Visual Studio 2005年のリモート デバッグを実装する方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 910448
ASP。NET サポート音声列

Visual Studio 2005年のリモート デバッグを実装する方法

この列には、お客様のニーズをカスタマイズするには、表示し問題関心のあるトピックに関するアイデアをナレッジ ベースの記事や音声のサポート列将来の対処を提出するに招待します。アイデアおよびフィードバックを使用して送信することができます、 それを要求します。 フォームです。また、この列の下部にあるフォームへのリンクです。
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

はじめに

Microsoft ASP へようこそ。NET サポート音声列です。私の名前はAkshay N. S. と私は、ASP です。NET 開発者サポート チーム。私が取り組んできましたASP。NET 2 年近くもサポートします。今月は、ASP では。NET サポート音声列、私ASP のデバッグをリモートで実装する方法について説明します説明します。NetMicrosoft Visual Studio 2005年を使用してアプリケーションを指定します。私技術の責任者は私に感謝したい、隆 Jerry 裕、驚異的な支援。

リモート デバッグと見なされますASP の最も困難なトピックの 1 つです。NET が、それは本当に便利な機能でありローカル Web サーバーを持たない場合、または保管が必要な場合は本当に便利にアプリケーションは、一元的な場所に。この列に設定する方法について説明し、Visual Studio 2005年のリモート デバッグを使用します。

リモート デバッグのセットアップです。Visual Studio 2005 年には大幅に簡略化します。DEBUG の動詞が送信されますがリモート プロセスを実行している、すべてのリモート デバッグができるように Web サイトT SQL デバッグ以外のシナリオは、リモート デバッグ モニター (Msvsmon.exe) を使用します。

詳細については Visual Studio、2005 年に新しいです。デバッガーは、次のマイクロソフト開発ネットワーク (MSDN) Web サイトを参照してください。
http://msdn2.microsoft.com/en-us/library/01xdt7cs.aspx
Visual Studio で。Net と Visual Studio。NET 2002 をデバッグの 2 つの DCOM に依存パッケージはマシン デバッグ マネージャー (Mdm.exe)、Vs7jit.exe。一般的な問題は、表示されたバージョン不一致、DCOM のアクセス許可での原因となったかネットワークの問題、および問題のトラブルシューティングが非常に困難でした。これらパッケージは廃止されました。Msvsmon.exeコマンドライン、グラフィカル ユーザー インターフェイスの代わりに、以前になりましたインターフェイスです。Msvsmon.exe を使用すると、リモート デバッグよりシンプルです。Msvsmon.exe を実行して、ツールの接続をリッスンクライアントからします。

Msvsmon.exe が使いやすいインターフェイスを持つその使いやすい。Visual Studio 2005年のリモート デバッグのセットアップは非常に簡単です。前にリモート サーバー上で Msvsmon.exe を実行する必要があります。デバッグします。Visual Studio 2005 CD から、リモート デ バッグ モニターをインストールすることができます。または何もまったくをインストールしなくても、共有から Msvsmon.exe を実行するだけです。Web サーバー。

ASP の詳細を表示します。NET、次の MSDN Web サイトを参照してください。
http://msdn2.microsoft.com/en-us/library/ms227556.aspx

なぜリモート デバッグしますか?

次のような状況が存在する場合は、リモート デバッグの使用を検討します。
  • Web アプリケーションをローカルで実行することはできません。
  • ローカル Web サーバーを持つことはできませんし、開発する必要があります。インターネットのユーザー、または、アプリケーションを展開するアプリケーションWeb サーバーにします。
  • アプリケーションを利用できません。ローカルにします。
  • 集中管理されたアプリケーションを保存します。場所です。

リモート デバッグ モニター (Msvsmon.exe)

リモート デバッグ モニター (Msvsmon.exe) その Visual Studio の 2005 年の小さなアプリケーションのことリモート デバッグ用に接続します。リモート デバッグ中に、Visual Studio 2005年を実行します。1 台のコンピューター (デバッガー ホスト) と、アプリケーションと共にリモート コンピューターでリモート デ バッグ モニターが実行されます。デバッグします。

リモート デバッグ モニターは Windows アプリケーションとして実行します。ユーザー インターフェイスは、リモート デ バッグ モニターが実行されていると、リモートを簡単にデバッグできますを示します。

リモート デバッグの場合、Msvsmon.exe を構成します。

リモート デバッグ モニターをリモートに構成できます。2 つのモードのいずれかでデバッグします。
  • Windows 認証モード
    オペレーティング システムの組み込みセキュリティを提供するこのモードを使用します。高レベルのセキュリティ。すべての認証に Kerberos と NTLM プロトコルが使用されます。要求します。リモート プロシージャ コール (RPC) パケット プライバシーを使用して、ネットワーク上を流れるデータを暗号化するにはネイティブ コードをデバッグする場合、または。NET Framework に基づいたコードを実行しているコンピューター上でMicrosoft Windows Server 2003、Microsoft Windows XP、Microsoft Windows 2000、および将来の Windows の動作システムです。

    Windows 認証モードでリモート デバッグをセットアップするには、次の MSDN Web サイトを参照してください。
    http://msdn2.microsoft.com/en-us/library/ms164722.aspx
  • 認証なしモード
    このモードでは、セキュリティがありません。現在の送信 Visual Studio 2005ユーザー ユーザー名リモート デバッガーが、この情報の用途します。情報の目的し、そのため未確認です。認証モード高速化なしそれが低速なネットワークでは、デバッグと安全ではないだけに使用する必要があります。セキュリティで保護されたネットワーク。このモード敵意のあるトラフィックを与える可能性のある、ネットワーク上を使用する必要があります。さらに、このモードは、インターネット経由でのリモート デバッグに行われます。認証モードはネイティブ デバッグ サポートなし。

    設定するには認証なしモード (ネイティブ コードのみ) でリモート デバッグには、次の MSDN Web サイト参照してください。
    http://msdn2.microsoft.com/en-us/library/ms164723.aspx
リモート デバッガーに設計されているため、複数ユーザーが同じコンピューター上、リモート デバッガーを実行できます。各インスタンスは、リモート デバッガーには一意なサーバー名があります。サーバー名が構成可能なため、リモート デバッガーのインスタンスは、サーバー名を提供できます。通常、既定のサーバー名は十分です。既定のサーバー名を変化します。ユーザーによっては、リモート デバッガーを開始しました。場合は、 ユーザー名 ユーザーからは、 ドメイン名 ドメインのログオンしている、 サーバー名 コンピューターは、既定のサーバー名前になります ドメイン名\ユーザー名@サーバー名.

接続します。サーバー名を入力して、リモート デバッガーのインスタンスは、 添付します。プロセス ダイアログ ボックス、プロジェクトのデバッグ プロパティにサーバー名を入力します。開くには 添付します。プロセス ダイアログ ボックス、クリックして プロセスへのアタッチします。 で、 デバッグ メニューまたは、 ツール メニューです。

別のユーザーのコンピューターをデバッグします。

別のユーザーへのリモートのデバッグを実行するとコンピューターで、別のユーザーがコンピューターにログオンします。私たちする必要があります。2 つの主要な問題を考慮してください。
  • アクセス許可
    既定では、ユーザーと管理者のみリモート デバッガーを実行して、リモート デバッガーに接続するアクセス権を持ちます。
  • 接続します。
    Visual Studio 2005年のインスタンスにする必要があります。リモート デバッガーを接続します。同じユーザーが実行している場合は、リモート デバッガーと Visual Studio 2005年、Visual Studio 2005年が検索可能にリモート デバッガーなし、ユーザー、リモート デバッガーを実行していることを通知します。

    別のユーザー、リモート デバッガーを実行している場合は、ただし、Visual Studio 2005年に接続するように指示する必要があります。 ドメイン名\ユーザー名@remote_computer だけに接続するために指示されるのではなく remote_computer.
このような状況を明確に理解するのには、例を考えてみましょう。Molly クラーク香両方 Adventure Works 社の従業員です。Microsoft Windows されています冒険 works.com NT ドメインの名前。Adam で一部のソフトウェアで問題が発生していることMolly を書き込みました。Molly は、このソフトウェアには、Adam のコンピューターをデバッグするのには考えています。Molly Adam これら手順を実行します。
  1. Adam は自分のコンピューター上でリモート デバッガーがありません。するにはリモート デバッガーを設定すると、Molly は、プログラムを共有することを決定します。ただし Visual Studio 8\Common7\IDE\Remote デバッガー ディレクトリ上コンピューターです。彼女はリモートと呼ばれる、ファイル共有を作成します。
  2. Adam は、\\MollyComputerName\Remote\x86\Msvsmon.exe を実行します。
  3. リモート デバッガーを起動すると、Adamクリックします。 アクセス許可 で、 ツール メニューを使用して、リモート デバッガーを構成するのには アクセス許可 ダイアログ ボックスです。彼は、デバッグする Molly アクセス許可を示します。

    メモ Adam の構成可能性がありますも、リモート デバッガーを渡すことで、 /許可 リモート デバッガーの起動時のオプションです。
  4. Molly Visual Studio 2005年を起動します。
  5. 開くには プロセスへのアタッチします。 ダイアログ ボックス、Molly をクリックします。 プロセスへのアタッチします。 で、 ツール メニューです。
  6. Molly 入力して Adam のコンピューターへの接続します。adventure-works.com\Adam@AdamComputerName では 修飾子 ボックス。
  7. 下にあります。 選択可能なプロセス、Molly自分のアプリケーションを使用しているしをクリックして、ワーカー プロセスを選択します。 添付します。.
  8. Molly は、ブラウザーが開き、リモートの URL を提供します。アプリケーションです。ブレークポイントが配置場所には、実行が停止、アプリケーションです。

ASP リモート デバッガー サービスを実行します。NET と他のサーバー環境で

ASP のデバッグには。NET と他のサーバー環境では、行うことができます。リモート デ バッグ モニターを Windows サービス (リモート デバッガーとして実行します。サービス)。

リモート デバッグ モニターをサービスとして構成するには、次の手順を実行します。
  1. クリックしてください。 開始をクリックしてMicrosoft Visual Studio 2005、ポイント Visual Studioツール、し Visual Studio 2005年リモート デバッガー構成ウィザード.
  2. リモート デバッグをセットアップするには、ウィザードの手順を実行します。サービスとして。

リモート デバッグの環境をセットアップする方法

リモート コンピューター上の Debugger Users グループに適切なユーザーを追加します。

これを行うには、次の手順を実行します。
  1. リモート コンピューター上で右クリックします。 私コンピューター、し 管理.
  2. 下にあります。 [コンピューターの管理を展開システム ツールを展開 ローカル ユーザーとグループ,展開 グループ.
  3. ダブルクリック デバッガーのユーザー.
  4. 適切なユーザーを Debugger Users グループに追加するには、クリックしてください。 追加 で、 デバッガー ユーザー プロパティ ダイアログ ボックスです。
  5. で、 ユーザー、コンピューター、またはグループを選択します。ダイアログ ボックスに、適切なユーザーに入力を選択するオブジェクト名を入力します。 ボックスとクリック[OK] 2 つの時刻。たとえば、入力します。 Domain1\User1.
  6. コンピューターの管理スナップインを終了します。
メモ Visual Studio で。Net と Visual Studio。NET 2002 ユーザーメンバーでする必要があります、リモート デバッグを実行しようとしている、管理者のグループ。ただし、Visual Studio の 2005 年にはこのユーザーを追加する必要はありません。管理者グループにします。

次の表はどのようなアカウントを示しています。コンピューターにアクセスできます。
元に戻す全体を表示する
コンピューターのセットアップローカル システム アカウントドメインアカウントローカル アカウントと同じユーザー名とパスワードの両方のコンピューター
両方のコンピューターで同じドメイン[はい][はい][はい]
両方のコンピューターのドメインとの双方向信頼いいえいいえ[はい]
1 つまたは両方のコンピューター上ではワークグループいいえいいえ[はい]
別のコンピュータードメインいいえいいえ[はい]

Visual Studio 2005年のリモート デバッグ コンポーネントがリモート サーバー上にインストールされていることを確認します。

リモート共有から Msvsmon.exe を実行しない場合、リモート デバッグ コンポーネントをインストールするのには。リモート デバッグ コンポーネントをインストールするには、次の手順を実行します。
  1. 最後の Visual Studio 2005 CD をリモート コンピューターに挿入します。Visual Studio 2005年の 4 枚の Cd に付属の説明書には、たとえば、4 つ目の CD を挿入します。リモート コンピューターにします。
  2. CD 上のリモート デバッガー フォルダーに移動します。
  3. リモート デバッガー フォルダーにサブフォルダーが含まれています。x86、x64、および ia-64 (サポートされている製品は、各プロセッサ アーキテクチャ用のみ)。コンピューターのプロセッサに対応するサブフォルダーを開きます。
  4. Rdbgsetup.exe を起動し、セットアップを完了するのには、指示します。

リモート サーバーでのリモート デバッグを有効にします。

リモート サーバーでのリモート デバッグを有効にするには、いずれかをことができます。次:
  • リモート デバッグ モニターがリモート サーバーからのインストールします。Visual Studio 2005年の CD。これを行うには、次の手順を実行します。
    1. ローカル ファイル システムから Msvsmon.exe を手動で開始します。デバッグを開始するとします。完了したら、プロセスを停止することができます。デバッグします。
    2. Visual Studio 2005年リモート デバッガー サービスを開始します。(Msvsmon.exe) をサービスとして実行します。既定では、サービスが無効になります。、有効にして、サービスを開始するのには、サービス Microsoft 管理コンソール (MMC) スナップインを使用する必要があります。1 回サービス自動的に ASP デバッグできます。NET アプリケーションです。
  • 共有から Msvsmon.exe をリモートで実行します。共有することによって、Visual Studio 2005年コンピューターにリモート デバッグ コンポーネント ディレクトリに、実行できます。何もインストールしなくても、リモート サーバー上の Msvsmon.exe がサーバーです。
Msvsmon.exe が次のパスにインストールされます。
  • インストール パス\Microsoft Visual Studio 8\Common7\IDE\Remote Debugger\x86
  • インストール パス\Microsoft Visual Studio 8\Common7\IDE\Remote Debugger\x64
  • インストール パス\Microsoft Visual Studio 8\Common7\IDE\Remote Debugger\ia64
Msvsmon.exe をリモート サーバー上で起動すると、リモートの作品を開きデバッグできます。

Msvsmon.exe.config ファイルが必要共通言語ランタイム (CLR) のバージョンと一致します。Visual Studio 2005年の service pack をインストールした場合は、CLR のバージョンはバージョン 2.0.50727 です。

次のデバッガー機能が動作しません共有から Msvsmon.exe を実行します。
  • Microsoft Windows Millennium Edition または Microsoft Windows 98 を実行しているコンピューターでのデバッグ
  • XML Web サービスにステップ イン (手動のアタッチをままです可能な。
  • 自動で ASP のデバッグをします。Net プロファイルまたは、ATL Server ベースのインターネット サーバー API (ISAPI) 拡張機能 (マニュアルを再び接続することも可能です)。
リモート デバッグをセットアップする方法の詳細についてを参照してください。次の MSDN Web サイトします。
http://msdn2.microsoft.com/en-us/library/bt727f1t.aspx

Web ソリューションを構築します。

これを行うには、次の手順を実行します。
  1. クリックしてください。 開始、ポイント すべてプログラム、ポイント マイクロソフト Visual Studio2005、し Microsoft Visual Studio 2005.
  2. で、 ファイル メニューのポイント 新しい、、をクリックして、 Web サイト.
  3. で、 新しい Web サイト ダイアログ ボックス、クリックしてASP。NET のウェブサイト 下にあります。 Visual Web Developer がインストールされているテンプレート.
  4. で、 場所 ボックスで、をクリックしてくださいHTTP.
  5. 場所については、リモート サーバー上のパスを入力します。のたとえば、http://を入力してください。RemoteServerName/WebApplicationName.

    メモ 確認 Microsoft から FrontPage Server Extensionsインストールされています。リモート サーバー。リモート サーバー上にインストールされている FrontPage Server Extensions をお持ちでない場合は、次のエラー メッセージが表示されます。
    元に戻す画像を拡大する
    エラー メッセージ
  6. デザイナー ビューで Default.aspx を開きます。
  7. コード エディターを開くには、デザイナーをダブルクリックします。配置されます、 Page_Load イベントです。
  8. コードの次行を追加、 Page_Load イベントです。
    ' Visual Basic
    Response.Write("Hello World")
    
    // C#
    Response.Write("Hello World"); 
    
  9. F9 キーは、現在の行にブレークポイントを設定するキーを押します。

そのリモートのデバッグ動作を確認してください。

そのリモートのデバッグ動作を確認するには、F5 キーを押します、。アプリケーションをデバッグ モードでは。行にブレークポイントを配置する場所にデバッガーを中断する必要があります。

デバッグ、リモート デバッグを開始モニターは、リモート サーバー上で次のようになります。
元に戻す画像を拡大する
リモート デバッグ モニター
これによると、ユーザーアプリケーションをデバッグするのには接続されています。

Ifブレークポイントはヒットしませんし (IIS) のログを見て検討してください。IIS ログはどの手順が動作していないかを判断に役立つかどうか、デバッグ動詞が、Web サーバーに送信します。IIS ログには、次の場所:
%windir%\system32\logfiles\w3svc番号
メモ 番号 Web サイトの IIS のインスタンス番号です。

ヒント クリックすることもできます。 開始をクリックして実行、し、入力 ログ ファイル 移動するのには既定のログ ファイルのディレクトリ。

IIS をチェックすることで、パスを取得することができます。プロパティ:
  1. IIS マネージャーを起動します。
  2. プロジェクトを作成する Web サイトを右クリックし、し プロパティ.
  3. で、 Web サイト タブで、クリックしてくださいプロパティ 下にあります。 ログ記録を有効にします。.

    ログ ファイルのパスおよびディレクトリの下に表示します。のは、 [全般] プロパティ タブします。
これは、私たちすることができます正常に作成されたら、IIS ログがどのように表示です。アプリケーションをデバッグします。アイテムを表示するのには、ログにコメントが追加して、検索対象の。
#Software: Microsoft Internet Information Services 5.1
#Version: 1.0
#Date: 2006-09-11 14:32:56
#Fields: time c-ip cs-method cs-uri-stem sc-status 
14:32:56 X.X.X.X POST /remoteApp/_vti_bin/_vti_aut/author.dll 200

Look for the debug verb after the IP address (in our case it's X.X.X.X). This indicates that the debug verb is sent to the Web server successfully.
14:32:58 X.X.X.X  DEBUG /remoteApp/Default.aspx 200
14:33:02 X.X.X.X GET /remoteApp/Default.aspx 200
14:33:05 X.X.X.X DEBUG /remoteApp/Default.aspx 200
サーバーに送信 DEBUG 動詞が見つからない場合は、IIS を実行している、取得、次のものに関する詳細を正確に確認するのには、デバッグ動詞ログ エラーします。
TMP %\Visual studio Web Debugger.log

リモート デバッグを実装する前に行うこと

  • コンピューターを使用してリモート コンピューターを参照する必要があります。名前、IP アドレスの代わりに。
  • Web.config ファイルを asp です。NET アプリケーションを使うことはできません。すべてのエラーが含まれていると、 コンパイル 要素を指定しなければ、 デバッグ 属性セットするには True を指定します。.
  • 最低でも、リモートの Visual Studio 2005年のデバッグ実行する場合を除いて、リモート コンピューターでコンポーネントをインストールしなければなりませんリモート共有から Msvsmon.exe。

    メモ プログラムただし Visual アウトを共有することを確認します。Studio 8\Common7\IDE\Remote デバッガーのディレクトリとそのサブフォルダーだけでなくその中で。たとえば、x 86 フォルダーだけを共有から Msvsmon.exe を実行するとリモコンのことがなく、リモートの共有ディレクトリからインストール済みコンポーネントのデバッグ、次のエラー メッセージが表示されます。
    元に戻す画像を拡大する
    エラー メッセージ
  • ファイアウォール リモート デバッグ ブロックしていないことを確認してください。Ifファイアウォールを有効にして、実行をブロックしている場合は、受信、次のエラー メッセージ。
    元に戻す画像を拡大する
    エラー メッセージ
  • セキュリティ設定サイトの統合を許可する必要があります。Windows 認証です。サイトは、匿名アクセスを許可することも可能性があります。
  • リモート デバッグ モニターを実行していることを確認します。リモート サーバー。Msvsmon.exe が実行されていない場合は、次を受信します。エラー メッセージ:
    元に戻す画像を拡大する
    エラー メッセージ

関連リンク

リモート デバッグ エラーとトラブルシューティング
http://msdn2.microsoft.com/en-us/library/2ys11ead.aspx

指定する方法、します。NET Framework のバージョンのデバッグ
http://msdn2.microsoft.com/en-us/library/ms241897.aspx
908099 Visual Studio の 2005 年に Windows XP Service Pack 2 でリモート デバッグを有効にする方法
919823 可能性があります。リモート インスタンスに接続しようとするとエラー メッセージが表示されます。デバッグ モニター Visual Studio 2005
948040 ネットワーク ドメイン間でのリモート デバッグを設定する際の問題
いつものように、アイデアを送信する自由します。次回のコラムや技術を使用して対応トピックがそれを要求します。 フォームです。

プロパティ

文書番号: 910448 - 最終更新日: 2011年8月4日 - リビジョン: 3.0
キーワード:?
kbhowto kbgraphxlink kbmt KB910448 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:910448
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com