Microsoft CRM 3. 0 での印刷のデータから Microsoft CRM 3. 0 から Excel にデータをエクスポートまたはユーザーを制限することはできません。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 911022 - 対象製品
この資料に記載されている修正プログラムは体字中国語版の Microsoft Dynamics CRM または日本語版の Microsoft Dynamics CRM を使用できません。
重要です この資料では、レジストリを変更する方法について説明します。 必ず変更する前にレジストリをバックアップしてください。 問題が発生した場合はレジストリを復元する方法を知っているを確認します。 バックアップ、復元、およびレジストリを変更する方法の詳細についてはをクリックして以下「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) 資料を参照。
256986Description of the Microsoft Windows Registry JP256986 Microsoft Windows レジストリの説明
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

現象

次の操作のいずれの組織内のユーザーを制限することはできません。
  • Microsoft Dynamics CRM 3. 0 内のデータを印刷します。
  • Microsoft CRM 3. 0 からのデータを Excel にエクスポート
組織は、Microsoft CRM 3. 0 での個人情報を印刷または個人情報を Microsoft CRM 3. 0 から Excel にエクスポートからユーザーを制限することができます。 個人情報に電子メール アドレスや電話番号などの項目があります。

解決方法

この問題を解決するには、次の手順に従います。
  1. この資料に記載されている修正プログラムをインストールします。 修正プログラムをインストールした後ユーザーは Microsoft CRM 3. 0 または Microsoft Dynamics CRM 3. 0 Professional Edition でデータ サービス プロバイダーの印刷できません。 さらに、ユーザーまたはエクスポートできませんデータを Excel に Microsoft CRM 3. 0 から Microsoft Dynamics CRM 3. 0 Professional Edition からサービス プロバイダーを Excel にします。 詳細については、「修正プログラムの情報。
  2. 修正プログラムを有効にします。 修正プログラムを有効にした後ユーザー Excel ツール バー ボタン、Microsoft CRM のグリッド ビューにまたは使えません、Microsoft Dynamics CRM 3. 0 Professional Edition のサービス プロバイダーのグリッド ビューでデータを Excel にエクスポートします。 詳細については、「修正プログラム有効にする方法」。
  3. AlternateDataSource レジストリ キーを使用して、別のデータベースを作成し、このデータベースから Excel にデータのエクスポートを有効にします。 この方法で確認できます Microsoft CRM 3. 0 または Microsoft Dynamics CRM 3. 0 Professional Edition からサービス プロバイダーのユーザーがエクスポートされるデータが個人用またはプライベートの情報を削除します。 詳細については、「方法」参照して別データベースを作成"別データベースから Excel データ エクスポート有効にする方法」のセクション。

    メモ この操作を実行した後にユーザーは Excel で、エラー メッセージ </a0> を受信いずれか、次の条件に該当する場合。
    • 無効な AlternateDataSource レジストリのキー値設定されます。
    • ユーザーには、代替データベースへの読み取りアクセスがありません。
    ユーザーが受け取るメッセージが、次のメッセージです。
    接続に失敗しました: SQLState: '08004' の SQL Server エラー: 4060 サーバーの接続を拒否する、選択したデータベースへのアクセスが拒否されました '。

修正プログラムについて

サポートされている修正プログラムが Microsoft から提供されています。 ただし、ことを目的としたこの修正プログラムものですこの資料に記載されている問題のみを修正します。 この修正プログラムのみシステムに適用この特定の問題が発生しています。 この修正プログラム テストを受ける可能性があります。 そのため場合この問題で深刻な影響を受けていないお勧めしますこの修正プログラムを含む、次回ソフトウェアの更新されるまで待つことです。

修正プログラムをダウンロードできる場合はこの資料の先頭に「修正プログラムのダウンロード」セクションです。 このセクションが表示されていない場合、は、マイクロソフト カスタマーサービス & サポート修正プログラムを入手するを問い合わせてください。

メモ 追加問題が発生する場合は、個別のサービス要求を作成した任意のトラブルシューティングが必要な場合。 通常のサポート料金が追加の質問およびこの特定の修正プログラムの対象とならない問題について適用されます。 一覧については、完了マイクロソフト カスタマーサービス & サポートの電話番号のまたは個別のサービス要求を作成する、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://support.microsoft.com/contactus/?ws=support
メモ 「修正プログラムのダウンロード」フォームには、修正プログラムが利用する言語が表示されます。 お使いの言語が表示されない場合、修正プログラムがその言語に対応しないのでは。

インストール情報

コンピューターにサービス プロバイダーを実行して Microsoft CRM 3. 0 クライアント、Microsoft CRM 3. 0 Server、または Microsoft Dynamics CRM 3. 0 Professional Edition のいるこの修正プログラムをインストールします。

前提条件

この修正プログラムをインストールするための必要条件はありません。

アンインストール情報

この修正プログラムを削除することはできません。

再起動の要件

ダイアログ ボックスが表示されたら、この修正プログラムをインストールした後は、コンピューターを再起動します。

ファイル情報

英語版のこの修正プログラムにファイルの属性 (またはそれ以降のファイル属性) 次の表は、されている可能性もします。 日付およびこれらのファイルの時間で世界協定時刻 (UTC) と記載します。 各ファイルの日付および時刻は、世界協定時刻 (UTC) で示されています。 UTC と現地時刻の差を検索するには、コントロール パネルの [日付と時刻 タイム ゾーン タブを使用します。

Microsoft Dynamics CRM 3. 0 クライアント
元に戻す全体を表示する
ファイル名ファイルのバージョンファイルのサイズ日付時間
Appgrid.htc適用しません。11,8152006 年 3 月 20 日23: 44
Microsoft.crm.application.components.application.dll3.0.5300.1085596,7602006 年 3 月 20 日23: 58
Microsoft.crm.application.pages.dll3.0.5300.1085736,0242006 年 3 月 20 日23: 58
Print_dlg.aspx適用しません。8,8162006 年 3 月 20 日23: 44
Microsoft Dynamics CRM 3. 0 サーバー
元に戻す全体を表示する
ファイル名ファイルのバージョンファイルのサイズ日付時間
Appgrid.htc適用しません。11,8152006 年 3 月 20 日23: 44
Microsoft.crm.application.components.application.dll3.0.5300.1085686,8562006 年 3 月 20 日23: 56
Microsoft.crm.application.pages.dll3.0.5300.1085965,3842006 年 3 月 20 日23: 56
Print_dlg.aspx適用しません。8,8162006 年 3 月 20 日23: 44
Systemsettings.aspx適用しません。33,1712006 年 3 月 20 日23: 44
サービス プロバイダーのクライアントの Microsoft Dynamics CRM 3. 0 プロフェッショナル エディション
元に戻す全体を表示する
ファイル名ファイルのバージョンファイルのサイズ日付時間
Appgrid.htc適用しません。11,8152006 年 3 月 20 日23: 44
Microsoft.crm.application.components.application.dll3.0.5300.1085596,7602006 年 3 月 20 日23: 58
Microsoft.crm.application.pages.dll3.0.5300.1085736,0242006 年 3 月 20 日23: 58
Print_dlg.aspx適用しません。8,8162006 年 3 月 20 日23: 44
サービス プロバイダーのサーバーの Microsoft Dynamics CRM 3. 0 プロフェッショナル エディション
元に戻す全体を表示する
ファイル名ファイルのバージョンファイルのサイズ日付時間
Appgrid.htc適用しません。11,8152006 年 3 月 20 日23: 44
Microsoft.crm.application.components.application.dll3.0.5300.1085686,8562006 年 3 月 20 日23: 56
Microsoft.crm.application.pages.dll3.0.5300.1085965,3842006 年 3 月 20 日23: 56
Print_dlg.aspx適用しません。8,8162006 年 3 月 20 日23: 44
Systemsettings.aspx適用しません。33,1712006 年 3 月 20 日23: 44

修正プログラムを有効にする方法

警告 深刻な問題が変更した場合、レジストリが誤ってをレジストリ エディターを使用するかをもう 1 つの方法を使用が発生します。 これらの問題のオペレーティング システムには、再をインストールすることが必要に可能性があります。 Microsoft できません、これらの問題責任を負わないこととします。 ユーザー自身の責任においてレジストリを変更します。

メモ この修正プログラムを有効にすた後ユーザーはサービス プロバイダーまたは Microsoft Dynamics CRM 3. 0 Professional Edition で Microsoft CRM 3. 0 でデータを印刷できません。 また、ユーザーはデータを Microsoft CRM 3. 0 または Microsoft Dynamics CRM 3. 0 Professional Edition サービス プロバイダーを Excel にエクスポートできません。 動的ピボットテーブル関数のみと動的ワークシート関数で利用可能 Excel 内のユーザーには。
  1. Microsoft CRM 3. 0 を終了します。
  2. Microsoft CRM サーバー上で 開始 ] をクリックして [ 実行 ] をクリックして、 regedit と入力、[ OK] をクリックします。
  3. 次のレジストリ サブキーを見つけてクリックします:
    HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\MSCRM
  4. [ 編集 ] メニューの [ 新規作成 ] をポイントし、[ DWORD 値 ] をクリックします。
  5. DoNotAllowStatic を入力して Enter を押します。
  6. DoNotAllowStatic ] を右クリックし、 変更 を実行します。
  7. 値のデータ ] 1 と入力して [OK] をクリックします。
  8. [ ファイル ] の [レジストリ エディターを終了する を終了する ] をクリックします。

代替データベースを作成する方法

メモ ここに表示される指示、実行する前に問題が発生した場合に復元することができますデータベースの完全なバックアップ コピーがいることを確認します。

代替データベースを作成するには、Microsoft CRM 3. 0 データベースのバックアップを定期的にして、データベースのバックアップから復元する必要があります。 たとえば、Adventure_Works_Cycle_MSCRM データベースのバックアップし、を Adventure_Works_Cycle_MSCRM_Alternate として復元ことができます。

メモ 新しいレコードが追加頻度によって異なります Microsoft CRM 3. 0 データベースをバックアップする頻度または古いレコードが削除されます。 たとえば、夜間データベースをバックアップすることができます。

バックアップを作成し、Microsoft SQL Server データベースを復元する方法については、「バックアップ」と「復元」のトピック SQL Server Books Online を参照してください。 SQL Server オンライン ブック方法については、次の Web マイクロソフトを参照してください。
http://technet.microsoft.com/en-us/sqlserver/bb428874.aspx
Adventure_Works_Cycle_MSCRM データベースとして、別のデータベースを復元した後、プライベートまたは個人データを代替このデータベースに削除できます。 こうには次のコード例のようなコードを使用します。

メモ
  • MSCRM データベースに対して直接 SQL の更新プログラムの実行はサポートされていません。 サンプル コードは、Adventure_Works_Cycle_MSCRM_Alternate データベース内の CustomerAddressBase テーブルを更新はし、し CITY フィールド [ ADDRESS1_LINE1 ] フィールドにデータが削除されます。 これらのフィールドのデータできなく動的ピボットテーブル関数にまたは動的なワークシート関数を使用可能なユーザーが、Microsoft CRM のグリッド ビュー [Excel のツールバー ボタンをクリックするとします。
  • ADDRESS1_LINE1 フィールドと [ CITY フィールド以外のフィールドからのデータが、別のデータベースからエクスポートされるようにしたい場合はの使用例コードを変更する必要があります。
使用するコード例には、次の手順に従います。
  1. 開始 プログラム ] をポイントし、 Microsoft SQL Server では、[ クエリ アナライザー ] をクリックします。
  2. SQL Server に接続 ] ダイアログ [ドロップダウン ボックスで、Microsoft SQL サーバーの選択を [ OK] をクリック します。

    メモ SQL Server 管理者ユーザーとしてログオンする必要があります。
  3. [ データベース ] ボックスの [SQL クエリ アナライザー] ツールバーの (一覧の [会社のデータベースにします。 たとえば、[Adventure_Works_Cycle_MSCRM_Alternate データベース] をクリックします。
  4. クエリ ウィンドウで、次のコマンドを入力して [ クエリ ] メニューの [の [ 実行 ] をクリックして:
    USE Adventure_Works_Cycle_MSCRM_Alternate
    GO
    UPDATE CustomerAddressBase
    SET Line1 = '',
    City = ''
    

代替データベースから Excel にデータのエクスポートを有効にする方法

重要です 別のデータベースを使用する、前に、修正プログラム有効にする必要があります。 これを行うには、「修正プログラム有効にする方法」。
  1. Microsoft CRM 3. 0 を終了します。
  2. Microsoft CRM サーバー上で 開始 ] をクリックして [ 実行 ] をクリックして、 regedit と入力、[ OK] をクリックします。
  3. 次のレジストリ サブキーを見つけてクリックします:
    HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\MSCRM
  4. [ 編集 ] メニューの [ 新規作成 ] をポイントし、[ 文字列 ] をクリックします。
  5. AlternateDataSource を入力して Enter を押します。
  6. AlternateDataSource ] を右クリックし、 変更 を実行します。
  7. [ 値のデータ ] ボックスで、次の文字列のような文字列値を入力を [OK] をクリックします。
    DRIVER=SQL Server;APP=Microsoft Office 2003;Network=DBMSSOCN;Trusted_Connection=Yes;SERVER=ServerName;DATABASE=DatabaseName
  8. [ ファイル ] の [レジストリ エディターを終了する を終了する ] をクリックします。

状況

Microsoft Dynamics CRM 3. 0

マイクロソフトとして認識していますこの問題を記載されているいるマイクロソフト製品の問題。

Microsoft Dynamics CRM 3. 0 サービス プロバイダーのプロフェッショナル エディション

マイクロソフトとして認識していますこの問題を記載されているいるマイクロソフト製品の問題。

詳細

マイクロソフトのソフトウェアの更新に使用される用語についてについては、記事の「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) を表示する次の資料番号をクリックします。
824684マイクロソフトのソフトウェアの更新で使用される一般的な用語の説明
887283Microsoft ビジネス ソリューションの CRM ソフトウェアの修正プログラムおよび更新プログラム パッケージの名前付け規則

プロパティ

文書番号: 911022 - 最終更新日: 2007年11月2日 - リビジョン: 3.3
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft CRM 3.0
  • Microsoft Dynamics CRM 3.0 Professional Edition for Service Providers
キーワード:?
kbbug kbfix kbexport kbprint kbqfe kbmbsmigrate kbexpertisebeginner kbhotfixserver kbautohotfix kbmt KB911022 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:911022
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com