Windows Server 2003 ベースのコンピュータで Svchost.exe プロセスが予期せず終了することがある

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 910666 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

現象

Microsoft Windows Server 2003 ベースのサーバーで、次のいずれかまたは複数の現象が発生することがあります。
  • Svchost.exe プロセスが予期せず終了したため、複数のアプリケーションとサービスが正常に機能しません。アプリケーション イベント ログには、次のようなエラーが記録されます。

    種類 : エラー
    ソース : Application Error
    分類 : (100)
    イベント ID : 1000

    種類 : 情報
    ソース : Application Error
    分類 : (100)
    イベント ID : 1004
    説明 :
    エラー発生アプリケーション svchost.exe、バージョン 5.2.3790.0、エラー発生モジュール ntdll.dll、バージョン 5.2.3790.0、エラー発生アドレス 0x0000694e
    データ (ワード) :
    0000: 41 70 70 6c 69 63 61 74 Applicat
    0008: 69 6f 6e 20 46 61 69 6c ion Fail
    0010: 75 72 65 20 20 73 76 63 ure svc
    0018: 68 6f 73 74 2e 65 78 65 host.exe
    0020: 20 35 2e 32 2e 33 37 39 5.2.379
    0028: 30 2e 30 20 69 6e 20 6e 0.0 in n
    0030: 74 64 6c 6c 2e 64 6c 6c tdll.dll
    0038: 20 35 2e 32 2e 33 37 39 5.2.379
    0040: 30 2e 30 20 61 74 20 6f 0.0 at o
    0048: 66 66 73 65 74 20 30 30 ffset 00
    0050: 30 30 36 39 34 65 00694e
    : メモリ アドレスは異なる場合があります。また、他のアプリケーションに影響が及ぶことがあります。
  • システム イベント ログに、次のエラー メッセージが記録されます。

    種類 : エラー
    ソース : Service Control Manager
    分類 : なし
    イベント ID : 7023
    説明 :
    Server サービスは次のエラーで終了しました :
    アクセスが拒否されました。
    : テキスト ベースで提供されるシステム イベント ログには、次のエラー メッセージが記録されます。
    Server サービスは次のエラーで終了しました: %%5
  • Server サービスが停止し、再開されません。システム イベント ログに、次のエラー メッセージが記録されます。

    種類 : 情報
    ソース : Service Control Manager
    分類 : なし
    イベント ID : 7036
    説明 :
    Server サービスは 停止状態に入りました。

    種類 : エラー
    ソース : Service Control Manager
    分類 : なし
    イベント ID : 7023
    説明 :
    Server サービスは次のエラーで終了しました :
    サーバーは使用中です。アンロードできません。
    : テキスト ベースで提供されるシステム イベント ログには、次のエラー メッセージが記録されます。
    Server サービスは次のエラーで終了しました: %%1811
    エラー 1811 は、"ERROR_SERVER_HAS_OPEN_HANDLES" エラーに対応しています。サーバーは使用中です。アンロードできません。

    また、Windows Management Instrumentation (WMI) サービスが停止し、Server サービスが予期せず終了します。システム イベント ログに、次のエラー メッセージが記録されます。
    種類 : エラー
    ソース : Service Control Manager
    分類 : なし
    イベント ID : 7032
    説明 :
    サービス コントロール マネージャ: Windows Management Instrumentation サービスが予期せず終了したあと、修正動作 (サービスの再開) を試みましたが、この動作は次のエラーで失敗しました:
    サービス インスタンスは既に実行されています。
  • Windows クラスタ ノードでは、クラスタ ファイル サーバー リソースがオンラインになりません。また、サーバーによってシステム イベント ログに次のエラー メッセージが記録されることがあります。
    種類 : エラー
    ソース : ClusSvc
    イベント ID : 1068
    説明 :
    エラー 2114 で、クラスタ ファイル共有リソース <ResourceName> を開始するのに失敗しました。

    種類 : エラー
    ソース : ClusSvc
    イベント ID : 1055
    説明 :
    クラスタ ファイル共有リソース <ResourceName> は、ステータス チェックに失敗しました。
    エラー コードは 2114 です。
  • Srvinfo.exe ツールが正常に機能しません (このツールは Windows Server 2003 リソース キットに含まれています)。
  • コンピュータの管理スナップインを使用するか、コマンド プロンプトに net start server と入力して、Server サービスを手動で開始しようとすると、次のエラー メッセージが表示されることがあります。

    ローカル コンピュータの Server サービスを開始できません。
    エラー 5 : アクセスが拒否されました。
    • この現象は、ローカル Administrators グループのメンバであるユーザー アカウントを使用し、ローカル システムの資格情報を使用して Server サービスを開始するように構成している場合でも発生します。
    • 一般に、コンピュータを再起動すると、この問題は一時的に修正されます。

原因

この問題は、コンピュータがメモリ不足の状態になると発生することがあります。コンピュータがメモリ不足の状態になると、ダイナミック リンク ライブラリ (.dll) ファイルのプライベート ヒープでメモリの破損が生じることがあります。このようなヒープの破損がランダムに生じると、クラッシュの問題を引き起こす原因になることがあります。

メモリの破損は、Intel PAE (物理アドレス拡張) 仕様を有効にしたコンピュータで、大量のメモリを消費するプログラムを実行したときに発生することがあります。PAE を有効にすると、コンピュータに搭載された 4 GB を超えるメモリのサポートが可能になります。

Server サービスは、Svchost.exe プロセスに含まれるその他のサービスと共に、Windows Server 2003 ベースのコンピュータで実行されます。コンピュータがメモリ不足の状態になると、Svchost.exe プロセスは予期せず終了し、プロセスを再開することはできません。

回避策

この問題を回避するには、PAE を無効にします。Boot.ini ファイルに指定されている /PAE スイッチを削除するか、このファイルに /NOPAE スイッチを含める必要があります。

  • Boot.ini ファイルから /PAE スイッチを削除すると、4 GB を超える RAM を搭載しているコンピュータでは、利用可能なすべてのメモリ領域を使用することができなくなります。
  • 一部のサーバーには、ホット アド メモリ機能が備わっています。この機能を使用すると、Boot.ini ファイルで /PAE スイッチが設定されていない場合でも PAE が有効になります。
サーバー上で /PAE スイッチが有効であることを確認するには、次のレジストリ サブキーを調べます。
HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Session Manager\Memory Management


キー名 : PhysicalAddressExtension
値の種類 : DWORD
値のデータ : 1
: このレジストリ値を 0 に設定しても、/NOPAE スイッチが設定されていない場合、コンピュータを再起動すると自動的に 1 にリセットされます。

解決方法

この問題を解決するには、以下のいずれかの方法を使用します。
  • システムを Windows Server 2003 Service Pack 1 (SP1) に更新します。
  • 修正プログラム 895575 をインストールします。 詳細を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
    895575 Windows Server 2003 の物理アドレス拡張 (PAE) カーネルで実行されているプロセスでメモリが破損することがある
: Windows Server 2003 ベースのサーバー クラスタおよび Microsoft SQL Server 2000 には、修正プログラム 895575 をインストールすることをお勧めします。 詳細を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
895092 Windows Server 2003 ベースのサーバー クラスタ用の推奨されている修正プログラム

さらに、コンピュータの役割や実行しているソフトウェアによっては、以下の修正プログラムをインストールすることが必要な場合があります。
  • 詳細を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
    829994 Windows Server 2003 コンピュータでリソースが極端に不足すると、Svchost.exe のアクセス違反が発生することがある
  • Windows Server 2003 ベースのコンピュータに高い負荷がかかると Windows Management Instrumentation (WMI) プロバイダのホスト プログラム (Wmiprvse.exe) がクラッシュする場合は、修正プログラム 835438 をインストールします。 詳細を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
    835438 Windows Server 2003 でメモリ不足の状態になると Wmiprvse.exe がクラッシュする
  • プログラムやサービスが応答を停止したときに、コンピュータが負荷の高い状態で実行されていたり、多数のスレッドが開かれていたりした場合、Windows エラー報告がダンプ ファイルを作成できないことがあります。この場合は、修正プログラム 837018 をインストールします。 詳細を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
    837018 Windows Server 2003 の Windows エラー報告でダンプ ファイルが作成されないことがある

状況

マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

詳細

コンピュータで PAE が現在有効になっているかどうかを簡単に確認するには、Winver.exe プログラムを実行します。Winver.exe プログラムによって報告される物理メモリが 4 GB を超えている場合は、コンピュータ上で PAE が有効になっています。

PAE の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
283037 Windows Server 2003 および Windows 2000 では大容量メモリのサポートが使用できる

Boot.ini ファイルで使用可能なパラメータの関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
833721 Windows XP および Windows Server 2003 の Boot.ini ファイルで使用可能なスイッチ オプション

修正プログラムのバージョンの関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
824994 Windows XP Service Pack 2 および Windows Server 2003 ソフトウェア更新プログラム パッケージの内容に関する説明

Windows および Windows コンポーネント用のパッケージ インストーラ (Update.exe) の詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://www.microsoft.com/japan/technet/prodtechnol/windowsserver2003/deployment/winupdte.mspx

関連情報

840987 [MS04-032] Microsoft Windows のセキュリティ更新プログラム
834628 Windows Server 2003 ベースのコンピュータで PAE を有効にするとデータが破損する
283037 Windows Server 2003 および Windows 2000 では大容量メモリのサポートが使用できる
824994 Windows XP Service Pack 2 および Windows Server 2003 ソフトウェア更新プログラム パッケージの内容に関する説明
890352 Windows Server 2003 ベースのコンピュータで、プログラムを使用してボリューム マウント ポイントにデータを書き込もうとすると、プログラムが応答を停止することがあり、イベント 50 およびイベント 26 が記録される

プロパティ

文書番号: 910666 - 最終更新日: 2007年8月10日 - リビジョン: 3.2
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows Server 2003, Standard Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003, Web Edition
  • Microsoft Windows Server 2003, Datacenter Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows 2000 Server
キーワード:?
kbtshoot kbprb KB910666
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com