Windows Server 2003 R2 の分散ファイル システム (DFS) 管理スナップインの説明

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 915146
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料で、分散ファイル システム (DFS) の説明します。Microsoft Windows Server 2003 R2 での管理スナップイン。

はじめに

DFS の管理を使用して、DFS 名前空間を管理するにはDFS レプリケーションは、Microsoft 管理コンソール (MMC) とします。DFS 名前空間と DFS レプリケーションを使用すると、これら 2 つのテクノロジを提供しています。簡略化されたフォールト トレラント アクセスをファイル、負荷共有、およびワイド エリア ネットワーク (WAN) の表示複製します。

詳細

名前空間概念をわかりやすくには、名前空間の用語に DFS の管理が簡素化されています。次の表は、更新された用語。
元に戻す全体を表示する
以前の用語更新の用語定義
リンクフォルダー表示される任意のフォルダーに名前空間の後 \\ServerOrDomainName\RootName。フォルダーのオプションがあります。フォルダー ターゲット。
リンク ターゲットフォルダー ターゲット汎用命名規則規則 (UNC) パスを共有フォルダーが別の名前空間名前空間内のフォルダーと関連付けられています。
DFS ルート名前空間のルート最上位のフォルダー名前空間にします。たとえば、\\ServerOrDomainName\RootName を名前空間です。ルートです。
ルート名前空間フォルダーの仮想ツリーに\\ServerOrDomainName\RootName を起動します。
ルート サーバー名前空間サーバーサーバーは、名前空間をホストします。

DFS 名前空間の新機能

分散ファイル システムは今すぐ DFS 名前空間と呼ばれます。基になるサービスと基本的な機能は変更されませんが、Windows Server 2003 R2 の新しい名前空間の一部の設定が公開されます。これらの設定は次のとおりです。

ターゲットの優先順位

クライアントは、クライアントが名前空間にアクセスすると、する紹介を受け取ります名前空間のルートまたはフォルダーに関連付けられたターゲットの一覧が含まれます。これらのターゲットの現在の順序の指定方法に記載されている、名前空間またはフォルダー。どのように特定の微調整がターゲットを注文、行うことができますサーバーは紹介で姓または表示されるかどうかを指定します。ターゲットを付けると便利です。「ホット スタンバイ」のシナリオ多くのシナリオでの優先度です。「ホット スタンバイ」のシナリオが発生する場合サーバーは、最後の手段のサーバーと見なされます。このシナリオでは、指定します。スタンバイ サーバーは常に最後の参照で表示。クライアントが失敗します。このサーバーだけが、他のすべてのサーバーが失敗または使用できなくなります。ネットワークの停止のため。

クライアントのフェールバック

DFS 名前空間のクライアント フェールオーバー プロセスによってクライアントには後で、サーバーのいずれかが失敗したかの紹介で別のサーバーにアクセスしようとしてください。名前空間から削除します。クライアントのフェールバックが構成されていない限り、クライアントが再起動されるまでに、フェイル オーバー サーバーを使用するクライアントは引き続きまたは、クライアントの紹介キャッシュがクリアされます。リストアされるとクライアントのフェールバックが構成されている場合、およびクライアントにインストールされている、適切なクライアント フェールバックの修正プログラムがある場合は、クライアントを優先する、ローカル サーバにフェイル バックします。

委任の向上

ドメインを作成することを容易に委任することができます。名前空間および個々 スタンドアロンおよびドメイン ベースの名前空間を管理します。は、DFS の管理スナップインでの適切なアクセス許可は、DFS 名前空間内の構成オブジェクトをアクティブに設定します。ディレクトリ サービスまたは名前空間サーバーのレジストリにします。アクセス許可によって異なります、名前空間の種類です。

名前空間を再構築する機能

簡単に名前を変更したり、名前空間内のフォルダーを移動する場合DFS の管理スナップインを使用します。名前空間を再構築ことができます。入力ミスの修正やビジネス ニーズの変化や、新しい階層を調整するのにはフォルダーは名前空間に追加されます。名前空間フォルダーを移動することもできます。コマンド ライン ツール Dfscmd.exe の更新バージョンを使用します。

DFS の管理コンソールの機能と使用法

新しい DFS 名前空間の用語と機能では、Windows Server 2003 R2

  • 更新された名前空間の用語集
  • 名前空間の新機能
詳細については新しい DFS 名前空間の用語集では、Windows Server 2003 R2 の機能、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://technet2.microsoft.com/WindowsServer/en/Library/cb56e87b-b067-4ec2-a4ff-cbfb6210e8791033.mspx

名前空間の概要

  • 名前空間の概要
  • 名前空間の種類
  • 名前空間フォルダーおよびフォルダー ターゲット
  • 名前空間サーバー
  • 名前空間の制限
  • 名前空間クライアント
  • 作成および管理するためのセキュリティ要件名前空間
  • 名前空間サーバーをホストする場合の考慮事項さまざまな Windows Server 2003 および Windows 2000 Server を実行しています。
詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://technet2.microsoft.com/WindowsServer/en/Library/3d9b920e-4521-44bd-9f6b-3787e88b5bb51033.mspx

名前空間の概要

  • コンテンツを発行する名前空間を展開します。
  • 名前空間の可用性を向上します。
詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://technet2.microsoft.com/WindowsServer/en/Library/a168d1e3-a873-4eea-8f34-0ac51510c21f1033.mspx

作成および名前空間を管理します。

  1. 名前空間を展開します。
    1. 名前空間を作成します。
    2. 名前空間にフォルダーを作成します。
    3. 既存の管理のアクセス許可を委任します。名前空間
    4. 新しいを作成する機能を委任するドメイン ベース名前空間
  2. 名前空間の可用性を向上
    1. 名前空間サーバーをドメイン ベースを追加します。名前空間
    2. フォルダー ターゲットを追加します。
    3. DFS を使用してフォルダー ターゲットをレプリケートします。レプリケーション
  3. 名前空間を最適化します。
    1. 名前を変更したり、フォルダーを移動します。
    2. 有効にするか、そのフォルダー ターゲットへの紹介を無効にします。
    3. クライアントが紹介をキャッシュする時間の量を変更します。
    4. 紹介内のターゲットの順序指定方法を設定します。
    5. 紹介順序を上書きするのには、ターゲットの優先順位を設定します。
    6. クライアントのフェールバックを有効にします。
    7. 名前空間のポーリングを最適化します。
  4. 複数のサーバー オペレーティング システム上でホストされている名前空間を管理します。システム
    1. 名前空間サーバーで静的サイト テーブルを更新することWindows 2000 Server を実行しています。
詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://technet2.microsoft.com/WindowsServer/en/Library/b4da8b18-6457-496f-83e0-1356283165f71033.mspx

名前空間のプロパティ

  • 紹介のプロパティ
  • ポーリング プロパティ
  • ターゲットのプロパティ
詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://technet2.microsoft.com/WindowsServer/en/Library/ed496d9c-23df-4ca0-bf72-05d19e5b47951033.mspx

DFS レプリケーションの概要

  • DFS レプリケーションの概要
  • レプリケーション グループとレプリケート フォルダー
  • 設定し、DFS を管理するためのセキュリティ要件レプリケーション
  • DFS レプリケーションの要件
  • DFS レプリケーションの制限
  • 初期レプリケーション中に予想される結果
詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://technet2.microsoft.com/WindowsServer/en/Library/ed496d9c-23df-4ca0-bf72-05d19e5b47951033.mspx

DFS レプリケーションの概要

  • DFS レプリケーションを使用してデータを公開します。
  • DFS を使用してバックアップ用のデータを収集します。レプリケーション
詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://technet2.microsoft.com/WindowsServer/en/Library/7326bd76-2904-4cd2-95cb-1fc0052095891033.mspx

構成および DFS レプリケーションを管理します。

  1. DFS レプリケーションを展開します。
    1. レプリケーション グループを作成します。
    2. レプリケート フォルダーは、レプリケーションを追加します。グループ
    3. メンバーをレプリケーション グループに追加します。
    4. 接続を作成します。
    5. トポロジを作成します。
    6. レプリケーションを作成する機能を委任します。グループ
    7. 既存のレプリケーションを管理する機能を委任します。グループ
  2. DFS レプリケーションを使用してバックアップ目的でデータを収集します。
    1. レプリケーション グループのスケジュールを編集します。
    2. 作成またはカスタムの接続スケジュールを編集します。
    3. 有効または、特定のレプリケーションを無効にします。Connection
    4. 有効にするか、レプリケート フォルダーのレプリケーションを無効にするのには特定のメンバー
    5. 有効または特定のリモート差分圧縮 (RDC) を無効にします。Connection
    6. 有効にするか、[トポロジの確認を無効にします。
    7. 切断されたトポロジを修復します。
    8. レプリケート レプリケーション フィルターを編集します。フォルダー
    9. ステージング フォルダーおよび競合のクォータ サイズを編集します。削除されたフォルダー
    10. レプリケート フォルダーを共有します。
    11. レプリケート フォルダーを公開します。既存の名前空間で
    12. DFS の診断レポートを作成します。レプリケーション
詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://technet2.microsoft.com/WindowsServer/en/Library/898add0b-fb3a-4e4b-becc-7eed3c7160831033.mspx

DFS レプリケーションのプロパティ

  • レプリケーション スケジュールと帯域幅
  • レプリケーション トポロジ
  • ステージング フォルダーおよび競合して削除されたフォルダー
  • ファイルとサブフォルダーのフィルター
詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://technet2.microsoft.com/WindowsServer/en/Library/469a9269-0b9b-48cc-8679-c3d68a0a25fe1033.mspx

DFS 管理ツールを Windows Server 2003 の相互運用性R2

Windows Server 2003 R2 を含む新しい DFS の管理] MMC スナップイン豊富な機能をより古い分散を提供する (Dfsmgmt.msc)ファイル ・ システム (Dfsgui.msc) スナップイン。ただし、DFS の管理には、少なくとも必要とWindows Server 2003 R2 ベースのサーバーを 1 つの管理。さらに、DFS の管理いくつかサポートしていません名前空間の機能をすべてのドメイン コント ローラーと名前空間サーバーまでWindows Server 2003 Service Pack 1 (SP1)、または新しいバージョンを実行しています。したがって、お勧め名前空間の DFS スナップインで名前空間のみを管理するために使用することは、Windows Server 2003 SP1 にアップグレードします。古い"DFS を管理するにはルート"を使用して、インストールされている分散ファイル システム スナップインWindows Server 2003 R2 ベースのサーバー。Windows Server 2003 R2 の DFS の管理スナップインをインストールするには、インストールまたはファイル サーバーの役割のアップグレード[サーバーの役割管理] ウィンドウを使用します。Windows Server 2003 R2DFS の管理スナップインと DFS の両方の実装を管理するために含まれています。
元に戻す全体を表示する
DFS の実装動作Systemスナップインの管理
分散ファイル システムPre-Windows Server 2003R2分散ファイル システム (Dfsgui.msc)
DFS 名前空間Windows Server 2003 R2DFS管理 (Dfsmgmt.msc)
DFS レプリケーションはファイル レプリケーションと相互運用できないことサービス (FRS) です。DFS レプリケーションの要件の詳細についてを参照してください。次のマイクロソフト Web サイト:
http://technet2.microsoft.com/WindowsServer/en/Library/469a9269-0b9b-48cc-8679-c3d68a0a25fe1033.mspx

プロパティ

文書番号: 915146 - 最終更新日: 2011年8月4日 - リビジョン: 3.0
キーワード:?
kbhowto kbinfo kbmt KB915146 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:915146
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com