Windows Server 2003 を実行している、ホット アド メモリ システムではパフォーマンスの低下、ドライバーの読み込みエラー、またはシステムの不安定性が発生します。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 913568 - 対象製品
重要: この資料には、レジストリの変更方法が記載されています。それを変更する前にレジストリのバックアップを必ず実行してください。問題が発生した場合に備え、レジストリを復元する方法も必ず確認しておいてください。レジストリをバックアップ、復元、および変更する方法の詳細については、以下の資料番号をクリックして、該当するマイクロソフト サポート技術情報資料を参照してください。
256986 Microsoft Windows レジストリの説明
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

現象

Microsoft Windows Server 2003 ベースのコンピューターはホット アド メモリ機能を有効にするには、次の問題のいずれかが発生する可能性があります。
  • デバイス初期化しないか、正常に動作しません。
  • ドライバーが読み込まれない、または、サービスは開始されません。
  • プログラムは、失敗または起動しないでください。Microsoft Exchange Server や Microsoft SQL Server の Analysis Services のこれらのプログラムが含まれます。
  • システムのパフォーマンスが低下します。
  • システムは安定していません。
  • システムは起動しません。
  • リソースの不足を示すエラーが表示されます。
  • Stop エラーが表示されます。
メモ 既定では、コンピューターに、ホット アド メモリ機能を有効にすることがあります。

原因

ホット アド メモリ機能が有効な場合、オペレーティング システムをコンピューターに追加することがあります将来メモリを処理するカーネル リソースによってあらかじめ割り当てられました。カーネル リソースが実際にインストールされている RAM の代わりにコンピューターの機能に基づいて割り当てられます。カーネルがないインストールされている RAM を大量のリソースを割り当てる可能性があります。したがって、ホット アド メモリ機能では、予想よりもはるかに小さいであるページ プールの最大サイズがあります。

この問題は、次のシナリオのいずれかに該当する場合は、x 86 ベース バージョンの Windows Server 2003 を実行しているコンピューターで発生する場合があります。
  • システムは、大容量の RAM がサポートされていることを報告します。たとえば、問題はほとんどの場合、Windows Server 2003 Datacenter Edition ベースのコンピューターの RAM の 128 ギガバイト (GB) をサポートしているに影響を与える場合があります。静的リソース アフィニティ テーブル (SRAT) RAM を追加することがオペレーティング システムに指示します。
  • 使用して、 /3 GB Boot.ini ファイルで切り替えます。この仮想アドレス領域の割り当ての方法を使用する場合、利用可能なカーネル リソースを大幅に削減します。さらに、システム ページ テーブル エントリの割り当てがパフォーマンスの問題を引き起こす可能性のあるレベルに制限されます。

回避策

警告レジストリ エディター、または別の方法を使用してレジストリを不適切に変更すると、深刻な問題が発生する可能性があります。これらの問題は、オペレーティング システムを再インストールする必要があります。マイクロソフトはこれらの問題の解決を保証できません。自己責任においてレジストリを変更してください。

この問題を回避するには、次のいずれかの方法を使用します。

方法 1: DynamicMemoryレジストリ パラメーターを使用してホット アド メモリの量を制限するには

Service Pack 1 (SP1) またはそれ以降のバージョンの Windows Server 2003 を実行しているコンピューター上のDynamicMemoryレジストリ パラメーターを設定するには、以下の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタン、実行をクリックして型 regedit、し [ OK] をクリックします。
  2. 見つけて、次のレジストリ サブキーを右クリックします。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Session Manager\Memory Management
  3. [編集] メニューで、新規作成をポイントし、[ DWORD 値] をクリックします。
  4. タイプ DynamicMemory 名前の DWORD、し、ENTER キーを押します。
  5. DynamicMemoryを右クリックし、[変更] をクリックします。
  6. [値のデータ] ボックスでを使用して、必要な値を入力し、[ OK] をクリックします。

    このパラメーターの値は、ギガバイト (GB) で。たとえば、値を 1 に設定する場合は、カーネルは 1 GB のシステム メモリの合計、または起動時にインストールされている物理メモリの合計量の領域を確保する、いずれか小さい方が大きい。
  7. レジストリ エディターを終了し、コンピューターを再起動します。

方法 2: ホット アド メモリ機能を無効にします。

ホット アド メモリ機能を無効にするには、次の方法のいずれかを使用します。
  • 方法 a: BIOS を使用して、ホット アド メモリ機能を無効にすることができるかどうかを確認するのには、ハードウェアの製造元を問い合わせてください。場合は、BIOS を使用して、機能を無効にすることができます、このメソッドを使用します。
  • 方法 b: 場合、BIOS を使用して、メモリを追加するホット機能を無効にできません、Windows Server 2003 SP1 にアップグレードし、方法 1 を使用してお勧めします。

    Windows Server 2003 SP1 にアップグレードすることはできません、する場合は物理アドレス拡張 (PAE) モードを無効にするには、Boot.ini ファイルに/NOPAEスイッチを設定できます。

    メモ SP1 またはそれ以降のバージョンの Windows Server 2003 を実行しているコンピューターで PAE モードを無効にすることはお勧めしません。この構成データ実行防止 (DEP) のサポートが含まれている新機能を無効に意図しない可能性があります。SP1 の前に、Windows Server 2003 のバージョンを実行しているコンピューター上でのみ、 /NOPAEスイッチを設定します。

    /NOPAEが設定する方法の詳細についてはスイッチを次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
    http://technet.microsoft.com/en-us/library/aa996104.aspx

状況

マイクロソフトでは、この問題をこの資料の「対象製品」として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

詳細

この問題は、HYPER-V で仮想化された environmentssuch の Windows Server 2003 を実行しているときにも発生します。詳細については、次のマイクロソフト サポート技術資料を参照する次の文書番号をクリックしてください。
2927158 動的メモリを使用すると、Windows Server 2003 の VM が起動しません。
Windows Server 2003 では、ホット アド メモリ機能のサポートの詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://go.microsoft.com/fwlink/?linkid=57183

プロパティ

文書番号: 913568 - 最終更新日: 2014年2月15日 - リビジョン: 1.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows Server 2003, Datacenter Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition (32-bit x86)
キーワード:?
kbtshoot kbexpertiseinter kbmt KB913568 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:913568
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com