Powercfg.exe を使用して、Windows XP での電源設定をグループ ポリシー オブジェクトを作成する方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 915160
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

はじめに

この資料では、段階的なプロセスを使用する方法の説明します。Powercfg.exe のファイル グループの電源設定を作成するのには、Microsoft Windows xpポリシーは、ドメイン環境では。

詳細

既定では、管理者権限を持たないユーザーとアクセス許可は、電源設定の設定を変更できません。電源スキーム プログラムユーザーごとおよびコンピューターごとの設定を変更します。コンピューターごとに変更するのには設定は、管理者権限とアクセス許可を持つ必要があります。設定するのには、障害が発生コンピューターごとの設定、ユーザーごとの設定をしているからを防ぐことができます。コミットします。

したがって、ユーザーが表示されない場合管理者権限とアクセス許可、および、電源設定を使用してください。プログラム表示される Windows XP の電源設定の設定を変更するのには、次のエラー メッセージ。
電源のポリシー マネージャーにできません。アクティブなポリシーを設定します。アクセスは拒否されます。

電源スキーム設定を変更するのには、グループ ポリシー オブジェクトを作成します。

電源設定を変更するのには、グループ ポリシー オブジェクトを作成するのには設定は、次の手順を実行します。
  1. Powercfg.exe ファイルをドメイン コント ローラーでは、[NETLOGON] 共有します。
    • 既定では、Powercfg.exe ファイル内にある、 %systemroot%\System32 フォルダーには、Windows 2003 ベースコンピューターです。
    • 既定では、NETLOGON 共有フォルダーにあります。 %systemroot%\Sysvol\Sysvol\Domain_DNS_name\ScriptsWindows Server 2003 ベースのコンピューターにします。
  2. クリックしてください。 開始をクリックして 実行,種類 「dsa.msc」、し [OK].これ開始、 Active Directory ユーザーとコンピュータースナップインです。
  3. で、 Active Directory のユーザーとコンピューター ダイアログ ボックスで、ドメイン コンテナーを右クリックし] をクリックしてプロパティ.
  4. で、 グループ ポリシー タブで、クリックしてください新しい.
  5. 種類 電源構成のポリシー,ENTER キーを押します。
  6. クリックしてください。 編集.
  7. 下にあります。 [ユーザーの構成を展開[Windows の設定、しスクリプト.
  8. 右側のペインでダブルクリックします。 ログオン、、をクリックして、 ファイルを表示します。.ユーザー\Scripts\Logon フォルダーが表示されます。
  9. ユーザー Scripts\Logon フォルダーを作成電源設定の設定をユーザーのコンピューターに設定する新しいバッチ ファイル。するにはこれを行うは、次の手順を実行します。
    1. クリックしてください。 ファイルをクリックして 新しい、し テキスト ドキュメント.
    2. 種類 PowerConfig.bat、し、ENTER キーを押します。
    3. で、 名前を変更します。 ダイアログ ボックス、クリックして [はい].
    4. [PowerConfig.bat] を右クリックしをクリックしてください 編集.
    5. 場合は、 開くファイル - セキュリティの警告ダイアログ ボックスが表示されたらをクリックします。 実行.
    6. バッチ ファイルで次のコマンドを入力します。
      @echo off
      net use x: \\domain_DNS_name\netlogon
      x:
      powercfg.exe /change "always on" /monitor-timeout-ac 20
      powercfg.exe /SETACTIVE "always on"
      c:
      net use x: /delete
      
      メモ は、 domain_DNS_name 使用される用語バッチ ファイルは、ドメインの DNS 名のプレース ホルダーです。コント ローラーです。
    7. クリックしてください。 ファイルをクリックして 終了、し [はい].
  10. 閉じる、 Scripts\Logon フォルダーです。
  11. で、 [ログオンのプロパティ ダイアログ ボックス、クリックして追加をクリックして 参照をダブルクリックして[PowerConfig.bat] をクリックして、 [OK] 2 つの時刻。
  12. 下にあります。 [コンピューターの構成を展開[Windows の設定を展開 セキュリティの設定,展開 ローカル ポリシー.
  13. クリックしてください。 ユーザー権利の割り当て、し、ダブルクリック システムをシャット ダウンします。.
  14. で、 プロパティ システムのシャット ダウンします。ダイアログ ボックス、クリックして ユーザーまたはグループを追加します。は、ユーザーのドメインを入力します。名とアカウント名を ユーザー名とグループ名 ボックスで、をクリックして、 [OK] 2 つの時刻。
  15. 下にあります。 [コンピューターの構成を展開[Windows の設定を展開 セキュリティの設定,し レジストリ.
  16. で、 グループ ポリシー オブジェクト エディター ダイアログボックスで、をクリックしてください アクション、し 追加キー.
  17. で、 選択されているキー ボックスに、入力、次のエントリをクリックし [OK]:
    MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Controls Folder\PowerCfg
  18. クリックしてください。 追加は、ユーザーのアカウント名を入力します。は、 選択するオブジェクト名を入力します。 ボックスとクリック[OK] 2 つの時刻。
  19. で、 オブジェクトを追加します。 ダイアログ ボックス、クリックしてこのキーを構成します。をクリックして 継承と反映します。すべてのサブキーのアクセス許可、し[OK].
  20. で、 グループ ポリシー オブジェクト エディターをクリックしてアクション、し キーを追加します。.
  21. で、 選択されているキー ボックスに、入力、次のエントリをクリックし[OK]:
    USERS\。DEFAULT\ControlPanel\PowerCfg
  22. クリックしてください。 追加、ユーザーのアカウント名を入力します。には、 選択するオブジェクト名を入力します。 ボックスとクリック[OK] 2 つの時刻。
  23. で、 オブジェクトを追加します。 ダイアログ ボックス、クリックしてこのキーを構成します。をクリックして 継承と反映します。すべてのサブキーのアクセス許可、し[OK].
  24. で、 グループ ポリシー オブジェクト エディター ダイアログボックスで、をクリックしてください ファイル、し終了.
  25. ドメイン コンテナー内 プロパティ ダイアログボックスで、をクリックしてください [OK].
  26. で、 Active Directory のユーザーとコンピューター ダイアログ ボックス、クリックして ファイル、し終了.
メモ ユーザーは、次の書き込みのアクセス許可必要があります。レジストリ サブキー:
  • HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\ControlsFolder\PowerCfg
  • HKEY_USERS\。DEFAULT\Control Panel\PowerCfg

メモ ユーザーがログオン、ユーザーのコンピューターには、最初に、ポリシーは、その他の権利とアクセス許可は実行したために失敗します効果です。ポリシーは、ユーザーがコンピューターにログオン、もう一度のです。適用、しユーザーの電源設定を変更する権限を持つ設定します。

電源設定へのユーザー アクセスを構成します。

ログオンして変更の設定を変更するアクセス許可を拒否するのにはファイルをバッチ処理、PowerCfg.cpl ファイルへのユーザー アクセスを構成します。拒否することができます。コントロール パネルの [電源オプション] 拡張を開くには、ユーザーのアクセス許可表示や電源設定を変更します。これを行うには、次の手順を実行します。
  1. クリックしてください。 開始をクリックして 実行,種類 「dsa.msc」、し [OK].これ開始、 Active Directory ユーザーとコンピュータースナップインです。
  2. で、 Active Directory のユーザーとコンピューター ダイアログ ボックスで、ドメイン コンテナーを右クリックし] をクリックしてプロパティ.
  3. 下にあります。 [コンピューターの構成を展開[Windows の設定、し ファイルシステム.
  4. で、 グループ ポリシー オブジェクト エディター ダイアログボックスで、をクリックしてください アクション、し 追加ファイル.
  5. で、 ファイルまたはフォルダーを追加します。 ダイアログ ボックス種類 %SystemRoot%\system32\powercfg.cpl で、フォルダー ボックスとクリック [OK].
  6. クリックしてください。 追加は、ユーザーのアカウント名を入力します。は、 選択するオブジェクト名を入力します。 ボックスとクリック[OK].
  7. で、 ユーザー名のアクセス許可 Accessアクセス許可グループ、クリックして選択するのには、 拒否 チェック ボックスフル コントロール アクセス許可、およびクリック[OK].
  8. で、 セキュリティ ダイアログ ボックス、クリックして[はい].
  9. で、 オブジェクトを追加します。 ダイアログ ボックス、クリックしてこのキーを構成します。をクリックします。 伝達継承可能なアクセス許可をすべてのサブキー、し[OK].

関連情報

電源設定を使用する方法の詳細については、Microsoft では、記事を表示するのには、次の資料番号をクリックします。ナレッジ ベース:
324347Windows Server 2003 で Powercfg.exe を使用する方法
913622 Windows XP ベースのコンピューターで電源設定オプションが使用できません。

プロパティ

文書番号: 915160 - 最終更新日: 2011年8月4日 - リビジョン: 4.0
キーワード:?
kbhowto kbconfiguration kbmt KB915160 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:915160
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com