ことをお勧め本番サーバからボリュームのマウントを解除する前に読み取り専用としてマークします。ボリュームが読み取り専用とマークされていない場合は、ボリュームを読み取り専用として設定します。最初のレポート サーバーでボリュームをマウントします。詳細についてを参照してください。「フェーズ 1: ビルド フェーズ"セクション。

    ベスト プラクティスとしては、使用する必要があります。ボリューム、SAN 経由で読み取り専用ボリュームとしてアクセス可能であるかどうかを確認します。した後、レポート ボリュームを各レポート サーバーにマウントします。詳細についてはについては、「環境がスケーラブルなの正しい確認データベースを共有する"セクション。
  3. レポート サーバー インスタンスにデータベースをアタッチまたは各レポート サーバー上のインスタンス。詳細については、SQL Server 2005 を参照してください。オンライン ブック。
レポート データベースはスケーラブルで共有可能になりましたデータベース、およびクエリを続行できます。

フェーズ 3: デタッチ フェーズ

スケーラブルな共有データベースをデタッチします。

最終的には、レポート データベースの現在のバージョンは、通常、古くなるし、レポートのデータを常に最新に更新する必要があります。は、古いレポート データベースを削除するサービスにスケーラブルなプロセス共有データベースのデタッチ フェーズとして知られています。このフェーズは、3 番目と最終です。レポート データベースの更新サイクルのフェーズ。ようにする前に、更新されたデータベースの特定のレポート サーバーで使用可能なレポート、デタッチ フェーズは、そのサーバー上で完了する必要があります。

デタッチ フェーズを完了します。

この段階では、管理者、次の手順を実行する必要があります。各レポート サーバー上で。
  1. データベース上の新しいクエリを無効にして、現在することができます。可能であれば、クエリを実行します。
  2. 各レポート サーバー インスタンスでのデータベースをデタッチします。使用して、 sp_detach_db @ dbname ='<database_name>'</database_name>コマンドです。

    この手順では、<database_name></database_name> データベースの名前です。詳細については、 sp_detach_db コマンドは、SQL Server 2005 Books Online を参照してください。
  3. 各レポート サーバー上でレポート ボリュームをマウント解除します。Diskpart コマンド ライン ユーティリティを使用して、ボリュームのマウントを解除するには、入力、コマンド プロンプトで次のコマンドします。
    DiskPart
    DISKPART> select volume <drive-number>
    DISKPART> remove
    
    この手順では、 <drive-letter></drive-letter> は、レポート ボリュームに割り当てられる文字します。
  4. ハードウェア ベンダーのユーティリティを使用して Lun をマスクするのにはレポート ボリュームに対応しています。このアクションは、ボリュームにアクセスできなくなります各レポート サーバーからクライアントには。

古いレポート データベースをデタッチする代替方法

古いバージョンのデータベースを置き換える場合は、行う必要があります。レポート環境のビジネス要件を考慮してください。行う必要があります。次のビジネス要件の優先評価を環境:
  • までは、現在実行中のトランザクションを保持終了します。
  • 制限付き以内に更新を完了します。指定された期間。
どの要求が優先されます基づき、決定ことができますどのように各レポート サーバーでのデタッチ フェーズを管理します。デタッチを管理することができます。次のようにフェーズします。
  • トランザクション レポートをデタッチする前に完了することができます。サーバー: 実行中のすべてのトランザクションを保持するには、デタッチ後を開始する必要がありますレポート ボリュームの受信 I/O アクティビティを停止してフェーズ。次に、それぞれレポート サーバー インスタンスを待つまでのすべての現在のデータベースをデタッチするのにはトランザクションが終了します。場合、データベースがされて分離からのサーバー インスタンスは、レポート ボリュームのマウントを解除できます。
  • 限られた期間中に、データベースを更新しますこれで。場合、各サーバー上のデータベースへの排他アクセスを取得する必要があります。インスタンスと終了タイム、タイム フレームを実行することです。いずれかのクエリを実行する場合その終了時間内に終了しなかった、停止します。これらのクエリ後に再起動するを更新するまで待機する必要があります。後のクエリ停止して、各サーバー インスタンスからデータベースをデタッチでき、各レポート サーバーからレポート ボリュームのマウントを解除します。
この時点で、ビルドの次の段階の準備が完了です。また、別の報告では、データベースを既に更新した場合ボリュームお勧めと同様に、アタッチ フェーズをここで実行できます、代替ボリュームです。詳細についてを参照してください、"の可用性を最大化スケーラブルな共有データベース」のセクション。

スケーラブルな共有データベースの可用性を最大化します。

レポート データの可用性を最大化するのには、お勧め2 つのレポート ボリュームの間の更新サイクルを代替します。場合は、最初のボリュームのマウントがされて、レポート サーバーにレポートをマウント可能に2 番目のボリュームを本番サーバと、最新バージョンの構築、データベースのレポートを作成します。

レポート データベースを更新する場合ボリュームのレポートを作成、次のオプションを検討してください。
  • お客様のすべてのレポートを返すデータベースを使う場合クライアントに同一の結果をすべてのサーバーから古いコピーを切り離す必要があります。前に、インスタンスの 1 つに新しいコピーを接続します。
  • 別の結果を受信しているクライアントを許容できる場合は、他のサーバー インスタンスで、レポート データベースを更新すると、ことができます。レポート データベースのローリング アップグレードを実行します。完了すると、一度に 1 つのレポート サーバーのサイクルを更新します。

急を要するすべてのレポート サーバーの更新の同期

ここでは、コンテンツの更新は、いくつかの方法について説明します。スケーラブルな共有データベースのお客様のビジネス要件によって異なります。
  • すべての同期レポート サーバーを維持する必要があります。
  • この更新プログラムは、限られた期間内を実行する必要があります。この時間枠は、現在のトランザクションを実行しているを保持するよりも重要度の高いです。
すべてのレポート サーバー データベースを同期すると、レポート データベースが利用できない間、古い情報がデタッチ フェーズです。データベースと新しいバージョンのアタッチ フェーズのバージョンです。

するにはすべてのレポート サーバー インスタンスでの更新サイクルを同期し、完了更新サイクルで、限られた時間、次の手順を実行します。
  1. コンテンツの同期を維持するには、デタッチ後を終了する必要があります。フェーズは、レポート サーバーのいずれかを行う前にすべてのレポート サーバー更新できません。実行時間の長いクエリがサーバー上でアクティブになっている場合は、停止する必要があります。します。
  2. すべての最初のレポート ボリュームのマウントを解除した後、レポート サーバーを更新するサーバー インスタンスを開始できます。それぞれレポート サーバーは、最新のバージョンを含む別のボリュームをマウントします。レポート データベースです。バージョンは、ローカル レポート サーバーに接続します。インスタンス。特定のインスタンスで、データベースが接続されていると、停止そのインスタンスでのトランザクションを再開できます。

レポート サーバーのローリング

ローリング アップグレードでレポート データベースを更新することができます。1 つのレポート サーバーとレポート データベースは古い情報を一時的に残ります別のレポート サーバーで使用できます。古いバージョンのと更新されたバージョンのデータベースは同時に。によってビジネス要件は、ローリング アップグレードは、制限付きで発生します。期間またはローリング アップグレード現在に比較的自由回答式です。トランザクションを完了します。

トランザクションの前にローリング アップグレードを完了することができます。

この方法では、データベースのローリング アップグレードすることができます。管理者は実行時間の長いトランザクションを 1 つのレポートが完了するまで待機するには別のレポート サーバー上のデータベースが更新されたときのサーバーです。これ戦略は、次のビジネス要件をについて説明します。
  • レポート サーバーの同期が取れている必要はありません。これ古いレポート データベースと更新の間でローリング アップグレードが可能します。データベースのレポートを作成します。
  • 更新プログラムを実行するために、無制限の期間があります。または、期限が現在実行を維持するよりも重要ではありません。トランザクションをします。
この形式のローリング アップグレードを実行するには、次の手順一度に 1 つのサーバーのインスタンス:
  1. 実行中のすべてのトランザクションを保持するには、まず必要があります。レポート ボリュームの受信 I/O アクティビティを停止して、デタッチ フェーズ。Ifサーバー インスタンスのアップグレードの実行時間の長いクエリの遅延、待機、サーバー インスタンスをオフラインにする前に終了するクエリです。
  2. このサーバー上のすべてのトランザクションが終わったらインスタンスは、レポート データベースをデタッチします。
  3. すべてから特定のレポート データベースをデタッチした後サーバー インスタンスで、新しいバージョンのレポート データベースをアタッチします。そのサーバー インスタンスにします。
  4. サーバー インスタンスのレポート用に、もう一度可能にクエリは、データベースの更新されたコピーを添付します。

期間限定でローリング アップグレードを完了します。

この方法では、データベースのローリング アップグレードすることができます。管理者が簡単にできるのでレポートの中断のないサービスを維持するために古いバージョンのデータベースを使用するいくつかの新しいクエリを継続するにはサーバーのレポートを作成します。更新すると、サービス中断のないまま、別のレポート サーバー上のデータベース。この方法は、次に対応します。ビジネスの要件:
  • レポート サーバーの同期が取れている必要はありません。これ古いレポート データベースと更新の間でローリング アップグレードが可能します。データベースのレポートを作成します。
  • 限られた期間に更新を実行する必要があります。この期限が現在トランザクションを実行して維持するよりもより重要です。
この形式のローリング アップグレードを実行するには、次の手順一度に 1 つのレポート サーバー。
  1. レポート ボリュームに受信 I/O アクティビティを停止し、必要に応じて、短いトランザクションを完了する前に、サーバー インスタンス上に待機します。レポート データベースをデタッチします。
  2. そのサーバーでデタッチ フェーズを完了します。詳細については詳細は、「スケーラブルな共有データベースをデタッチする」を参照してください。
  3. レポート データベースの更新されたバージョンを確認します。再度レポート クエリは使用できません。詳細についてを参照してください、"添付します。拡張性の高いデータベースを共有する"セクション。
この種類のローリング アップグレードは、全体的なを保証します。レポート作成機能は中断されます。この戦略を許容することができます。かなり長時間実行するトランザクションの一部のサーバー インスタンスをしばらく。ただし、すべてのレポート データベースを更新するため、限られた時間を考えると、実行時間の長いクエリを大幅にすると、サーバー インスタンスのアップグレードを延期、クエリを停止する必要があります。クエリが共通の再実行を待つことができます。レポート データベースが更新された後、サーバー インスタンスまたはクエリ早く、更新されたサーバーで再開できます。

関連情報

SQL Server 2005 Books Online をダウンロードするを参照してください、次の Microsoft ダウンロード センター Web サイト:
ドキュメントですか。FamilyID = の be6a2c5d-00df-4220-b133-29c1e0b6585f & DisplayLang = en
SQL Server、Microsoft SQL Server、Always-On、ストレージ ソリューション レビュー プログラムで概説されている '確実な配信を安定したメディア' をサポートするために、システムする必要があります。参加者SQL Server データベース エンジン用の入出力の要件の詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
967576Microsoft SQL Server データベース エンジンの入出力の要件

プロパティ

文書番号: 910378 - 最終更新日: 2011年8月4日 - リビジョン: 2.0
キーワード:?
kbinfo kbtshoot kbsql2005engine kbmt KB910378 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:910378
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com