Microsoft Office 2004 for Mac Service Pack 2 (11.2.0) について

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 915055 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

マイクロソフトは Microsoft Office 2004 for Mac Service Pack 2 (11.2.0) をリリースしました。この資料では、この Service Pack について説明します。

はじめに

この資料では、Microsoft Office 2004 for Mac Service Pack 2 について説明します。この Service Pack を適用することにより、Microsoft Word 2004 for Mac、Microsoft Excel 2004 for Mac、Microsoft PowerPoint 2004 for Mac および Microsoft Entourage 2004 for Mac における Microsoft Exchange Server アカウントのサポートが強化され、パフォーマンス、セキュリティおよび安定性も強化されます。また、この Service Pack には、Microsoft Office 2004 Service Pack 1 (11.1.0)、Office 2004 for Mac 11.1.1 更新プログラムおよび各言語版の校正ツールの更新プログラムでリリースされた機能強化もすべて含まれています。

システム管理者が Entourage 2004 for Mac を組織内に展開する前にこの Service Pack をインストールすることを強く推奨します。この Service Pack により Entourage 2004 for Mac の多くの問題が修正されます。修正される問題には、Exchange Server アカウントのサポートの強化や Microsoft Entourage X for Mac からの移行の問題が含まれています。

詳細

Microsoft Office 2004 for Mac Service Pack 2 に含まれている機能強化

Exchange Server アカウントに関する機能強化

組織内で電子メール メッセージ、連絡先、予定表アイテムなどの情報を保存するために Exchange Server を使用している場合、Office 2004 for Mac Service Pack 2 により、Macintosh コンピュータからこれらの情報に対して行うアクセスや編集の機能が拡張されます。この Service Pack では、Exchange Server を実行しているサーバーと、Entourage 2004 for Mac のメッセージ、連絡先およびイベントすべてとの、連続的かつ自動的な同期が大幅に強化されます。また、Exchange Server アカウントの新しい機能が追加されます。

Microsoft Office 2004 for Mac Service Pack 2 では、以下の点が強化されます。
  • 代理人としてのアクセス
    Entourage 2004 for Mac を使用して、電子メール、イベント、アドレス帳の連絡先の管理を代理人に委任することができます。
  • パブリック フォルダ
    パブリック フォルダの購読、独自の Exchange Server パブリック フォルダの作成、パブリック フォルダに保存されている予定表および連絡先へのアクセスができます。
  • 共有
    アドレス帳、予定表、メール フォルダを他の Exchange Server ユーザーと共有できます。Exchange サーバー上で共有されているアドレス帳、予定表、メール フォルダを開くことができます。また、共有しているアドレス帳や予定表で、特定の連絡先やイベントをプライベートの情報として指定することもできます。
  • 複数のアドレス帳、予定表およびメール フォルダ
    Entourage 2004 for Mac を使用して、複数のアドレス帳、予定表およびメール フォルダを Exchange サーバー上に作成できます。
  • グローバル アドレス一覧
    グローバル アドレス一覧 (GAL) に保存されている連絡先情報を検索できます。電子メール アドレスまたは連絡先の名前を入力する際、GAL に登録されている項目と一致する場合は、そのアドレスまたは名前が Entourage 2004 for Mac により自動的に補完されます。
  • Exchange Server アカウントの同期
    アカウントの設定で指定した同期オプションに従って、連絡先およびイベントが Exchange Server のアドレス帳および予定表と迅速かつ適切に同期されます。
  • 予定表
    予定表のイベントの表示や検索を行うときの応答速度が速くなります。全般的な安定性が強化され、イベントの添付ファイルが保持されます。また、定期的なイベントのうちの 1 つを変更するときにすべてのフィールドを変更できます。
  • テーマごとのグループ化
    電子メール メッセージをテーマごとにグループ化できます。
  • メールボックスのクォータ
    Entourage 2004 for Mac を使用して、Exchange Server アカウント内のすべてのフォルダのサイズを確認できます。
重要 : 代理人として指定されているフォルダやパブリック フォルダなど、ユーザー自身のメールボックスに含まれていない Exchange Server フォルダは、適切な更新プログラムが Exchange サーバーにインストールされていない限り、読み取り専用です。 関連情報を参照するには、次のマイクロソフト Web サイトにアクセスしてください。
http://www.microsoft.com/mac/default.aspx?pid=exupsp2

その他の強化された機能

以下の機能強化により、Office 2004 for Mac におけるセキュリティおよび安定性に関する多くの問題が解決します。

Office 2004 for Mac のすべてのプログラムに対する機能強化

  • .mov ファイルへのハイパーリンクを作成できる
    この Service Pack により、Office 書類でハイパーリンクを作成するときに .mov ファイルを選択できない問題が修正されます。
  • HP Steinway Scanjet 4370 スキャナからのカラー スキャンの挿入が可能になる
    この Service Pack により、Office 2004 for Mac プログラムで [スキャナまたはカメラから図を挿入] をクリックしたときに、HP Steinway Scanjet 4370 スキャナからのスキャン結果を取得できない問題が修正されます。
  • PICT 画像にテキストを追加するときの安定性が強化される
    この Service Pack により、PICT 画像にテキストを追加するときに、利用可能なフォント メトリックスのないフォントを使用すると、Office 2004 for Mac プログラムが予期せず終了することがあるという問題が修正されます。
  • ユーザーの環境設定にネットワーク上の場所やエイリアスを使用した場合の安定性が強化される
    この Service Pack により、以下の条件に該当する場合に Office 2004 for Mac プログラムが予期せず終了することがあるという問題が修正されます。
    • NetBoot の設定などの環境設定の保存に、ネットワーク上の場所やエイリアスが使用されている。
    • ネットワーク上の場所が使用できない。
  • オートシェイプをドラッグしたときの安定性が強化される
    この Service Pack により、オートシェイプを書類内の別の場所にドラッグした後、Office 2004 for Mac プログラムが予期せず終了することがあるという問題が修正されます。
  • Microsoft Cert Manager の機能が強化される
    この Service Pack により、Microsoft Cert Manager の機能が強化されます。Microsoft Cert Manager は、セキュリティで保護された電子メールで使用するセキュリティ証明書のインポートおよびエクスポートに使用されるツールです。この Service Pack により、Microsoft Cert Manager で一部の証明書の有効期限が正しく読み取られない問題が修正されます。また、一部の証明書をエクスポートするときに Microsoft Cert Manager が突然終了する問題も修正されます。
  • Mac OS X 10.4 (Tiger) で Dock に Office アイコンを追加できない問題が修正される
    この Service Pack により、Office セットアップ アシスタントで Mac OS X 10.4 (Tiger) の Dock に Office アイコンを追加できない問題が修正されます。
  • 透明度が設定されている白黒の GIF 形式の画像が正しく表示される
    この Service Pack により、透明度が設定されている白黒の GIF 形式の画像を Office 書類に挿入すると正しく表示されない問題が修正されます。この Service Pack の適用後、画像が正しく表示されるようにするには、Office 書類でその画像をいったん削除して、再度挿入します。

Word 2004 for Mac の機能強化

  • テキストに対する作業時およびマウス ホイール使用時のパフォーマンスが強化される
    この Service Pack により、テキストの強調表示や書式の設定、テキストの削除、または表の書式設定を行った後、方向キーを使用してカーソル位置を移動した場合に、Word の応答速度が低下するというパフォーマンスの問題が修正されます。また、標準またはアウトラインの表示で、マウス ホイールを使用して文書内をスクロールした場合の Word の応答速度も速くなります。
  • 暗号化に使用される方式が強化される
    この Service Pack により、パスワードで保護される文書の内容を暗号化する際に Word で使用される方式が強化されます。
  • [構成内容変更] ダイアログ ボックスを使用したときに箇条書きおよび番号付き箇条書きのスタイルが正しくコピーされる
    この Service Pack により、[構成内容変更] ダイアログ ボックスを使用したときに文書およびテンプレート間で箇条書きおよび番号付き箇条書きのスタイルが正しくコピーされない問題が修正されます。
  • ノート レイアウト表示の内容を Entourage 電子メール メッセージにコピーする際の安定性が強化される
    この Service Pack により、ノート レイアウト表示の内容を Entourage 電子メール メッセージにコピーするときに Word および Entourage が応答を停止する問題が解決されます。
  • 下線のスタイルを変更したとき、番号付き箇条書きのタブに下線が正しく表示されるようになる
    この Service Pack により、箇条書きの行頭番号と項目の最初の文字の両方に下線が設定されていても、両者の間のタブに下線が表示されない問題が修正されます。
  • Word で既に開かれている文書を開くとき、前面に表示されるようになる
    この Service Pack により、既に開かれている文書を Finder で開こうとすると、最後に保存されたバージョンに復元するかどうかを確認するメッセージが表示される動作が変更されます。この問題は、Word の [ファイル] メニューまたはプロジェクトを使用して文書を開くときに発生する可能性があります。Service Pack の適用後は、開こうとした文書が前面に表示されます。
  • 小数点揃えタブを設定しても、表内の数字が表の罫線に重なることがなくなる
    この Service Pack により、表に小数点数と小数点揃えタブの両方が含まれていて、表の罫線に非常に近い位置に数字が配置されるように小数点揃えタブが設定されていると、表の罫線に重なるという問題が修正されます。
  • マクロ使用時に、ファクス内容がデフォルトプリンタではなくファクス機に正しく送信されるようになる
    この Service Pack により、Word からファクス ジョブを実行するマクロを使用すると、ファクスの内容がファクス機ではなくデフォルトプリンタに送信される問題が修正されます。
  • スクラップブックのアイテムの作成時に OLE_LINK ブックマークが作成されなくなる
    この Service Pack により、文書の内容をデスクトップにドラッグしてスクラップブックのアイテムを作成すると、Word 文書内に OLE_LINK ブックマークが意図せず作成される問題が修正されます。また、表と OLE オブジェクトを他の文書に貼り付けると Word が突然終了する問題も修正されます。
  • 表のセル内に目次を作成した場合の安定性が強化される
    この Service Pack により、表のセル内に目次フィールドが含まれている文書で作業中に Word が応答を停止する問題が修正されます。
  • 引用符の対応付けが正しく行われる
    この Service Pack により、特定の条件下で Word による引用符の対応付けが誤って行われ、始まりの引用符が終わりの引用符に変更される問題が修正されます。この問題は、ソフト改行 (soft line break) が使用された場合などに発生することがあります。
  • 変更箇所を反映した後のリッチ テキスト形式 (RTF) 文書が正しく表示される
    この Service Pack により、リッチ テキスト形式 (RTF) の文書で反映した変更内容が正しく保存されない問題が修正されます。Service Pack の適用後は、変更内容が正しく保存され、表示されます。
  • [検索と置換] ダイアログ ボックスの [あいまい検索] オプションの安定性が強化される
    この Service Pack により、[検索] ダイアログ ボックスで [あいまい検索] オプションを使用すると Word が突然終了する問題が修正されます。
  • 印刷プレビューの安定性が強化される
    この Service Pack により、印刷プレビューを表示すると、Word が突然終了する問題が修正されます。
  • [書式設定] ツールバーの [スタイル] ボックスの安定性が強化される
    この Service Pack により、[書式設定] ツールバーの [スタイル] ボックスを使用すると Word が突然終了する問題が修正されます。
  • リストの安定性が強化される
    この Service Pack により、Word 文書内または文書間でリストのコピーと貼り付けを行うと Word が突然終了する問題が修正されます。
  • [チェック/コメント] ツールバーの安定性が強化される
    この Service Pack により、[チェック/コメント] ツールバーを使用すると Word が突然終了する問題が修正されます。また、変更履歴の動作と信頼性も強化されます。
  • ラベル内で図を文字列の上に配置しても正しく印刷される
    この Service Pack により、ラベルに挿入した図を文字列の上に配置した場合に図が印刷されない、または印刷プレビューで表示されない問題が修正されます。
  • 変更履歴を含む文書が正しく印刷される
    この Service Pack により、特定の条件下で、変更履歴を含む文書がページ全体よりも狭い領域に配置される問題が修正されます。この問題は、[環境設定] ダイアログ ボックスの [編集記号の表示] の下の [隠し文字] チェック ボックスがオンになっている場合などに発生することがあります。
  • Word で用紙サイズを指定しないと、一覧の先頭の用紙サイズが使用される
    従来の Word では、用紙サイズの指定がサポートされているプリンタ ドライバを使用する場合、用紙サイズを指定しないと、一覧の末尾のサイズが使用されていました。この Service Pack の適用後は、用紙サイズを指定しなかった場合、一覧の先頭の用紙サイズが使用されます。たとえば、多くの場合用紙サイズの一覧の先頭にある、基本の用紙サイズ [レター] が使用されます。
  • 5,000 を超える連絡先が登録されているアドレス帳のパフォーマンスが強化される
    この Service Pack により、多数の連絡先が登録されている Entourage アドレス帳を Word で使用する場合のパフォーマンスが強化されます。Word で、最大 32,000 までの連絡先を含む Entourage アドレス帳を使用できるようになります。

Excel 2004 for Mac の機能強化

  • 暗号化に使用される方式が強化される
    この Service Pack により、パスワードで保護されるブックの内容を暗号化する際に Excel で使用される方式が強化されます。
  • Mac OS X 10.4 (Tiger) で実行されるゴール シークおよび条件付き合計式ウィザードの安定性が強化される
    この Service Pack により、Mac OS X 10.4 (Tiger) でゴール シークおよび条件付き合計式ウィザードを使用すると Excel が突然終了する問題が修正されます。
  • プロジェクト ギャラリーを使用して .xla ファイルを開くときの安定性が強化される
    この Service Pack により、プロジェクト ギャラリーを使用して Excel アドイン (.xla) ファイルを開くと Excel が突然終了する問題が修正されます。
  • PowerPoint プレゼンテーションに大きなワークシートを貼り付けても正しく表示される
    この Service Pack により、大きなワークシートを PowerPoint プレゼンテーションに貼り付けたときの表示機能が強化されます。これまでは、大きなワークシートを PowerPoint プレゼンテーションに貼り付けると、一部が切り捨てられた表として表示されていました。
  • セル内に多くの改行が含まれている場合の作業時の安定性が強化される
    この Service Pack により、セル内に多くの改行が含まれていると作業時に Excel が突然終了する問題が修正されます。
  • ページ レイアウト モードでワークシートのスクロールやズームを行うときの安定性が強化される
    この Service Pack により、ページ レイアウト モードでワークシートのスクロールやズームを行うと Excel が突然終了する問題が修正されます。
  • Excel 2004 for Mac で作成されたブックを他のバージョンの Excel で開くときの安定性が強化される
    この Service Pack により、FileMaker のクエリまたは互換性チェックの情報を含むブック、またはページ レイアウト モードで保存されたブックを他のバージョンの Microsoft Excel for Windows または Microsoft Excel for Mac で開くと突然終了する問題が修正されます。この問題を解決するには、この Service Pack をインストールした後、問題のブックを Excel 2004 for Mac で保存し直します。

PowerPoint 2004 for Mac の機能強化

  • Microsoft PowerPoint のテキスト レイアウト機能の Windows との互換性が高くなる
    この Service Pack によりテキスト レイアウト エンジンの機能が強化され、Microsoft PowerPoint for Windows と Microsoft PowerPoint for Mac の互換性が高くなります。これにより、両方のオペレーティング システムでのテキストのレイアウトがより近づき、テキストの折り返しでの相違が少なくなります。以前のバージョンの PowerPoint for Mac ではテキスト レイアウト エンジンが強化されていなかったため、PowerPoint 2004 for Mac のテキスト レイアウトを以前のバージョンの PowerPoint for Mac と比較すると、若干の違いが見られることがあります。
  • ムービー再生時のパフォーマンスが強化される
    この Service Pack により、QuickTime でサポートされている CODEC が使用されたムービー ファイルの再生時のパフォーマンスが大幅に強化されます。2 つのモニタを使用するプレゼンテーションでは、再生のパフォーマンスを高めるために、メイン プレゼンテーション画面のみにムービーが再生されます。発表者ツールの画面にはムービーが再生されません。
  • スライド ショー表示でハイパーリンクをダブルクリックした場合の安定性が強化される
    この Service Pack により、スライド ショー表示でプレゼンテーション内のハイパーリンクをダブルクリックすると PowerPoint が突然終了することがある問題が修正されます。Service Pack の適用後は、ハイパーリンクをクリックする (推奨) かダブルクリックすると、リンク先が正常に表示されます。
  • 以前のバージョンの Microsoft PowerPoint for Windows を使用して、以前のファイル形式で保存されたプレゼンテーションを開いた場合の安定性が強化される
    この Service Pack により、Microsoft PowerPoint for Windows で作成され、"PowerPoint 97-2003 および 95 プレゼンテーション (*.ppt)" 形式で保存されたプレゼンテーションが、プレゼンテーションの保存直後に削除される問題が修正されます。
  • 必要なフォントが存在しない場合のメッセージが一度だけ表示されるようになる
    この Service Pack により、必要なフォントがコンピュータ上にない場合にメッセージが繰り返し表示され、場合によっては PowerPoint が突然終了するという問題が修正されます。この Service Pack の適用後は、必要なフォントが存在しない場合、セッションごとに一度だけメッセージが表示されます。また、メッセージが再度表示されないように指定することもできます。

Entourage 2004 for Mac の機能強化

  • 定期的なイベントのうちの 1 回の終了時刻のみを変更した後、その時刻が正しく反映される
    以前のバージョンの Entourage for Mac では、定期的なイベントのうちの 1 回の終了時刻を変更し、週ごとの表示で予定表を印刷すると、変更された時刻ではなく定期的な会議の終了時刻が印刷されます。この Service Pack により、この問題が修正されます。
  • Mac OS X 10.4 (Tiger) でのパフォーマンスが強化される
    Mac OS X 10.4 (Tiger) では、Spotlight という検索機能など、新しいテクノロジが導入されています。この Service Pack を適用すると、これらの新しいテクノロジに対応し、パフォーマンスの問題が発生しないように、Entourage 2004 for Mac 11.2 が最適化されます。この Service Pack を適用せずに、Mac OS X 10.4 (Tiger) で Entourage 2004 for Mac を実行すると、パフォーマンスが低下することがあります。
  • フロントエンド/バックエンド トポロジの Exchange サーバーで代理人アクセスが正常に実行される
    代理人が、フロント エンド/バックエンド トポロジで構成されている Exchange サーバーを使用してメールボックス所有者のメールボックスの情報を同期する際、フロントエンド サーバー経由で同期を実行できるようになります。これまでは、代理人がメールボックス所有者のメールボックス情報を同期するには、ファイアウォール経由でバックエンド サーバーに直接アクセスできる必要がありました。
  • アドレス帳でグループが入れ子になっている場合の安定性が強化される
    この Service Pack により、アドレス帳でグループが入れ子になっている場合に Entourage で電子メール メッセージが送信されない問題が修正されます。入れ子になっているグループとは、グループに 1 つ以上のグループが含まれているグループのことです。
  • Live Sync を有効にした IMAP アカウントを使用している場合の安定性が強化される
    この Service Pack により、IMAP アカウントで [Live Sync (サーバーから切断しない)] オプションと [すべて送受信] スケジュールの両方が指定されている場合に、受信トレイにメッセージが重複して表示される問題が修正されます。
  • .ics ファイルのサポートが強化される
    この Service Pack を適用すると、UNIX 形式の改行が使用されている .ics ファイルがサポートされます。この修正により、サードパーティのオンライン サービスを使用する際の互換性が強化されます。
  • HTML 形式の電子メール メッセージの安定性が強化される
    Entourage 2004 for Mac で HTML 形式の電子メール メッセージを作成または表示するときに、表示に異常が見られるという報告が数件ありました。入力フィールドに右揃えのテキストやサイズの大きすぎるフォントが表示される問題や、HTML 形式の電子メール メッセージを表示した後、Entourage の他の機能にアクセスすると予期しないエラー メッセージが表示されることがあるという問題がありました。この Service Pack により、これらの問題が修正されます。
  • Mac OS X 10.4 (Tiger) の Apple Mail からのインポート機能が正常に機能するようになる
    この Service Pack により、Entourage で、Mac OS X 10.4 (Tiger) の Apple Mail からメール、ルールおよび署名のインポートができないという問題が修正されます。
  • 送信メッセージに対して添付ファイル サイズの制限が正しく適用される
    この Service Pack により、Entourage で、Exchange サーバー経由で送信されるメッセージの添付ファイル サイズの制限が正しく適用されない問題が修正されます。この問題が発生すると、上限を超えるサイズの添付ファイルが添付された送信メッセージは送信トレイに残ります。これにより、Exchange サーバーのトランザクション ログ ファイルのサイズが、予想外のペースで増大します。この Service Pack のインストール後は、Exchange サーバーで設定されているサイズの上限を超える添付ファイルが添付された電子メール メッセージを送信しようとすると、Entourage によりユーザーに警告が表示されます。
  • 迷惑メール フィルタ用の定義が更新される
    この Service Pack を適用すると、迷惑メール フィルタでどのメッセージを迷惑メールと見なすかを指定する定義が最新の定義に更新されます。迷惑メール フィルタに対する更新プログラムは、今後も提供される予定です。
  • POP メール サーバーを使用している場合に、削除した電子メール メッセージが再度表示されることがなくなる
    この Service Pack により、Entourage で [メッセージのコピーをサーバーに保存する] オプションを有効にした POP 電子メール アカウントを使用している場合に発生する問題が修正されます。この問題が発生すると、削除した電子メール メッセージが再度表示され、場合によっては 2 回以上受信トレイに表示されます。

この Service Pack に含まれている、これまでにリリースされた機能強化

これまでにリリースされた Office 2004 for Mac 更新プログラム、Microsoft Office 2004 for Mac Service Pack 1 (11.1.0)、Microsoft Office 2004 for Mac 11.1.1 更新プログラムおよび各言語版の校正ツールの更新プログラムで強化された機能を以下に記載します。これらの更新プログラムで強化された機能は、Microsoft Office 2004 for Mac Service Pack 2 (11.2.0) にも含まれています。

これまでにリリースされた、Office 2004 for Mac のすべてのプログラムに対する機能強化

  • 挿入された PICT 画像の表示機能が強化される
    この Service Pack により、PICT 画像を Office 書類に挿入した直後から PICT 画像が正常に表示されない現象の原因となるいくつかの問題が修正されます。
  • Xerox スキャナからの白黒でのスキャンが正常にインポートされる
    Xerox WorkCentre 複合機および Xerox WorkCentre C2424 TWAIN ドライバを使用して低解像度の白黒イメージを取り込む場合に、Office 2004 for Mac プログラムで [スキャナまたはカメラから図を挿入] を使用するとイメージが正常に挿入されます。

これまでにリリースされた Word 2004 for Mac の機能強化

  • FileVault が有効な場合でも自動バックアップが正常に機能する
    以前は、FileVault で保護されているホーム フォルダ内に自動バックアップ フォルダの場所を設定すると、自動バックアップが正常に実行されませんでした。この問題が修正されます。FileVault は 128 ビット キーを使用した AES (Advanced Encryption Standard) 暗号方式です。FileVault を有効にすると、ホーム フォルダの内容が自動的に暗号化されて保護されます。FileVault の詳細については、Mac ヘルプを参照してください。
  • マクロを含む書類を開くときのセキュリティが強化される
    Word、Excel および PowerPoint で、さらに高度なセキュリティ機能がサポートされるようになります。この機能は、マクロを含む他の Office 書類を開くマクロに影響します。Application.AutomationSecurity プロパティを使用して、任意のセキュリティ レベルを設定することができます。 Application.AutomationSecurity プロパティの関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
    886633 Office v.X および Office 2004 for Mac の Application.AutomationSecurity プロパティの使用方法
  • [フォント] メニューで選択したフォントがテキストに適用される
    [フォント] メニューを使用してフォントを変更しても、変更が反映されない場合がありました。この問題は、[環境設定] ダイアログ ボックスの [フォント名、スタイル名を実際のイメージで表示する] チェック ボックスをオフにしてから [フォント] メニューを使用して文書内のフォントを変更した場合に発生することがあります。この問題が修正されます。[フォント] メニューから選択したフォントでテキストが表示されます。

    : [環境設定] ダイアログ ボックスを表示するには、[Word] メニューの [環境設定] をクリックします。
  • ドイツ語 (スイス) の校正ツールが正常に検出される
    Word で互換性チェックを実行すると、次のエラー メッセージが表示されます。
    ドイツ語 (スイス) 校正ツールがインストールされていません
    この問題が修正されます。ドイツ語 (スイス) のテキストとして認識されるテキストが、ドイツ語 (スイス) の校正ツールを使用してチェックされます。これらのツールはデフォルトでインストールされます。互換性チェックによりこの問題の通知が行われることはなくなります。
  • 文字列の選択が強化される
    Word で、単語をダブルクリックして選択し、選択範囲をドラッグして他の語句も選択しようとすると、選択範囲の語句に加え、その前の語も選択されることがあります。この問題が修正されます。選択範囲より前にある単語が自動で選択されることはありません。

これまでにリリースされた Excel 2004 for Mac の機能強化

  • マクロを含む書類を開くときのセキュリティが強化される
    Word、Excel および PowerPoint で、さらに高度なセキュリティ機能がサポートされるようになります。この機能は、マクロを含む他の Office 書類を開くマクロに影響します。Application.AutomationSecurity プロパティを使用して、任意のセキュリティ レベルを設定することができます。 Application.AutomationSecurity プロパティの関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
    886633 Office v.X および Office 2004 for Mac の Application.AutomationSecurity プロパティの使用方法
  • ユーザー定義関数を含む配列数式の計算のパフォーマンスが強化される
    この Service Pack を適用すると、ユーザー定義関数を含む配列数式の計算のパフォーマンスが強化されます。

これまでにリリースされた PowerPoint 2004 for Mac の機能強化

  • スライド ショーでムービーを再生するときのパフォーマンスが強化される
    スライド ショーでムービーを再生するときのパフォーマンスが強化されます。ムービーは通常、よりスムーズに再生されます。
  • フォントの互換性が強化される
    フォントの互換性が強化され、フォントの全体的な外観が向上します。フォントの互換性には、Open Type フォント、シンボル フォント、他のバージョンの PowerPoint で作成されたプレゼンテーションで使用されているフォントが含まれます。
  • ルーラーがオンのときも、スライドでオブジェクトをドラッグする操作が正常に機能する
    ルーラーがオンのとき、オブジェクトをドラッグして移動した後、マウス ボタンを離した位置にオブジェクトがとどまるようになります。
  • マクロを含む書類を開くときのセキュリティが強化される
    Word、Excel および PowerPoint で、さらに高度なセキュリティ機能がサポートされるようになります。この機能は、マクロを含む他の Office 書類を開くマクロに影響します。Application.AutomationSecurity プロパティを使用して、任意のセキュリティ レベルを設定することができます。 Application.AutomationSecurity プロパティの関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
    886633 Office v.X および Office 2004 for Mac の Application.AutomationSecurity プロパティの使用方法
  • 無効なフォント情報を含むプレゼンテーションを開くときの安定性が強化される
    この Service Pack により、無効なフォント情報を含むプレゼンテーションを開くときに PowerPoint が応答を停止することがある問題が修正されます。

これまでにリリースされた Entourage 2004 for Mac の機能強化

  • 接続エラーが発生したときに、Entourage のアイコンの動きが止まる
    接続エラーが発生し、エラー ログのエントリが作成されると、Dock 内でバウンドしていた Entourage のアイコンの動きが止まります。
  • 送信済みの電子メール メッセージが Microsoft Outlook 情報バーに送信済みと表示される
    Outlook でメッセージを参照すると、Entourage から送信されたメッセージが情報バーに送信済みとして表示されないことがあります。この問題が修正されます。この Service Pack の適用後は、Entourage から送信されたメッセージを Outlook で参照すると、情報バーに送信済みとして表示されます。
  • 内部モデムを使用したインターネットへの接続が強化される
    以前は、内部モデムを使用してインターネットに接続すると問題が発生することがありました。Entourage で、外部モデムに対して PPP (Point-to-Point) 接続を行った後、別の内部モデムまたは IrDA (Infrared Data Association) 無線デバイスへの接続が試行されます。この問題は修正され、Entourage ではインターネットへの接続に現在の接続が使用されます。
  • SSL 接続を使用した SMTP メッセージの送信が強化される
    SSL (Secure Sockets Layer) 接続を使用して電子メール メッセージを送信するときに問題が発生し、電子メール メッセージが送信されないことがありました。この問題が修正されます。
  • iPhoto の画像を電子メール メッセージに添付できる
    iPhoto の画像を電子メール メッセージに添付すると問題が発生し、Attachment (PlayerPro document).669 という名前のファイルが添付されることがありました。この問題が修正されます。
  • ネットワーク ボリュームから Microsoft ユーザー データ フォルダにアクセスできる
    ネットワーク ボリュームから Microsoft ユーザー データ フォルダにアクセスしようとすると、問題が発生することがあります。次のエラー メッセージが表示されることがあります。
    データにアクセスできません。データベースを再構築する必要があります。
    不明なエラー (16008) が発生しました。
    この問題が修正されます。
  • Entourage の実行中に Adobe CS 製品のキーボード ショートカットを使用できる
    コンピュータで Entourage が実行されていると Adobe CS 製品のキーボード ショートカットが使用できなくなることがありました。この問題が修正されます。
  • Entourage から Domino IMAP サーバーに接続できる
    ディレクトリの区切りに二重のバックスラッシュ (\\) を使用する Domino IMAP サーバーに Entourage から接続できませんでした。この問題が修正されます。
  • Exchange の代理人アクセスに対する SSL サポートが強化される
    Entourage で、SSL を使用した Exchange Server の代理人アクセスが可能になります。
  • POP アカウントへの接続が強化される
    Entourage を使用して POP アカウントに接続すると問題が発生することがありました。場合によって、サーバーが接続を終了したことが Entourage で検出されませんでした。この問題が修正されます。

これまでにリリースされた Visual Basic for Applications の機能強化

  • Visual Basic for Applications で作成されたフォームを含む書類を開くときに Office 2004 for Mac プログラムが応答を停止することがありました。この Service Pack により、この現象の原因となるメモリ割り当ての問題が修正されます。この問題は、Adobe Acrobat を使用している場合に発生します。

これまでにリリースされた Remote Desktop Connection (RDC) Client の機能強化

  • Remote Desktop Connection Client 1.0.3 for Mac で、クライアント ウィンドウを最小化するとき、およびクライアント ウィンドウからデータをコピーして Macintosh アプリケーションに貼り付けるときの安定性が強化されます。また、Mac OS X 10.3 およびこれ以降のバージョンの Mac OS X を使用する場合の安定性も強化されます。さらに、PowerPC G5 プロセッサを搭載した Macintosh コンピュータで Remote Desktop Connection Client を使用する場合の安定性も強化されます。

以前にリリースされた、各言語版の校正ツールの機能強化

  • この Service Pack には、以下の各言語版の校正ツールの更新プログラムが含まれています。
    • ドイツ語
    • ドイツ語 (スイス)
    • イタリア語
    • スウェーデン語
    校正ツールを使用すると、スペル ミスの可能性のある語句に下線が表示され、修正候補が表示されます。この Service Pack により、サイズの大きな Word の文書で自動ハイフネーションが使用されている場合に、開いているファイルが多すぎるという通知が表示される問題が修正されます。
この資料に記載されているサードパーティ製品は、マイクロソフトと関連のない他社の製品です。明示または黙示にかかわらず、これらの製品のパフォーマンスや信頼性についてマイクロソフトはいかなる責任も負わないものとします。

Microsoft Office 2004 for Mac Service Pack 2 の入手方法

下記のファイルは、「Microsoft ダウンロード センター」からダウンロードできます。


元に戻す画像を拡大する
ダウンロード
915055 パッケージ

リリース日 : 2005 年 9 月 26 日

マイクロソフトのサポート ファイルのダウンロード方法を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
119591 オンライン サービスからマイクロソフトのサポート ファイルを入手する方法
マイクロソフトでは、アップロード時点の最新のウイルス検査プログラムを使用して、配布ファイルのウイルス チェックを行っています。配布ファイルはセキュリティで保護されたサーバー上に置かれており、権限のない第三者が無断でファイルを変更できないようになっています。

テクニカル サポートを受ける方法

技術的な質問がある場合、またはこの Service Pack のダウンロードや使用に関して問題がある場合は、以下のマイクロソフト Web サイトを参照して、利用できるサポート オプションを調べてください。
http://www.microsoft.com/japan/mac/support/default.mspx

プロパティ

文書番号: 915055 - 最終更新日: 2006年10月11日 - リビジョン: 1.2
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Office 2004 for Mac Standard Edition
  • Microsoft Entourage 2004 for Mac
  • Microsoft Excel 2004 for Mac
  • Microsoft PowerPoint 2004 for Mac
  • Microsoft Remote Desktop Connection for Macintosh
  • Microsoft Word 2004 for Mac
キーワード:?
kbexpertiseinter kbhotfixserver atdownload kbdownload kbfix kbupdate KB915055
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com