ユーザー状態移行ツール 2.6.1 に関するよくある質問

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 911814
すべて展開する | すべて折りたたむ

はじめに

Microsoft Windows ユーザー状態移行ツール (USMT) 2.6.1 は、Microsoft ダウンロード センター」からダウンロード可能です。USMT 2.6.1 をダウンロードするのには、次の Web サイトを参照してください。
http://go.microsoft.com/fwlink/? か。LinkId 57047 =
この新しいバージョンの USMT の主な変更のコンピューターをサポートすることです x x64 ベース バージョンの Microsoft Windows オペレーティング システムを実行します。詳細については、「関連情報」セクション最初質問を参照してください。

この資料では、次の質問を回答します。
  • USMT 2.6.1 で何が変わったか。
  • どのような問題は USMT 2.6.1 で修正されるでしょうか。
  • USMT 2.6.1 を USMT 2.6 からをアップグレードすることができます。
  • USMT 2.6 用に作成された既存のカスタム .inf ファイルを使用することができますか。
  • どのように私ユーザー状態、32 ビットのオペレーティング システムから x64 ベースのオペレーティング システムに移行しますか。
  • USMT の詳細についてはどこで入手できますか。

詳細

Q1: USMT 2.6.1 で何が変更されたか。

A1: USMT 2.6.1 の主な変更をそのコンピューターがサポートしていることがその実行 x x64 ベース バージョンの Microsoft Windows XP Professional x64 Edition などの Microsoft Windows オペレーティング システム。

たとえば、次のシナリオでは、USMT 2.6.1 では。
元に戻す全体を表示する
送信元のコンピューターセットアップ先のコンピューター
32 ビット オペレーティング システム32 ビット オペレーティング システム
32 ビット オペレーティング システムx64 ベースのオペレーティング システム
x64 ベースのオペレーティング システムx64 ベースのオペレーティング システム
メモ USMT 2.6.1 は Itanium ベース バージョンの Microsoft Windows オペレーティング システムをサポートしていません。

メモ 32 ビットの Windows オペレーティング システムを実行しているコンピューターに、x x64 ベース バージョンの Windows オペレーティング システムを実行しているコンピューターからユーザー状態を移行できません。

詳細については、次の Web サイトを参照してください。
http://go.microsoft.com/fwlink/?linkid=43895
第 2 四半期: どのような問題は USMT 2.6.1 で修正されるでしょうか。

A2: USMT 2.6.1 を USMT 2.6 で存在していた以下の問題修正とおりです。
  • 問題
    USMT 2.6 では、Loadstate コマンド ライン ツールが現在の作業ディレクトリにファイルを移行します。たとえば、%csidl_personal% フォルダーが、Loadstate コマンド ライン ツールと同じフォルダーに作成されます。

    修正プログラム
    この問題を解決するのには、Miguser.inf ファイルが変更されました。この .inf ファイル内で既定の CopyFiles ルール「[コピーこの状態]」セクションから「[このユーザの状態をコピー]」] セクションに移されます。

    メモ 先のパスをファイルまたは設定が有効でない場合 USMT 2.6.1 で Loadstate コマンド ライン ツールは、圧縮解除されたフォルダーが現在の作業フォルダーに作成されます。たとえば、環境変数が未定義の場合このツール圧縮解除されたフォルダーが現在の作業フォルダーに作成されます。このフォルダーを作成すると、ツール データ移行中に失われないようにします。したがって、現在の作業フォルダーでメカニズム Loadstate コマンド ライン ツールを起動するために使用を定義します。など、Loadstate コマンド ライン ツールを起動するバッチ ファイルを使用すると、次のコマンドをバッチ ファイルを追加します。
    c:
    cd \ です。workingdir
    \\サーバー\共有\usmt\loadstate.exe オプション


    メモ これらのコマンドで、 workingdir 作業フォルダーを表します。また、USMT のソース ファイルをネットワーク共有にあります。
  • 問題
    RegFile 規則の最後に円記号 (\) の文字を表示すると、Loadstate コマンド ライン ツールをことがあります失敗します。

    修正プログラム
    この問題を解決するのには、コードが変更されました。
  • 問題
    電子メール メッセージとアドレス帳のエントリでは、Microsoft Outlook Express が正しく移行されます。

    修正プログラム
    この問題を解決するのには、コードが変更されました。
  • 問題
    ドメイン ユーザーのマイ ミュージック フォルダーのファイルは場合があります管理者のマイ ミュージック フォルダーに移行されます。

    修正プログラム
    この問題を解決するのには、コードが変更されました。
  • 問題
    Scanstate コマンド ライン ツールは、実行に長時間をかかる場合があります。ツールで特定のエラーが発生すると、サイズの大きいログ ファイルが作成されます。

    修正プログラム
    この問題を解決するのには、コードが変更されました。
  • 問題
    Microsoft Windows 2000 Professional を実行している新しいコンピューターにユーザー状態を移行すると、ユーザー プロファイルのアクセス許可が正しく設定されていません。たとえば、セットアップ先のコンピューター上で作成されたユーザー プロファイルのユーザー プロファイルの特定のアクセス許可を継承するのではなく、親のドキュメントと設定のフォルダーのアクセス許可を継承できます。

    修正プログラム
    この問題を解決するのには、コードが変更されました。
  • 問題
    スクリーン セーバーの設定が移行されません。

    修正プログラム
    この問題を解決するのには、コードが変更されました。
  • 問題
    Microsoft Windows XP を実行しているコンピューターに Microsoft Windows 98 を実行しているコンピューターからユーザーの場合があります Corel Quattro Pro の 12 の設定は移行されません。

    メモ 失われたあることがあります Corel Quattro Pro 12] をクリックして設定をします。 ツール [ 設定.

    修正プログラム
    この問題を解決するのには、Migapp.inf ファイルが変更されました。
  • 問題
    タスク バーの高さの設定は、現在のユーザーは移行されません。

    修正プログラム
    この問題を解決するのには、コードが変更されました。
  • 問題
    Microsoft Works 7.0 のユーザーを追加する予定は移行されません。

    メモ クリックして Microsoft Works 7.0 で更新されていない予定が設定されています。 ファイル、[ 新しい予定.

    修正プログラム
    この問題を解決するのには、Migapp.inf ファイルが変更されました。
  • 問題
    は、 クリップ ブック 設定して、 QuickFinder マネージャー Corel の単語の完全な Office 12 の設定は移行されません。

    修正プログラム
    この問題を解決するのには、Migapp.inf ファイルが変更されました。
  • 問題
    ソース ファイルのフォルダーのパスを別のパーティション、ファイル フォルダーのターゲット パスすると、ファイルが正しく移行されません。

    修正プログラム
    この問題を解決するのには、コードが変更されました。
第 3 四半期: は USMT 2.6.1 を USMT 2.6 からアップグレードできますか。

A3: USMT 2.6.1 を USMT 2.6 のソース ファイルをアップグレードすることはできませんソース ファイル。USMT 2.6.1 を使用するには、ダウンロードして、USMT 2.6.1 をローカル コンピューター上のフォルダーにインストールします。

第 4 四半期: は USMT 2.6 用に作成された既存のカスタム .inf ファイルを使用できますか。

A4: USMT 2.6.1 で .inf ファイルを処理する方法を変更するがありません。したがって、USMT 2.6 で動作していたすべての .inf ファイルは USMT 2.6.1 で動作し続けます。しかし、USMT 2.6.1 Miguser.inf ファイルと Migapp.inf ファイルへの変更が含まれています。これらの新しいファイルを提供する新しい機能を利用する場合は、これら新しい .inf ファイルに独自の変更を行う必要があります。Migsys.inf ファイル、Sysfiles.inf ファイルまたは ArchiveApp.inf ファイルに変更を加えた場合は、これらのファイルと USMT 2.6.1 を使用する続行できます。

Q5: どのように私ユーザー状態、32 ビットのオペレーティング システムから x64 ベースのオペレーティング システムに移行しますか。

A5: 使用、x86 バージョンは、32 ビット オペレーティング システムがインストール元のコンピューターで Scanstate コマンド ライン ツールを実行するには、USMT 2.6.1 のです。AMD64 バージョン 2.6.1 を USMT を使用して、x x64 ベース オペレーティング システムがインストール先コンピューターで Loadstate コマンド ライン ツールを実行します。

メモ X86 バージョンの USMT 2.6.1 および x x64 ベース バージョンの USMT 2.6.1 は、Microsoft ダウンロード センター」から。

Q6: USMT の詳細については、場所ですか。

A6: USMT のドキュメントに USMT をインストール先のルート ディレクトリにあります。ヘルプ ファイルを"Usmt.chm"と呼びます。ユーザー状態の移行の詳細については、次の Web サイトを参照してください。
http://go.microsoft.com/fwlink/? か。LinkId 57046 =
この資料に記載サード ・ パーティ製品がマイクロソフトと関連のある会社で製造されています。マイクロソフト、黙示またはそれ以外の場合のパフォーマンスや信頼性これらの製品について負わない。

プロパティ

文書番号: 911814 - 最終更新日: 2011年8月4日 - リビジョン: 5.0
キーワード:?
kbhowto kbmt KB911814 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:911814
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com