Windows XP COM + 修正プログラム ロールアップ パッケージ 13 の可用性

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 912817 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料では、Microsoft Windows XP Post-Service Pack 2 (SP2) COM + 修正プログラム ロールアップ パッケージ 13 で修正される Microsoft COM + バグを一覧表示します。各パッケージには、以前 Windows XP SP2 COM + 修正プログラム ロールアップ パッケージでリリースされたすべての修正プログラムが含まれています。

この修正プログラム パッケージで修正される問題

次の問題はまたこの修正プログラム パッケージで修正されます。これらの問題は、以前 (Microsoft Knowledge Base) の資料に記載されていませんでした。
  • Microsoft インターネット インフォメーション サービス (IIS) 組み込みされません正しくマーシャ リングされるときにイベント メッセージが記録されます。
  • コードの欠陥は、null ポインターを参照するが発生します。この問題は高負荷条件下で発生します。
  • データ マーシャ リング解除のパス コードの欠陥を出力して終了条件とメモリ リークが問題が発生する可能性があります。
  • AMD64 ベースのコンピューターで Microsoft 分散トランザクション コーディネーター (MSDTC) を起動しません。
  • GetAuthenticationLevel 追加するには、 ITransactionBridgeNetworkConfig インターフェイスです。
  • ユーザー定義データ型を含む SAFEARRAY 構造体を正しくマーシャ リングされません。
  • 正常にプロキシ/スタブ CLSID 情報をレジストリから読み取るするしないと、Ole32.dll ファイル誤って成功コード返します。
  • 変更が原因で、プロキシ作成コード 768, 288 Ole32.dll ファイルのセキュリティが向上します。
  • Microsoft コンポーネント オブジェクト モデル (COM) インフラストラクチャのインタ フェースへの変更があるためセキュリティが向上します。これらのインターフェイスは、リモート クライアント コンピューターから呼び出されます。
  • ユーザー名とパスワードを必要とする DCOM プロセスでは、ローカルのセキュリティ識別子 (SID) とユーザーのログオン SID が必要な場合に期待どおりには動作しません。

    この問題は、Microsoft Windows XP Service Pack 2 (SP2) を実行しているコンピューターでは発生しません。
  • 使用すると、 SaveChanges メソッドは、新しい一時的なサブスクリプションを追加するのには TransientSubscription コレクションは「アクセスが拒否されました」エラーを受信する可能性がありますメッセージ。このエラー メッセージは 80070005 のエラー コードがあります。
  • 部下は重複エクスポート エラーのため、下位] ボックスの一覧では、トランザクション マネージャーから削除可能性があります。この現象が発生した場合は、MSDTC が正しく現在使用されているログ レコード領域デクリメントはなりません。
  • この修正プログラムを適用した後、検出されたトランザクション ブリッジが管理されている場合、同時実行ガベージ コレクションが無効です。
  • この修正プログラムを適用した後、MSDTC セキュリティとネットワークの構成情報を照会できます。この情報は、クラスター リソースの情報を含めることができます。
  • MSDTC にこの修正プログラムをインストールした後、web サービス-AtomicTransaction プロトコルを使用するときに、クラスターとリモート プロキシ シナリオを正しくサポートするために必要な情報を照会できます。
  • Microsoft Windows インストーラーを使用するアプリケーションが正常にインストールがあります。この問題はフォルダーが存在することを確認するには Windows インストーラーにリモート プロシージャ呼び出しが行われた場合に発生します。フォルダーが存在して、Network Service アカウント上のフォルダーの読み取りアクセス許可を持たない場合、アプリケーションは正しくインストール可能性があります。イベント ビューアーのアプリケーション ログに多数のイベントが書き込まれるためこの問題パフォーマンスの低下がもあります。

詳細

修正プログラムの情報

この修正プログラムを入手するには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?displaylang=en&FamilyID=86b93c6d-0174-4e25-9e5d-d949dc92d7e8

前提条件

Windows XP SP2 または Microsoft Windows XP Service Pack インストールこの修正プログラムを適用する 1 (SP1) があります。

再起動に関する情報

この修正プログラムを適用した後、コンピューターを再起動する必要があります。

修正プログラムの置き換えに関する情報

Windows XP SP2 COM + 修正プログラム ロールアップ パッケージで修正されるバグの累積されます。以前のプログラムのロールアップ パッケージの資料の一覧を次に示します。
  • 317926 豊富な Windows XP COM + 修正プログラム ロールアップ パッケージ 1
  • 330227 Windows XP COM + 修正プログラム ロールアップ パッケージ 5 の可用性
  • 828758 Windows XP COM + 1.5 ロールアップ パッケージ 6 の可用性
  • 870769Windows XP COM + 修正プログラム ロールアップ パッケージ 8 の可用性
  • 895200Windows XP COM + 修正プログラム ロールアップ パッケージ 9 の可用性
  • 896728Windows XP COM + 修正プログラム ロールアップ パッケージ 10 の可用性
  • 897696Windows XP COM + 修正プログラム ロールアップ パッケージ 11 の可用性
  • 910720 Windows XP COM + 修正プログラム ロールアップ パッケージ 12 の可用性

レジストリ情報

作成またはこのパッケージに含まれる修正プログラムを有効にするのには、レジストリ キーを変更する必要はありません。

修正プログラムのファイル情報

この修正プログラムには、この資料に記載されている問題を修正するために必要のファイルのみが含まれています。この修正プログラムは、製品を最新のビルドに更新に必要なすべてのファイルを含めることはできません。

この修正プログラムの英語版のファイル属性 (またはそれ以降のファイル属性) を、次の表に一覧表示します。これらのファイルの日付と時刻は世界協定時刻 (UTC) で表示されます。ファイルの情報を表示すると、ローカル時刻に変換します。UTC とローカル時刻との時差を確認するを使用して、 タイム ゾーン タブ コントロール パネルの日付と時刻ツールでします。
Windows XP SP2 は、x 86
元に戻す全体を表示する
ファイル名ファイル バージョンファイルのサイズ日付時間SP の要件
Catsrv.dll2001.12.4414.310225,7922006 年 2 月 14 日06: 18SP2
Catsrvut.dll2001.12.4414.310625,1522006 年 2 月 14 日06: 18SP2
Clbcatex.dll2001.12.4414.310110,0802006 年 2 月 14 日06: 18SP2
Clbcatq.dll2001.12.4414.310498,6882006 年 2 月 14 日06: 18SP2
Colbact.dll2001.12.4414.31060,4162006 年 2 月 14 日06: 18SP2
Comadmin.dll2001.12.4414.310195,0722006 年 2 月 14 日06: 18SP2
Comrepl.dll2001.12.4414.31097,7922006 年 2 月 14 日06: 18SP2
Comsvcs.dll2001.12.4414.3101,267,7122006 年 2 月 14 日06: 18SP2
Comuid.dll2001.12.4414.310539,6482006 年 2 月 14 日06: 18SP2
Es.dll2001.12.4414.310243,2002006 年 2 月 14 日06: 18SP2
Migregdb.exe2001.12.4414.3107,6802006 年 2 月 14 日00: 33SP2
Msdtcprx.dll2001.12.4414.310426,4962006 年 2 月 14 日06: 18SP2
Msdtctm.dll2001.12.4414.310956,4162006 年 2 月 14 日06: 18SP2
Msdtcuiu.dll2001.12.4414.310161,2802006 年 2 月 14 日06: 18SP2
Mtxclu.dll2001.12.4414.31066,5602006 年 2 月 14 日06: 18SP2
Mtxoci.dll2001.12.4414.31091,1362006 年 2 月 14 日06: 18SP2
768, 288 Ole32.dll5.1.2600.28461,286,1442006 年 2 月 14 日06: 18SP2
Olecli32.dll5.1.2600.284674,7522006 年 2 月 14 日06: 18SP2
Olecnv32.dll5.1.2600.284637,3762006 年 2 月 14 日06: 18SP2
Rpcss.dll5.1.2600.2846398,8482006 年 2 月 14 日06: 18SP2
Stclient.dll2001.12.4414.31059,3922006 年 2 月 14 日06: 18SP2
Txflog.dll2001.12.4414.310101,3762006 年 2 月 14 日06: 18SP2
Xolehlp.dll2001.12.4414.31011,7762006 年 2 月 14 日06: 18SP2
Windows XP SP1 の x86
元に戻す全体を表示する
ファイル名ファイル バージョンファイルのサイズ日付時間SP の要件
Catsrv.dll2001.12.4414.64220,6722006 年 2 月 14 日06: 25SP1
Catsrvut.dll2001.12.4414.64581,6322006 年 2 月 14 日06: 25SP1
Clbcatex.dll2001.12.4414.64110,0802006 年 2 月 14 日06: 25SP1
Clbcatq.dll2001.12.4414.64497,1522006 年 2 月 14 日06: 25SP1
Colbact.dll2001.12.4414.6462,4642006 年 2 月 14 日06: 25SP1
Comadmin.dll2001.12.4414.64187,3922006 年 2 月 14 日06: 25SP1
Comrepl.dll2001.12.4414.6489,6002006 年 2 月 14 日06: 25SP1
Comsvcs.dll2001.12.4414.641,179,6482006 年 2 月 14 日06: 25SP1
Comuid.dll2001.12.4414.64499,2002006 年 2 月 14 日06: 25SP1
Es.dll2001.12.4414.64227,3282006 年 2 月 14 日06: 25SP1
Migregdb.exe2001.12.4414.646,6562006 年 2 月 11 日00: 34SP1
Msdtcprx.dll2001.12.4414.64368,6402006 年 2 月 14 日06: 25SP1
Msdtctm.dll2001.12.4414.64974,3362006 年 2 月 14 日06: 25SP1
Msdtcuiu.dll2001.12.4414.64150,5282006 年 2 月 14 日06: 25SP1
Mtxclu.dll2001.12.4414.6464,5122006 年 2 月 14 日06: 25SP1
Mtxoci.dll2001.12.4414.6483,4562006 年 2 月 14 日06: 25SP1
768, 288 Ole32.dll5.1.2600.18011,190,4002006 年 2 月 14 日06: 25SP1
Olecli32.dll5.1.2600.180168,6082006 年 2 月 14 日06: 25SP1
Olecnv32.dll5.1.2600.180135,3282006 年 2 月 14 日06: 25SP1
Rpcrt4.dll5.1.2600.1361535,5522004 年 3 月 06 日です。02: 16SP1
Rpcss.dll5.1.2600.1801277,5042006 年 2 月 14 日06: 25SP1
セーフモード5.1.2600.1765226,8162005 年 10 月 27 日19: 06SP1
Stclient.dll2001.12.4414.6455,2962006 年 2 月 14 日06: 25SP1
Txflog.dll2001.12.4414.6497,2802006 年 2 月 14 日06: 25SP1
Xolehlp.dll2001.12.4414.6411,7762006 年 2 月 14 日06: 25SP1

関連情報

ソフトウェアの更新の用語の詳細については、次の資料番号をクリックし、「サポート技術情報」の記事をご覧ください。
824684マイクロソフトのソフトウェア更新プログラムの説明に使用される一般的な用語の説明

プロパティ

文書番号: 912817 - 最終更新日: 2012年9月12日 - リビジョン: 5.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft COM+ 1.5?を以下の環境でお使いの場合
    • Microsoft Windows XP Professional
    • Microsoft Windows XP Home Edition
キーワード:?
atdownload kbwinxpsp3fix kbfix kbbug kbHotfixServer kbqfe kbmt KB912817 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:912817
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com