dispidHeaderItem の MAPI プロパティを使用して Outlook 2003 で表示されるメッセージの状態を識別する方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 912239 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

概要

ここでは、 dispidHeaderItem の MAPI プロパティを使用して Microsoft Office Outlook 2003 で表示されるメッセージの現在状態を識別する方法について説明します。

詳細

Outlook 2003 が、IMAP および POP3 メール サーバーに接続する構成されるとメッセージは個人用フォルダー (.pst) ファイルにダウンロードされます。 Microsoft Exchange Server 2003 サーバーに接続する Outlook 2003 が構成されると、.pst ファイルにメッセージをダウンロードする Outlook 2003 も構成できます。 さらに、Exchange キャッシュ モードで動作する Outlook 2003 を構成することができます。 Exchange キャッシュ モードでは、メッセージは、オフライン フォルダー (.ost) ファイルにダウンロードされます。

Outlook 2003 が Exchange キャッシュ モードで動作するように構成または IMAP メール サーバーに接続するように構成、ときに、.ost または.pst ファイルをクライアント コンピューターにダウンロードするメッセージは次の状態のいずれかできます。
  • ヘッダーのみダウンロードは
  • ヘッダーと本文がどちらもダウンロードされます。
.ost または.pst ファイルにメッセージが、「ヘッダーのみダウンロード」かどうかを識別する dispidHeaderItem MAPI プロパティまたは「ヘッダーと本文がどちらもダウンロード」の状態を使用できます。 dispidHeaderItem の MAPI プロパティは、PT_LONG データ型であり PSETID_Common 名前空間にあります。 dispidHeaderItem の MAPI プロパティは、メッセージが、「ヘッダーのみダウンロード」状態のときの 0 以外値を返します。

メモ リモート トランスポート ヘッダーには、 dispidHeaderItem の MAPI プロパティは適用されません。 リモート トランスポート ヘッダーは、IPM.Remote のメッセージ クラスで区別できます。

dispidHeaderitem の MAPI プロパティと PSETID_Common 名前空間は、次のコードで定義:
#define dispidHeaderItem 0x8578
DEFINE_OLEGUID(PSETID_Common, MAKELONG(0x2000+(8),0x0006),0,0);
Sample code の #define

マイクロソフトは提供プログラミング言語の使用方法の一例としてのみ、姿表現または暗黙に提供します。 これはに含まれますに、黙示または商品性および特定目的に対する適合性の黙示保証は一切制限はありません。 この資料ではであると見なすは、例示されているプログラミング言語を作成したりプロシージャをデバッグするためのツールと使い慣れた。 マイクロソフト サポート エンジニアに、特定のプロシージャの機能について説明する役立ちますが追加機能を提供する構築手順、特定の要件を次の例は変更されません。

dispidHeaderItem の MAPI プロパティを使用して、メッセージの現在状態を識別する方法の例を次に示します:
BOOL bIsHeader(LPMESSAGE lpMessage)
{
	HRESULT         hRes = S_OK;
	BOOL            bRet = false;
	ULONG	          ulVal = 0;
	LPSPropValue    lpPropVal = NULL;
	LPSPropTagArray lpNamedPropTag = NULL;
	MAPINAMEID      NamedID = {0};
	LPMAPINAMEID    lpNamedID = NULL;

	NamedID.lpguid = (LPGUID) &PSETID_Common;
	NamedID.ulKind = MNID_ID;
	NamedID.Kind.lID = dispidHeaderItem;
	lpNamedID = &NamedID;

	hRes = lpMessage->GetIDsFromNames(1, &lpNamedID, NULL, &lpNamedPropTag);

	if (lpNamedPropTag && 1 == lpNamedPropTag->cValues)
	{
		lpNamedPropTag->aulPropTag[0] = CHANGE_PROP_TYPE(lpNamedPropTag->aulPropTag[0], PT_LONG);

		//Get the value of the property.
		hRes = lpMessage->GetProps(lpNamedPropTag, 0, &ulVal, &lpPropVal);
		if (lpPropVal && 1 == ulVal && PT_LONG == PROP_TYPE(lpPropVal->ulPropTag) && lpPropVal->Value.ul)
		{
			bRet = true;
		}
	}
	
	MAPIFreeBuffer(lpPropVal);
	MAPIFreeBuffer(lpNamedPropTag);
	return bRet;
}

関連情報

詳細については、の次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://msdn2.microsoft.com/en-us/library/bb820923.aspx

プロパティ

文書番号: 912239 - 最終更新日: 2007年11月22日 - リビジョン: 2.1
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Office Outlook 2003
キーワード:?
kbhowto kbinfo kbmt KB912239 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:912239
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com