Microsoft システム センター Data Protection Manager 2006 SQL Server データベースを保護するために使用する方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 910401
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

はじめに

Microsoft System Center を使用する方法についてを説明しますData Protection Manager は、Microsoft SQL Server を保護するために DPM) 2006データベースです。この資料で説明するメソッドは、次のでは製品:
  • Microsoft SQL Server 2005
  • Microsoft SQL Server 2000
  • Microsoft SQL Server 7.0
DPM 2006 は、直接 SQL Server データベースを保護することはできません。SQL Server データベースを保護する DPM 2006 を使用するには、必要があります。SQL Server をファイルにバックアップします。このファイル共有に格納する必要があります。または、ボリューム上で DPM 2006 保護グループのメンバーです。実行することができます。企業の SQL Server を使用して、SQL Server データベースのオンライン バックアップマネージャーまたはサード ・ パーティ製バックアップ ソリューションを使用します。

メモ この資料で説明する方法は SQL を使用してテストされましたServer Enterprise Manager。サード ・ パーティ製バックアップ ソリューションを使用することを選択した場合は、バックアップと復元の推奨されるサード パーティ製手順にSQL Server を保護する DPM 2006 を使用する前に、SQL Server データベースデータベースです。

詳細については、SQL Server をバックアップする方法データベース、SQL Server、「データベースのバックアップと復元」の「を参照してください。オンライン、または、次のマイクロソフト Web サイトを訪問の書籍:
SQLServer 2000 のバックアップと復元
http://technet.microsoft.com/en-us/library/cc966495.aspx

バックアップデータベースの復元と
.aspx の http://msdn2.microsoft.com/en-us/library/aa196685 (SQL.80)

詳細

企業の SQL Server を使用して、.bak ファイルをバックアップする方法マネージャー

SQL Server データベースを保護する DPM 2006 を使用するにはまず SQL Server をファイルにバックアップします。次に、作成する必要があります、保護グループのボリューム、フォルダー、または共有を保護するためにこのバックアップ ファイルが含まれています。

上の SQL Server をバックアップします。データベースをファイルに

SQL Server の Enterprise Manager またはサード ・ パーティ製バックアップを構成します。ソリューションは、SQL Server データベースの標準的なスケジュール ・ バックアップを実行するのにはファイルは次の場所のいずれかで。
  • ローカル ボリュームなど<drive></drive>: \SQLBackups\TestdbBackup.bak

    メモ SQL Server、このボリュームのパフォーマンスが低下しないようにするのにはSQL Server データベースのログが同じボリュームをしないで、SQL Server に含まれる ◇
  • ネットワーク共有など\\DumpFileServer\SQLDumps\Sqldb1.bak
優先的に毎晩実行するバックアップ ジョブのスケジュールを設定します。たとえば、23: 00 に実行するバックアップ ジョブをスケジュールします。

メモ このスケジュールは、例だけです。この設定を変更する場合時間、する前に、実行するバックアップ ジョブのスケジュールを検討してください。同期およびシャドウ コピーを作成します。

SQL でバックアップ ジョブを作成するのにはServer Enterprise Manager で、次の手順を実行します。
  1. SQL Server、管理ユーザーとしてログインし、SQL Server の Enterprise Manager を起動します。
  2. 展開 SQL Server グループ、し展開SQL Server のインスタンスを指定します。
  3. 展開 管理、し展開SQL Server エージェント.
  4. 右クリックします。 新しい、しジョブ.
  5. で、 新規ジョブのプロパティ ダイアログ ボックス、入力バックアップ ジョブの名前。
  6. クリックして、 手順 タブをクリックし新しい.
  7. ステップの名前を入力します。
  8. で、 データベース ボックスの一覧での名前をクリックします。バックアップを作成する、SQL Server データベースです。
  9. で、 コマンド ボックスで、バックアップを入力します。コマンドをクリックし [OK].

    たとえば、する場合、SQLバックアップするサーバー データベースを名前付き Testdb、次のコマンドを入力します。
    BACKUP DATABASE Testdb TO DISK = '<drive>:\SQLBackups\Testdbbackup.bak' WITH INIT
    メモ データベースの完全バックアップ、バックアップしているので、 初期化 オプションが、バックアップ ファイルを付いていないことを確認して、以前のバックアップ ジョブで使用されるファイルです。この資料では、DPM 2006 保護するために構成されることを前提としています、<drive></drive>: \SQLBackups フォルダーを生産サーバーです。別のフォルダーには、SQL Server データベースをバックアップする場合は、確認してください。そのフォルダーを保護するために、DPM 2006 が構成されています。
  10. クリックして、 スケジュール タブをクリックし新しいスケジュール.
  11. スケジュールの名前を入力、クリックしてください変更は、異なるスケジュールを設定し、既定のスケジュール。
  12. クリックしてください。 [OK] 閉じるには、スケジュール ダイアログ ボックスです。
  13. クリックしてください。 [OK] 閉じるには、 新しいジョブプロパティ ダイアログ ボックスです。

保護グループを作成します。

"バックアップで作成したバックアップ ファイルを保護するのにはSQL Server データベース ファイル] セクションで、新しい保護グループ ウィザードを使用します。新しい保護グループを作成します。これを行うには、次の手順を実行します。
  1. DPM 2006 管理者コンソールを開きます。
  2. クリックして、 保護 メニューのとクリック作成 で、 アクション メニューです。
  3. 新規の保護スケジュールの選択ページに保護グループのウィザードをクリックして スケジュールを指定します。、し、バックアップ ・ ジョブをする必要があります後の 1 時間を作成するのには、シャドウ コピーのスケジュールを設定します。終了します。

    スケジュールが下に表示されます。 同期でシャドウ コピーを作成します。.
  4. いくつかの時間を作成するのには、2 番目のシャドウ コピーのスケジュールを設定します。最初のシャドウ コピーが作成された後。

    いくつかの時間を許可します。これらの間での整合性チェックのスケジュールを設定する必要がありますあるため 2 つのシャドウ ・ コピーをします。23: 00 にバックアップ ジョブを開始する場合、たとえば、最初のシャドウ コピーのスケジュールを設定します。01: 00 について作成します。01: 00 にバックアップ ジョブを完了する必要があります。次に、06: 00 に作成する 2 番目のシャドウ コピーのスケジュールを設定します。整合性チェックその説明は次のステップ 06: 00 までに完了する必要があります。
  5. 保護スケジュールの選択] ページをクリックします。高度なオプション、し 1 日のスケジュール整合性チェック.整合性チェックの開始時刻を指定します。シャドウ ・ コピーを手順 3 と 4 時間は少なくとも 1 時間以上です。手順 4 で、シャドウ コピーする前にします。4 として最大期間を設定します。時間。

    ここで、整合性チェックを終了することを想定しています。4 時間。整合性チェックは、長い時間がかかることを確認する場合は、増加します。最長の期間、およびシャドウ コピーのスケジュールを変更します。手順 4 します。整合性チェックを開始するのには、手順 4 の例に基づいて、スケジュールを設定します。02: 00 に
メモ
  • 2 つのメッセージは、毎日、1 つの障害が発生が表示されることがあります。同期と 1 つに障害が発生した影をコピーします。これらのメッセージを示すバックアップ ファイルを保護するために使用したレプリカが後が無効である、最初のシャドウ コピーが作成されます。ただし、この動作は仕様です。これらメッセージに自動的に無効の状態は、整合性チェックを実行すると、終了します。
  • 手順 4 で作成する 2 番目のシャドウ コピーのスケジュールを設定します。1 時間後、整合性チェックが完了する必要があります。いることを確認するのには同期フォルダーや共有が終了、次の手順を実行します。
    1. DPM 2006 管理者コンソールを開きます。
    2. クリックしてください。 監視、し ジョブ.
    3. 同期の一覧を表示し、ことを確認しますまたは、共有フォルダーの同期を完了しています。
  • 確認、 シャドウ コピーの領域 エントリを回復できませんディスクの保護グループの割り当てを複数保持するだけで十分です。シャドウ コピーします。このエントリが不足している場合は、以前のシャドウを失う可能性があります。コピーします。
上の SQL Server をバックアップする場合は、この処理を使用することができます。データベースが 1 日に 1 回。複数のデータベースの場合は、SQL Server をバックアップする必要があります。多くの場合、バックアップ ・ スケジュールとは、保護グループを調整できます。お客様のニーズに合うように、同期およびシャドウ コピーをスケジュールします。

SQL Server データベースを復元する方法

場合は、SQL Server データベース バックアップ ファイルを復元する必要があります。保護されている、次の手順を実行します。
  1. DPM 2006 管理者コンソールを開き、クリックしてください回復.
  2. で、 参照 タブでのシャドウ コピーを検索します。必要なバックアップ ファイルを指定します。たとえば、Sqldb1.bak を検索します。ファイルです。
  3. 必要なバックアップ ファイルを検索した後をクリックします。リカバリ、し、ターゲットにバックアップ ファイルを復元します。

    復元を元 Sqldb1.bak バックアップ ファイルがまだ存在する場合対象サーバーで復元されたコピーが変更されます。たとえば、復元されたコピーコピーの Sqldb1.bak が付けられています。
  4. バックアップ ファイルを取得したら、SQL Server データベースを実行します。SQL Server ツール、またはサード ・ パーティ製バックアップ ソリューションを使用して復旧します。

関連情報

詳細については、SQL Server を復元する方法データベースは、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
SQL Server2000 の管理者用ポケット コンサルタント: データベースのバックアップと回復:「データベースを復元する」
http://technet.microsoft.com/en-us/library/cc917637.aspx

SQLServer 2000 のバックアップと復元
http://technet.microsoft.com/en-us/library/cc966495.aspx

プロパティ

文書番号: 910401 - 最終更新日: 2011年8月4日 - リビジョン: 5.0
キーワード:?
kbhowto kbmt KB910401 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:910401
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com