MapPoint または道路 & トリップを開始しようとすると、エラー メッセージが表示されます:「リムーバブル デバイスまたはネットワーク共有が見つかりません」

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 913180 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

現象

Windows ベースのコンピューターで Microsoft MapPoint または Microsoft 道路 & トリップを開始しようとすると、1 つの次のエラー メッセージを受信します。
エラー メッセージ 1
リムーバブル デバイスまたはネットワーク共有が見つかりません。 使用しようとしている機能は CD ROM ドライブになります。 再デバイスを接続するか、アプリケーションを再インストールをやり直してください。
エラー メッセージ 2
リムーバブル デバイスまたはネットワーク共有が見つかりません。 DVD がドライブに挿入されていないか、このアプリケーションのインストールが破損しています。 確認、インストールされているドライブが接続されている、DVD ドライブで、ネットワークが接続されている、または元の場所からセットアップを再度実行します。
メモこのエラーは MapPoint または道路 & トリップが有効なターミナル サーバーがサーバー上でを起動するときにも発生する可能性があります。 MapPoint と道路 & トリップ ターミナル サーバー上ではサポートされていないので、この構成しないお。

原因

この問題は、Windows レジストリで Microsoft MapPoint に対して作成される InstallTo の値に誤りがある場合に発生します。

また、問題は、Microsoft Office プログラムの既定の場所が変更された場合、およびその場所とテンプレートの場所を MapPoint または道路 & トリップの間に競合が存在する場合に発生します。

状況

この問題は、MapPoint と道路 & トリップ 2010年エディションで修正されました。

解決方法

重要 このセクション、方法、またはタスクには、レジストリの変更方法が記載されています。 ただし、レジストリを誤って変更すると深刻な問題が発生する可能性があります。 レジストリを変更する際には十分に注意してください。 変更する前に追加された保護のために、レジストリをバックアップします。 問題が発生した場合でも、レジストリを復元できます。 バックアップを作成し、レジストリを復元する方法の詳細については、「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) の資料を表示するには、以下「Base をクリックします。
322756バックアップを作成し、Windows レジストリを復元する方法
メモ MapPoint 2006 を使用する場合は、MapPoint 2006 に進みます。

MapPoint 2009 または道路 & トリップ 2009

方法 1

このメソッドは、Microsoft Office プログラムを使用する必要がある場合や、意図的に、Microsoft Office テンプレートの場所を変更した場合に使用します。

この問題を解決するのには、MapPoint または道路 & トリップ テンプレートで、Office テンプレートを保存するフォルダーにコピーします。

メモ
  • Windows Vista では、[テンプレートと道路 & トリップ MapPoint の ProgramData フォルダーに保存されます。 このフォルダーの既定の場所を次に示します。
    MapPoint 2009: C:\ProgramData\Microsoft\Microsoft MapPoint\16.0\Templates
    道路 & トリップ 2009年: C:\ProgramData\Microsoft\Microsoft 道路と Trips\16.0\Templates
  • MapPoint でまたは道路およびトリップこの同じ場所で作成した新しいテンプレートを保存することを確認します。

方法 2

Microsoft Office テンプレートの既定の場所を変更する必要はない場合は、このメソッドを使用します。

この問題を解決するのには、Windows レジストリ内の Microsoft Office の [全般] フォルダーの名前を変更します。

私たちは Microsoft Office の [全般] フォルダーを変更するには、"Fix it for me"セクションに移動します。 Microsoft Office を自分で、[全般] フォルダーを変更する場合は、"Let me fix it myself"セクションに移動します。

私の修正します。


Microsoft Office の [全般] フォルダーを自動的に変更するには、[修正] ボタンまたはリンクをクリックします。 クリックして 実行ファイルのダウンロード] ダイアログ ボックス、および修正プログラムの手順に従って、ウィザード。


この問題を
Microsoft Fix it 50189



メモ このウィザードで英語のみことがありますが、自動修正も他の言語バージョンの Windows で動作します。

ページ、問題を修正保存が発生しているコンピューターで、されていない場合は メモ のソリューションは、フラッシュ ドライブまたは CD にし、問題が発生しているコンピューターで実行します。

次に、移動、"Did this fix the problem?"セクション。



自分で問題を修正しましょう
重要 このセクション、方法、またはタスクには、レジストリの変更方法が記載されています。 ただし、レジストリを誤って変更すると深刻な問題が発生する可能性があります。 レジストリを変更する際には十分に注意してください。 変更する前に追加された保護のために、レジストリをバックアップします。 問題が発生した場合でも、レジストリを復元できます。 バックアップを作成し、レジストリを復元する方法の詳細については、「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) の資料を表示するには、以下「Base をクリックします。
322756バックアップを作成し、Windows レジストリを復元する方法
これを行うには、次の手順を実行します。

メモ
  • 次の手順と道路 & トリップ 2009 MapPoint 2009 でのみ動作します。 別の製品を使用すると、この問題が発生した場合は次の手順に従っていません。
  • HKEY_CURRENT_USER レジストリ キーにはコンピューターに現在ログオンしているユーザーのユーザー プロファイルが含まれています。 HKEY_CURRENT_USER サブツリーのレジストリ キーを削除する手順が含まれているため、コンピューターを使用する各ユーザーに対してこれらのレジストリ キーを削除する必要があります。
  • これらの手順を完了すると、Microsoft Office システムを再インストールする必要があります。
  1. コンピュータにログオンします。
  2. すべてのプログラムを終了します。
  3. レジストリ エディターをシステムに適したとして起動するのには、次の手順に従います。

    Windows Vista で [スタート
    元に戻す画像を拡大する
    Start button
    ]、[検索の開始] ボックスに regedit を入力し、Enter キーを押します。
    元に戻す画像を拡大する
    User Access Control permission
    管理者のパスワードまたは確認を求められる場合は、パスワードを入力または 許可する] をクリックします。

    Windows XP では、開始] をクリックして、実行] をクリックして、regedit を入力し、[OK] をクリックします。
  4. 次のレジストリ サブキーの名前を変更するのには、次の手順を実行します。
    • HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Office\8.0\Common\
    • HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Office\9.0\Common\
    • HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Office\10.0\Common\
    • HKEY_CURRENT_USER\SOFTWARE\Microsoft\Office\8.0\Common\
    • HKEY_CURRENT_USER\SOFTWARE\Microsoft\Office\9.0\Common\
    • HKEY_CURRENT_USER\SOFTWARE\SOFTWARE\Microsoft\Office\10.0\Common\
    これを行うには、各レジストリ サブキーの以下の手順を実行します。

    メモ リスト内のキーが存在しない場合は、次のレジストリ キーに進みます。
    1. 全般 のサブキーをクリックし、[編集] メニューの [名前の変更</a0>] をクリックします。
    2. [全般] のサブキーに OldGeneral の名前を変更します。
  5. 各ユーザー アカウント、コンピューター上の手順 1 4 からを繰り返します。
  6. MapPoint 2009 または道路 & トリップ 2009年を再インストールします。
この問題は解決しましたか。
Microsoft Office の [全般] フォルダーの名前が変更されるかどうかを確認してください。 Microsoft Office の [全般] フォルダーの名前を変更する場合は、このセクションで作業は完了です。 [全般] フォルダーを Microsoft Office の名前が変更されていない場合は、contact support ことができます。

MapPoint 2006

MapPoint 2006 でこの問題を解決するのには、次の手順を実行します。
  1. スタート ボタンをクリックして、実行] をクリックして、regedit を入力し、[OK] をクリックします。
  2. MapPoint 2006 のインストール ドライブは、次のレジストリ サブキーにドライブ文字を変更します。
    • HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\MapPoint\11.0\USA\InstallTo
    • HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\MapPoint\11.0\USA\ConstructionFilePath
    • HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\MapPoint\11.0\USA\InstallTo
    • HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\MapPoint\11.0\USA\ConstructionFilePath
    これを行うには、各レジストリ サブキーの以下の手順を実行します。
    1. InstallTo または ConstructionFilePath] をクリックし、[編集] メニューの [変更] をクリックします。
    2. ファイル パスで、このキー MapPoint 2006 がインストールされているパスを変更します。 たとえば、現在のパス"C:\Program Files\MapPoint 2006"可能性があります。 ただし、パスが正しい"C:\Program Files\MapPoint"です。
    3. [OK] をクリックします。

プロパティ

文書番号: 913180 - 最終更新日: 2009年10月23日 - リビジョン: 8.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft MapPoint 2009 North America
  • Microsoft MapPoint 2009 North America with GPS Locator
  • Microsoft MapPoint 2006 Standard Edition
  • Microsoft Streets & Trips 2009
  • Microsoft Streets & Trips 2009 with GPS Locator
キーワード:?
kberrmsg kbprb kbexpertisebeginner kbmt kbfixme kbsurveynew kbmsifixme KB913180 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:913180
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com