リモート ユーザーのデータベースのミラーリングをサポートするために SQL Server 2005 と要件 SQL Server 2000

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 910716
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

はじめに

リモート ユーザーのデータベースのミラーリングをサポートするために Microsoft SQL Server 2005年、SQL Server 2000年の要件について説明します。

詳細

リモート ミラーリング ソリューション サード パーティ ベンダーによって提供されています。このソリューションではリアルタイムのミラーのプライマリ ・ ストレージ ・ デバイスをリモート ・ サイトに維持することができます。リモート ミラーでは、冗長サーバー ハードウェアと冗長ストレージ システムがリモート ・ サイトで保持されます。Microsoft SQL Server は、ローカル サーバーとリモート ミラー サーバーの両方にインストールされます。

リモート ・ ミラーリングの詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://technet.microsoft.com/en-us/library/cc917708.aspx
SQL、リモート ・ ミラーリング ・ ソリューションをサポートするサーバーの要件を次に示します。

メモ この資料では、特定のベンダーのソリューションはシェアウェアユーティリティはありません。

データの整合性

使用して、リモート ・ ミラーリング ・ ソリューション SQL Server の I/O 要件をサポートしているかどうかを確認するのには、ハードウェア ベンダーとストレージ ベンダーに動作します。

文書化されたベンダーのソリューションの詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://www.microsoft.com/sql/alwayson.mspx
I/O の要件の詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://technet.microsoft.com/en-us/library/cc966500.aspx
考慮すべきいくつかの重要な要件を次に示します。
  • ソリューションに依存する書き込み整合性を維持する必要があります。
  • ソリューション ページの破損を回避する必要があります。
  • ソリューションは、I/O の整合性のとれたコピー、セカンダリ遠隔地でのデータの必要があります。
ソリューションがこれらの要件を満たしていない場合は、リモート ・ サイトでデータベースの破損が発生します。

先行書き込みログ (WAL) プロトコル

SQL Server は、トランザクション ・ ログとシステム、システム障害が発生するとトランザクション データベースの整合性を維持またはアンマネージのシャット ダウンが発生するかどうかを確認するのには、関連付けられている回復ロジック配置されます。これにより、先行書き込みログ (WAL) プロトコルと呼ばれます。

この回復プロトコルを通じて直接ディスク メディアに書き込むことができる必要があります。オペレーティング システム I/O 書き込み要求すると、データベース マネージャーに戻ります、回復システム書き込みが実際に完了したことを保証できる必要がありますまたは書き込みが終了すること。システムのハードウェアまたはソフトウェア コンポーネントがこのプロトコルをサポートしていない場合は、部分的にすることがあります。 またはシステム障害が発生した場合におけるデータの損失、またはデータを破損することがします。

ソリューションは、データの書き込み順やライトスルーの保証のすべての要件を満たす必要があります。Microsoft は、wal でも同様の要件を満たしていないすべてのソリューションをサポートしません。 WAL の要件の詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
2307857.0 の SQL Server、SQL Server 2000、および SQL Server 2005 のログ記録とデータ記憶アルゴリズムは、データの信頼性を拡張します。
Microsoft Windows ベースのサーバーおよび Windows ハードウェア品質ラボ (whql 認定済み) その他のストレージ ・ ソリューションに必要な保証を満たす必要があります。したがって、Windows ベースのサーバーの使用は SQL Server のストレージ ・ デバイスとしてサポートする必要があります。次に、ハードウェアの製造元を確認します。
  • 展開を計画、ストレージ ・ デバイスを使用してデータベースを設計されています。
  • 展開、トランザクション データベースの使用はそれらのデバイスを構成します。

リモートのミラーリングのサポート

リモート ミラーリングとストレッチ クラスタ リングの詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://technet.microsoft.com/en-us/library/cc917708.aspx

パフォーマンス

いくつかのリモート ・ ミラーリング ・ ソリューションは、データベースの全体的なパフォーマンスに悪影響があります。これはリモート ・ サイトに同期の更新に依存しているソリューションに特に当てはまります。慎重にこのポイントおよび係数この動作展開ソリューションを検討します。

サポート

ソリューションをこの資料に記載されている要件を満たしている場合は、マイクロソフト カスタマー サポート サービスの記憶装置に関連しない問題のサポートを提供します。

重要です マイクロソフト カスタマー サポート サービスのトランザクションのスループットに関連する問題のサポートを入手するには、ミラーを使用しない環境でこの問題を再現できる必要があります。

ストレージ ・ デバイスに関連する問題についてサポートを入手するのには、ストレージのベンダーを参照してください。

サード パーティのレプリケーション テクノロジに関連する問題についてサポートを入手するのには、テクノロジー ・ ベンダーを参照してください。
SQL Server、Microsoft SQL Server、Always-On、ストレージ ソリューション レビュー プログラムで概説されている '確実な配信を安定したメディア' をサポートするために、システムする必要があります。参加者SQL Server データベース エンジン用の入出力の要件の詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
967576Microsoft SQL Server データベース エンジンの入出力の要件

プロパティ

文書番号: 910716 - 最終更新日: 2011年7月19日 - リビジョン: 4.0
キーワード:?
kbinfo kbtshoot kbsql2005engine kbmt KB910716 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:910716
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com