SQL Server 2005 Analysis Services で時間の計算を追加するのには、ビジネス インテリジェンス ウィザードを実行した後、問題が発生する可能性があります。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 912136
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

現象

Microsoft SQL Server 2005 Analysis Services では時間の計算を追加するのには、ビジネス インテリジェンス ウィザードを実行後、次の問題をことがあります。

問題 1

時間の計算を配置する場所の親階層のフォーム ビューで表示されません、 計算 キューブ デザイナーに含まれる ◇

問題 2

ビジネス インテリジェンス ウィザードが追加されます、時間の計算は階層全体ではなく階層の狭いスコープのみで生成されます。

原因

問題 1

この問題は、計算されるメンバーを作成するコードは、キャリッジ リターンが含まれているために発生します。このキャリッジ リターンの途中で、計算されるメンバーの一意の名前が表示されます。マルチ ディメンション式 (MDX) パーサーはこのシナリオで期待どおりに動作しません。ただし、この問題は、ユーザー インターフェイスのみに関するものです。計算されるメンバーの有効性は影響を受けません。

メモ ビジネス インテリジェンス ウィザードをキューブに計算されるメンバーを追加すると、 タイム インテリジェンスを定義します。 選択されていることを確認します。状況によっては、ビジネス インテリジェンス ウィザード 1 つ以上の計算されるメンバーを追加できます。

問題 2

この問題は、値の計算、計算されるメンバーの MDX コードに問題が原因で発生します。スコープが MDX コード内ではありません。

解決方法

サービス パックの情報

この問題を解決するには、Microsoft SQL Server 2005年の最新の service pack を入手します。詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
913089 SQL Server 2005 の最新の service pack を入手する方法

回避策

メモ これらの回避策は、「関連情報」セクションに記載されている問題のシナリオに基づいています。

2 つの問題に適用する手順

次の手順は、両方の問題を回避するには、必要があります。まず以下の手順を実行します。
  1. SQL Server ビジネス インテリジェンス開発 Studio では、Adventure Works DW の Standard Edition のサンプル プロジェクトを開きます。
  2. ソリューション エクスプ ローラーで展開します。 キューブ、し、をダブルクリック Works.cube の冒険 キューブ デザイナーを表示します。
  3. キューブ デザイナーをクリックして、 計算 タブします。
  4. [スクリプト オーガナイザー] ペインでをクリックして、 [年度累計] コマンドです。
  5. ツールバーの最上部に 計算 タブで、クリックしてください スクリプト ビュー 計算式ペインを表示します。

問題 1 に適用する手順

  1. 計算式ペインには、 計算 タブで、次のコード行に注意してください。
    Create Member CurrentCube.[Date].[Fiscal Date Calculations].
    [Year to Date] AS "NA";
  2. コードの最初の行の末尾のキャリッジ リターンを削除します。コードが、次のように表示されます。
    Create Member CurrentCube.[Date].[Fiscal Date Calculations].[Year to Date] AS "NA" ;
  3. 変更内容を保存するのには ctrl キーを押しながら S キーを押します。

問題 2 に該当する手順

  1. 計算式ペインには、 計算 タブで、次のコード行に注意してください。
    Scope(
           {
             [Measures].[Internet Sales Amount]
           }
    ); 
    
    ( [Date].[Fiscal Date Calculations].[Year to Date], 
    [Date].[Fiscal Year].[Fiscal Year].Members ) = 
    
      Aggregate(
                 { [Date].[Fiscal Date Calculations].DefaultMember } *
                 PeriodsToDate(
                                [Date].[Fiscal].[Fiscal Year],
                                [Date].[Fiscal].CurrentMember
                 )
      ) ;
    
    End Scope ;
  2. 時間の計算が適用される、キューブ ディメンションのキー属性のメンバーに対して、追加のスコープを追加します。次の形式を使用します。
    [<SelectedCubeDimension>].[<SelectedCubeDimensionKeyAttribute>].Members
    メモ <selectedcubedimension></selectedcubedimension> 時間の計算が適用される、キューブ ディメンションのプレース ホルダーです。 <selectedcubedimensionkeyattribute></selectedcubedimensionkeyattribute> そのキューブのディメンションのキー属性のプレース ホルダーです。

    この例では、余分なコード行を追加するのには、次のように見えます。
    [Date].[Date].Members
    1 行のコードを追加した後、完全なコード行を次の例を示します。
    Scope(
           {
             [Measures].[Internet Sales Amount]
           }
    ); 
    
    ( [Date].[Fiscal Date Calculations].[Year to Date], 
    [Date].[Fiscal Year].[Fiscal Year].Members,
    [Date].[Date].Members ) = 
    
      Aggregate(
                 { [Date].[Fiscal Date Calculations].DefaultMember } *
                 PeriodsToDate(
                                [Date].[Fiscal].[Fiscal Year],
                                [Date].[Fiscal].CurrentMember
                 )
      ) ;
    
    End Scope ;
  3. Microsoft SQL Server 2005 にプロジェクトを配置します。

状況

マイクロソフトでは、この「対象」に記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。 この問題は、最初 Microsoft SQL Server 2005 Service Pack 1 で修正済みです。

詳細

問題の再現手順

2 つの問題に適用する手順

次の手順は、2 つの問題を再現する必要があります。まず以下の手順を実行します。
  1. SQL Server ビジネス インテリジェンス開発 Studio では、Adventure Works DW の Standard Edition のサンプル プロジェクトを開きます。このサンプル プロジェクトは次のフォルダーにあります。
    SQLInstallDrive: \Program Files\Microsoft SQL Server\90\Tools\Samples\AdventureWorks 分析サービス Project\Standard
    メモ SQLInstallDrive SQL Server 2005 がインストールされているドライブのプレース ホルダーです。
  2. ソリューション エクスプ ローラーで展開します。 キューブを右クリックして Works.cube の冒険、し ビジネス インテリジェンスを追加します。 ビジネス インテリジェンス ウィザードを開始します。
  3. クリックしてください。 次へ.
  4. 拡張機能の選択] ページを選択します。 タイム インテリジェンスを定義します。 で、 使用できる拡張機能 リストとクリック 次へ.
  5. ターゲット階層の選択] および [計算方法] ページを選択します。 Date\Fiscal で、 次の階層を時間計算の分析に使用します。 一覧し、選択、 年度累計 項目は、 使用できる時間の計算 リストです。クリックしてください。 次へ.
  6. [計算範囲の定義] ページで、選択、 インターネット販売量 項目は、 [使用できるメジャー リストとクリック 次へ.
  7. 完了ウィザード ページ、クリックして 終了日.
  8. SQL Server 2005 へのプロジェクトを配置します。

1 の問題の再現手順

  1. 展開後をクリックして、 計算 キューブ デザイナーに含まれる ◇
  2. [スクリプト オーガナイザー] ペインで [にあるアイテムを選択します。 [年度累計] 「コマンド」列にします。
  3. 右側のウィンドウでを展開します。 親プロパティ.
注意してください、 親階層 ボックスが空白です。

2 の問題の再現手順

  1. 展開後 SQL Server Management Studio を開き、[SQL Server 2005 Analysis Services のインスタンスに接続します。
  2. オブジェクト エクスプ ローラーで、展開します。 データベース、し Adventure Works DW の標準エディション.
  3. ツールバーをクリックします。 新しいクエリ 新しいクエリ エディター ウィンドウを表示します。
  4. クエリ エディターで、次のクエリを入力し、クエリを実行する F5 キーを押します。
    SELECT
    [Measures].[Internet Sales Amount]
    *
    [Date].[Fiscal Date Calculations].ALLMEMBERS
    ON 0,
    [Date].[Fiscal].MEMBERS
    ON 1
    FROM [Adventure Works]
    
[年度累計] 時間計算値の階層の year レベルのみが表示されます。Year レベルの下のレベルには値が含まれています。 NA.

関連情報

Adventure Works DW サンプル データベースをインストールする方法の詳細については、次のマイクロソフト開発ネットワーク (MSDN) Web サイトを参照してください。
http://msdn2.microsoft.com/en-us/library/ms143804.aspx

プロパティ

文書番号: 912136 - 最終更新日: 2011年7月19日 - リビジョン: 5.0
キーワード:?
kbtshoot kbprb kbexpertiseadvanced kbsql2005as kbsql2005bi kbsql2005olapsp1fix kbsql2005sp1fix kbmt KB912136 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:912136
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com